2019年12月29日

独居老人の生活1731(偏見なしのスポーツ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1731(偏見なしのスポーツ)


花は私たちに美しいという感情を持たせるために咲いている。

そして、 悲しいと思わせるために枯れていく。

                                ピーコ (タレントのオスギとピーコ)


@ New Year休暇での交通事故と取り締まり(タイ)。

pict-43 road deaths.jpg


新年の長い休暇が昨日(12月28日)からスタートした。
昨日午後の発表で交通事故の死者は43人、 負傷者は466人。

原因の第1位は酒酔い運転。 死亡者の80%がバイクの運転者。
事故は、 約4割が国道、 3割がローカル道路で発生している。


昨夜7時15分頃、 ジジイはラジャベー病院の前を通った。
ポリスが大勢出て、 検問にあたっていた。

車もバイクも停止させられ、 チェックを受ける。
皆さま、 飲んだら乗るな!   乗るなら彼女の上に....

車も女も......とにかく両方ともお気をつけください。


  *******************


A 先日の晩ごはん。

シーフードを食べたくなった、 そこで行ったのが...
「Grill Jung」   (地図はココ、   Street Viewはココ

場所は外堀通り東側、 ガソリンスタンドの手前にある。

pict-P_20191219_204130_vHDR_OnグリルJune (1).jpg
           ☝ 駐車場(無料)が広くていい。


    店内。
pict-P_20191219_204130_vHDR_OnグリルJune (2).jpg



バフェで食べ放題。
メニューを見てオーダーすれば、 店員さんが運んでくれる。

  pict-P_20191219_204130_vHDR_OnグリルJune (3).jpg



   自分で焼く(炭火)。
pict-P_20191219_204130_vHDR_OnグリルJune (4).jpg



   肉類も枝豆なども・・
pict-1576820165546グリルJung (2).jpg



サーモンと海老を5皿ほど食えば(勘定が)ペイしそう。

pict-1576820165546グリルJung (1).jpg



pict-1576820165546グリルJung (3).jpg
         ☝ 中央はサーモンのホイル焼き。


さあ、 気になるお値段だが....

バフェ料金: 489バーツ/人、  Beer Chang大瓶:75B。
 (注)上記に VAT 7%がプラスされる。

営業時間は、 11:00〜22:00。
とにかくSea Foodを腹いっぱい食べたい人はどうぞ!

尚、 同店は 「Airport Plaza」 の近くでも営業しているとか。

  *********************


B ちょっと変わったラクビー・ワールドカップ。

2年に1度のこのラクビーワールドカップ、 今年はシドニー(オーストラリア)で開催された。

”ONE TEAM" で人気爆発した2019年の日本ラクビー。
でも残念、 ベスト-8だったけど....

それでもやって見せるONE TEAMパレードをどうぞ!
                 ☟
https://www.youtube.com/watch?v=rIZJ-Xc-L0Y


しかしシドニーのワールドカップはチョイと趣が違う。

pict-DSCN6284.jpg



五大陸から約60のLGBTQ(性的少数者)チームが参加。
写真は 「ベルリンブルーザーズ” の選手たち。
                  ☟
pict-DSCN6286.jpg

選手たちはスポーツ界の偏見にタックルしている。
彼らのプレーは、 共生と寛容、 多様性の尊重を訴える。


練習が終われば和気あいあいでこんな感じ。
                 ☟
pict-DSCN6285.jpg



  この辺になると、 ちょっとゲイの雰囲気か。
pict-DSCN6287.jpg
   (以上、 source : Newsweek)


オーストラリアのゲイ・ラクビーチームも強豪だ。
その名も 「The Sydney Convicts」。

pict-The Sydney Convicts RUFC2.jpg



   強そうで、 とてもゲイって感じじゃないが・・
pict-The Sydney Convicts RUFC.jpg


今から20年前、 欧州や北米を中心にゲイのラグビーチームが International Gay Rugby(IGR)という国際団体を設立。

どんなプレイヤー、 組織、 そして観客も、 性的指向や性自認による差別を受けることなくラグビーに参加できる。

                 * *

では日本ではどうか?

ラグビーW杯が盛り上がるなか、 東京で2019年10月5日、 日本と世界のゲイ・ラグビーの国際親善試合が行われた。

IGRに加盟する世界の50ものクラブからゲイのラグビープレイヤーが来日。

「Japan Inclusive Rugby」 をはじめとする日本(やアジア)のラグビープレイヤーと対戦した。

pict-ゲイのプレイヤー日本戦.jpg


試合の前日(10月4日)、 日本ラグビーフットボール協会と国際ゲイラグビー団体(IGR)は覚書を交した。

日本でも、 LGBTへの差別や偏見をなくして行こうというもの。

同日、 都内でオープニング・プログラムとしてVIP Launch イベントが開催され、 安倍昭恵首相夫人も出席。

こんなイベントなら、 ”モリカケ” みたいな騒動も起きないだろう。

               * *

タイで暮らしていると、 ゲイやレズに偏見がある社会とはとても思えない。

みんな隠すことなく大らかにやってるように見える。
マイペンライ、 ここがタイのいいとこか。


 身を助ける。 軍隊や刑務所で....それがゲイ(Gay)
                               筒井康隆 (作家)


ゲイというとなよなよした男かというとそうでもない。
筋骨たくましい男だってゲイは大勢いる。

大鵬のライバル横綱・柏戸(享年58)は現役時代、欧州に行く。
そこでゲイの男に追っかけ回されたという話は本当らしい。

  pict-柏戸.jpg
               ☝
   当時の柏戸は身長188cm、 体重143kgの大男。
   そこがゲイには魅力なのか....髷も男心を惑わす。


ジジイは多数者で、 女性だけを追いかけ回して74年。

男であれば想像しただけでも吐き気を催すが、 女性だとキスをし、抱きしめたくなる。

女性とはいってもジジイより20は年下に限るが....


20歳年下....ウッヒャー!






54歳のオバさんになっちまう。


チェンマイって ホントいいですね!

 <訂正とお詫び>

1.2019年12月24日掲載(#1726)。

友人Sさんが搭乗した航空会社をChina Air(チャイナエア)と書きましたが、 これは誤り。

誤: チャイナエア(China Air)
            ☟
正: エア・チャイナ(中国国際航空=Air China)


2.12月25日掲載(#1727)。

為替レートで1万円 → 28,000バーツなどと書きましたが、 これらは桁が違っておりました。

誤: 28,000バーツ → 正: 2,800バーツ。

1万円で28,000バーツにも替えてくれたら...夢のよう。

お詫びが遅れてしまいました、 スミマセン。
 (本文はすぐに訂正しました)





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:10| Comment(4) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

 華麗なる日々の独居青年 樣

 こりゃダメだ。翁、重症ですよ。注意力散漫。今回もまた、(中国国際航空=Air Chaina)ですよ。英語堪能な翁が China を Chaina と間違えるなんて。気付いていましたが、何時気付かれるかと待っていましたのに、今回もまた・・・。
 田舎町の屋台街で2週に1度位一緒に食事する、ラジャパット大の英語の教員がそちら系です。細身でナヨナヨした仕草は、あまり気持ちの良いものではありません。しかし、学生の学力のことはもちろん、卒業後の就職についても話を聞きます。そして、気に入った女学生を、先生に紹介し、英語を鍛えてもらう様にお願いします。就職と言うエサをぶら下げても、必死に学ぶものは少ない様です。
 あっ、彼は一緒に食事しても、隣に座ったり料理を取り分けたりはしてくれません。

 スースー
Posted by タイ文字は文字化け? at 2019年12月29日 13:44
ピーコの言葉で分かりやすいですね
なるほど、だからそうなのか
妄想体質なのが一目瞭然です
知り合いのオカマやオナベも妄想体質なのでキモイのですけど、きっとゲイやレズビアンも同じ症状なのでしょうね
Posted by なんだかな〜 at 2019年12月29日 17:16
タイ文字は文字化け?殿:
綴り違い、ご指摘ありがとうございます。
今日の午後、すぐに訂正いたしました、お恥ずかしい限りです。
Posted by 独居老人 at 2019年12月29日 20:29
なんだかな〜殿:
ジジイはゲイバーになら3,4回行ったことがあります。
全てバーの女の子に連れて行かれたもの。
女の子を誘うと、店が終わったあとゲイバーに行きたがるんですね。
ゲイといってもホステスの男は女装してましたが...
彼らはとにかく面白い、客を飽きさせません、すごい芸(ゲイ)だと思いました。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年12月29日 20:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: