2019年12月09日

独居老人の生活1714(共産国家のお話)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1714(共産国家のお話)


 国土はその肥沃さに比例して耕されるものではなく、

 自由に比例して耕される。
                            モンテスキュー  (法の精神より)


@ 極寒を求めて人は行く。

タイランドの最高峰はチェンマイ県にあるドイ・インタノン。
昨日(12月8日)朝、 そこでの気温は摂氏1度。

すべての木々も地面も綺麗な白い霜に覆われた。
寒さと美しい眺望を楽しもうと、 12,114人のツーリストがやって来た。

4日連続の休暇と相俟って、今年1番の訪問者数だ。
辺りには濃い霧が立ち込め、 ツーリストは急な坂を避けていたという。

pict-Doi Intanon.jpg


ジジイたちは暖かさを求めてチェンマイに来ている。
何を好き好んで寒い山に登るのか、 理解しがたいところ。

冷凍庫企業は、 「寒さ体験ツアー」 を売り出せばいい。
冷凍倉庫の壁は山林の絵、 客は零下の室内で極寒を楽しむ。

ジジイのグッドアイディア、 大当たりすると思うけどなあ。


  *********************


A 共産国家のお話。

ある日、習近平が中国人民の生活実態を探ろうと、 変装して街の視察に1人で出かけた。

習は公園のベンチにいた老人に話しかける。

「最近の暮らし向きは如何ですか?」

「ええ、 とても良くなっています」

習は大喜びして、
「例えばどのようにですか?」

「以前は小さくて汚い小屋に住んでましたが 今は綺麗な高級
 マンションです。
 昔の食事はトウモロコシ、 今は肉や魚を好きなだけ食べてます」

習近平は心の中で歓喜。

「私の政策が上手くいってる証拠。
 人民の生活はとても向上している、 本当に良かった!」

老人が笑顔で言う。

「本当に嬉しい限りですよ。
 娘が共産党の党員と結婚できるなんて....」
   (souece : Newsweek)

                 * *

北朝鮮人が亡命しようと船で北朝鮮を脱出する。
運が悪かった、 強風で吹き戻されてまた元へ戻って来ちゃう。

すると海岸で皆が待っていて、 さっと横幕が出た。

 「ようこそ北朝鮮へ!」

収容所送りとなり、 そこでも歓迎された。

               * *

タイ人が金 正男に訊いた。

  pict-金正男.jpg


「あなたは ”運” を信じますか?」

「信じてるに決まってるよ。 そうでなきゃ、 あんなバカが
 何で北の将軍様になってるのか、 理由がつかないよ」


金 正男はその後、 クアラルンプール空港で暗殺された。

               * *

北朝鮮の大学の授業で、 学生が教授に質問した。

「社会主義は韓国や日本でも建設されうるでしょうか?」

「とんでもない、 もしそうなったら、
 我が国は何処から米や食料をタダで貰えるというのだ」

               * *

毛沢東がアメリカを訪問した。
そしてハリウッドに案内され、 ジョン・ウェインに会った。

「カウボーイ君、 君の名前だけは知っているよ」

  pict-世界でもっとも愛されたスター.jpg

               * *

中国人の田舎者が初めて飛行機に乗った。
飛行機が離陸して空に飛び上がる。

スチュワーデスが来て、
「チューインガムをどうぞ、 耳鳴りを防ぎます」

着陸してからその客がスチュワーデスに訊いた。

「おねえさんよ、 ガムを耳から出すにはどうしたらいいの?」

              * * 

ドイツ人が中国の田舎町へ出張した。
この町にある工業団地に工場建設を計画したからだ。

で、小さなホテルに宿泊。
工業が盛んなこの田舎町のホテルは客でいっぱい。

ドイツ人が部屋のトイレに入ると紙がない。
すぐレセプションに行って言う。

「トイレットペーパーが欲しいんだが...」

「トイレットペーパーは今、切らしているんですが....
 サンドペーパーならあります、 これで.....」

               * *

上海の酒場で隣に居合わせた男が訊いた。
「あなたは習近平主席と共産党を支持しますか?」

「こんな大勢いる所でいきなり言われたって困るじゃないか」

「いえ、 習近平を.....」

「ちょっとこっち来て、 こっちへ」

誰もいない所に行って、 彼は言った。

「支持します」

              * *

米中戦争が勃発しそうな雲行きになった。
そこで習近平がトランプ大統領に対し警告を発した。

pict-習近平.jpg


「中国は、 1億人くらい死んだって別に驚かない。
  4億、5億人の捕虜を送るであろう」

トランプはこれを聞いて、 しゅんとなっちゃったという。

              * *

王毅中国外相が訪韓した。

pict-王毅外相.jpg

王毅は2019年12月5日、 韓国側の 「友好的な人物」 100人を
集め昼食会を主催。

ただ、この昼食会を急きょ決めた為、 韓国側要人のほとんどは
予定が入っていた。

それでも中国大使館は、 「予定をキャンセルし、 王毅外相の昼食会に出席せよ」 と要請。

国家元首でもこのようなことはしないのに...傍若無人とはこのこと。
失礼な上に加えて、 王毅外相は昼食会に37分遅刻してきた。

遅刻に対する謝罪もなく、 王毅のスピーチは、
「中国復興は歴史の必然であり、 誰も止めることはできない」

ま、唯我独尊の典型だ。


日本には強気で言いたいことを言い、 好き勝手に振る舞うくせして何たるざま...の韓国。

そうりゃそうだ、 日本は要求などしない、 反対に、
「はい、 何とか...善処いたします」 と大人の優しいバカ対応。

それに比べて....







 共産国家は...怖いからな。


チェンマイって ホントいいですね!   


posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:36| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チェンマイ寒いようですね。昨夜、サンデーマーケットで足マッサージの仕事を屋外でしている友人から電話があり、チェンマイは寒い、ドイ・インタノンに沢山の観光客が行っていると言っていました。15年前の12月にチェンマイに行った時、女の子から寒くて手を擦って貰った記憶がありますが、今年は例年以上に寒いのでしょうか。東京に住んでいると北国には寒くて行きたくありません。
Posted by カップ at 2019年12月09日 20:29
カップさん:
ジジイの部屋は北向きで特に寒く感じますね。
でも日中はポカポカ暖かく、気持ちがいいですよ。
ファランなどは半袖のTシャツ姿も...
バイクに乗って走るとやはり寒いです。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年12月11日 13:31
今晩は独居老人さん、ACEです。

私の友人でバンコクに在住の日本人がいますが、中年のタイ女性と援助交際を始めました。

タイ人にしてはちゃんとした会社に勤めていて結構な収入を得ているのですが、収入以上の生活をしているので常に日本人の気前の良い色ボケした(笑)日本人の援助交際を求めているようです。

コンドと車を持っていて、田舎の自分の子供に送金するとなると最低8万Bは必要だと思いますが、半分位しか賄えないので友人が援助交際を始めた訳です。

彼からすれば月3万B位で済ませるつもりだったのですが、車のバッテリーを交換しなければとかタイヤ交換とか次々に想定外の臨時のおねだりが出てきます(笑)。

彼は週2〜3日のペースで考えていたのですが、連日お泊りして金を巻き上げていきます。

車は金食い虫ですから、保険の更新とか税金とかどこかが壊れたとかきりがありません。要求に対して返事を渋っていたらもう来なくなったそうです。

「ノーマネー・ノーハニー」という事ですね。

Posted by ACE at 2019年12月13日 20:52
ACEさん:
「要求に対して返事を渋っていたらもう来なくなった..」 こんな女性なら最高ですね。
さっと別れてくれるなら、男にとってはありがたい。
所詮爺さんはATM、しかし彼女には引き出し限度額を守らせるべきですね。
難しいことですが...(笑) コメントありがとうございました。

Posted by 独居老人 at 2019年12月14日 13:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: