2019年03月25日

独居老人の生活1480(あの子探して三千里:チェンマイカラオケ店巡り)


   本ブログは下品で低劣な内容です。 
    紳士・淑女および18歳未満の方は、お読みにならないでください。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1480(あの子探して三千里)


 人生というのは短く、 そして悲しいものだ。

 なぜなら、 最初から最後まで

 欲望を追いかけるだけで終わってしまう。
             
                           ラ・ブリュイエール (フランスのモラリスト)


そう、 情欲を追いかけて、 昨夜(3月24日)はチェンマイのカラオケ店に行く。

場所はチェンマイ・プラザホテル界隈。 
(地図はココ、  Street Viewはココをクリック)

ホテル前にある 「7-11」 で夜7時、 友人2人と待ち合わせ。

待っている間に、 すぐ近くの 「ナミキ」 から日本人爺さん2人が
出てきた。

タイ人ガイドが同行、 彼らの表情・雰囲気から察するに、 女の子の連れ出しは不調に終わったようだ。

7時半、 友人のTさん(64)が遅れて到着。


@ ナミキ。

3人揃ったところでさあ出発、 まずは 「ナミキ」 へ行く。

店に入ると、 女性15、6人が我々の前に立ち並ぶ。
友人たちは若い子(20代)を求めている。

この日は選挙の投票日、 若い子は郷里に帰っているのか見当たらず。

これじゃあしょうがない、 無理せずに諦めて引き上げる。
で、ナミキの並びにある 「ミユキ」 へと移動。


A ミユキ。

ここも同様に、 ソファに座る我々の前に女性10人程が勢揃い。
その中に、 ジジイが2年ほど前に連れ出した女の子いた。

その子はまだ30歳前のはず、 以前はナミキで働いていた。
並んだ女性のうち3名が泊りOK、 あとは2時間の連れ出しのみ。

友人2名、 「ミユキ」 でも好みの女性がおらず....ダメ。
それは当然かも....若い子がいないのだ。

がっかりの表情を浮かべる女性を後にして外に出る。
そして次に向かったのが、 ミユキの斜め前方にある 「サクラ」。


B サクラ。

「サクラ」 の店頭には女の子2人が座っていた。
「これだけしかいないの?」 とママさんに訊く。

pict-P_20190324_194751.jpg
 ☝ 大スクリーンを見て唄う。 舞台に上がって唄うも良し。


促されて店内に....女の子4人が我々の前に現れた。

ここでTさんが、 同行の 「Yさん(66)の好みでなければ...」 と
言いながら1人(28歳)を指名。
    
好みの子がいなかったYさん(66)は他を探しに店を後にする。
で、残ったTさん(64)とジジイはサクラでカラオケ → 唄う。

ジジイも指名、 訊いたら28歳、 ジジイが片言のタイ語を喋ると
驚き、 喜んでくれた。

尚、 女の子は2人とも、 日本語も英語もダメ。
ママさんは日本語堪能、 交渉は問題なし。

pict-P_20190324_194741_1.jpg
           ☝ Tさんと指名した女性。


「サクラ」 の料金は、 カラオケ1時間:860バーツ。
これにはビール小瓶と女の子のドリンクが含まれている。

連れ出し料は、 2時間で2,100バーツ。
お泊り料金は、 確認(訊くの)を忘れてしまった。

Tさんは女性を連れ出し、 ツクツクでホテルに向かう。
下戸のTさんもKさんにしても、 オンナだけが息抜きなのだ。

(注) 入店の際には、 必ず料金のご確認をお願いします。
    ジジイたちも、 詳しく値段を訊いてから席に着きました。

               * *

一方のYさんには好みの女性がおらず、 3軒目も不調に終わる。
彼が求めるのは、 女子大生で、 長いディープキスOKの女の子。

昨夜は女子大生はおろか、 20代前半の子さえ見つからず。
Yさんの条件はかなり厳しいのかも....

彼は昨年、 あるクラブで ”連れ出しダメ” の22歳の女性に惚れて数回通う。
そして1発5千バーツのオファーを試みたが、 体よく断られた。


TさんYさんはともにチェンマイのリピーター観光客で、 当地には
2〜3週間の滞在。

2人の共通点は今も現役(で働き)、 下戸、 スケベということ。
Tさんは今回、 既に1人の女性と性交済み。

                * *

ジジイは残念ながら連れ出しせず、 飲んだら起たないから。
付いたホステスに200バーツのチップを渡し、 1人で自宅へ.....

女の子は食べられないが、 これならOK。
寂しい一人の晩ご飯。

  pict-P_20190324_204402.jpg
        ☝ 冷凍食品のスパゲティ。


では最後に、 Yさんのレパトリー曲です。

  はるばるきたぜ  チェンマイへ ♬
  ときめく胸を  奮い起て

  次も会うよと  云いながら
  ヤラせてもらえず  泣いてた俺を

  思い出すたび  口惜しくて
  とても我慢が できなかったよ ♬
             ☟
https://www.youtube.com/watch?v=Jg9q98h4v44


ということで今度こそ、 女子大生とヤってくださいな。
(なんで女子大生がいいのか、 よく分かりません)


でも 1発5千バーツじゃなあ.....







 5万バーツならヤレるかも....


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:49| Comment(9) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎日楽しく過ごしているようで羨ましいです。チェンマイでの私の拠点の近辺の様子がうかがえました。サクラはチェンマイで初期に行った所で、そこで働いていた当時は若い娘、今は叔母さんで孫がいますが、友人のLINEに写真を送って来て話をしました。小柄ですが今も昔と変わりなかったです。ファーンに住んでいますが遠いです。またチェンマイに行きたいです。でもいつ行けるか。ところでカラオケに本当の女子大生はいるのですか。
Posted by カップ at 2019年03月25日 21:30
 華麗なる日々の独居 樣

 TさんYさん、リピーターの割には学習しないとか、愚かと言うか。まさか独居翁にお世話料けちったはいませんよね。
 7年ぶりの選挙ということで、25歳以下は初めてとなります。田舎に帰って家族に会えて、それでお手当があって、選挙っていいもんだ。
 しかし、明日あたりから田舎から帰って来ると思いますけど。ひょっとすると、チェンマイなんという大都会初めてという、暑季休み中の妹分(JKかも)を連れて。お姉さんを食事に誘うと、「妹も連れて行って良い?」には、にっこりと「喜んで」、でも気合を入れ過ぎてピッコラローマなんぞに行ってはいけません。妹が緊張してなにもノドを通りませんから。こんな時は市場の北側の屋台街で済ませましょう。そして、部屋はスタジオではなく、リビングと寝室があるから安心よと誘いましょう。お姉さんと一戦を済ませたら、オオカミになってリビングでテレビを見ている妹を襲いましょう。「ノー、ノー」を聞きながらも一興ですよ。しかし病みつきなると危険かも。シャワーを済ませローブを着せて、お姫様抱っこでお姉さんの眠るベットへ。3Pの新しい世界の幕開けです。
 ワクワク

 巻頭の「読まないで」を信頼して
Posted by タイ文字は文字化け? at 2019年03月26日 10:36
 華麗なる日々の独居 樣

 当方の手違いで書き込みが二度になってしましました。どちらでも構いません。削除をお願いします。
 お手数をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。

Posted by タイ文字は文字化け? at 2019年03月26日 11:20
独居さんのご友人って、タイのことを勉強していますか?タイ語は少しでも話せますか?容姿は良い方ですか?相手のことを考える人ですか?サービス精神は旺盛ですか?私の友人で、若いタイ女性の愛人を囲っている人は上記5つとも平均程度(パーフェクトである必要はなし)で、なおかつ日本から彼を訪ねてくる老友人たちには最低限のことを教えたうえで、言葉のフォローまでしているので、皆さん満足して帰国し、また来タイしているようです。学習という意見があるように、タイ(女性も)を甘く考えて来るようでは、満足など得られるはずはありません。成功談がある人で金持ちでない人は、みんな陰ながら努力していますよ。
Posted by タオ・クワーイ at 2019年03月26日 13:00
私の知り合いの下戸達も下戸の度合いが強い程あちらには大変熱心です。
Posted by モッキンポット神父 at 2019年03月26日 18:18
カップさん:
コメントありがとうございます。
サクラにも居る時はあったようです。
友人の情報では、107号線沿いの「20」には女子大生がいるとか。
但し連れ出しダメも多いそうです。
26歳でも10年経てば36、ジジイだってもうすぐ74を迎えます。 
みんな平等に年取っていきますね、当たり前ですが(笑)
Posted by 独居老人 at 2019年03月26日 19:23
タイ文字は文字化け?殿:
3Pなんて滅相もない、ジジイは経験したことがありません。 他にスワッピングもなし。
ノーマルなことしかやったことがありません。
チェンマイで働いていても、選挙になりますと田舎の親から”召集令状”が届くようです。
親は1票いくらでお金を貰うんでしょうね。
1人恋人を持つと、その兄弟や友人にまで奢ったりするケースが出てくるとか。 
ホント大変ですね。 コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年03月26日 19:31
タオ・クワーイ殿:
1.タイのことを勉強...あまりしていないと思います。
2.タイ語...全くダメ、Yさんはポケット翻訳機を日本で購入、持参しておりました。
3、容姿...66歳の老人、イイとは思えませんが、2人とも紳士であることには間違いありません。
4.相手のことを考える人...女性に対してはやさしいと思います。女性の境遇などを理解しようと努めてますね。
5.サービス精神...ベッドのことはわかりません。お金は約束通りに支払ってます。
お土産も渡すようですよ。
Tさん、Yさんとも、リピーターとはいえここ2年のこと。年に2回で、2〜3週間の滞在です。
毎年チェンマイ再訪10年、滞在数ヵ月といった方々とは異なるでしょう。
まあ、それなりに楽しんで滞在されてると思いますが...コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年03月26日 19:45
モッキンポット神父殿:
コメントありがとうございます。
下戸の人は女性でも求めないと、夜 やることがありませんからね。
ジジイは酒が好きですから、女性より酒の方に行ってしまいます。 でも女性も好きですよ(笑)
Posted by 独居老人 at 2019年03月26日 19:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: