2019年03月06日

独居老人の生活1460(クリント・イーストウッド)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1460
                         (クリント・イーストウッド)


  みんなとても注意深くなっている。

  今はそんなご機嫌取りの時代だ。

  軟弱な時代になった。
                             クリント・イーストウッド(俳優、 監督)

上記の言葉は、 メディアの言葉狩りに疑問を呈し、 ポリティカル・コレクトネスを強制する風潮を批判している。

                * *

クリント・イーストウッドは今年5月末で89歳になる。
クリントは芸名で、 本名はクリントン。

しかしクリントの方が響きがよくカッコいい。
88歳だがまだまだ元気、 定年の無い稼業だから今も現役。

ハリウッドのご多分に漏れず女性関係は派手。
1953年に結婚 → 1985年離婚、 妻との間に1男1女。

1996年に再婚 → 2013年離婚、 二度目との間に1女。
再婚相手は初婚で生まれた娘と同年代、 若い女が好みのようだ。

婚外子として1男2女、 合計5人の女性との間に7人の子供が....

クリントはなぜ元気?  それは健康維持に熱心だからか。
タバコは一切吸わない。

食事では野菜類を用いたダイエットを継続、 多種類の野菜や果物や豆腐、 その他大豆製品を多く摂っているという。

ジジイはダイエットはしていないが、 ほぼクリントと同様の食事で、 魚をメインにしている → 健康長寿に期待!

                   * *

ジジイがクリント・イーストウッド初めて見たのがテレビドラマ
「ローハイド (1959〜1965 年)」。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=eRD8NSpwlGY

ジジイが西部劇映画ファンになったのは 「ローハイド 」 の影響がある。 10代のジジイは夢中になって見たものだ。
                ☟
   pict-『ローハイド』出演時のイーストウッド、フレミング、ブラインガー.jpg



 続いて1964年の映画、 「荒野の用心棒」 がヒット。
pict-『荒野の用心棒』出演時のイーストウッド1960s.jpg



このあと 「夕日のガンマン」 と西部劇モノがヒット。
               ☟
   pict-クリントイーストウッド2.jpg



そして大スターの地位を不動のものとしたのが 「ダーティハリー」 シリーズだった。
                    ☟
pict-クリントイーストウッド.jpg

ハリーが使うマグナム(拳銃)が印象的で、 ジジイは米国赴任中にマグナムを購入、 射撃場でぶっ放していたものだ。


1971年には 「恐怖のメロディ」 で監督業もスタート。
監督として約40本を手掛け、 「許されざる者」 「ミリオンダラー・ベイビー」 でアカデミー作品賞とアカデミー監督賞を受賞した。


ジジイが直近で見た彼の主演映画(監督)は、 2008年の 「グラン・トリノ」。
              ☟
   pict-クリントイーストウッド3.jpg



イーストウッドが10年ぶりに監督+俳優として出演。
それが2019年3月8日、 日本で全国公開される 「運び屋」だ。
                ☟
   pict-『運び屋』.jpg
     
88歳のイーストウッドが監督・主演を務めるのだから凄い。
これにはジジイも憧れるし、 勇気も湧いてくる → 俺だって....


ストリーは、 家族より仕事一筋で生きてきたクリントだったが、 今は金もなく、 孤独な90歳の老人になっていた。

商売に失敗、 自宅も差し押さえられて苦渋していた時、 ある仕事を持ちかけられる。

それは車の運転さえすればいいという。
簡単な仕事だと思って引き受けたが、 それはメキシコの麻薬カルテルの 「運び屋」 だった。

90歳を前にして、 美女を相手にお色気シーンもあるとか。

pict-運び屋.jpg
                    ☝
全米の警察が探す運び屋は “90歳の老人” だった..という実話
サスペンスの傑作だ。

上映時間:116分。
ブラッドリー・クーパー、 ローレンス・フィッシュバーン、 アンディ・
ガルシアら実力派が出演。

では予告編をどうぞ!
https://www.youtube.com/watch?time_continue=14&v=MFvM7wcCuk4

                  * *

クリント・イーストウッドの全作品は69本(俳優および監督)。
ジジイはそのうち45本を観ている。

で、 ジジイが独断と好みで選んだトップ10 は以下の通り。
                       (  )は公開された年。

10位: ザ・シークレット・サービス(1993年)
 9位: ミリオンダラー・ベイビー(2004)

 8位: 恐怖のメロディ(1971)
 7位: マディソン郡の橋 (1995)

   pict-マディソン郡の橋 (1995).jpg

ジジイは原作(小説)を先に読み、 映画は後で観た。
不倫モノ本で、 世界的ベストセラーに....

しがないカメラマンと田舎で退屈してる農家のオバさんが、 ひょんなことから知り合って男女の仲に....

2人で4日間を過ごし、 最後はカメラマンが町を去って行く。
数年経ち、 オバさんの夫が死んだ後カメラマンを探すオバさん。

ある日彼の遺品が届き、そこには 『永遠の4日間』 という写真集が入っていた。
スケベなオッサンとオバさんが性交を楽しんだという話だが....

小説や映画になるとロマンチックな物語に仕上げる。
ではTOP-10を続けよう。

 6位: アイガー・サンクション (1975)
 5位: ダーティハリー(1971)

 4位: 許されざる者 (1992)
 3位: 目撃 (1997)

 2位: 荒鷲の要塞 (1968)

そして第1位は、アルカトラズからの脱出 (1979)

                 * *

「運び屋」 はクリント・イーストウッドの最後の主演映画になるかも....
是非とも観たいがチェンマイではなかなか難しい。

この映画の中で、 主人公が語る台詞がいいんだとか。


「もっとゆっくり生きろよ。

 俺みたいに人生を楽しめ!」






ハイ、 そう致します........チェンマイで。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:04| Comment(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イーストウッド新作情報有難うございました!グラントリノが最後の出演作かと思ってましたので嬉しいです。独居老人様が彼のファンだと知って更に親近感が湧いてきました。え?爺に云われても嬉しくない?私は若干年下ですので、中学の時に「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン」等を授業サボって見に行ってました。その後も45本は見てませんが30本くらいは見てます。、、でも、「運び屋」がガードスアンケーオに来ても私の英語力では理解できそうもありませんので、無料動画・字幕スーパーで配信されるのを待つだけ?いずれにしても色んな情報、いつもホントに有難うございます。
Posted by 赤貧老人 at 2019年03月07日 13:40
赤貧老人殿:
ジジイは少しくらい英語が分かるのですが、やはり意味がとれないです。
米人同士の会話を聞き取るのは難しいし、下品な単語は無理、字幕が必要になります。
グラン・トリノ以降、チェンマイ暮らしもあって、1本も観てないんです。
アメリカン・スナイパーを観たかったのですが...
イーストウッドが主演はしてませんが、監督だけの「硫黄島からの手紙」もイイ映画だと思います。
印象が悪かった映画は、シャーリー・マクレーンが共演した「真昼の死闘」1本だけ。
これは何故かジジイの好みじゃなかったですね。
コメントありがとうございました。
その他はすべて面白く、飽きさせなかった映画ばかりでした。
Posted by 独居老人 at 2019年03月07日 20:47
今日は独居老人さん、ACEです。

イーストウッドの映画は好きなので独居さんと同じぐらい見ています。

>>アメリカン・スナイパーを観たかったのですが...

これは漫画みたいなところがあって笑いました。スナイパー同士の戦いで1km位先の相手を主人公がヒットするのですが、これはあり得ないですね。

1kmの間に風が吹き、重力の影響で弾丸は落下しますから1発で相手の頭に命中させるのはゴルゴ13でも難しいでしょう。

それでもこのシーン以外はリアルでしたから作品としては面白かったです。

ところでグラントリノにモン族が出てきます。モン族のギャングに最後は殺されるのですがなぜ彼らがアメリカにいるのか?

これはアメリカがベトナム戦争中、ラオスにCIAがエア・アメリカと言う飛行機会社をつくって秘密工作をするのですが、その際協力したモン族達がラオスに居られなくなった為アメリカが引き取ったのです。

こう言ったリアルさがイーストウッドの作品の面白さと言うかスパイスになっていますね。
Posted by ACE at 2019年03月08日 12:36
ACEさん:
アメリカン・スナイパー、レンタルビデオで見るしかないですね。
モン族のギャングですが、当時モン族の存在自体知りませんでした。
こういうストリーですと、イーストウッドが敵を1人ずつ暗殺していく方がジジイの趣味にあってますね。
老いたりとはいえ身を犠牲にするって、ジジイにはできそうにありませんから(笑)
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年03月08日 19:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: