2019年12月11日

独居老人の生活1715(2019年に亡くなった有名人)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1715(今年死亡した有名人)


 愛の前に死がかくまで無力なものだとは

 この瞬間まで思わなかった。

 恐らく私達の死骸は腐乱して発見されるだろう。

                                 有島武郎 (作家 : 心中で死亡)


関西圏の空港は韓国の ”日本ボイコット” の影響で大赤字に...?

関西エアポート株式会社は、 令和元年度中間連結決算を発表。
  (2019年4月から2019年9月まで)

同社は、 関西国際、 大阪(伊丹)、 神戸の3空港を運営する。


関西エア中間決算過去最高益.jpg
         ☝ 出所: 産経新聞。


中間連結決算は、 最終利益が前年同期の約2・2倍の255億円となり、 過去最高益を更新。

日韓関係悪化による韓国路線の需要の落ち込みがあったが、 中国や東南アジア方面の路線が好調で補った。

関空の総旅客数は前年同期比17%増の1634万人で、 4〜9月期として過去最高を記録。

神戸空港は総旅客数が6%増の170万人で過去最高。
伊丹空港の総旅客数は2%増の839万人だった。

この結果、 売上高(営業収益)は14%増の1198億円、
本業のもうけを示す営業利益は36%増の362億円。

免税店などの 「非航空系収入」 は14%増の705億円で過去最高を記録。


何だい、 韓国はなーんも影響してないじゃん。
逆にホクホク、 ぐっと良くなった決算発表(業績)。

いいぞ....韓国は ”日本ボイコット” を永遠に続けりゃあいい。
それでも 「日本に勝った」 と言う韓国、 バカ丸出し。

                * *


12月もこの時期になると思い出されるのが鬼籍に入った有名人。
さあ、 今年はどの人が亡くなったか、 行ってみよう!

 <2019年に死亡した有名人>

1.コマソンの女王、 天地総子(享年78)。

  pict-天地総子.jpg

塞栓性脳梗塞のため1月6日、 茨城県古河市の病院で死去。
国立音楽大学付属高校卒業、 父はピアニストの天地真佐雄。

1974年に広告代理店勤務の3歳年下と結婚、 1女を授かる。
夫とは1981年に離婚するも1984年に復縁した。

  オバちゃんになった天地総子。
pict-天地総子&.jpg


では、 懐かしいCMソングをどうぞ!
天地総子&デュークエイセス (三木鶏郎CMソング傑作集)
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=pI4G8o0AFuM

                 * *

2.「家政婦は見た!」 の女優・市原悦子(享年82)

2019年1月12日、 心不全で死去。

  pict-市原悦子.jpg

                * *


3.2019年2月、 堺屋太一が多臓器不全で死去(享年83)

1998年の小渕内閣で経済企画庁長官として入閣。
ベストセラー小説 「団塊の世代」 の著者としても有名。

   pict-作家・堺屋太一.jpg

                * *


4.米国の覆面プロレスラー、 ザ・デストロイヤー(享年88)。

2月7日、 米ニューヨーク州の自宅で死去した。
1930年、 米東部ニューヨーク州バファロー生まれ。

シラキュース大大学院(教育学)を修了し、1954年にプロレスデビュー。

来日して必殺技 「4の字固め」 で力道山と死闘を繰り広げ、 日本でも一躍人気を博す。

pict-ザ・デストロイヤー.jpg
                   ☝
 WWA世界選手権で力道山と対戦したザ・デストロイヤー。
    (昭和38年5月、東京体育館)

               * *

5.佐藤 純彌監督(享年86)

  佐藤純彌.jpg

”ミスター超大作” と異名がある。 2月9日、都内の自宅で死去。
作品には、
 『新幹線大爆破』 (1975年)
 『君よ憤怒の河を渉れ』 (1976年)

 『人間の証明』 (1977年)
 『敦煌』 (1988年、 日本・中国合作)

 『男たちの大和/YAMATO』 (2005年)
 『桜田門外ノ変』 (2010年)

テレビでは、 『キイハンター』 や 『Gメン'75』 が有名。

それでは 『桜田門外ノ変』 の予告編をどうぞ!
吉村昭の歴史小説を映画化したもの。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=JArslOEQLdE&feature=emb_logo

              * *

6.歌手の内田裕也が3月に死去(享年79)

  pict-内田裕也.jpg

半年前に死去した妻の樹木希林の後を追うように亡くなった。
娘婿は本木雅弘。

      若かりし樹木希林と内田裕也。
   pict-内田裕也2.jpg
     
               * *


7.ショーケンこと、萩原健一(享年68)

  pict-俳優・萩原健一2.jpg


希少ガン・GISTで長年の闘病甲斐なく死去。
4人目の妻・冨田リカさんが見守る中、 眠るように息を引き取ったという。

    pict-俳優・萩原健一.jpg


では懐かしい、 ザ・テンプターズのエメラルドの伝説。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=wiIEDA0Mqi8

上が消去されていたら・・
https://www.youtube.com/watch?v=DfSzKWWWgZM

               * *

8.元横綱・北尾光司(享年55)

慢性腎不全で3月に死去。
22歳で横綱に昇進するものの親方と対立し脱走、 引退。

ジジイは10年ほど前か、 上野アメ横商店街に行った時、 ナイフ専門店に客でいた北尾を見かけた。 

店主と話しながら、 笑っていた顔が記憶にある。

では、千代の富士vs北尾 (昭和61年)の2番をどうぞ!
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=2-3f49eARdc

               * *


9.漫談のケーシー高峰は肺気腫で4月に死亡(享年85)

pict-ケーシー高峰.jpg


ではケーシー高峰の漫談をどうぞ!
https://www.youtube.com/watch?v=ri1Qm5uGtMU


               * *


10.陸上の小出義雄監督が4月に肺炎で死去(享年80)

pict-小出義雄.jpg
        ☝ 高橋尚子さんら名選手を育成した。


ジジイは15,6年前か、 実際に小出義雄監督を見たことがある。
石原慎太郎との座談講演で、 場所は新宿厚生年金会館。

司会はフジテレビの女子アナ、 産経新聞の主催だったと思う。
小出監督は喋りが上手で、 石原慎太郎に引けを取らなかった。

石原が都知事時代、 小出監督からこう言われた。

「マラソン大会を開いて市民ランナーを東京のド真ん中、 銀座で
  走らせて欲しい」

小出からの発案から今の 「東京マラソン」 が誕生したという。
小出義雄監督の ”夢の実現”、 彼の大きな功績であろう。

石原慎太郎は現在87歳、 最近メディアに顔を出していないが....
大丈夫かな?

                * *

11.演歌歌手・紫艶が5月に孤独死(享年41)。

薬の飲みあわせの悪さによる病死ではないかと...
桂文枝の20年来の愛人として一躍注目を浴びた。

pict-桂文枝と紫えん5.jpg    

               * *


12.女優・杉葉子が5月に死亡(享年90)

pict-杉葉子.jpg
              ☝ 左は池辺 良。


1949年、 映画 「青い山脈」 のヒロイン・女学生役で映画デビュー。
馬ずらの女優さんであった。

    写真は74歳の頃か。 
pict-杉葉子2.jpg

               * *


13.俳優の高島忠夫

2019年6月、老衰のため自宅で死亡(享年88)。

pict-高島忠夫2.jpg
         ☝ 右は妻の女優の寿美花代。

高島は1930年、兵庫県神戸市生まれ。
1952年に映画 『恋の応援団長』 でデビュー。

その後、舞台やラジオ、司会など幅広いジャンルで活躍した。
息子2人も俳優。

              * *

14.評論家の竹村健一

  pict-竹村健一2.jpg

7月、 多臓器不全のため東京都内の病院で死去(享年89)

「日本の常識は世界の非常識」 

この言葉をジジイが初めて聞いたのは竹村健一から。

今もジジイはそう思っている...日本の非常識。
世界でも稀なるお人好し国家、 それが日本だ。

               * *


15.安部譲二(作家)は急性肺炎で9月に死亡(享年82)。

  pict-アウトロー列伝.jpg

府中刑務所での実体験をもとにした自伝的小説 『塀の中の懲りない面々』 がベストセラーに...

極道をテーマにした軽妙な作品で人気を博した。

                * *

16.佐藤忠志(享年68) 

  pict-元祖カリスマ予備校講師.jpg

予備校の元英語講師、 「金ピカ先生」 で大ブレーク。

1980年代、 代々木ゼミナール、 東進ハイスクールなどの予備校で生徒から絶大な支持を受けた。

加えてコワモテの顔に金のネックレスの風貌が話題を呼ぶ。

人気が高じてタレント業にも進出。
「全盛期には年収2億円超えた」 と自らが語っていた。

鹿児島県西之表市長選に 「金ピカ先生」の名で立候補→ 惨敗。

その後2度の脳梗塞と心筋梗塞を患い、 表舞台から姿を消した。

「金ピカ先生」 は生活保護を受け、 独り暮らしだった。
デイケアセンターの職員が自宅を訪問て死亡を発見。

 pict-元祖カリスマ予備校講師2.jpg
          ☝ 晩年の佐藤忠志(享年68) 


現在は予備校も厳しい状況、
全盛時代の 「金ピカ先生」 が登場です。
                 ☟
https://www.youtube.com/watch?v=dWKOQTydwLk

                * *

17.ソプラノ歌手の佐藤しのぶ

  pict-佐藤しのぶ.jpg

9月に死去(享年61)、 夫は指揮者の現田茂夫さん。

                 * *


18.金田正一(元プロ野球選手)。

10月、 敗血症で死亡(享年86)。

特筆すべきはカネやんの日米野球出場。
プロ2年目の1951から60年まで7大会連続出場。

1955年に3冠王を獲得したヤンキースの強打者・ミッキー・マントルと対戦。 ミッキーから3三振を奪って賞賛を浴びた。
              ☟
  pict-金田正一.jpg
              ☝
   ミッキー・マントル(右)と金田正一(1955年)。

                * *


19.芸能リポーターの福岡翼(享年79)。

pict-芸能リポーターの福岡翼.jpg


2019年4月20日に死去していたことが明らかになる。
本人の遺志で公表を控えていて、 報道が遅れた。

故人の 「もし死んだら、 いつの間にか消えているのが良い」 という遺志を尊重したもの。

ベッドの中で眠るように亡くなっていたのを妹が発見した由。
死因は慢性心不全増悪。

梨元勝(2010年死去、 享年65)と同様、 TVで人気者に... 
ソフトな口調でワイドショー全盛期を築いた。

                * *

20.八千草薫はすい臓がんで10月に死亡(享年88)。

  pict-八千草薫.jpg
         ☝ 左は市川雷蔵。

病気のため2019年4月スタートのドラマも治療のために降板。

宝塚を退団した1957年に19歳年上の映画監督・谷口千吉と結婚。

谷口監督が再々婚とあって周囲からは反対の声。
谷口の初婚は脚本家の水木 洋子で、 結婚1年後に離婚。

2度目は1949年、 女優の若山セツ子。
だが1956年、「乱菊物語」 出演の八千草薫と不倫 → 離婚。

この不倫スキャンダルで、 谷口は3年近く干されてしまった。

pict-谷口千吉監督.jpg
      ☝ 結婚式の谷口千吉(45)と八千草薫(26)


谷口の監督としての依頼(仕事)は1971年でほぼ無くなった。

その後は八千草薫のヒモ同然、 85歳まで運転手として彼女の
送り迎えが仕事。
八千草との間に子供はなく、 90歳ごろから車椅子に....

ということで、 谷口監督(享年95)が亡くなる2007年まで50年間、 夫婦円満の生活だった。

  pict-八千草薫2.jpg
       ☝ 品のいいお婆ちゃんでした。

               * *


21.鴈 龍(享年55)

勝新太郎と中村玉緒(80)の息子。
11月1日、 急性心不全で急死していたことが分かった。

鴈龍は18歳で姉と一緒に大麻密売で逮捕される。
彼は1984年(20歳の時)再逮捕、 大麻取締法違反。

1989年、 25歳で映画デビュー。
1988年12月、 そのデビュー作を撮影中のこと。

鴈 龍(当時の芸名・奥村雄大)は、 立ち回りの場面において、
斬られ役の俳優を誤って殺してしまう。

彼は迫力出すため、 撮影時に真剣を使っていた。
両親は偉大な俳優、 これじゃあグータラ息子は辛いよなあ。

    鴈 龍、 2012年TV出演。
2012年奥村雄大.jpg
         ☝ 肥満体で110kgほどあった。

                * *


22.元祖おねえの きよ彦(享年69)。

  pict-きよ彦2.jpg
        ☝ 11月下旬に死亡。

料理研究家で着物デザイナー。
コメンテーターやタレントでも活躍、 毒舌キャラで人気を集めた。

               * *

23.女優・木内みどり(享年69)

  pict-木内みどり.jpg

11月、 急性心臓死のため、 滞在先の広島市のホテルで死去。

1971年、『されどわれらが日々―より 別れの詩」 でデビュー。
その後、テレビドラマ、映画、舞台に多数出演。

初婚は海藤春樹(照明家)(1977〜1983)。

再婚相手が水野誠一(元参議院議員、 元西武百貨店社長)
 (1988〜死亡まで)

尚、水野誠一の父・水野成夫はフジテレビの初代社長だった。

    晩年の木内みどり。
  pict-木内みどり2.jpg

             * *

現在74歳のジジイ、 こうして見るとジジイもあと7〜8年かな。

新年まで3週間もあり、 この後どなたがあの世行きか?
まだまだ出るんじゃないかと思う。






皆さま、 お気をつけて....


チェンマイって ホントいいですね!


posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:55| Comment(4) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今朝もまた二人亡くなったニュースが入っていましたね。金ピカ先生の落ちぶれようなど痛々しく見えます。チェンマイでも11月だけで3人の日本人が亡くなったと聞いております。こういった話しは生きる意欲がダダ下がりになるので、独居さんのお友達、日野さんのような元気に活動している人の話しをブログで紹介していただいて在住高齢者を元気付けてほしいです。それにしても夜8時過ぎでTシャツ1枚、しかもビールを飲める、相当皮下脂肪が厚い人ですね。
Posted by タオ・クワーイ at 2019年12月12日 09:16

 華麗なる日々の独居青年 樣

 田舎町の鉄道駅前の屋台街で寿司と焼きそばの店を出していた、かつて沖縄で(不法)就労の経験のあるサクさんが、50歳台に入った間もなく10月に亡くなりました。日本での稼ぎで田舎で米作を初め、最近では日本米を栽培して寿司を売っていました。タイ人からお米が美味しいと評判でした。とても働き者で、タイ人はお金が無いからと、安くがモットーでした。他地域での屋台の出店に際して、自分の店で修業をさせたり、新しいメニューを試験したりと、タカリ体質でなかっただけに、残念です。
 寒い日が続きますが、屋台街ではタイスキの店が繁盛しているようです。餡かけ麺の餡を熱くしたら温まるのアドバイスに、唐辛子を入れれば簡単、の返事でした。麺類の汁を熱くする発想は無いようです。設備も無いかな。
 脂肪は温度が下がれば硬化しますので、体の内部から温めてやらないといけません。この場合、基礎代謝が増えていると言えるのかな。

 スースー
Posted by タイ文字は文字化け? at 2019年12月12日 12:07
タオ・クワーイ殿:
梅宮辰夫、元社会党委員長の石橋政嗣、お亡くなりになりました。
石橋さんは95まで生きてたんですね。 懐かしい思い出、「非武装中立論」。
ジジイや日野さんはチェンマイで快楽的な余生を送ろう..の精神で暮らしております。
元気なうちだけですからね。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年12月13日 13:45
タイ文字は文字化け?:
50代とはまた早いですね。
でもジジイは、寝たきりとか病院のベッドで長生きはしたくないです。
静かに安らかにあの世に行けたら..こう願っておりますが...
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年12月13日 13:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: