2019年09月11日

独居老人の生活1633(言語の力-7:変なカタカナ語)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1633(言語の力-7)


歓喜や賞賛や熱狂の言葉は、 名刺に似ている。

名刺は大きくなればなるほど、 人物は取るに足らなくなる。

言葉も大袈裟になればなるほど、 気持ちが離れていく。

                            フランシス・キング (英国の作家)


@ 鼻につく敬語や丁寧語。

レストランで、 店員が注文した料理を持って来る。
その時の言葉に笑ってしまう。

「(これで)よろしかったでしょうか

                * *

最近の病院は、 来院した人を 「患者様」 と呼んだりする。

お名前様頂戴できますか」 というホテルのレシェプションやコールセンターがあるという。

こうなるとペット病院に通院する犬に向かって、

「ポチ様、 どうぞ診察室にお入りください」 って言うのかな。

               * *

へりくだり過ぎて何かピンとこないのが、

「xxxさせて戴きます

鳩山由紀夫が頻繁に使っていた。
「沖縄を訪問させて戴きます」

で、行ってぶっ放した。  「基地は最低でも県外」 と....
米国からルーピー(loopy)と言われ、 混乱をもたらしただけ。

loopyは、 愚か、 気の変な、 わけのわからないの意味。


ジジイが日本の観光バスに乗った時のガイドが鳩ポッポ型。
「サービスエリアに立ち寄らせて戴きます」 など。

こんなのは 「xxxで休憩してまいりますか、 休憩いたします」 で十分。 目的はトイレ休憩。


鳩ポッポが、 今の奥さんとデートしてた時に言った。

  pict-鳩山由紀夫.jpg

「ここらでラブホテルに入らせて戴きます」

                * *

「消防の方から来ました」 と言って消火器などを法外な価格で買わせる詐欺師がいる。

「国連のほうから来ました」 と言って、 見当違いなレポートを出す学者もいた。

国連人権委員会の名のもと、 福島瑞穂や日弁連などから話を聞くだけで、 1度も行ったことのない沖縄レポートを出して批判。


日本人の間違いは、 「お支払いのほうは・・・」
「打ち合わせのほうは午後1時から・・」 などの使い方だ。

・・・のほう」 は実に聞き苦しい。

ジジイも使ってやろうかな。

「食事のあと、 セックスのほうはラブホテルのほうに行き、 正常位のほうをメインにしてヤリます」

                 * *

なるほどですね」 

「なるほど」 は、 相手への同意や理解を示す時に使われる。
「言う通りですね、 そうだったんですね」 という意味合いだ。

こんなのは、 「左様でございますね」 とか、 「承知いたしました」 と言えばいい。

「なるほどですね」 は丁寧なようでバカ丸出しって感じ。

                * *

「xxxになってございます

例えばカラオケ店のママさんから、

「連れ出しは2600バーツ、 お泊りは3500バーツになってございます」 なんて言われたら戸惑ってしまう。

ジジイなどつられて、 「その間、 何発ヤッても2600バーツになってございますか?」 と訊きそうだ。

                * *

で、 ママさんから、 「何発でもヤッて戴く形になります」

この 「〜形になります」 もチョット変。

「〜ということになります」 でいい。
場合によっては 「〜でございます」 でも十分。

「何発でも結構でございます」 または 「何発でも結構です」

                * *

「xxxはアレですので」 の言い方も多いらしい。

「でも即決するのもアレですので、 もう少し考えたく....」

「何発ヤルかって言うのもアレですので....」


でも彼女がこう言うならば、 それはOK。

「今日はアレなの、 H はできないわ」


  *********************


A 近頃のカタカナ語。

政治家やビジネスマンがよく口に出すカタカナ語がある。

なんで日本語で言わないのか不思議だが、 英語を使うとカッコ良く聞こえるからか。

                * *

ジジイが1番印象に残るのが、 かっての民主党が使い出したこの言葉。

アジェンダは・・・」 (agenda)

(取り組む)課題は...とか、 政策は....の意味だろう。

選挙公約と同じことだが、 公約すると結果を問われそうで、 逃げのための 「アジェンダ」 なのかも。

こんな言葉に騙されて、 民主党政権を選んだ国民はその後、 悪夢を見ることになった。

pict-悪夢のような民主党政権.jpg

                * *

スキームは...」 (scheme)なんて言わないで、 普通に 「計画は...」 って言えばいいのに....

スキームを使うと、 何か重大事項のような感じになるのかな。

               * *

コンプライアンス」 (compliance)。

こんなもの、 普通に 「法令順守」 と言えばいい。
カッコつけて英語で言うから、 企業犯罪が減らないのでは?

              * *

コンセンサスを得る」 (consensus)

「合意を得る」 、 「意見一致」 となぜ言わぬ。
と書いているが、 ジジイもこの言葉は使ったことがある。

「彼女からラブホテルに行くことでコンセンサスを得たよ」

こんな間抜けな使い方はしなかったが.....

               * *

コミット」 (commit)

I Tの分野では、 処理や変更などを確定させる、 反映させる、といった意味。

政治家が使うと、 関係する、 かかわる、 任せる、 取り組む、 専念するの意味になる。

犯罪などを犯すや、 xxxを規定するの意味もある。

「オレ、 彼女とコミットしたよ」 これ、どういう意味?

正しい日本語で明確に伝えて貰いたいものだ。

ちなみに 「コメット」 さんは、 九重佑三子や大場久美子が演じた
人気ドラマ。

                * *

アグリー」  (agree)

賛成、 同感、 賛意、 同意見と言えないものか。
なぜ無理してアグリーなんて言うんだろう。

ちなみに 「アングリー」 (angry)は怒る、 立腹するの意味。

「オレの彼女、 アグリーなんだよ」

この場合は、 ブス、 醜いの意味で、 ugly。
言いたくないのか、 ほとんど使われない。

                * *

コンピテンシー」  (competency)

英語では competence の使い方が普通(多い)。

「蓮舫議員は政治家としてコンピテンシーが全くない」 とまあ、 こんなように言うらしい。

つまり蓮舫は、 能力、 力量、 適性が全くない...という意味。


皆さまもタイ人の奥さまや恋人から言われてません?

「あなたは......」








   コンピテンシー、 ないわね。
pict-中折れ.jpg


「今日も.....中折れネ」


チェンマイって ホントいいですね!

 (参考) 「週刊SPA!」
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:50| Comment(0) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: