2019年09月06日

独居老人の生活1628(女性が映えるとき)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1628(女性が映えるとき)


   制服 やり易く  爺 勃ち難し
                                   詠み人知らず


@ ミスユニバース2019タイ代表がいた!

今年6月、 Fahsai嬢(25歳)が代表に選ばれた。
成る程、 ジジイにはどうやっても手が届きそうにない美女。

9月4日のFacebookには、 彼女が一般のバスに乗って帰宅する様子の投稿あり。 乗客が目敏く撮った写真だ。

pict-Miss Universe seen on public bus 2.jpg


Fahsai 嬢はモントリオール生まれ。 父がカナダ人、 母タイ人で、 カルガリー大学卒業後、 タイに移ってモデルをやっている。

英語とタイ語に堪能な美女、 それでも公共のバスに乗っている。
公共のトイレだって利用するかも....

                 * *

それじゃあ、 昨年(2018)のミスユニバースを思い出そう。
                  ☟
pict-2018年ミスユニバースタイTMB銀行.jpg  
          ☝ TMB銀行に勤務する才媛の美女。



      2015年はこんな美女(21)。
  pict-2015のナット・アニパン(21).jpg



     2011年のミスユニバース・タイ代表(20)
  pict-2011年のミス・ユニバース・タイ(20).jpg



     1965年は18歳。
  pict-pict-1965年(18).jpg

              ☝
この人が60代になった時の写真が報じられている。
余りに若く見え過ぎて、 ジジイには信じられない。
               ☟
   pict-1965年のミス・ユニバ.jpg  
     ☝ こんな事ってある?  60代前半のお姿。
       50数年後のミスユニバース1965タイ代表。



こちらはミス・ティファニーズ・ユニバース 2015(タイ)。
                   ☟
pict-ミス・ティファニーズ・ユニバース2015(22)大学生.jpg
        ☝ 22歳の大学生、 歴とした男性です。



    2016年のミス・トランス・ユニバース・タイ。
 pict-2016年の「ミス・トランス・ユニバース・タイ.jpg
             ☝ 勿論、男です。



徴兵を免れた2018年のミス・トランス・ユニバース・タイ。
                  ☟
pict-2018年の「ミス・トランス・ユニバース・タイ」で優勝.jpg


男だって女以上に美しい。
これじゃあ抱いてみたいという気にもなろう。

でも股間を触ってチンコがあったらジジイはもうダメ。
悲鳴をあげて逃げるだろう。

タイって、 大らかで イイネ !


  **********************


A 国は変われどいずこも同じ。

雨が降れば傘を差す。
で、多くなるのが傘の忘れもの。

  pict-P_20190831_183703_vHDR_On_p忘れた傘.jpg

ここはチェンマイ、 スーパー 「リンピン」 の入り口前。
買い物したあと、 雨が上がってると忘れるんだよね。


  **********************


B こんだけの品揃えじゃ物足りない。

この店はチェンマイ・サンティタムにある。
5差路ロータリーの北側近く。  (地図はココ

pict-1567687737571ランジェリー (1).jpg



   まばゆいネ〜
pict-1567687737571ランジェリー (2).jpg



   脱がせてみたい彼女から・・
pict-1567687737571ランジェリー (3).jpg



   ド派手ですな〜
pict-1567687737571ランジェリー (4).jpg



   セーラー服姿は今も憧れ。
pict-1567687737571ランジェリー (5).jpg

皆さまの奥さま・恋人へのプレゼントに如何でしょう。
歳は関係なし、 50代女性でも着てみれば映えるはず。

ちなみにランジェリーの価格は199バーツから。


でももっと品揃え して欲しい、 男は制服に弱いんだ。

ナースの白い制服、  フライトアテンダント、  女子警察官、
女性兵士(軍服)、  腰巻とセットの和服・浴衣もいい。

黒のブルマ、 弓道・剣道・柔道着、 女子バレーのユニホーム、
ワンピースの黒い水着と体操服、 喪服など。


皆さまのパートナーにこんな制服や衣服を着させて....

日頃のマンネリ H を克服、 燃えますぞ。


貴方が脱がせようとする時、 彼女にこう言って貰いましょう。

「アー、 いや、 ダメダメ、 いけません.......ああぁー」







これをタイ語で言われてもなぁ............勃たんわ。



チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:41| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 華麗なる日々の独居青年 樣

 大学のインターンシップで、私の滞在するホテルに来てから7〜8年の付き合いになる彼女は、卒業後就職した会社は田舎ですが、会社全体のミスコンでグランプリに選ばれ、バンコクの本社広報部に所属しました。大きなイベントでは専門のキャンギャルを雇うのですが、愛嬌というより綺麗と言える顔立ちの彼女は、そのギャルに連れられ派遣会社の事務所に行きました。しかし、「胸を大きくしてから来い。」と言われて、大いにショックを受けました。私の腕の中で、泣いたり、怒ったりと感情を爆発させました。費用や将来性などをゆっくりゆっくり聞かせ、思い留まらせました。社員としての在り方を考えさせ、日系のサロンで化粧を学ばせました。本社勤務ではほとんどの週末が出勤でしたので、給料は田舎に比べ3倍ほどでした。
 子供の頃から顔立ちは良いという事で「キレイ、キレイ」と言われるのには慣れていたのでしょう、今でも胸が小さいというコンプレックスはとても大きく、それが返って性格を悪くするのではと、心配しながら、ゆっくりと言い聞かせています。
 女の子の感情の爆発はもの凄いものだという事、ミスコンというのは、好みや思惑のものなのに罪作りなものですネ。

 
Posted by タイ文字は文字化け? at 2019年09月07日 15:32
タイ文字は文字化け?殿:
コメントありがとうございます。
ミスターコンテストというのは、大学でも一般でも聞いたことがありません。
ボディビルならありますが...
やはり昔からミスコン、出場する女性は自分が美人だと知っているわけですね。
お笑いの「ハリセンボン」のような女は絶対に出て来ません。
周りから花や蝶だと褒められて、挙げ句に何かでケチをつけられるとそりゃあショックでしょうね。
ジジイは男ですが、並み以下の容貌で今は満足してます。
若い頃は美男子に生まれたかった...何度か思いましたよ。
Posted by 独居老人 at 2019年09月07日 19:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: