2020年01月09日

独居老人の生活1740(女たちの闘い-6:ルワンダ親子の苦悩とこれから)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1740
         (女たちの闘い-6:ルワンダ親子の苦悩とこれから)


 死が全てを解決する。

 人間が存在しなければ、 問題も存在しないのだ。

                                スターリン (ソ連の独裁者)


1994年4月、 ルワンダのハビャリマナ大統領が暗殺された。
彼の搭乗する飛行機が、何者かにミサイル攻撃を受けたのだ。

  pict-奇跡の国・ルワンダ.jpg
            ☝ マークの所がルワンダ。


これがフツ過激派によるツチ族とフツ穏健派への大量虐殺(ルワンダ虐殺)の引き金となった。

pict-山刀は切れ味が悪い.jpg



1994年の4月からの100日間で、 フツ族(国民の約85%)が少数派ツチ族と穏健派フツ族の約80万人を殺害したといわれる。

  pict-死んだ被害者はゴミのように.jpg



pict-1994年9月、国連がントラマ教会で400人のツチ族の遺体.jpg
                  ☝
国連チームが 「ントラマ教会」 で400人のツチ族の遺体を発見。


フツ族とツチ族というが、 この2つの民族はもともと同一の由来を持ち、その境界が甚だ曖昧だった。

別々のようになったのは、 宗主国ベルギーが勝手に異なった民族として隔てたから。

ベルギーはほぼ全ての首長をツチ族に独占させ、 税や教育面においてもツチ族を優遇した。

少数派のツチ族を支配者層に仕立て、 大多数のフツ族を支配下に置く 「分断統治」 を導入。

大多数を占めるフツ族の不満をツチ族に向かわせた。
このようにしてベルギーは、 ルワンダを円滑に統治したのだ。


ルワンダ虐殺のもう1つの悲劇は 「強姦」 だった。
1998年、 ルワンダ国際戦犯法廷は裁判で次のような判断を下した。

「性的暴行はツチの民族グループを破壊する上で欠かせない要素である。
強姦は組織的かつツチの女性に対してのみ行われたことから、 この行為がジェノサイドとして明確な目的を持って行われた」

強姦の犠牲者の大半はツチ女性であり、 未成年の少女から高齢の女性まで幅広い。

               * *

強姦の結果が............妊娠。
およそ2万人の子供が誕生したといわれる。

ルアンダ虐殺から25年が経った。

今は 「アフリカの奇跡」 といわれるほどに発展を遂げたルワンダの中で、 母子たちは受け継がれた複雑なトラウマと闘い続けている。

pict-ルワンダ虐殺から25年.jpg
            ☝ 現在のルワンダの都市。


写真家のジョナサン・トーゴブニクは2006年から彼らを訪問し、 写真に収めた。

それから約10年後、 彼は成人して出生の経緯を知った子供と母親たちを再訪し、 かっての写真と並べた。

実父が母の家族を虐殺した殺人者と聞かされた子供たちの今は...

今日は、 成人した彼らを写真でご覧なってください。
  
                 * *

   1.母アネットと息子のピーター。
pict-DSCN6358ルワンダの母子 (2).jpg


pict-DSCN6358ルワンダの母子 (1).jpg


 母アネット:
両親と兄は私の目の前で撲殺された。

拷問とレイプの末に集団墓地に投げ捨てられ、 死体の山の中から這い出した。

もうすぐ大学を卒業する息子を見ると、 彼にも未来があると思えて安心できる。


 息子ピーター:
母から当時の事を聞いたのは8年前。

義父も自分を愛してくれたため、 やがて自分の出自を自由に話せるようになった。

現在大学では土木工学を学んでおり、 ルワンダの発展に尽くしたい。

               * *

     2.母オデットと息子マーチン。
  pict-DSCN6358ルワンダの母子 (3).jpg


  pict-DSCN6358ルワンダの母子 (5).jpg


 母オデット:
12年前はホームレス寸前だった。
今は仕事しており、 結婚して女児を出産。

強姦でHIVに罹患し、 現在治療中。
息子に生まれた経緯を話したのは2015年、 その時は同情してくれた。

しかし今は夫と私に対しての敬意を感じない。
大学に入り飲み歩いている。


 息子マーチン:
実の父が殺人者で強姦魔ということは恥だし傷ついている。

自分も同じ性向を受け継いでいるとみる人もいてまた傷ついた。
母とは修復すると思う。
中絶せずに育ててくれたことに感謝している。

               * *


   3.母バーナデットと息子フォースティン。
pict-DSCN6358ルワンダの母子 (7).jpg


pict-DSCN6358ルワンダの母子 (6).jpg


 母バーナデット:

昔は兄や親族などが私を侮辱したり、 息子を 「人殺しの子」 と呼んだりしたが、 今はそれもなくなった。

息子は幸いにも地元で評判の人格者に育った。
でも私の人生は、 虐殺がなければもっと良いものになっていたはず。


 息子フォースティン:

13歳の時に、 母がレイプされて自分が生まれたことを知った。
本当に辛かった。

父と自分が似ていると思われないよう、 注意深く、 善く生きなければと自分に言い聞かせている。

                 * *


    4.母アリン
pict-DSCN6358ルワンダの母子 (9).jpg



    娘ジャッキー。
pict-DSCN6358ルワンダの母子 (8).jpg


 母アリン:
夫は射殺され、 4人の子供とともに民兵に捕らえられた。
わが子の目の前で、 多くの民兵からレイプされ続け、 子供たちとも生き別れた。

赤ん坊は死んでほしかったが、 看護師に説得されて母乳を与えるようになった。

家族を殺した男の血を引く子を決して愛することはない(と生前に語っていた)。

後に孤児院にいた子供たちと再会。
母アリンは2009年死亡、 強姦でHIVに感染したことが死期を早めた。


 娘ジャッキー:
生前、 母がなぜ兄弟たちの中で私にだけつらく当たるのか疑問に思っていた。

でも母の死後、 兄から自分の出生を聞いて納得した。

母の寝室に隠されていた日記には、 彼女の夫や親族が殺された経緯や、 母と私の境遇がつら過ぎるとも書いてあった。

母を許そうと思う。
私の人生は現在、あまり良いものではないが、 将来は弁護士になるのが夢だ。

                * *


   5.母ステラと息子クロード。
pict-DSCN6358ルワンダの母子 (11).jpg


pict-DSCN6358ルワンダの母子 (10).jpg


 母ステラ:
年老いた母以外、 生き残った親族はいなかった。

出産後、 すぐ死んでほしいと願いながら産み、 母乳は出なかったが赤ん坊は生き延びた。

コンゴで性奴隷にされ、 出産後もレイプが続いた。
息子に伝えるために過去を振り返るのはとてもつらかった。

レイプは虐殺の最大の 「武器」 になった。
殺されれば終わりだが、 レイプは影響を引きずって生きることになる。
その影響は、 次の世代にも引き継がれる。


 息子クロード:
母がレイプされ自分が生まれたと聞いてとても気分が悪くなった。

でも自分の出自に自分を支配されないという勇気を持つことが重要だと気づいた。

責任を持って人生を歩んで、 「レイプから生まれた子供」 とレッテルを貼られないよう生きていきたい。


                * *


   6.母イザベルと息子ジャンポール。
pict-DSCN6358ルワンダの母子 (13).jpg


pict-DSCN6358ルワンダの母子 (12).jpg


 母イザベル:
息子を見るたびに、 何人もの民兵から受けたレイプのトラウマが蘇る。
拷問により肉体的障害も負った。

息子が19歳になった時に事実を伝えた。
また他の女性とも記憶を共有できて楽になった。

レイプの事を話してから、 息子は誠実になり、 家を守ってくれる。
今では息子がレイプや虐殺の記憶と結び付くことはない。


 息子ジャンポール:
事実を知った時、 ショックで昏倒してしまった。
父が誰かさえ分からないことに深く傷ついた。

もし結婚したら、 母を尊敬してるように妻も尊敬し、 子供を愛そうと思う。


               * *


   7.母クレアと娘エリザベス。
pict-DSCN6358ルワンダの母子 (14).jpg


pict-DSCN6358ルワンダの母子 (15).jpg


 母クレア:
家族全員が殺された。

子供を産んだら殺そうと思っていたが、 家族にそっくりなので自分の一部だと悟った。

レイプされた時に抜かれた歯を入れ直して、 私を犯した男を訪ねて笑い飛ばしてやった。

「私の人生を壊したつもりか?」 って....

亭主は娘を 「ろくでなしの子」 と呼び、 ひどい仕打ちをした。
いつか娘を殺すのではと思い離婚した。

レイプで生まれたことを娘に伝えると、 娘はショックを受けて黙り込んだが、 私を抱きしめて...

「今まで黙っていたことを許す」 と言った。

2人で一緒に泣いた。


 娘エリザベス:
義父には学費を貰えず、 服も買って貰えなかった。

義父には頻繁に殴られ、 まるで私を殺したがっているようだった。
母に出生を打ち明けられるまで不思議だった。

とても悲しかったが、 両親を失った人もいる中で、 私には母がいると思い直した。

出自を知ってよかったのは、 ようやく父に関する疑問が解決したこと。  (source : Newsweek)

              * *

戦争や紛争に付き物なのがレイプ。

ベトナム戦争では、 韓国兵がベトナム人女性を強姦し、 たくさんの子供(ライダイハン)を産ませて帰国した。

人権を論じてやまない朝日新聞やTBSなどは何故か沈黙。
ライダイハンを取り上げた本は出版されてるんだろうか?


ルワンダ虐殺では、 生き残った人々の証言が生々しい。

隣人が殺人者に変わる時―
ルワンダ・ジェノサイド生存者たちの証言

 隣人が殺人者に変わる時.jpg


宗主国は統治のために民族分断を図る。
ルワンダはベルギーの犠牲者といえようか....

日本は貧しかった韓国を併合したが、 韓国人を虐殺した話は聞いたことがない。

日本兵が集団で強姦したって事件も聞こえて来ない。
日本の影響で韓国人同士が紛争を起こし、 虐殺や強姦を招いた話もない。

日本人はカネを払って商売女を抱いていた。

それを強制的とか連行して...と朝日新聞の嘘を根拠に、 今でも日本を非難している。

商売女を性奴隷とか慰安婦とかに言い換えて.....


”日本の常識は世界の非常識” とはよく言ったもんだ。






日本はやさし過ぎる、 だから付け込まれる。


チェンマイって ホントいいですね!   





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:59| Comment(2) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スターリンのセリフ、確かにそうかもしれませんが極論すぎますね
だからと言って殺していいとはなりません

で、ルワンダを調べてみると、共産国ではなくて共和国ですね。
ドイツが最初の占領国、第一次世界大戦後に負けたドイツが撤退するとベルギーの植民地になりました。
白人が入ってくる前は、もともとツチ族がフツ族を支配するルワンダ王国があったそうです。

そういうことで、大量虐殺するような社会やメンタルになった理由は、共産主義ではなくてキリスト教国からの影響だと思えました。

白人社会では虐殺は普通ですよね?
なにせ白人の神様は皆白いでしょ?
白人以外は動物の親戚くらいにしか思ってないような態度ですよね?
Posted by なんだかな〜 at 2020年01月09日 19:22
なんだかな〜殿:
スターリンの粛清で数多の人間が死に至りました。
シベリアに抑留された日本人兵士も多くが死にました。 
「1人を殺すと殺人罪だが、大勢を殺せば統計だ」
こう言ったのもスターリンだったかな(?)。
白人でも蒙古でも、占領したらその町の一切合切、全てを奪い取りました。
殺人も強姦も普通です。それが兵士たちへの報償でしたから。
フツ族とツチ族の夫婦だっていました。
「ホテル・ルワンダ」 はいい映画でしたよ。
コメントありがとうございました。

Posted by 独居老人 at 2020年01月09日 19:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: