2019年06月29日

独居老人の生活1564(タイの習慣なの?)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1564(タイ人の習慣なの?)


 人間の行動は全て次の7つの原因ないし、
 それ以上のものを有す。

機会・本性・強制・習慣・犠牲・情熱・希望、 則ちこれなり。

                              アリストテレス (古代ギリシアの哲学者)


今日はチェンマイに住む友人から聞いた話、 ジジイは? ? ?


@ このクソ暑いチェンマイで何でまた....

Aさん(66歳)にはタイ人の恋人N嬢(28)がいる。
付き合い始めてまだ1年足らず、 年の差もあり、 可愛くてしょうがないらしい。

この日 N嬢がAさんの自宅アパートに着いたのは夜6時。
今宵は H する日なのだ。

彼女はいつものようにソファーに座る。
珍しくスカート姿のN嬢。

それを見てムラムラっときたAさんは、 N嬢の横に座った。
そして彼女の膝(ひざ)に手を置き、 接吻体勢に入る。

チュッとしながらAさんは彼女の太ももを撫でる。
その手が股の方に伸びた時、 「アレレ〜」

下着(パンティ)かと思いきや.....
Aさんはニヤニヤしてジジイに言った。

「スカートの下に短パン 履いてたんです」

「バイクに乗ると ”パンチラ” 、 恥ずかしいんだよ」 とジジイ。

「違います、 Nは自分で車を運転して....雨模様だったから」

「じゃあ、 短パンの下はノーパンだった?」

「いや、 パンティも履いてました、 このクソ暑いのに...」

N嬢のスカートの丈(たけ)は膝まであり、 超ミニではなかった由。

笑いながらAさんに言った。

「それってタイの習慣、 それともお洒落?」

ちなみにジジイはタイに来て以来、 スカートの中に手を突っ込んだ経験は1度もない。

pict-短パン.jpg
               ☝ イメージ画像。


  **********************


A ゴミ箱ミステリー。

先日Aさんとのランチ、 Aさんは真面目な顔をしてジジイに語る。
彼は自室にゴミ箱を2個、 置いてあるという。

1つは一般のゴミ、 もう1つは蓋付きで生ゴミ専用。

生ゴミはレジ袋に入れ、 そのゴミ箱に溜めて置き、 1日に1回、 アパートの共用ゴミ箱に捨てる。

生ゴミ専用の箱は、 台所の下に置くのは当然。
Aさん宅の生ゴミ箱ミステリーはこんな状況の中で始まった。

pict-ペダル式のゴミ箱.jpg
               ☝ イメージ画像。

               * *

ある朝Aさんは、 朝食のため野菜の皮を剥いたり刻んだりした。
それらの生ゴミをレジ袋に入れ、 ゴミ箱の蓋を開ける。

とゴミ箱の中に、 数枚に折られたトイレットペーパーが入っていることに気付いた。

ああ、掃除婦がトイレ掃除のとき、 トイレットペーパーを使ったんだな....

週に1回掃除するアパートの掃除婦には、 「ゴミ箱のゴミは捨てなくていい」 と言ってある。

ティッシュに包(くる)んだコンドームも捨てるので、 Aさんは自分で処理してるのだ。


月日が経つごとに、 生ゴミ箱にはトイレットペーパーが少しずつ溜まっていく。

Aさんは気にせずに、 レジ袋に入れた生ゴミをその上に置き、 毎朝 生ゴミだけ捨てていた。

ところが生ゴミ箱のトイレットペーパーは増大し、 生ゴミをその上に置くと蓋が閉まらなくなる。

これでは堪らんと、 掃除婦にレジ袋を渡して言った。

 「そのゴミ箱の紙を、 この袋に入れてください」


で、空になったゴミ箱は、 生ゴミ専用として再スタート。

しかし1週間も経つと、 また数枚に重ねたトイレットペーパーが生ゴミ箱に....

そしてそれは、 週ごとに少しずつ増えていく。
捨てられたトイレットペーパーは少しも汚れていない。

トイレットペーパーで、 鏡でも拭いているのかなと....

               * *

そんな頃、 Aさんは恋人のN嬢と初めての1泊旅行に出る。
目的地チェンライのホテルで熱い H。

ビールをグイと飲んで、 Aさんはジジイにこう話す。

「H が終わると、 Nはいつもトイレに行くんです。
 便座が下りているからオシッコかなと思ってました。
 ところが水を流す音が聞こえない、 じゃあ何だろうって」

 「ビデを使ったんじゃないの?」 とジジイ。

「そうなんです、 でも水で洗えばそのあと紙で拭くでしょ。
 だとすれば、 やはりトイレの水を流すでしょ?」

 「うーん.....」

「私がNのあと トイレに入った時、 ハッと気づきました」

 「え、 何に?」

「トイレに置かれたゴミ箱に、 折り重ねたトイレットペーパー
 が捨てられてました」


Aさんはここでピンポーン!  謎が解けたという。
Aさん宅の生ゴミ箱は台所、 トイレのドア近くに置かれている。

N嬢はビデ処理後、 使ったトイレットペーパーを流さずに、 生ゴミ箱に捨てていたのだ。

「今になって思うと恥ずかしいですよ。
 アパートの掃除婦は40歳前後だけど、 どういう紙か知って
 たんじゃないかと.... 」

 「さあどうかなぁ、 でもなぜトイレに流さないのかねェ?」

「タイの習慣なんでしょうか、 私にも分かりません」

こう言って、 またビールグラスをグイと空けた。

                * *

Aさんは帰宅するとすぐ、 生ゴミ箱にあったトイレットペーパーの
幾つかを取り出し、 それをレジ袋に入れた。

そして、 そのレジ袋を生ゴミ箱に(口を広げて)入れ、 蓋を閉めたそうな。

N嬢が捨てて一杯になれば、 レジ袋ごと捨てればいい。


話を聞いてジジイはもう1つ、 理解できないことがあった。
爺さんとはいえ男だ。

自分の割れ目を拭いたトイレットペーパーを、 よくもそのまま男の自宅ゴミ箱に捨てられるってことだ。

タイ人女性には羞恥心がないのか?


それとも....








それがタイの習慣かな?


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:54| Comment(13) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
@女性のタシナミ・・・?
女子学生の制服のスカートの下は黒いトランクスの様な見えても恥ずかしくないぴったしフィットの短パンです。校則の様なもんですかね? その延長線上の習慣でしょうか。

Aタイの水洗トイレの構造と関わりがあるのではないでしょうか?
拙宅の水洗トイレも地下に埋設したセプテップ・タンクに排泄物が流れ込み、バクテリアが処理した後の上澄み液から下水溝へ。そして、ピン河へ合流する仕組みになってます。トイレットペーパーはバクテリアの処理能力では持て余す厄介者の様です。ショピングモールやスーパーのトイレも規模は大きいですが基本的には変わりがありません。個室には使用済みのトイレットペーパーを捨てる蓋付きのゴミ入れがが置いてありますね。
タンクを詰まらせない為のマナーでしょうか。
Posted by チェンマイの退屈男 at 2019年06月29日 14:07
独居さんのアパートはトイレットペーパーを便器の中に捨てて流してもいいのでしょうか? 私は肛門を手動ウォシュレットで洗ってから水滴をトイレットペーパーで拭きそれをサニタリーゴミ箱に捨てています。
Posted by at 2019年06月29日 17:19

 華麗なる日々の独居青年 樣

 タイの手動をウォシュレットの使い方、具体的に教えてください。玉と竿を持ち上げて前からシュッ、それともお尻を浮かせて後ろからシュッ??水を掛けるだけでなく手で洗いますか?? だって、モチ米をつかむ手は、お尻を洗わない方だと聞きましたが。トイレットペーパーは濡れたお尻を拭くものですか??
 着座式の洋風便器じゃなくて、旧来の和式に似たしゃがむ形式で、横の水甕に水を掬う桶がある場合、どうやって洗っていたのでしょう??トイレットペーパーって置いてあったのかな??水の部屋なんだから、裸になって用を足し、水甕の水を掬て全部洗ってしまう形式だったのかな??
 トイレの疑問、全部教えてください。

 
Posted by タイ文字は文字化け? at 2019年06月30日 12:29
チェンマイの退屈男殿:
コメントありがとうございます。
一般タイ人女性は、プールやビーチでビキニの水着使用を躊躇する。
日本の温泉に行ったとしても、丸裸なら入浴したがらない..こんな話を聞いたことがあります。
やはりお国柄なのかもしれませんね。
おっしゃる通り、チェンマイのトイレは下水につながってません。 
トイレ詰まりを防ぐ意味で、流さない習慣があるのでしょうか。
Posted by 独居老人 at 2019年06月30日 14:53
お名前未記入殿:
ジジイのアパートということなら、トイレットペーパーは便器に流しております。
友人Aさんのアパートも同じと聞きました。
だから割れ目を拭いたあとの紙でも、トイレに流してもOKなんですね。
尚、トイレ内のサニタリーゴミ箱は、ジジイ宅にもAさんアパートにもございません。
ジジイの場合は、ジジイがトイレに置かないだけの話ですが...
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年06月30日 14:59
タイ文字は文字化け?殿:
ジジイが日頃やってる範囲という前提で...
・排便のあとは、紙で尻を拭き、便器に流しております。
そのあとすぐ、洗面所にて手を洗います。
・そのあと、シャワーエリアに移り、ビデのホースを引っ張って尻を洗います。
・ケツの後ろから水を掛けて洗います。
・手を使って尻を洗ったことは1度もありません。
・東京の自宅では、排便後に紙で尻を拭き、ウォシュレットで洗います。
そのあと、トイレットペーパーで、尻のしずくを拭きます。
・タイの着座式トイレで排便した経験は1回のみ。
オムコイのバンブーハウスでのこと。
これも排便後に紙で尻を拭き、その紙は便器に流しました。
横にあったポリバケツから、何度も水を掬って流した覚えがあります。
紙は置かれてなかったので、持参したティッシュで尻を拭きました。
こんな説明でよろしいでしょうか、コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年06月30日 15:16

 華麗なる日々の独居青年 様

 そんな〜。独居翁の事、聞いて何なんですか。これまでそして今、タイ人はどうしているのかな、ですよ〜。もちろん、様々なタイ人がおりますので一律に言えないのですが、様々な例を集めたいのです。
 日本で娘のオムツ交換の時、後ろから前に拭いてはいけない、シャワーで洗う時も、後ろからは簡単だけど、背中を仰け反らせて持って、前から洗いなさいと聞きました。

 
 
Posted by タイ文字は文字化け? at 2019年07月01日 10:39
独居老人さまのことはよーくわかりましたが、基本的にタイではトイレ内にゴミ箱が置いてある場合はトイレット・ペーパーを便器内に流してはいけないと思った方が良いでしょう。スプレーと不浄の手(左手)できれいに洗い、最後にトイレット・ペーパーで濡れたところを拭いて紙はゴミ箱に捨てる、スプレーのないトイレについてはよくわかりません。水を入れたバケツなどのある旧式トイレには紙の備え付けはないので、ティシュを持参して、ズボンやパンツはたいていフックがあるのでそこにかけて、同じくきれいになるまでバケツの水と不浄の手で洗い清める、最後に濡れたところを拭いてティシュはゴミ箱があればゴミ箱、なければその辺に捨てているようです。旧式トイレで、ドアの外に飛び散るくらい水をバシャバシャかけまくっているタイ人がいましたね。
Posted by タオ・クワーイ at 2019年07月01日 11:17
タイ文字は文字化け?殿:
コメントありがとうございます。
女の子がお尻を拭く時は、 前から後ろへと拭きなさい..と日本でも教えられるとか聞きました。
便が割れ目に付くと、尿道炎や膀胱炎になるからとか。
ジジイは睾丸があり、平気で後ろから前に拭いております。
チェンマイに来て長いですが、一軒家に住んだことなし、タイ人女性と同居したことなし。
トイレは一般的な洋式で、日本にいる時と同じように使ってます。
但しビデだけは、ウオッシュレットの代用として、シャワーエリアにて使用。
尻洗い後そのまま朝のシャワーということで、身体全体にシャワーを浴びます。
Posted by 独居老人 at 2019年07月01日 13:44
タオ・クワーイ殿:
ジジイがチェンマイに来て以来、ホテルでの宿泊を除き、自宅外でウンコしたのは1度だけだと思います。
なので場所(YMCA)もしっかり覚えています、腹痛(下痢)でしたね。。
そのトイレも普通の洋式トイレ、トイレットペーパーもありました。
尻を拭いた紙はすべて、トイレに流してまいりました。
1度だけ、リス族の村で民泊(1泊)したことがあります。
朝早くトイレに行き、しゃがみましたが慣れないせいか出ませんでした。
昼前に帰宅し、自宅トイレに座ったら、スムースに排便、脳の影響かなあ。
まあ要は、ジジイはタイ人らしい生活をしてこなかった..ということでしょうね。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年07月01日 13:59
ウォシュレットを幼少期から使っている世代からですと、1.ウォシュレットでお尻を洗う 2.紙で拭く という順番なんですが、日本でお住いの時でもこの逆の順番だったのでしょうか?
Posted by at 2019年07月01日 16:55
タイ文字は文字化け?殿:
追記で訂正です。
先程のコメントで、ジジイは「一軒家に住んだことなし」と書きましたが、これは間違い。
3ヵ月だけ一軒家に住みました。
場所は旧市街のターペ門近く、ジジイが借りていたアパートの隣にオーナーの家が空いており、そこを借りた次第。
普通の洋式トイレで、4階建てのアパートと同様でした。
キッチンエリアが広くて良かったのですが、蚊がすごく多くて難儀、またアパートに移りました。
Posted by 独居老人 at 2019年07月01日 17:03
お名前未記入殿:
コメントありがとうございます。
はい、東京の自宅はウオッシュレット、排便後まず尻を拭き、その後で尻に水をかけて洗い、また紙でしずくを拭きとっております。
Posted by 独居老人 at 2019年07月01日 17:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: