2019年11月29日

独居老人の生活1705(老人になればどういう訳か・・)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1705(老人になれば..)


 医者が来るのを待ちきれずに死ぬ奴を短気という。

 そして 息が ”切れて” あの世に...


人間、 長生きすれば大概ボケる、 立派な ”国民病” といえよう。

団塊の世代が75歳以上となる2025年には、 全国の認知症患者が700万人になるそうな。

65歳以上の5人に1人がボケる → 予備群を含めると1000万人を超えるのではと推計(厚生労働省)。

pict-認知症.jpg
               ☝ イメージ画像。


ボケは、 性格や生活習慣、 日々の行動と症状の進行がリンクしているという。

特定の言動のパターンがボケの進行を早くする傾向あり。

なかでも、 わかりやすいサインのひとつが “口癖” 。
自分の脳は、 自分の発言を一番よく聞いている。

1日に何度も 「物忘れがひどくて」 という人は、 「物忘れがひどい自分」 を認め、どんどん症状が悪化。

で、 認知症の初期症状として次の2つの口癖が増える。

1つが 「面倒くさい」、  2つ目が 「別にいい」。

言葉は脳の状態を映す鏡、 認知症になる人は日頃から “悪い
口癖” を言っていることが多いとか。   (参考 : 週刊ポスト)

                 * *

ジジイはチェンマイで 「面倒くさい」 が口癖の爺さんを2人知っている。 2人とも独身者。

1人は71歳、 チェンマイが面倒くさくなったのか既にチェンマイを卒業、 顔を見せなくなった。

日本での1人暮らしだ、 間違いなくボケているだろう。


2人目は74歳、
結婚願望があったので、 ジジイはこうアドバイスした。

「普通の素人の女性を見つけたら如何?」

74歳の爺さんの相手はいつも風俗(玄人)の女性。
家や車など、 貢いだ挙句に逃げられたのが過去数人。

彼は必ず言う。
「素人は口説かなきゃならない、 面倒くさい」

言われてみれば、 風俗女性は爺さんが口説かなくても向こうからなびいてくる。

「面倒くさく」 なくて楽なことは確かだ。
しかし、 「共に白髪がはえる迄一緒に生活」 なんて頭になし。

カネだけ取ったらスタコラ逃げるのは当然か。
ま、 彼は 「エロ認知症」 にあったと言えよう。

今は 「もう女は要りません」 と言っているので、 次は一般的なボケが進行するであろう。

とにかく 「面倒くさい」 はボケる老人の口癖だとジジイも思う。


  *********************


一方で、 「切れる老人」、 「モンスター老人」 が増えている。
暴力、 暴言……高齢者による事件も多発。

総人口(1億2671万人)に占める65歳以上人口(3515万人)の割合(高齢化率)は27.7%。

高齢化により、 これからもこの比率は高まっていくという。
 (平成30年版・内閣府の「高齢社会白書」 より)


で、 1998年以降、 高齢者の検挙人員は毎年増加。
1998年が1万3739人 → 2017年で4万6264人で約3.4倍に...

うち70歳以上の検挙人員は、 2017年で3万1636人(68.4%)。
1998年の6840人と比べ、 10年間で約4.6倍にも増えている。


ではなぜ老人が ”切れて”、 ”モンスター” になるのか。

1.元気があり、 体力があり過ぎて攻撃性が増す。

2.多くのシニア社員が、 役職から引き下げられ、 部下も
   権限もなし → ムシャクシャして...

3.家庭内の権威低下 → 相手にされず → 1人で暇を持て余す。

4.「お客様は神様」 の風潮で、 尊敬を強要する心理が高まる。

   pict-okoru-oji.jpg


プライド過剰な高齢者は特にストレスが大きい。

店員さんなど赤の他人に無理やり敬意を要求し、 「態度が許せない」 と言ってキレるという。

些細なことで切れるのだ。
電車内で席を譲られると、 「年寄り扱いするな!」


幼児が電車内などで泣いていると、 「静かにさせろ!」
そして 「日頃からちゃんと躾しろよ」 となる。


レストランで年寄り大勢が騒ぎ立てる。
周りから苦情がきて、 店員が 「お静かに願いませんか?」

これで切れる、 「そんなにうるさくはしていない!」 
「カネ払ってるんだぞ!」 そう、”お客様は神様” 根性なのだ。


コンビニでは、 おとなしい店員に向かって、
「もっとハキハキ話しなさい!」 と怒鳴って説教。

老人にはこういう説教マニアが多いらしい。

 pict-キレる老人.jpg



介護現場でもモンスター発揮。
若い女性介護士の手やお尻、 胸を触る爺さんがいるんだとか。

介護士が 「いい加減にしてください!」 と言えば、
「老人には優しくしてよ、 いたわらないとダメでしょ!」
   (参考 : ダイアモンドオンライン)

こんな ”エロボケ” はおっぽり出せばイイ。

pict-転職で介護.jpg
         ☝ 触りまくる爺さんがいるとか。
             (イメージ画像)

               * *

もうチェンマイを引き揚げてしまったが、 次のようなお堅い爺さん・某(70代)がいた。

某がチェンマイ総領事館に行った時のこと。
窓口で書類の発行を依頼 → タイ人(女性)職員がその書類を差し出した。

そのとき某はこう言って怒った。
「こういう書類は封筒に入れて渡すもの、 なっとらん!」


ある日某は、 和食レストランに行った。
混み合っていて、 注文の料理が中々出てこない。

なんせタイ人夫婦による家族経営の小さな店だ。
待ちきれず、 とうとう切れた、 テーブルをガンガン叩いて、

「何をやってる、 どれだけ待たせるんだ、 いい加減にしろ!」

店主がやって来て
「もう帰ってくれ、 2度と来ないでくれ」。

               * *

某という人は謹厳実直、 いつもは普通の好々爺、 イイ人なのだ。
しかし余りに日本スタンダードであり過ぎた。

タイに居ながら、 暮らし方と考え方は日本そのまま。
これではストレスが溜まる一方だ。

ここはタイランド、 マイペンライ(気にしない)の国。

と言いながら、 ジジイもたまには切れることもある。


ジジイは切れそうになった時、 こう3回、呪文を唱える。

間違いなく気が静まる......皆さまにもお奨めします。








「オxxコ、 オxxコ、 オxxコ」


チェンマイって ホントいいですね!  


posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:28| Comment(2) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイに住んでいるのにタイ飯が苦手、人種に限らずこの様な人達の多くはタイの生活でも文句たらたら・・・ 食は文化、現地食が受け入れられなければその国の生活には適してないと思います。
Posted by at 2019年12月02日 11:25
お名前未記入殿:
コメントありがとうございます。
ジジイの知り合いに、日本食以外は全てダメ..という人がおりました。
イタリアンや中華、ヤムチャも食べられない、それでもチェンマイに定住されてました。
ここまで極端でなくても、タイ食がダメの人は多いですよ。
和食店がたくさんありますので、外食でも不自由はしないんでしょうね(笑)
Posted by 独居老人 at 2019年12月02日 13:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: