2019年11月06日

独居老人の生活1684(へこませたい)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1684(へこませたい)


 人の生き方に反対でも、 変えさせるのはよくないわ。

 それに大抵手遅れだし。

                        フランソワーズ・サガン(フランスの小説家)


@ ナイソイ祭り(Nai Soi Festival)。

pict-Spice Garden.jpg

スパイスガーデン(Spice Garden)が新規オープン。
これを祝っての Grand Opening イベント。

2019年11月16日(土) 18:00〜
場所: Space Garden  (地図はココ

ジャズパレード、 ライブ演奏、 ストリートアートあり。
勿論、 ビールやカクテルで飲んで食べてのお祭りだ。


  ********************


A 70年代のディスコダンスを楽しもう!

チェンマイの “Fun Group” が提供するダンスパーティ。

   pict-Sunday-noon-fever.jpg

2019年11月17日(日) 午後3時〜6時。
場所: Gymkhana Golf Club  (地図はココ
入場無料、 駐車場あり。

数十年前のダンスと音楽なら年寄りには持って来いだ。
ダンスを見物するだけでも面白いのでは....是非どうぞ!


  ********************


B ホテルマンの犯罪。

チェンマイなどのホテルで、 ヘッドスタッフとして勤務していた男が逮捕された。

pict-employee uses customer credit cards.jpg


男は35歳、 レシェプションのヘッドを務めていたが、 客のクレジットカード情報を盗み(集め)、 オンラインショッピングで不正使用。

被害総額は50万バーツ以上に上る。

ホテルのレシェプションなら客の情報は簡単に入手できる。

客はパスポートを見せる上に、 カードでの支払いやオンライン予約で個人情報は筒抜け。

客の住所氏名、 IDやパスポート、クレジットカードのナンバー、 電話・email address など容易いもの。

男は客のクレジットカードを使い、 オンラインで i-phone などをちょこまか購入。

警察が男の部屋を調べたところ、 50枚ほどのクレジットカード情報を盗んでいた由。

   pict-life.jpg


こんなホテルマン、 捕まってホント良かった。
残念ながら、 男が勤めていたチェンマイのホテル名は不明。


ジジイもクレジットカードの詐欺被害にあったことがある。

南米のコロンビアを旅した時(1994年)で、 この模様は本ブログ・記憶に残る旅でお伝えしている。

詐欺犯による不正使用が3ヶ月半にわたって続き、 その合計は約115,000ドル(11,500,000円)に達した。

カードで犯人が購入したのは全て航空券。
ユナイテッドやルフトハンザ等、 欧米諸国のライン。

首都ボゴタからの往復航空券で、 70万円〜100万円のチケットを月に3、4枚購入。

被害額は 「Amex」 が負担、 ジジイが支払うことはなかった。

そういう事もあって、 現在、ジジイはタイ等でのクレジットカード使用を出来るだけ控えている。


  **********************


C 道路補修(スーパー・リンピン前の通り)

先日、 リンピンの前の道路に入った時、 ガクンとバイクが揺れる。
こんなデカい穴に車輪が突っ込んだのだ。
                  ☟
pict-P_20191029_065637_vHDR_On_pリンピン穴凹.jpg
         ☝ 右上に見えるのが 「リンピン」。


ジジイはその時の衝撃で、 軽いムチ打ち症状に見舞われる。

2019年10月29日に本ブログ(#1676)でこの顛末を取り上げたところ、 驚いた、早くも補修が完全になされていた。

    11月5日昼に確認した道路。
pict-P_20191105_133244_vHDR_On_pリンピン.jpg


こうなるとホント、 本ブログが影響力を発揮したかのように錯覚してしまう。

おそらくロイクラトンを前にして、 急いで補修したのだろう。
何はともわれジジイにとってはありがたや!


  **********************


D 40バーツの床屋に行く。

友人から、 この床屋は安くて上手..と勧められた。
たまたま耳部と頭部の後ろ側が伸びていて、 物は試しと行ってみた次第。

場所はサンバコーイ市場、 消防署の南側。 
  (地図はココ、 Street View はココ

pict-P_20191105_134016_vHDR_On_p床屋 (2).jpg


ランチ後に出向いたら、 既に客が2人いた。
カットの仕方を注意して見ると、 2人ともバリカンで刈り上げる。

pict-P_20191105_134016_vHDR_On_p床屋 (1).jpg


これでは堪らん、 ジジイの番になって椅子に座った時、 持参したポケトークでジジイの希望を言う。

女性店主は合点とばかりに挟みを取り出しチョキチョキ。
頭の周りだけをカットしてもらった。

バリカンはダメと注文をつけたので、 40バーツにチップ10B、 計50Bを支払う。


とにかくチェンマイの街中で、 40バーツ(約140円)の床屋があるってことは驚き。

物価上昇で苦しくなるチェンマイ暮らし、 このような安価な床屋があって嬉しい限り。


  *******************


E 鏡を見たら...

和食店 「サクラ」 の店内には、 片側の壁に鏡がある。
ランチを食い終わって何気なく、 鏡に映る己の姿を眺めた。

なんとジジイはカッコいい!  メタボでも何でもない。
スラリとした均整の取れた体ではないか。
                 ☟
pict-P_20191105_131250_vHDR_On_p進 (1).jpg

とまあ、 こんな様になっててくれればいいのだが....
シャッターを押す時に、 ジジイが腹をへこませただけ。


普通に撮ると腹が出ている、 へこませたいが....
                 ☟
pict-P_20191105_131250_vHDR_On_p進 (2).jpg


昼めし晩めし、 欠かさずビールの隠居暮らし14年。

腹だけが出っ張てくるのも当然、 今さら手遅れだ。


これじゃあ.....







若い女にモテるわけネーわ。


チェンマイって ホントいいですね!  
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:17| Comment(8) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東南アジアの床屋は安くて良いのですが、衛生面で不安です。ハサミ、カミソリやバリカンなどちゃんと消毒しているんでしょうか?エイズが心配です。散髪でエイズ発症じゃ、シャレにならないですね。
Posted by かっちゃん at 2019年11月06日 14:54
床屋、安いですね。子供料金ですね。小中学生はタイ独特の刈上げですが、子供を大事にする国のようで、聞いた金額は忘れましたが安かったです。チェンマイでは、何事も経験、友達に連れていって貰ってこれまで2回床屋をしました。1回目は約5年前、坊主刈・髭剃りで120B、2回目は1年前、友達が50Bで床屋をしたと言ったのでその店に連れていって貰いました。美容室のようで坊主刈100Bでした。私には安くしてくれませんでした。でも、日本よりは遥かに安いですね。
Posted by カップ at 2019年11月07日 11:42
参考までにバンコクのミナト理容と言う日本人が経営している店は、最近値上げしてフルサービスで500B≒1800円です。

フルサービスとはカット・洗髪・髭剃り・ミニマッサージ付きです。日本の半額位でしょうか。

日本では1300円のカットだけです。
Posted by ACE at 2019年11月07日 12:39

 華麗なる日々の独居青年 樣

 以前、理容師の学校が卒業前の実習として、公園で無料でやっていました記憶があります。でも、なんだかいつでも卒業前だったような気がします。
 私の滞在する田舎では、電気バリカンでカット、後ではさみで少し手直し、新しい刃に替えて襟足を整えて70バーツです。彼はオカマなので仕事の仕草が気持ち悪いというか、面白いというか、でも2週間に1度位は行って、身嗜みを整えています。タイ人がいつも見ていますので。
 
Posted by タイ文字は文字化け? at 2019年11月07日 21:43
かっちゃん殿:
コメントありがとうございます。
消毒の事、気にしたこと、ないですね。
日本ではやってるんでしょうか。
カミソリは使いませんので、まあ、安心して床屋に行っております。
いつもは100バーツで、美容院でカットしてもらっています。 
Posted by 独居老人 at 2019年11月08日 16:22
カップさん:
ジジイが過去、チェンマイで行った床屋で1番安かったのが70バーツでした。
40バーツがあると聞いて驚きました。
散髪後、自宅に帰ってすぐシャンプーしました。 コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年11月09日 10:27
ACEさん:
コメントありがとうございます。
40バーツの床屋は勿論カットだけ。
ジジイはタイの理容店で、シャンプーなどをやって貰ったことはありません。
日本でも1000円床屋、カットだけです。
日本の床屋で何が嫌かと言いますと、理容師さんが髪を切りながら話しかけてくること。
黙って切ってくれればいいものを..といつも思ってました。
1000円床屋は無言で切る所が多く、短時間で終わることに加えて気に入っております。
Posted by 独居老人 at 2019年11月09日 10:36
タイ文字は文字化け?殿:
タイの床屋は、頭部の周り(側面)を刈り上げる所が多いので、いつも決まった店に行っております。
ジジイは刈り上げが嫌いで、日本では昔、レザーカットでやってました。
側面に生えてくる髪が頭の上部に生えてくれたらと、いつも思っているのですが...
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年11月09日 10:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: