2019年04月02日

独居老人の生活1487(チェンマイで墓を作りたい)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1487(チェンマイで墓を作る)


  人間は生まれた時から一人で生まれ、
  死ぬ時も一人で死んでゆきます。

  孤独は人間の本性なのです。

  だからこそ、 人は他の人を求め、
  愛し、 肌であたため合いたいのです。
                                      瀬戸内寂聴 (作家、 天台宗の尼僧)


@ あの頃の空が恋しい!

昨日この写真を載せると、 エプリルフールで信じて戴けないおそれあり。

で、 今日(4月2日)にまわした次第。

pict-1554105442550大気汚染 (2).jpg
           ☝ 美しいチェンマイの空。

                   ☟

pict-pict-pict-1554105442550大気汚染 (3).jpg
      ☝ もう4月に入ったのに、 まだ煙は消えない。
        これじゃあ観光客が逃げ出すぞ!

   *********************


A 順番通り並べー!

ということで、 バイクは規律よく置かれておりました。
                ☟
   pict-pict-1553558477447バイク666と667.jpg
                ☝
    サービスアパートメントの駐車場で見かけました。 

#666、 667、 668と3台が並んでいる。
えっ?  3台目のナンバーが見えない?

ハイ、 668だと思って戴きたく.....

   **********************


B 令和誕生。

命令の令だからイメージが悪いとか、 令嬢はオレには縁がないからダメだとか、 何かと文句が出る新元号。

左巻きの評論家などは、 「安晋」 という元号にならなくて良かったと茶化す。

ジジイは元号なんぞ何でもいい。 すぐに馴染むさ。
イチャモンが付けにくい元号なら、 これがベストだろう。

昭和 → 平成 → と来りゃあ、 次はこれに決まってる。


  「平和」   昭和 平

パチンコ製造会社が大喜びするだろう。

企業の宣伝、 「平和」 はダメというなら....
ジジイはこれを推奨したい。


千年万年、 幸せが続きますように..と願って新元号。




    「万幸」

   *********************


C 延命治療する?  しない?

その決断の流れを見てみよう。
                      (週刊ポストより)
 pict-DSCN5423Living Will.jpg  

Living Will で自分の意志表示をしっかりやっておく。

 1.終末期での延命措置の拒否。
 2.苦痛を和らげる緩和医療の実施。
 3.植物人間の生命維持装置の取り止め。

日本尊厳死協会のアンケートによれば、 Living Will を医師に提示したら、 9割が患者の意思を尊重して貰えたという。


Living Will より公的意味合いを持つものがある。
それが 「尊厳死宣言公正証書」。

文書のフォーマットがあり、 作成すると原本は公正役場が保管。
費用は15,000円程度。

そのコピーに当たる謄本を持ち帰り、 家族で意思を共有しておくことが大切。

尚、 1度作成したLiving Will でも、 後に本人の意思が変わったら、 書き直すことができる。

ちなみにジジイは既にLiving Will を作成、 家族に配布済み。

   ********************


D チェンマイで日本のお墓を作るとなると....

チェンマイで日本式の墓を建てる....そう簡単にはいかない。
大理石の石材を探したら、 見積価格48万バーツと ”高値の石”。

で、 花崗岩の採石場を探す → タークにあることを突き止める。
次は加工業者を見つけて問い合わすと、 36万バーツという。

価格折衝 → 20万バーツで妥結、 2019年1月に発注、 納期は
2ヵ月。

                 * *

この墓作りに挑んだのは、 Mさん(享年71)の奥さん(タイ人)。
チェンマイ市街から車で45分、 メーテンに居住。

未亡人1人ではとてもじゃないが具体化できない。
近くの暇な日本人がボランティアで協力・支援。

タイ人未亡人の次の言葉に感動し、 気持ちが高揚したとか。

「私も死んだら、 主人のお墓に入りたい」

未亡人は生前戒名まで刻んだという。
「日羅院美海妙辰大姉」 と松下僧侶(日本人)から貰い受ける。

このように日本人亭主を心から愛するタイ人奥さんもいるのだ。


我々はステレオタイプで次のように思い込む。

「タイ人女性はカネだけが目当で爺さんと.....」

「若いタイ人美女には必ずカレ氏がいるもんだ」

「2ヵ月も会わなきゃ、 女はすぐに浮気する」

「タイ人女性は気が強く、 我儘、 自分勝手、 自己主張が強い」

「性格のいいタイ人女性は見つからない、 みな性悪」

悪い方の噂が伝わり易いので、 どうしてもこうなる。
しかし、 優しくて人柄のいいタイ人女性もたくさんいるのだ。

                * *

では墓を何処に建てるか、 この問題にぶつかる。
当初、 Mさんが生前に僧房を寄贈した近くのお寺を候補とした。

だが寺周辺は国有地、 許可なしでは木を切ることは不可能。
ならば、 奥さんが自分の果樹園内にお墓を...と言い出した

いわば自宅の庭に墓を建てるようなもの、 これも日本式。
しかしすんなりとは行かない。

同居している未亡人の姉が反対、 タイ人は霊を極端に恐れる。
お化けが本当に存在すると思ってるらしい。

ところが異変が起きた.....故Mさんが姉の夢枕に立ち、
「何とかお願いできないでしょうか」 と懇願したそうな。

故人が毎晩、 枕元に現れて 「お頼み申します、 お願いです」 と
言われちゃ姉も堪らない。

で、未亡人の姉はしぶしぶ承諾することになったとか。

それからとんとん拍子に工事が進み、 3月14日に墓石設置。
17日が納骨式、 タイ人僧侶が4人来たのだが納骨儀式無し。

  pict-thumbnail_3故松野さんのお墓.jpg

  

代わりに日本人僧侶、 西村さんが儀式を行った。
               ☟
  pict-4故松野さんのお墓.jpg

未亡人は、 墓の周りには花壇、 日除けに樹も植えたいと語る。
永遠に個人を想うタイ人女性、 死んだご亭主は幸せ者だ。

必ずや、 素晴らしいお墓になるだろう。

  pict-1故松野さんのお墓.jpg


ジジイもこのようなタイ人女性と巡り逢いたい。

若い彼女は永遠に、 ジジイに想い馳せてくれるに違いない。

彼女がもらうジジイの戒名は....








 「勃起院磨羅中折勲二行独居士」
   ボッキ イン マラ ナカオレ クンニ オコナウ ドッキョシ


チェンマイって ホントいいですね!

<追記>
先週、 Mさんの墓に立ち寄った友人がビックリ。
墓がやけにピカピカ光っている。

よく見ると、 墓にコーテイング(塗料)が施されていた。
「なんでこうしたの?」 と訊くと、

「いつまでも奇麗だから....」 と未亡人。

苔のついた墓を見てホッとするのは日本人か。
タイ人の発想は日本人とは異なるようで.....

そのうち金ピカの墓になってたりして........これもイイネ!  





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:51| Comment(6) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
立派なお墓を作り、亡くなった旦那を思っているタイ未亡人の話、関心を持って読みました。ただ、最後の独居士さんの戒名、笑ってしまいましたが、戒名の文字は13文字、普通は9文字ですので戒名代は凄く高くなるのではないでしょうか。今回、母の戒名代9文字でうん十万円でした。
Posted by カップ at 2019年04月02日 14:12
カップさん:
戒名って普通9文字ですか、初めて知りました。
最初にアップした時、「勃起院大磨羅・・」としたんですが、ホラ吹きと言われそうで、大を消しました。
少し安くなりましたね(笑) コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年04月02日 19:57
独居老人さん今晩は、ACEです。

私は葬式仏教と化して、坊主が葬式や7回忌や13回忌等をビジネスとしている事に違和感がありましたので、母の葬式を機に手切れ金代わりに10万円払って檀家としてお寺と縁切りしました。

幸い墓は北九州市の公営墓地にあり、父親が墓を建てていたので墓を人質に取られずに済みました。

墓があると縁切りに高額な手切れ金を請求されるという話も聞きますから父親に感謝です。

しかし母親は昔の人間ですから信心深いので、父親(母親にとっては配偶者)の17回忌までするのでうんざりしました。

13回忌で打ち止めにしておけと言っても聞かないのですが、関東からわざわざ九州まで行く身になればいい加減勘弁して欲しいと思ったものです。

今の我が家には仏壇はありませんが、リビングの一角に両親の写真とお供え物を置き花を添えて、時々来る孫たちに拝ませています。







Posted by ACE at 2019年04月02日 20:54
 華麗なる日々の独居 樣

 日本では、埋葬に関する法律で、自宅の敷地内でも墓地を作ることは出来ません。自宅敷地が売買された場合の墓地の行方はどうなるでしょうか。
 70年ほど前の功労者の顕彰碑や胸像が、時代が変わった現在、行き場所が無くなってしまっています。
 戒名は仏弟子になったということですので、独居翁にはもっと自由に名乗られば良いのではと思います。オネエチャンとお寺に行き、五体投地で拝礼し、家の二つ三つタンブンしなきゃ、勃起院と院号付きにはなれません。

 
Posted by タイ文字は文字化け? at 2019年04月03日 11:44
ACEさん:
ジジイも同様で、戒名とか墓、法要には興味なしです。
家族にもその旨、遺志として書面で渡してあります。
親の法要は3回忌まで出席、あとは勘弁してもらいました。
でないとこうしてチェンマイでのんびりできませんからね。 
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年04月03日 13:00
タイ文字は文字化け?殿:
東北地方に行った時、農家など屋敷の傍に墓があるのをたくさん見ました。
あれはその家の敷地だと思いますが...ジジイの勘違いかな。
戒名と称して自分で勝手につけてもOKなんですよね。
勃起院は男が最後まで願う男の称号だと思います。
チンコを模したお墓があってもいいと思うのですが...まだ見たことがないですね。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年04月03日 13:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: