2019年06月23日

独居老人の生活1559(Utopia)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1559(Utopia)


  戦争や戦闘は野獣的な行為として、

  そのくせそれを好んで用いる点にかけては

  人間にかなう野獣は一匹もいない。

                             トマス・モア (イギリスの思想家・法律家)


@ 東京の居酒屋で....

モツ煮込みを食いながら、 熱燗で酒を飲んでいたジジイ。
ちょっと喉が渇いたので、 パートの店員(女)に頼んだ。

 「お冷(ひや)、 もらえる?」




   pict-冷酒.jpg

店員さんが持ってきたのは、 冷酒だった。


  **********************


A トロが流行ってる。

友人と回転寿司屋に行った。
友人がカウンターから注文、 「トロ・サーモンください」

トロといえば鮪のトロに決まってる、 これはジジイの無知。
サーモン刺身(寿司)でも脂身をトロと言うそうだ。

サーモンそのものが脂でビチョビチョって感じ。
それ以上に脂を求める友人、 燃やしたいモノがあるのかね。


焼き肉店には 「Pトロ」 というのがあってびっくり。
豚の脂の部分なんだそうな。

じゃあ何でPトロ?   Pは Pork のPだって。


トロロ芋、 レトロ、 となりのトトロ、 同じトロでもこれらには脂なし。
                  ☟
https://www.youtube.com/watch?v=yXD_BJWSkGc


  *******************


B バイアグラをのんでも俺には効かない。

チェンマイの友人Tさん(77歳)は首をひねった。
「俺の体質に合わないのかも....」

「Sidegra」 「カマグラ」 「シアリス」 などを服用したが、 全て効かなかったという。

「のんでから最短1時間は待たなきゃダメですよ」 とジジイ。

「待ったよ、1時間。 
 勃起したら風俗に行くつもりで待ってのに....」

「バイアはのんだだけでは効きません、 女性とキスしたり、 オッパイを触ったりして、 初めて勃起するんです」

「えー、 そうだったのか」


バイアグラをのんだあと、 ジジイの目を見つめながら勃起されちゃあ、 ジジイはうろたえるわな。


  *********************


C 雷。

小学生の孫が学校から帰ってきた。

「おばあちゃん、 雷は電気だってね」

「嘘おっしゃい、 ランプの頃からありましたよ」


昔はこんなのんびりした会話がなされていたのだ。


  *********************


D リベラル政治家。

A議員のモットーは、 人間みな平等、 差別なき社会を!
選挙演説で声を張り上げた。

「私は差別する人間と朝鮮人が大っ嫌いだ!」


  *********************


E 80歳爺さんと17歳の女店員。

自営で今も社長のBさん(80)が家族とレストランで夕食。
経費で落とそうと、 レジでパート店員の女の子にこう告げた。

 「ウケトリ、 頂戴ね」

 「はあ〜?」 と店員は怪訝な顔つき。

 「領収書ですよ、 領収書」

 「レシートじゃ ダメですか?」

と言って、 レジから切り取ったレシートの紙を渡した。

今はもう 領収書はないんかねーと嘆くBさんだった。

   pict-上様.jpg


  ********************


F 雪之丞変化。

「雪之丞変化」は、 昭和10年から朝日新聞に連載された三上於菟吉の時代小説。

   pict-雪之丞変化.jpg

映画化も何度かされて、 昭和20年代生まれの人には懐かしい。

昔の映画が話題になり、 50歳前後の人がこう言った。

 「雪之丞ヘンカ」

ウッヒャー、
くれじゃあ妖怪変化(ヨウカイヘンカ)になっちまう。

年代差は大きいネ!


  *********************


G ユートピア。

理想郷、 理想の国を我々はユートピアと呼んでいる。
男女平等、 共産主義、 宗教上の寛容を説く。

政治家は選挙目当てに、 医療費無料、 教育費も住まいもタダ、
貧困のない平和な社会を...と甘い公約。

まさに 「ユートピア実現を!」 と言ってるに等しい。
言い換えれば陶淵明 「桃花源記」 の桃源郷。

ユートピアはトマス=モアの長編小説(1516年刊)が有名。

   pict-ユートピア.jpg

モアが作ったこのユートピアは、 ギリシア語ou(無)とtopos(所)との合成造語で、 「どこにも存在しない場所」 の意。

空想された理想的な社会なのだ。
その空想を甘く囁くのが日本の野党。

反戦・平和を訴えれば、あり得ると本当に思っているのか?
”水と安全はタダ” だと思い込んでる日本人は単細胞白痴。

                * *

「福島瑞穂さんはいらっしゃいますか?」

 「まだ来ていません」

「いつ頃、 来られるでしょうか?」

 「ちょっと分かりかねます、
  何時とか何日とか、 具体的には申し上げかねます」

「しかし...そちらは福島瑞穂さんの事務所ではないのですか?」

 「違います、 こちらは共同墓地管理事務所です」


空想社会を目指し、 売国に生きる福島瑞穂先生はまだご健在だ。






爺さんにとっての エロトピア....


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:11| Comment(2) | 小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
F雪之丞変化 【ゆきのじょうへんげ】
 ◎映画化も何度かされて・・・
 
テレビドラマでは「琴姫七変化」と言うのがありました。松山容子が主人公。子供の頃で必ず見てました。
Posted by チェンマイの退屈男 at 2019年06月23日 16:00
チェンマイの退屈男殿:
映画化のご指摘、ありがとうございます。
琴姫も7ヘンカかな(笑)
Posted by 独居老人 at 2019年06月23日 20:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: