2019年09月14日

独居老人の生活1636(何でもあり..のタイランド)


チェンマイ独居老人の華麗なる生1636(何でもあり..のタイ)


  悪の根源をなすものは、

 金そのものにあるのではなく、 金に対する執着である。

                               サミュエル・スマイルズ (英国の作家)


@ チェンマイ〜ランプーン道路での珍光景。

こんなバカ親が世の中にはいる...それが何とタイ。
2019年9月11日、 警察は運転していた両親を特定し告発。

告発理由は、 無謀運転とシートベルト着用違反。
ではこの程度の運転で、 なんでバカ親とジジイは書くか。

それは同乗していた子供(小学生か)の座り方にある。
ま、子供はドライブを楽しんではいたが....写真でどうぞ!


                 ☟




                 ☟




pict-child sit on car roof.jpg



pict-child sitting on car roof.jpg



  pict-child sitting on car roof 2.jpg


両親は警察の調べに対し、
「そんなに深く考えていなかった」 とまあ軽い気持ちで....

でもこのとき現場写真を撮った人は驚いたことだろう。
子供が車から振り落とされたら命に係わる。

何でもありのタイ、 こういう走り方もあるんだねぇ。


  *********************


A この日の晩ごはん。

店名:「เสือร้องให้ Grill Bar」
住所: San Phak Wan, ハーンドン・チエンマイ。(地図はココ

チェンマイ市街からR108 を南下、 BigCや陸運局を通り過ぎて
左側に位置する。 
店から30m南に信号があり、 そこを右折すると 「ナイトサファリ」 に行く(3028号線)。


pict-1568088027664ハンドンレストラン (1).jpg



   店内。
pict-1568088027664ハンドンレストラン (2).jpg



   ライブ演奏あり。
pict-1568088027664ハンドンレストラン (4).jpg



   友人と2人、 注文したのは・・
pict-1568088027664ハンドンレストラン (3).jpg
        ☝ 右はポークの唐揚げ、 左はスープ。



    左がビーフ。
pict-1568088027664ハンドンレストラン (5).jpg


チェンマイで珍しくビーフがあったので注文。
食べているとガムを噛んでるような感じになる。

勘定はBeer Chang大瓶2本含め、 合計420バーツ(2人分)。

店内はタイ人の若者がほとんど、 しかしジジイらの隣席は見かけ50代の白人男性とタイ人女性だった。


  **********************


B 容疑者の正体は?

2019年9月11日、 メーサイ(ミャンマー国境のタイの街)からバンコクに向かうナコンチャイ・ツアーバスが検問所で停止。

チェックすると、 警官にはピンとくるモノがあったのだろう。
ツアーバスの荷物入れ(車体の下方部)に厳重にラップされた荷物あり。
                 ☟
pict-198,000 Yaba pills.jpg
       ☝ これだと却って不審に思われるのでは?


この荷物を預けた乗客の男を呼び、 バッグを開けるよう指示。
すると男は突然、 検問所裏のブッシュ(灌木)に逃げ込んだ。

追ったポリスは男を逮捕。
男の荷物の中には、 198,000錠のヤーバ(麻薬)があった。

容疑者の男(35歳)の自供によると、 ナコンサワンのOatという
名の男に依頼され、 運び屋になったという。

謝礼は10万バーツで、 バンコク到着後、 ヤーバと引き換えに受け取る約束だった。

   pict-198,000 Yaba pills2.jpg


容疑者の男の名前はSurajit Thawut、 ウタイタニーの軍警察
中佐の職にある。

地方から首都バンコクに流れ込む密輸ドラッグ。
容疑者は、 そんな犯罪に関与しそうにない政府役人。

開けてびっくり玉手箱、 ヤーバと官吏が現れた。
                 ☟
pict-198,000 Yaba pills3.jpg


この容疑者、 ヤーバ運び屋の常習者か、 それとも今回が初めてか。 (おそらく常習的運び屋)

どれだけの給与を得ていたのかは知らぬがもったいない。
軍警察の職を棒に振り、 今後は長い刑務所暮らし。


何に必要だったんだろう、 10万バーツのカネ。







きっと、 オンナだな。


チェンマイって ホントいいですね!
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:20| Comment(8) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ある知人の兵隊の息子がヤーバで刑務所に入っている。1年前で5年の刑を受けた。先日、面会に行ってきたと言っていました。スマホの変換を使っているのであまり真剣に聞きませんでした。ヤーバを使用したくらいで5年の刑と思っていましたが、今回のブログを見て、ひょっとして運び屋で捕まったのでしょうか。給料が安いのか、現政権の事をよく言っていませんでした。今、貧乏人は景気が悪く貧乏から抜け出せないようです。タイ人と付き合うと色々な事を知ることが出来ました。
Posted by カップ at 2019年09月15日 09:57
タイ人って交通法規は守らないし、バイクに子供をノーヘルで乗せて走る、車でもシートベルトを装着させない、子供はかわいがるくせに、安全意識は低すぎますね。日本でも昔サンルーフから子供が身を乗り出しているのに、2mくらいの高さしかないガード下に突っ込んで子供を死なせたバカ親がいましたね。「スィア・ローン・ハイ・グリル・バー」確かこの店には可愛いビアガールが5人ほどいたはずですが、目ざとい独居さんが写真も撮らないなんて、どうしたんだろう?
Posted by タオ・クワーイ at 2019年09月16日 12:24
カップさん:
コメントありがとうございます。
ヤーバの運び屋には女も使われますね。
女囚刑務所のマッサージ店に行ったとき、ヤーバで服役の女がおりました。
少数民族がヤーバに関係することも多いらしいです。 みな運び屋かな。
Posted by 独居老人 at 2019年09月16日 12:55
タオ・クワーイ殿:
「スィア・ローン・ハイ・グリル・バー」っていうんですか。
ジジイが行った時は、ビアガールは1人もいませんでした。 
店員さんは全員、若い男性ばかりだったと思います。
それにしてもチェンマイで出されるビーフ、美味しいものはないようですね。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年09月16日 13:00
>チェンマイで出されるビーフ、美味しいものはないようですね。

https://m.facebook.com/chiangmaismokehouse

ここに行ったことがありますか?
Posted by at 2019年09月16日 16:02

 華麗なる日々の独居青年 樣

 バイタクの後ろの席に横座りして、どこにも掴まらないで左右に揺れてるオネエチャンだって、同じ様なもの。若いころに飲酒運転でソフトトップを下して、オープンエアーモータリングは気持ち良かったですよ。

 お店の名前にもなっている看板メニュー、名前と同じく、虎も泣いちゃうほど硬かったですか〜。下味を付ける時に食べ易くする工夫をすれば良いのに。ムーサテなどは、ヒレの部分を使っていますのに。

 この運び屋、完全に嵌められましたね。多分、警察内部でお金の配分で揉めたんでしょうね。10万貰っても、手元には???

Posted by タイ文字は文字化け? at 2019年09月16日 19:02
お名前未記入殿:
念のため地図で店をチェック、行ったことはありません。
チェンマイで美味しいビーフを食べる...もう諦めてますね。
なので、年に1回の帰国(東京滞在中)でビーフを食べております。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年09月17日 10:23
タイ文字は文字化け?殿:
コメントありがとうございます。
ビーフをもっと薄切りにして出したらどうなんでしょう。
この店のビーフはまあまあ厚かったですから。
運び屋にはタレこみがあったんでしょうかね。
カネのためとはいえ、危ない橋を渡るから不思議です。
Posted by 独居老人 at 2019年09月17日 10:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: