2019年02月13日

独居老人の生活1438(屋外では燃やすべからず)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1438(燃やすべからず)


 恋に焦がれて鳴く蝉よりも  鳴かぬ蛍が身を焦がす

                                            都都逸


@ それでも地球は動く。   ガリレオ。

   それでも煙は覆う。   チェンマイ市民。

                * *

A 地理の授業で.....

「この地球儀はボーっと霞んでるじゃないか!」

「先生は今、 チェンマイのところを見てるからです」

                * *

B チェンマイの空。

昨日(2月12日)のチェンマイはどんより曇り空。
雲で覆われて...じゃない、 空気が汚れていたからだ。

pict-Chiang Mai third most polluted.jpg


Air Quality Index(AQI)の数値は健康被害のレベル。
PM2.5は国の安全リミットをダブルで超えている。

昨日のチェンマイのAQI は194を記録、 これが200を超えれば極めて非健康レベルになる。

それも地球上でワースト3の空気汚染。
(国際的に権威ある 「AirVisual」 の調査)

インドのニューデリー(AQI:215)、
パキスタンのラホール(AQI:197)に次ぐ不名誉な第3位。

 AQI : Air Quality Health Index
              ☟
      http://www.cmaqhi.org/

pict-DSCN4993.jpg


   着陸できたんだ。
pict-Chiang Mai International Airport.jpg
            ☝ 昨日のチェンマイ空港。


タイの中でもチェンマイは、 ランパーン、 ランプーン、 プレー、
ナンを含め、 スモッグと苦闘する県の1つである。

長期にわたり空気汚染に晒されると多くの健康問題を引き起こし、 極端な場合は死に至る。

pict-CMU Engineering Faculty. .jpg
         ☝ チェンマイ大学工学部から見た空。

「CMU CCDC」 を見ると、 気候変動がアップデートで分かる。
               ☟
      https://www.cmuccdc.org/

チェンマイ県当局は、 3月1日〜4月30日の間、 戸外での燃焼禁止規制を発表。

違反者逮捕に結びつく有力な情報提供者には、 5,000バーツの報奨金を出す由。

公衆健康当局は、 屋外での活動にはマスクをするよう警告。
N95基準(PM2.5微粒子を濾過)のマスクが必要だという。

加えて小さな子供、 老人、 妊婦、 慢性的病気を持つ人は、 屋外を避けるようアドバイスした。

プラユット首相は昨日の閣議でこう述べる。
「スモッグと戦う努力は国家的行動指針の1つとせねばならない」
  (source : The Nation)

                  * *

おっしゃる通り、 しっかりやってくださいな。
北京よりエアー公害が酷いなんて恥さらしもイイとこ。

今朝(13日)7時半ごろのチェンマイ・チャンクラン通り。
空はどんより、 前方は霞んでいる。
                   ☟
pict-P_20190213_070741.jpg


老人は屋外に出ないように..と言われても困るよな。
なんせジジイは1人暮らしだから。

喫煙する友人がいる、 もし屋外で火をつけたらすぐ密告だ。
報奨金5,000バーツ、 貰えるかな?

「チェンマイホルモン」 などの焼き肉店はどうなんだろう。
オープンエアでの炭火焼きなんだけど、 これって違反?

広い庭のある家にお住いの方、 落ち葉などを燃やさぬように....


1番ヤバいのは、 このジジイかも。

燃しちゃうんです、







 恋の炎に身を焦がし.....


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:55| Comment(0) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: