2019年09月16日

独居老人の生活1638(ジジイ好みの美女)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1638(ジジイ好みの美女)


  親の思うほど 子は思わぬ

      (意味)
    親がいくら子の幸せを願い、 常に心をかけてやっても、
    子はそれほどまでに親のことを思ってはいない。


ジジイは次の女性の写真を見てすぐに心を奪われた。
知的で清楚な感じ、 男とベッドに寝れば恥じらうだろう。

               ☟

  pict-曹国(チョ・グク)の娘チョ・ミンヒ.jpg



   彼女の母親(57歳)も美人かな?
pict-チョ・グク氏の妻.jpg
         ☝ ポッチャリ型のインテリ風。
        夫より3歳ほど上の姉(あね)さん女房とか。



   彼女の家族には長男がいる。 美男子かな?
pict-チョ・グクの長男(名前)「チョ・ウォン」.jpg
      ☝ 28歳くらいでは..と言われているが....



それじゃあ、 父親はどんな人(若い頃の写真)。

                 ☟

pict-チョグク若い頃.jpg



もうお分かり、 韓国の法務部長(法相)、 チョ・グク氏。
                   ☟
pict-チョグク氏のwiki経歴は?娘の顔.jpg
             ☝ 右は娘のチョ・ミンヒさん。



チョ・グクのニックネームは ”玉ねぎ男”。
剥いても剥いても疑惑が出てくる、 疑惑の百貨店だ。
                  ☟
pict-法相候補のチョ・グク.jpg

それでも文在寅大統領は、 グク氏を法相に任命しちゃった。
まさに ”韓国の常識は世界の非常識” の典型だ。

                 * *

娘チョ・ミンヒの不正入学疑惑問題、 これがもし疑惑でないなら彼女は天才だ。

英語系の高校 → 高麗大→ ソウル大環境工学大学院半年在籍 → 釜山の医療大学院という経歴。

英文系 → 不明 → 物理化学 → 医学と、 専門分野をチェンジ。

検察は、 母親を(韓国東洋大学教授)を私文書偽造の罪で在宅起訴した。

娘チョ・ミンヒが2014年に釜山大学院に合格した際に 「東洋大学総長賞の表彰を受けた」 という履歴書を提出。

しかし、 東洋大学総長は 「表彰を与えていない」 と発表。
偽造がバレてしまった。

                  * *

長男はまだ延世大学の学生らしいが、 まだ兵役には1度も就いていない → 父親のコネで ”兵役逃れ” してる疑い。

徴兵制のある韓国で、 この ”兵役逃れ” には厳しい批判が巻き上がる。

例えば1990年代に韓国で人気歌手だったユ・スンジュン。
                  ☟
pict-人気歌手だったユ・スンジュン.jpg

彼は兵役直前の2002年に韓国籍を放棄し、 米市民権を取得。
で、 兵役は免除。

しかし、 国民の間ではこれが 「兵役逃れだ」 とのバッシング。
韓国政府はこれを重く見て、 「韓国への入国禁止」 措置を出す。

韓国の国籍法第9条は、 「兵役忌避を目的に大韓民国国籍を喪失した者は国籍回復ができない」 とある。

加えて入国管理法11条 に、

「大韓民国の利益や公共の安全を害する行動をする懸念があると認めるほどの相当な理由がある者に対して入国禁止措置を下すことが出来る」

ユ・スンジュンは祖国に帰れなくなってしまった。

さて、 チョ・グクの長男の 「兵役逃れ疑惑」 はどんな結末を迎えるか?

                 * *

ソウル地検は9月16日、 チョ・グク法相の親族に絡む疑惑を巡り、 チョ氏の親戚である30代の男について裁判所に逮捕状を請求した。

容疑は横領や証拠隠滅教唆など。

男はチョ氏の妻らが出資した私募ファンドの実質的所有者とされ、 検察はチョ氏の親族による不透明な資金運用疑惑の解明を進める。

                * *

法相就任など辞退すればいいものを...と思うのは素人考えか。
文大統領とタッグを組んで、 地検をやっつける魂胆だ。


それにしても可哀想なのは娘のチョ・ミンヒさん。
こんなに可愛いのに世間から叩かれて....

pict-チョ・グクの娘(名前)「.jpg
           ☝ どこを整形してんだろう?


超学歴社会の韓国、 娘の学業状態(成績)を見た両親は、 不正してでもイイ学歴を与えてやりたかったのだ。

「親の心 子知らず」  美人でもネ〜








チョ・グクの娘、 相当 頭が悪いんだな。


チェンマイって ホントいいですね!
 





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:35| Comment(0) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: