2019年12月03日

独居老人の生活1709(あんな韓国に誰がした:後編)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1709
                     (あんな韓国に誰がした:後編)


 資金をもらう方が出す方に向かって、

 ビタ一文安くすることはまかりならんと言うのは筋違いだ。

                                園田 直 (元外務大臣)


1965年に結ばれた日韓基本条約は皆さまご存知の通り。
                   ☟
pict-日韓基本条約に調印,李東元韓国外相と椎名悦三郎外相。1965年.jpg
                   ☝
 日韓基本条約に調印、 李東元韓国外相と椎名悦三郎外相 
   (1965年)

日本は当時の韓国の国家予算の2倍にあたる5億ドル(無償3億ドル、 有償2億ドル)の経済協力で合意した。

それでも1980年に就任した全斗煥大統領は、 日本に新たな経済支援を要求する。


1981年5月、 伊東正義外務大臣が辞任し、 後任に園田直が就任。 この園田外相が韓国との関係をこじらせた。

韓国が、 防衛および安全保障に絡み、 5年間で60億ドルの政府借款を要請。
しかし園田は経済協力の切り離しを要求、 40億ドル以下に削減。

そのとき冒頭の、 「資金をもらう方が出す方に向かって...」 の発言をして、 韓国の反発を招いたのだ。

誰がどう考えても、 園田外相の発言がもっともだと思うだろう。
しかし恨根性、 被害者意識を持つ韓国は日本を批判した。

                * *

そして1982年11月、 首相に就任したのが中曽根康弘。
2019年11月29日、 鬼籍に入った大勲位だ(享年101)。

中曽根首相は、 就任直後に日本の現職首相として初めて韓国を電撃訪問(1983年1月)。 
                  ☟
pict-全斗煥と会談中曽根康弘1983年1月、ソウル.jpg
                  ☝
全斗煥大統領と会談する中曽根康弘(1983年1月、 ソウル)


戦後、 韓国を公式訪問した日本の首相はいなかった。

それも米国よりも先に訪問、 韓国を優先した形だ。
その訪問で中曾根は、 即40億ドルの支援を表明した。

当時の為替レート(1ドル=約240円)で約1兆円である。


夕食会では、 中曽根首相は韓国語で挨拶した上に韓国の流行歌まで唄う。

風呂で発音を繰り返し且つ歌の練習、 さらに 「チョンドゥファン・テートンニョンカッカ(全斗煥大統領閣下)」 と言えるように...

翌1984年、全斗煥は韓国大統領として初訪日。
国賓であり、 昭和天皇主催の宮中晩餐会にも招かれた。

pict-全斗煥は韓国大統領.jpg
          ☝ 全斗煥と妻の李順子。


ちなみに全斗煥以外に韓国大統領の国賓来日は、 2003年6月の盧武鉉大統領で、 史上2人だけ。

pict-1984年9月、韓国の大統領として初来日、中曽根会談全斗煥.jpg
                  ☝
   1984年9月、 韓国の大統領として初めての来日、
   中曽根首相と会談する全斗煥大統領(左)


2003年、 政界を引退した中曽根は次のように回顧する。

「日本は韓民族にずいぶん迷惑をかけてきた。
 韓国の民族意識を考えたらそうしなければと思った。
 反省と協力を行動で示す必要があった」

                * *

1986年、 第3次中曽根内閣での文部大臣・藤尾正行。
彼の 「文藝春秋」 (1986年10月号)での発言が問題化した。

   pict-藤尾 正行.jpg

「韓国併合(1910年)は韓国との合意の上に形成されたもので、 日本だけでなく韓国側にも責任がある」。

至極当然のことを言ったのだが、 これに韓国側が強く反発。

このあとの動き(議論)は以下の本に詳しく描かれている。
                ☟
   pict-DSCN6391百田尚樹.jpg
       ☝ 産経新聞出版、 880円+税。


 (以下、 上掲の本から抽出して引用する)
韓国や日本のメディアから非難され、 藤尾は言う。

 「一から十まで、 全部、日本が悪いと言うんではない。
  そういう考え方は韓国側に改めてもらいたい。

  また率直に話し合うのが外交ではないか、
  歴史的事実を消し去ることはできない」

中曽根は藤尾に自発的な辞任を求めたが、 藤尾は中曽根のやり方を 「その場しのぎの外交」 と批判し、辞任を拒否。

そのため、中曽根は次のように述べて藤尾を罷免した。

「公的立場だから、 国民の多数が考えている見方を選ぶべきだ。
戦後、 私たちはアジアの国々を大切にするという考え方をとってきた。
対外的配慮が必要だ。
従って藤尾文相の発言は妥当ではない。
子孫のために、 アジアの隣国の友好を大事に残していかねばならない。 (読売新聞1986年9月9日)


「対外的配慮が必要」、 「子孫のために、 アジアの隣国の友好を大事に...」 という中曽根発言。

そして藤尾正行文部大臣は真っ当な発言でも(一国の大臣が)罷免された。

これでは政治家も官僚もビビる → 韓国に忖度する、 みんな出世したいから。

で、韓国には一切反論せず、 「ごもっともで...」 の ”大人のバカ対応” が路線化。

こうした日本の姿勢に意を強くした韓国は、 歴史問題などを持ち出してはカネと技術支援をたかり始めた。

この中曽根の韓国への忖度(=へつらい)が 歴代の政権に引き継がれていく。

40億ドル支援を含めた日本の援助が1990年に終わると、 ”金の切れ目は縁の切れ目” はタイ人女性と同じ。

韓国から日本への執拗な謝罪要求が強まっていった。
そこに飛び出したのが朝日新聞の慰安婦捏造記事。

1993年の河野洋平・官房長官による 「河野談話」。
宮沢喜一首相の謝罪外交など、 韓国の言うがまま。

そしてこの路線は、 村山富市・首相の戦後50周年談話につながり、 さらに1998年の小渕恵三首相の 「日韓パートナーシップ」 宣言に...

小渕は漁業協定締結のために行なったこの宣言の中で初めて、 ”植民地支配” という言葉を使って謝罪した。

これでは将来とも、 韓国に 「付け上がってください」 と促すようなもの。

朴槿恵大統領の 「日本は千年万年、 謝罪せねばならない!」 も日本の “贖罪意識” に付け込んだとも言えよう。

「日本には何をしても、何を言っても大丈夫」

この長年にわたって醸成された ”対日・甘えの構造” が、 韓国にしっかりと根付いている。


戦後初めて、 日本が韓国に対抗する事態が発生した。

安倍晋三首相の登場である。
対応はまだ甘いが、 「国家間の約束事は守れ」 の信念は心強い。


中曽根が藤尾文相を罷免した際に述べた言葉を再度書く。

 「国民の多数が考えている見方を選ぶべきだ」

そう、今や韓国に対し、 多くの国民の堪忍袋の緒が切れている。

 「韓国には教えず、 助けず、 関わらず」

 「韓国に対しては、 攻撃こそ最大の防御」






この2つが、 選挙で勝利をもたらす。


チェンマイって ホントいいですね!   




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:31| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
https://president.jp/articles/-/30067

でも今年の日本人旅行先ナンバー1は韓国なんですよね。どうなっているのだか・・・
Posted by at 2019年12月03日 19:01
お名前未記入殿:
情報、ありがとうございます。
韓国は近いから、外国としては行きやすいですね。 
九州からなら船も出てますし...
政治に興味がなければ韓国はただの観光地でしょう。
若い女性などにはまだ、K-ポップスに夢中な子もおりますよ。
あれだけ日本ボイコットを叫ぶ韓国からでも、減少したとはいえ韓国人が日本にやってきます。
政治と旅行は別なんでしょうか。
ジジイは韓国に行く気はありません。
キーセンはもういなくなってますからね(笑)
Posted by 独居老人 at 2019年12月05日 13:16
 華麗なる独居青年 樣

 知人の帰化した元在日の妻は、年に2度程は先祖供養として、先方から案内が来ますので、仕方なく供養の金を持って、出かけています。現地の親族からは、包む金が少ないと詰られます。もう、宗族譜に名を連ねているので、逃れられません。行かないと、日本に押し掛けて来て、近所迷惑な先祖供養式をしてくれます。これをされますと、近所や子供の周りに帰化の事が分かりますので、泣く泣く出掛けています。子供は宗族譜に名前が載ってしまっているのですが、子供の結婚や孫は絶対に載せない様に、気を付けているのですが、チクル輩はどこにでもいるので、近くには住まわせてはおりません。孫の顔も簡単に見られないのは可哀そうです。
 この宗族譜も、朝鮮戦争のどさくさに紛れて捏造したものであることは、祖父が白丁であったこと、生活苦から日本に密航したこと、これらを知っている知人からは、全くバカバカしい存在である様です。
 個人の間も政府の間も、金のある所に集るという構造は同じ様です。別に帰化した知人が、特別にお金を持っているという訳ではなく、帰化したという世間に知られたくない弱みを持っている為です。

 スースー

 
Posted by タイ文字は文字化け? at 2019年12月05日 15:05
タイ文字は文字化け?殿:
コメントありがとうございます。
今でも帰化が、「帰化したという世間に知られたくない弱み」 になっているんですね。
芸能人や有名人なら分かるのですが...
ジジイは、先祖供養とか冠婚葬祭はやりません(興味がありません)ので...
Posted by 独居老人 at 2019年12月05日 20:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: