2019年12月15日

独居老人の生活1718(女性の身支度)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1718(女性の身支度)


 装いは科学、 美しさは女の武器。

 謙虚さこそがエレガンスよ
                             ココ・シャネル
 

@ お堀の水がない。

チェンマイの旧市街を囲むお堀、 風情のある景色だ。
その堀の水の入れ替えか、 水が抜かれてしまっている。
                  ☟
pict-P_20191215_074033_vHDR_On_pお堀 (1).jpg



pict-P_20191215_074033_vHDR_On_pお堀 (2).jpg

写真はお堀の北側で撮ったもの。
また水で満たすのだろう、 これだけの量を溜めるには大変だ。


  ********************


A 足元が寒いので....

家の中にいる時も、 外に出る時も、 欠かせないのが靴下。
なぜって、 とにかく寒い、 今、このチェンマイで。

特にバイクに乗る時には必ず靴下をはく。
勿論、手袋も着けて走る....冷えて寒いのだ。

で、買ってきたのが脚までのびる靴下、 これがベスト。
                ☟
  pict-P_20191211_152146_vHDR_On_p靴下.jpg

6足で100バーツ、 つまり1足17バーツ(約58円)。
チェンマイは安くてありがたい。

ジジイがいつも履いているのがこんな靴下で、 ちょっと寒い。
               ☟
 pict-DSCN6398.jpg

ジジイは寒がりなのかなあ。


  **********************


B 昨日の昼ごはん。

昨日(12月14日)は池の周りにあるレストランへ。
  (地図はココ
約3週間ほど滞在予定の友人を案内して出かけた次第。
友人は初めて来たと喜んでいた(お世辞かも...)

バイクの2人乗りは避けて、 Grab Taxiを利用。
ターペ門からの往復で250バーツかかった。

   レストランから見た池。
pict-P_20191214_130406_vHDR_On_p池のレストラン (2).jpg
   ☝ 池の左手向こうに見えるのが 「山岳民族博物館」




pict-P_20191214_130406_vHDR_On_p池のレストラン (1).jpg

ヤムサイタン(腸の和え物)、 野菜炒め、 チャーハン、
Beer Chang大瓶3本と氷を注文し、 勘定は約410バーツ。

気候はチェンマイの小春日和って感じ、 爽やかな気分。
美味しいタイ料理を堪能したランチだった。


  *********************


C 早朝からデリバリーで走る。

ここはチャンプアク門から500mほど東に行ったお粥屋。
店の前にはGrab Food のバイクが数台、 出たり入ったり。

pict-P_20191214_073828_vHDR_On_pGrab Food (2).jpg



なぜだか 「ピンクパンダ」 のバイクなし。
このお粥屋はGrab一辺倒かな?
pict-P_20191214_073828_vHDR_On_pGrab Food (1).jpg


時刻は朝の7時、 こんなに早くから働くGrabのドライバーたち。 
お粥なんぞ安い食い物だが、 5人10人分ともなれば額がはる。

デリバリーを頼んでも割が合うのだろう。
世の中、 便利になったもんんだ。


  **********************


D 女性は身支度で時間に遅れる?

女性がデートなどに遅れる理由は色々あるようだ。
交通機関の遅延じゃなく、 化粧や服の着替えに手間取るとか。

何を着て行こうかで悩み、 一旦着たがどうも気が乗らない。
んで、また着替えなおしてまた悩む。

出る直前になって変えたくなるんだそうな。
服のコーディネートがなんか違うとか。

男から見たらどうでもいいことでウジウジするのが女。
加えて化粧やヘヤーセットがある。

髪を束ねようか、 スラッと流そうか...実にくだらないこと。
こんなんで男は待たされる、 堪ったもんじゃない。


タイ人女性なら、 そもそも時間的観念がない。
10分、20分遅れようがマイペンライ。

酷いのになると、 約束時刻が過ぎてから 「今日はキャンセル」 と平気で言う女もいる。

爺さんは既にバイアグラを服用して待っている。
「この後どうすりゃいいんだ!」 チンコばかりか腹も立つ。

               * *

先日夜、 友人Sさん(66)と和食店 「サムライキッチン」 で待ち合わせ。
彼の恋人(タイ人)が一緒で、 アパートから徒歩で来る。

pict-1576372413186Lalana (3).jpg
          ☝ サムライキッチンの店内。


店には7時集合でジジイは5分前に到着、 待っていると、
「彼女の支度が手間取っていて遅れます」 のLine。 

ならば食いながらのんびり待とうとこれを注文。
               ☟
   pict-1576372413186Lalana (4).jpg
        ☝ 鮭のかぶと煮:59バーツ。

メニューには ”売り切れ御免” とある、 59Bは安い。
これをツマミして待っていると、 15分遅れで2人が到着。

ん?  友人の恋人(33歳)を見ても、 どこを化粧したのか、 何を着るのに悩んだか...さっぱり分からず。
               ☟
 pict-1576372413186Lalana (2).jpg

化粧なし、 着ているものはジャンパー。
女の身支度で手間取ったとはとても思えない。

出がけに便意、 ウンコで時間がかかったとしか考えられない。

後日、 友人に言うには、

「彼女だって化粧に時間をかけてますよ。
特に肌の手入れには熱心です、 こんなふうに...」

                ☟

 pict-1576372413186Lalana (1).jpg

ウッヒャー、 気持ち悪い!  100年の恋も冷めるわ。
「泥美容法」 とかで、 すごく時間がかかる由。

こんなのを出かける前にやられちゃ、 待つ方は大変だ。

「彼女を見ていて嫌になりません?」 とジジイ。

「いいえ、 私は幸せ、 楽しい毎日!」


色ボケ爺さんって...こんなんか。






化け物になる品が......化粧品、 女は皆、 お化けです。


チェンマイって ホントいいですね!  



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:36| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: