2019年11月07日

独居老人の生活1685(北北金に進路を取れ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1685(北北金に進路を取れ)


 文は駄目だ、というのは構わない。

 でも北朝鮮は駄目だ、 というのは許さない。

                                文在寅が言いそうなセリフ。


最近、 韓国ではある2つの事で文政権批判が起きている。

2019年10月31日、韓国・朝鮮日報は、 「古宮の職員が着用する新しい制服のデザインに約1億ウォン(約900万円)が使われていた」 と報じた。

制服はファッションショーで公開され、 一部のデザインと色が北朝鮮の人民服にそっくりとの批判が続出。

pict-人民服.jpg
        ☝ 人民服を着た金正日。


保守系野党 の議員は、 新しい勤務服と北朝鮮の人民服を比較した写真を示して言う。

「北朝鮮のファッションをまねしている」

ネットでは、 「北朝鮮から輸入すれば?」 とか 「ベトナムやラオスに行けば1着1万2000ウォンで買える」 など皮肉るコメントも....

               * *

北朝鮮をパクったという疑念で、 文在寅政権が批判を浴びるのは今回が初めてではない。

それは、 昨年発表された新しい韓国パスポートのデザインだ。

これは2020年から発行されるのだが、 何と北朝鮮のパスポートと同じ色。

韓国のパスポートは強力で、 米国を抜いて現在世界2位。
北朝鮮とは雲泥の差、 それがどうして北を真似るのか!

pict-DSCN6216.jpg
       ☝ 左が北朝鮮、 右が韓国のパスポート。


おまけに国名も紛らわしい。

韓国は 「Republic of Korea」。

北は 「Democratic People's Repubulic of Korea」

制服とパスポートから、 「親北」 に傾く文政権、 イデオロギーに基づく決定だと批判を浴びている。  (source : Newsweek)

                 * *

こういった流れをみると、 次のニュースにも信憑性があるように思えてくる。
ジャーナリスト篠原常一郎という方が述べている。

「韓国政府は北朝鮮の非脱北者にも韓国パスポートを発給する措置を開始した」

もしこれが本当なら、 北の工作員は日本はもとより何処の国にでも行けることになる。

8分27秒からこのパスポート発給の件を語っています。
                 ☟
https://www.youtube.com/watch?v=2IT0DFxiMCw


南北統一を目論む文在寅大統領。
しかし真の狙いは韓国の北朝鮮化だ。

文在寅の夢は、 金正日のように人民服を着て、 朝鮮半島を統治する。
               ☟
   pict-1573113226949文在寅 (1).jpg



そして白馬にまたがり、 颯爽と駆ける将軍さまになることだ。
              ☟
pict-1573113226949文在寅 (2).jpg


そう考えると、 北の要員に韓国パスポートを与えるというのもあり得る話だ。

このところどういう訳か、 日本に急にすすり寄って来る韓国。


ジジイはなんか気色悪い。







「対韓国ストーカー法」 を作って欲しいものだ。


チェンマイって ホントいいですね!  
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:30| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 華麗なる日々の独居青年 樣

 韓国に関する本は沢山ありますが、少し時代を遡ってみますと、一番良い本は、イザベラ・バードの「朝鮮紀行」または「朝鮮奥地紀行」(翻訳者により表題が異なります)が一番だと思います。翁には「Korea and her neighbours」を読んで頂いて、翻訳本の誤りについて指摘して頂けることを願っています。
 翻訳本では、日清戦争で日本は自らの血を流して朝鮮に独立をプレゼントしたが、彼らはその使い方を全く知らなかった。とか
 彼らが自己改革をする能力はないから、外からするより方法が無い。とか
 王の気まぐれによる布告は、法の下にきちんと規制されねばならない。とか
 バードの書いた時から120年経ちますが、何が変わったのか???です。
 日米経済摩擦が起きる中で、自動車はアメリカに工場を作り、韓国には自動車産業が・・・なんだけど、半導体は韓国に作らせてやった為にこんなことになったんだけど、所詮下請け仕事、先が見えています。
 
Posted by タイ文字は文字化け? at 2019年11月07日 22:07
タイ文字は文字化け?殿:
イザベラ・バードの「朝鮮紀行」は、2019年4月24日掲載の#1506(収奪するもの、 何も無し)で取り上げました。
戦後からの対韓国外交、即ち何か言われれば何でもハイハイと応じてきた外交は、この辺で打ち止めにすべきです。
今回の徴用工問題がいいチャンス、過去から脱却して欲しいですね。
コメントありがとうございました。
Posted by at 2019年11月09日 10:54

 華麗なる日々の独居青年 樣

 いやいや、翻訳された本の方ではありません。韓国語への翻訳版が、全く正反対である様に、二人の翻訳家の文章に誤りがないのか、英語の堪能な翁に、確認作業をして頂きたいのです。だから英語の表題を書いたのです。翻訳版ではなく、英語版で論を始めれば、共通の土台に立てるのではと思った次第です。
 バードも書いていましたが、教育の責任者が「儒学経緯」を著して教科書としようとした時に、外国全員が反対して、採用させなかった事、責任者を退職させたことがありました。 今行うべき事は、夢物語の教科書を正すことでしょう。
 法務の責任者が恥ずべき犯罪で更迭されたとバードは書きましたが、この恥ずべき犯罪とは、科挙の不正と収賄でした。120年前と今が変わらないという事は、自身の力で改革は出来ないという事でしょう。

  
Posted by タイ文字は文字化け? at 2019年11月09日 19:22
タイ文字は文字化け?殿:
コメントありがとうございます。
ジジイの英語は適当、とても翻訳する能力はございません。
それよりも女性を求めて歩きたいです。 で、毎朝歩いてはおりますが...
韓国と関わってイイことは、歴史上1度もないのでは?
今後は適当にあしらっていて欲しいですね。
Posted by 独居老人 at 2019年11月10日 12:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: