2019年02月04日

独居老人の生活1430(人間は自分にないモノを求める)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1430
                   (人間は自分にないモノを求める)


 会話をしたいと思わせる女性と結婚すること。

 齢をとるにつれ、 彼女の技術の妙が他の要素に劣らず、
 とても重要になってくる。

                                H・J・ブラウン・Jr. (アメリカの作家)


@ 金正恩とフィリピンのドゥテルテ大統領(73)が仲良く.....

フィリピン人が多く集まる香港の教会に、 両首脳が突然現れたから周りは驚いた。

pict-ロドリゴ・ドゥテルテ大統領(73).jpg


と思いきや、 2人は両首脳のそっくりさん。
ドゥテルテ大統領の偽物はフィリピンの俳優だとか。

んじゃ、 ドゥテルテ大統領の本物はどんな顔してる?
                ☟
   pict-ロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領(73).jpg

習近平のそっくりさんも呼んでくれば良かったに.....

                 * *

A 訂正とお詫び。

昨日(2月3日)の本ブログの最後で、 タイ飯屋での美女2人との出会いを取り上げましたが、 ここにミス記載がありました。

pict-DSCN5017ぼたん2次会飲み屋 (3).jpg


美女2人と書いたのは誤り、 お詫びします。
            ☟
正しくは女性1人とオカマ(右側の白いシャツ)でした。

ジジイは彼女がオカマとは全く気付かず。
ボインの美女とばかり.....口説かないで良かった。

やっぱし本物の女性がいいです。

                 * *

例えばこんな美女。
  pict-山本美憂4.jpg
              ☝
   ”オカマのようでもオカマじゃない。
    それは何かと問われれば、 レスラー、 レスラー”

彼女をご存知ですか?
そう、 女子レスリングの山本美憂(44歳)、 現在は総合格闘家。


ミュンヘンオリンピックレスリング代表だった山本郁榮(日本体育大学教授)の娘。

小学生の頃から弟の山本"KID"徳郁、 妹の山本聖子とともに、レスリングの英才教育を施される。

妹の聖子(38歳)は現在、 大リーグ・ダルビッシュ(32)の妻。
聖子はハンドボール日本代表の永島英明と結婚 (男児)→ 離婚。

  pict-山本聖子.jpg  
     ☝ 左は再婚相手のダルビッシュ。

ダルビッシュとの間にも男児が誕生。
大金持ちの彼が子持ちで年上の聖子と再婚したのには驚いた。

  pict-山本聖子2.jpg
    ☝ 現役時代の山本聖子。


チェンマイに住む爺さんで、 子連れのタイ人女性はダメという人がいる。
そんな贅沢を言ってるからいつまでたっても結婚できない。

ハンサムで金持ちのダルビッシュを見習って欲しい。
子連れの6歳年上と再婚だ。

爺さんの年上となると70歳くらいの婆さんになるから、 年上はダメならまだ分かる。

自分の歳と醜い顔/体型を棚に上げて、 30代でも子連れは嫌と。
己を知らないとは恐ろしい。

                * *

話を本線に戻そう。
姉の山本美憂、 男遍歴ではもっと華々しい。

1995年、 21歳で浦和レッズの池田伸康と結婚。
1996年、 男児(山本アーセン)を出産 → 1999年離婚。

  pict-山本美憂・山本アーセン.jpg
    ☝ 息子アーセン(22)と母・山本美憂(44)。
      アーセンもレスラーとして活躍している。

2000年26歳で格闘家のエンセン井上と再婚 → 2004年離婚。

2006年4月、 32歳でトリノオリンピック・アルペンスキー代表の佐々木明と3度目の結婚。

同年12月、 第二子となる男児アーノンを出産。
2008年11月、 第三子となる女児ミーアを出産。

2011年、 佐々木明と3度目の離婚。
2016年、 42歳で総合格闘技への参戦を表明。
               ☟
  pict-山本 美憂6.jpg


ジジイが選ぶのは、 「女は美貌より気立て良し」 が基本。
しかし美人は得、 注目される。

山本美憂も美貌と肉体で人気を博す。

  pict-P_20190116_122207山本美憂と吉田沙保里 (2).jpg



  pict-山本美憂ビキニ.jpg



   pict-山本 美憂7.jpg
              ☝
  まだ44歳、 これなら4度目、 5度目の結婚がありそうだ。

                 * *

一方、 恋人が全くできない36歳の美女もいる。

女子レスリング個人で世界大会16連覇、 個人戦206連勝を記録し、「霊長類最強女子」 の異名を持つといえばもうお分かり。


   pict-吉田沙保里34.jpg
               ☝
  そう、 国民栄誉賞も受賞した吉田沙保里(36歳)。


「女に生まれて良かった、 男だったら試合で人を殺してた」
と話す沙保里ちゃん。

その彼女もユニフォームを脱げば普通の可愛い女性に変身する。
                  ☟
pict-吉田沙保里7.jpg


彼女の男性の好みは典型的イケメン。
ジャニーズ系Newsの増田貴久の大ファン。
              ☟
    pict-NEWS増田貴久.jpg
     
残念ながら増田貴久には相手にして貰えず。

高校時代、 同級生に6回のアタックもタックルならず。
それでも友人として付き合いはあるんだとか。


ならばと沙保里ちゃん、 猛アタックしたのは松本隆太郎。
2012年のロンドン五輪・銅メダリスト(現日体大コーチ)だ。
                  ☟
pict-松本 隆太郎.jpg
         ☝ イケメンレスラーの松本隆太郎。



しかしこんなに笑顔の可愛い吉田沙保里も振られてしまう。
                  ☟
pict-吉田沙保里33.jpg
          ☝ 失恋にもめげない吉田沙保里。


そんじゃあと、 報道関係者へ猛アプローチ、 民放の局アナで年齢も吉田に近い。 何度か食事に誘ってみたが敢え無くも失恋。

「おばけとかジェットコースターとかダメです」 という沙保里は可愛い女性なのだ。

「あのサッカーの澤穂希さんだって結婚できたんだから」
私も頑張ると..意気込む沙保里、 恋では何連敗するのだろうか。

人間と言うのは自分にはないモノに憧れる。
だからかジジイが若い頃、 積極的に近づいてくる女性はブスばかりだった。

吉田沙保里はその傾向が強いのかも。
化粧してお洒落すればこんな美女になるのだが.....

               ☟

pict-P_20190116_122207山本美憂と吉田沙保里 (4).jpg


ジジイは、 吉田沙保里が結婚できることを心から祈ってる。

同じレスラーでも山本美憂は3回の恋愛結婚、 沙保里は1度も恋が実らない。

もう少し理想から現実的な男性レベルに落とせば成就しよう。

例えば、






チェンマイに住む爺さんならどうですか?  (落とし過ぎ)


チェンマイって ホントいいですね!







posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:00| Comment(6) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

 華麗なる日々の独居 樣

 日野翁の乾杯に臨む凛としたお姿、モテて当たり前ですよ。腰を伸ばし胸を張り、腕をスッと前に、大股開きもせず、こんなお姿、ジジイのカテゴリーには入りません。
 嘗て、アテネフランセで、いっぱいつまみ食いされたと思われる独居翁には、日仏ならぬ仏日でしょうが、Wan Phraと言ってもタイ人になかなか理解されない身としては、仏日に逃げ込んでおります。はい、今日は新月、仏日です。20バーツの喜捨セットを買い求め、サンダルを脱いで僧侶の前に跪き、そっと差し出して手を合わせれば、周囲で見ているタイ人は絶対の良い人の評価をくれます。彼女が触ってきたら直ぐに硬くなりますように、中折れしませんように、最後に赤い玉が出ませんように、なんてお祈りしても、誰にも見えませんから。タイ庶民の暮らしに溶け込めば、ひょっとして「あしながおじさん」の依頼も来るかもしれません。あっ、18歳でも子供がいないという保証はありませんけど。

 
Posted by タイ文字は文字化け? at 2019年02月04日 13:52
タイ文字は文字化け?殿:
お褒め戴いているの茶化されているのか、ま、いい方に解釈しましてありがとうございます。
ジジイは仏事というのが昔から苦手でして..
信仰心がほとんどないことから、文化・観光として見るだけ、ホント申し訳ありません。
タイ人との付き合いは飲み食いくらい、タイ語の難しさもあって限界を感じますね。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年02月04日 19:10
>爺さんの年上となると70歳くらいの婆さんになるから、 年上はダメならまだ分かる。


ありゃりゃ〜w
爺さんは、自称73歳じゃなかったのかい?
ついボロが出ちゃったな〜ww
Posted by korat at 2019年02月04日 19:13
korat殿:
ここでいう爺さんというのは一般的なチェンマイの老人を指しております。 
ジジイのことではありません。 自分が対象の時は ”ジジイ” と書いております。
結婚願望を持つ60代の爺さんが、20代のタイ人女性を紹介された。
ところが子持ちだという理由で会うこともしない。
そんな贅沢...いつまでも己の理想を追っていたら結婚や恋人はできやしない、と言いたかったわけです。
自分が老いているように、相手のレベル(条件)も落とせばいいことが待っているんじゃなかろうか、そう思うんです。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年02月04日 19:24
やはりオカマでしたか。顔が男のようでした。ボインですけど。女性か聞こうと思っていた矢先にブログの訂正を見ました。最近、体調不良が多いのではないでしょうか。後期高齢者に近いようなのであまり無理をしないで下さい。
Posted by カップ at 2019年02月04日 22:52
カップさん:
コメントありがとうございます。
ジジイはオカマってことは全く知らず、翌日(掲載した後)に団長から聞かされて「えー!」っと驚いた次第です。
そのままにしておいても良かったのですが、ちょうどオカマのような女子レスラーを取り上げたので、「訂正」ということで記載しました。
話の繋がりというか、前口上といった感じですね。
体調は現在、頻尿・EDを除いて絶好調です。

Posted by 独居老人 at 2019年02月05日 12:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: