2019年10月27日

独居老人の生活1674(爺さんの臭い)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1674(爺さんの臭い)


  第二の青春を楽しみたかったら、

  第一の青春は忘れることです。

                               チェンマイの独居老人


@米がタイへの特恵関税停止!

日本企業のタイ移転にも影響か。

アメリカのトランプ政権は、 タイでは労働者の結社の自由や団体交渉権の保護など、 「国際的に認められた労働者の権利を適切に提供できない」 として、 タイへの特恵関税約13億ドルを停止したことを発表。

「Bangkok Post」 が2019年10月26日に報じた。

米国は、 米国市場の輸入においてタイのシェアが高くない市場を対象に、 この停止措置を実施。

特にタイから米国に輸出される水産物が対象。

「タイの水産物や海運の産業における、 長年にわたる労働者の権利問題」 によるもの。

この特恵関税の停止措置は、 2020年4月25日から発効予定。
以下、詳細は本ブログの巻末、 追記-2で.... (source : PJA NEWS)


この影響で円高バーツ安になってくれればありがたいのだが....
最近では10,000円 → 2,800バーツを下回っている状態。

タイ人女性にお手当を出されている皆さまには大きな影響。 
もうやってられないよ! ってことで....


  *********************


A 老人の臭い。

ジジイは子供の頃、 年に数回、 母親と一緒に母の実家を訪問。
そこには祖母と母の弟(叔父)一家が暮らしていた。

電車に乗って30分、 子供には車窓から見る景色が楽しいもの。
実家に到着すると、 すぐ祖母の部屋に挨拶に行く。

祖母はジジイに会うと喜び、 必ず結構な額の小遣いをくれた。
「親孝行しなさいよ」 と、言うことはいつも同じ。

ジジイは正座のままかしこまり、 「はい」 と答える。
ジジイが10歳の頃なら、 祖母は70前であったろうか。

行儀よく話を聞いていたのも祖母に会うのも、 全てカネ(小遣い)のため、 バイトみたいなものだった。

祖母の部屋に入って嫌だったのが何ともいえない臭い。
子供にも分るほどクサい、 しかし小遣い稼ぎと思って我慢した。

なので祖母との思い出は、 ”小遣いとクサい” の2つと言える。

                 * *

フィリピーナを恋人に持つKさん(70)が面白い事を言っていた。

年の差30数歳、 3年ほど前、彼女がKさんと懇ろになった時だ。
彼女は周りから言われたという。

「67歳のお爺さんって、 クサくない?
  口臭も体臭も....よく貴女、我慢できるわね」

これを彼女から聞いたKさん、 「そんなふ風に見られるんだ」、
笑いながら、 これには参ったと....

               * *

ジジイが40歳の頃、 まだオフィス(職場)での喫煙はOKだった。

30前の若手はヘビースモーカーで、 デスクに灰皿を置いていつもプカプカ状態。

煙は彼の前に座る女子社員(40代前半)に吹きかかる。
彼女は大のタバコ嫌い。 ならばと自分で扇風機を買ってきて机の上に置く。

ファンを男性社員の方に向けて1日中回し続けた。
タバコの煙は彼女に向かわず、 スモーカーに押し返す。

ジジイは1度、 彼女に訊いてみた。
「そんなにタバコが嫌いでは、 愛煙家とキスは難しい?」

「考えただけで卒倒しそう、 死んでもイヤ!」

彼女は未婚のまま定年退職。
生活には困らない彼女は、 嫌なスモーカーに抱かれずに済んだ。

                * *

タイムマシーンでジジイが30歳の時に戻ったと仮定しよう。
ジジイは次のような老婆を抱けるだろうか?
              ☟
  pict-ブリジットバルドー2.jpg
              ☝
30歳のジジイが彼女に恋をし、 H するなんて...あり得ない。
彼女はフランスの女優、 老いたブリジッド・バルドー。


でも若い頃の彼女なら、 そりゃあ熱心に口説くだろう。
”老婆は1日にしてならず” 歳月をかけて老いたのだ。

             ☟

      若い頃のブリジッド・バルドー。
   pict-ブリジットバルドー.jpg


これを反対に置き換えてみよう。
30歳の女性が74のジジイに恋をし、 抱かれたいと思うか?

もし H するとすれば、 それはカネのため。
風俗女性は職業と割り切って、 醜い爺さんにも股を開く。

素人の女性も生活の為カネの為、 爺さんでも援助してくれるなら目をつむり、 パートナーになるかも。

                * *

友人で70代のEさんはロマンチック、 今も恋を夢見る爺さんだ。
独身の彼は素人の若い女性を恋人にしたいと発奮。

ようやく1人のタイ人女性(30)とデートにこぎ着けた。
3度目のデート、 食事をし、 手を握り、 キスしようと....

ところが彼女はチュッとキスの真似をしただけ。
Eさんはジジイにこぼす。

「なぜディープキスをさせないんだろう」

彼はキスをきっかけに初の H まで行くつもりだった。


Eさんはヘビースモーカー、 食事の時にはビールを飲み、 ちょっと席を外しては喫煙する。

酒臭く、 ヤニでいっぱいの口の中、 そんな状態の爺さんにディープキスを迫られる若い女性の心理。

彼女がタバコ嫌いなら、 Eさんの舌が彼女の口に入り込んだ瞬間、 気絶する。

もし彼が30歳なら性フェロモンを発散、 女性を魅了するだろう。
しかし今、発散するのは口臭、 老臭、 加えて顔は老醜。


pict-爺色ボケ.jpg
               ☝ イメージ画像。


Eさんはロマンチック、 恋のプロセスを愉しみ、 愛を成就させたいと願う。

言ってみれば、 まだまだ20代、青年の気分なのだ。
第二の青春を楽しみたかったら、 第一の青春は忘れること。

それは、 40数年前の光り輝いた一頁にすぎない。

                * *

我々は、 トイレでウンコした瞬間にはその臭さが分かる。
だが嗅覚はすぐ慣れてしまい、 臭いは感じなくなる。

しかしその直後、 他人がトイレに入れば、 臭くて臭くて...
自分の臭いは分からないないが、 他人にはクサいのだ。


セックスする場合も同じで、 女性は爺さんの臭いに敏感だ。

ジジイなら、 キスする前には舌苔を取り除き、 歯を磨き、 マウスウォッシュ液でクチュクチュする。

シャワーを浴び、 シャンプーしてさっぱりと...
両耳、 首筋辺りには香水を振りかける。

寝室にも香水を撒く。
枕はクサいもの、 特にバックでヤレば彼女の顔が枕に向く。

爪の手入れも大事、 愛撫する指は柔らかで美しくありたい。

部屋はうす暗くし、 照明にこだわる。
老人の醜い顔、 たるんだ体をじっくり見たら彼女はげんなり。

つまりカネのために抱かれる彼女の我慢を少なくしてやる。

最初は我慢 → ま、仕方ない → お気遣いありがとう → 口臭も
体臭もしないわ → いい爺さんだわ → 気持ちよくしてくれる。

若い女が爺さんに恋心を抱く...まずあり得ないと言っていい。
しかし 爺さんだって人間的にイイ人、 尊敬できる人にはなれる。

所詮爺さんは ”ATM”、 気前よくカネを渡せば 「イイ人ね」 と言ってくれる。 しかしそれは 「気前のイイ人ね」 のこと。

               * *

町工場の経営者だって腐心する、 社員に気持ちよく働いて貰うにはどうすればいいか?

で、まず職場の3Kを出来る限りなくそうとする。
汚い、 危険、 キツい..の3K、 加えてよく働く社員を褒める。

「給料払ってんだから、 我慢して働け!」
という経営者なら、 そこは ”ブラック職場” になろう。


我々とて同じこと、 若い彼女が気持ちよく H できるように...
”汚い、 クサい、 キツい” の3Kをなくす、 そして彼女を褒める。

何らケアしない老人は、 そこにいるだけで汚いくクサいもの。
そんな爺さんとのセックスは、 若い彼女にはキツい労働。

「口臭の酷い爺さんと長いディープキスなんて絶対イヤ。
 タバコでヤニ臭い、 体臭も...わぁ、 もう死にそうだわ」

爺さんはまず、口、 身体、 枕、 部屋、 全てから臭いを消す。
クサいものは洗って磨いて取り替えて、 そして香水と照明。

セックスする ”職場環境” を快適なものに改善するのだ。
その結果、 爺さんと H するという彼女の我慢度は軽減される。

「お手当払ってんだから、 我慢して抱かれろ!」
という爺さんなら、 ”ブラックセックス” になってしまう。


とにかく爺さんは、 己の周りから臭いを消し去ること。
臭いを香水などで香ばしいもの(匂い)に変えるのだ。

間もなく、 嫌でも香水は要らなくなる。

代わって線香が......







葬式で、 そう、 死臭ですよ。


チェンマイって ホントいいですね!  

  <追記-1>
「いやあ、 俺の彼女は自分から求めてくるよ、
  俺とのセックスが楽しみなんだよな」

こうおっしゃる爺さんもおられよう。

しかしこれは、 「私のATMが他の女に性欲を抱かぬよう、 盗まれないよう」、 いわゆるATMメンテナンスの一環。

精力をそぎ、 ATM(の精液)をカラの状態に保つ作業なのだ。 

  ****************


  <追記-2>

米がタイへの特恵関税停止!

これを受けてタイの商務省の貿易政策、戦略局のPimchanok Vonkorpon局長は 「まだ影響を受ける製品の一覧を得たばかりで、 この影響を評価するには時間がかかります。」 とコメントしています。

この米国の発表は、 タイが漁業における労働者の問題に対策を講じている最中に発表されました。

タイでは漁業におけて、 奴隷のような労働者が使われているという問題は米国以外からも指摘されており、 欧州のEUからも同様の問題を指摘されています。

タイから米国への海産物の輸出規模は、2018年で年間約48億ドルです。

また、米国のブルームバーグのデータによると、 海産物に限らないタイから米国への輸出額の合計は約319億ドルでした。

タイのプラユット首相は、 タイの漁業で違法に、報告もせず、規制もうけずに野放図に行われている漁業に対し、 ルールを強化して取り締まりを強化しています。

これは、既にタイバーツの高騰でもがいているタイの輸出産業に、 追加で60億ドルのコストをかけさせて不満が出ている中で実施されています。

タイの輸出産業は現在、米中貿易戦争の影響やバーツ高の影響で低迷しており、 今年の9月も下落している事を、10月21日にタイ商務省が発表したばかりでした。

報道されている概要は、上記の通りです。


タイでは特に漁業において、タイ周辺国の外国人やタイ人の方々が、悪質な業者などに騙されたのと同然の形で漁船に乗せられ、海の上の奴隷のように働かされているという問題が国内外から多数指摘されています。

日本メディアでもテレビも含めて、「タイの奴隷漁船」 という趣旨でこの問題を報じており、 国際的な問題となっています。

タイ政府は報道されている通り、 その対策を進めてはいるのですが、 なかなか効果が上げられない状況にありました。

その中で、米国政府が本ニュースの措置を発表しました。

この措置は上記の背景から、 米国へ輸出される特に海産物が影響を受ける見込みです。

報道によると、タイから米国への輸出額は約319億ドルの中で、 海産物は約48億ドルと1割強を占めます。

そのうち約13億ドル相当を対象とする低関税が停止となるため、 タイ経済への打撃は大きなものとなる事が考えられます。

また、今回の措置のようなタイから米国への貿易が阻害される動きが加速すれば、 現在は日本のメーカーなどで米中貿易戦争の悪影響を回避するために、 中国からタイなどへ生産拠点を移転する動きが広がっていましたが、 この動きも停滞する影響が出そうです。
 (PJA NEWS から転載)
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:47| Comment(4) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつのまにか小生も老人の末席を汚しております。
タイ美人の妻とアイドルに勝るとも劣らないハーフ娘二人の美女三人に囲まれて幸せに暮らしております。
ところが気が付けば、洗濯は別々。洗濯機の洗濯槽に余裕があっても別々。理由は単純明快。お父さんは臭い!汚い!! トイレはもっと凄い事を言われますよ。二階へ行って( 自分の部屋で)やってよー。
Posted by 信天翁 at 2019年10月27日 16:47
信天翁殿:
2階にもトイレがあるんですか?
それとも桶か何かにでも出せと...
お嬢様のウンコだってクサいはず、屁と糞はみな平等ですから。
でもやるせないですね、父親というものは。
クサい、汚い、汚物みたいな扱いでしょ?(笑)
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年10月29日 14:19
2階にトイレは2つありますので、1階と合わせて3つです。
お金持ちの友人・知人の多い独居老人さんならご存知でしょう。
小生は血圧の降下薬を服用してますので、それが臭さの原因かと考えてます。
それにしても、「桶か何か・・・」は酷すぎます。
Posted by 信天翁 at 2019年10月30日 12:50
信天翁さん:
ジジイも東京の家族から「ウンコがクサい!」と言われてました。
同じで降圧剤のせいかな? 科学的根拠があるんでしょうか?
2階にトイレ..これ本当に知りませんでした。
桶は別としても、オマルに排便するのかと...
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年10月30日 13:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: