2018年12月30日

独居老人の生活1396(1年ビザに健康保険の義務)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1396
                      (1年ビザに健康保険の義務)


  神が病を癒し、 医者が料金を取る。

                      ベンジャミン・フランクリン (18世紀米国の政治家)


読者の方から教えて戴き、 次の記事(The Nation)を読んだ。
当該記事は12月24日掲載のもの。

Move to make health insurance mandatory for long-stay visas
(ロングステイビザに健康保険要・義務化の動き)

One-year Non-Immigrant Visa ”O-A”(ロングステイビザ、 Retirement Visaが該当)を持つ外国人は、 key committeeの新提案に従い、 健康保険の手配(加入)が必要になる。

移民法1979の基準(修正)は医療中枢委員会によって承認、 と12月23日(日)、 公衆健康省大臣のアドバイザー・Dr Kittisak Klapdeeが語った。

Kittisakは公衆健康大臣によって任命され、医療中枢委員会の第2回年次会議で観光スポーツ副大臣と共に参加、 1年ビザの基準修正を承認。

発効されれば、 1年ビザを持つ外国人は、

1.外来(患者)の場合はミニマム4万バーツ、
2.入院(患者)の場合はミニマム40万バーツ

をカバーするタイの保険契約が必要となる。

但し、 上記要件に合致する海外保険契約を既に保有する外国人は免除される。

これに該当する外国人は、 1年ビザ申請の時、 各自が外国の
保険契約を使う(提示する)ことが可能。

修正に適用される詳細とガイドラインは、 次の関係当局の協議により定式化される。

公衆健康省、 外務省、 内務省、 出入国管理局、 保険委員会オフィス、 タイ総合保険協会、 タイ生命保険協会。

そして次のステージで、 内閣の正式承認を得ることになろう、 と
Dr Kittisak Klapdeeは語る。

基準修正の目的は、 ロングステイビザ保有者、主として高齢者
外国人の健康を守ることにある。

そしてまたタイの公立/私立病院の利益にもなる。

とまあ、 このような事が報じられた次第。

「高齢者外国人の健康を守る」 と言いながら、 実際は病院や保険会社を儲けさせるための修正か。

                * *

タイで健康保険契約を持つジジイの友人(邦人)は、 確か年間32,000バーツ(入院のみ)を払ったと言っていた。

通院(外来)までカバーすると約1万バーツのアップとか。
但しこれも69歳までの限定。 70になったら加入不可。

契約した保険会社はイギリスの企業。
60歳前までに加入すると、 死ぬまで継続できるらしい。

その友人は60代前半、 継続可能な70まであと6年ほど。

そもそも70歳以上の高齢者が加入できる健康保険(上記金額を
カバー)があるんかい?

あくまで参考として....
        ☟
ジジイのチェンマイに住む友人は、 70代で海外旅行保険に加入。
5年間で85万円、 損害保険ジャパン日本興亜(株)。

あと2年ほどはそれでいける(有効)由。
タイでは手続き不可、 日本に行って加入し、 保険料も支払う。

彼は血栓治療で、 過去に1日の入院費を含め23万Bを保険で支払ったことがある。

尚、 現在は1年カバーのみの契約(5年もの無し)。
友人(76歳)は5年契約終了後、1年もの(保険)に加入するとか。

1年間の保険料だが、 85万÷5=17万円、 これをベースに勘案すれば約20万円くらいかな? 

                 * *

もし1年ビザに健康保険契約が義務化されたら、 現在タイで暮らす外国人(日本人)は困ることになる。

前述の友人2名は、 現在加入している保険で何とか対応できそうだ。 外国の保険契約でもOKとあるから。

だが貧乏な方もいらっしゃるわけで、 何割が延長可能かなあ。
  
               
では、 次の保険は海外保険として認めてくれるのか?

A.日本の国民健康保険(ジジイが該当)。
B.クレジットカード付帯の海外旅行保険。

Aの加入者は、 治療を受けた時に立替払いをせねばならない。
そして後日、 日本に帰ってから健保に請求することに....

Bの所有者は、 クレジットカード1枚あたり最長3ヵ月の適用。
となると1年間のタイ滞在者は、 3ヵ月ごとに出入国を繰り返すか、 4枚のクレジットカードが必要になる。

AとBがたとえ海外保険として認められても、 それが有効とどうやって証明するのか、 判定するイミグレ係官も難儀するだろう。

Aの日本の国民健康保険なら、 保険証を総領事館に提示 → 総領事館が証明書を発行 → イミグレに提出で可能かも。

タイの銀行で80万バーツの預金(現要件) + A という条件で認めて欲しいが....
しかしイミグレが国民健康保険にOKを出すか、 ノーだろうなあ。

一方、 イミグレにBを4枚提示しても、 有効の証明が難しい。
クレジットカードそのものが無効になっている場合もあろう。

これも 「ノー」 か。
で、ハイそうですかと何もしないでおくと大きな出費に...

ロングステイビザに健康保険が義務化されると、 たくさん出そうな気がする。

タイを出国しなきゃあいいんだ。






 不法滞在者になりましょー!


チェンマイって ホントいいですね!

<参考-1: The Nation 掲載の記事>  読者ACEさんの情報。
             ☟
http://www.nationmultimedia.com/detail/breakingnews/30360990


<参考-2: イミグレ認定のタイの保険会社> 
                        読者koratさんの情報。
pict-DSCN4960.jpg
                  ☝
          http://longstay.tgia.org

既に認定済みということは、 10年ビザ申請時に利用する保険会社かも....
1年ビザも同様に、 認定される可能性が高い。




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:34| Comment(26) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっしゃるとおりこれは保険会社と病院を儲けさせることが目的であって、タイで加入した保険のみ有効になりそうですね。私の場合文中の保険に59歳で加入していたので死ぬまで大丈夫だとは思いますが、高齢になると保険料が増えかなりの負担になります。
Posted by at 2018年12月30日 13:58
独居老人様
難しい話ですね。猿程度の脳ミソでも分かるようにお願いします。
リタイアメントビザの方が対象? 
それとも、家族ビザ(タイ人妻と同居暮し)の方も対象?
Posted by 金に余裕の無い老人 at 2018年12月30日 15:21
管理人さん
もしこれが実施されたら、帰国するか
3か月ごとにラオスかペナンでビザを取って滞在するしか
方法がありません?
配偶者がいる場合は日本のタイ領事館
1年マルチが取れます。
後は日本の国民健康保険が使える事が出来ればです。
Posted by KEN at 2018年12月30日 16:27
管理人さん
1年マルチが取れると書きましたが、現在は90日
のみです 訂正します。
Posted by KEN at 2018年12月30日 17:08
上記のリンクを見てみたら、71歳から75歳では、84000〜94000バーツではないでしょうか。32000バーツはかなり若い人の入院のみもしくはかなり古いものではないでしょうか。しかしこれも持病のある人は入れませんからね。
Posted by nanashi at 2018年12月30日 17:26
独居老人さん今日は、ACEです。

この件を色々調べましたが、相当深刻にとらえた方が良いと思います。

>>「高齢者外国人の健康を守る」 と言いながら、 実際は病院や保険会社を儲けさせるための修正か。

それは副次的で、狙いは金の無い老人や病気勝ちの老人や病気予備軍の保険に入れないような高齢者をタイから追放する為に思えます。

元々のリタイアメントビザをタイ政府が発行するようになったのはまだタイが貧しかった30年位前の事で、タイの経済が改善された現在老人の選別にかかっているのではないでしょうか?

チェンマイでも生活に困窮している老人や死んでから火葬もできなくてタイ人に迷惑をかけている方が出始めていると聞きますからそれも原因かもしれません。

>>A.日本の国民健康保険(ジジイが該当)。
B.クレジットカード付帯の海外旅行保険。

結論から言うと、どちらも駄目だと思います。

ネーションの記事を提供したのは私ですが、しかしこれは取材ですから政府の見解や施行と同じとは限りません。

駐日本タイ大使館のホームページの10年ビザには出ていませんでしたが、大阪領事館の10年ビザには10年ビザでの必要要件の保険会社はタイ国内にある3社に限ると書かれています。

10年ビザやエリートカードは大金が必要ですから、取っている方はほとんどいないと思いますが、1年ビザを毎年更新すれば10年ビザと同じ効力を発揮しますから、10年ビザに必要な保険に加入させるべきだとの考えでしょう。

いつから施行されるのか、又実際の運用が即されるのか、1年ビザを更新の際に1年の猶予が与えられるのかはタイ政府の胸先三寸にかかっていますから今後の情報収集が大切ですね。

最悪保険加入が無いと即更新を拒否され、1か月以内の退去を指示されるかもしれません。
Posted by ACE at 2018年12月30日 17:29
お名前未記入殿:
保険に59歳で加入・・は良かったですね。
チェンマイに骨を埋めるなら、70歳後もずっと契約できますもんね。
ジジイのような既に70を超えている年寄りにはキツい変更です。どうしよう?
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年12月30日 19:01
金に余裕の無い老人殿:
The Nation記事には、1年Non-イミグラントビザが対象と出ています。
なので家族ビザも含まれるのでは....
まだ記事の段階です、詳しいことは今後発表になると思います。
またジジイも記事を和訳したにすぎません。 情報収集に努めたいと思います。 コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年12月30日 19:24
Ken殿:
コメントありがとうございます。
ジジイも弱っちゃいます。 70以上でも加入できる保険を探さなければいけません。
でも高額でしょうね。
Posted by 独居老人 at 2018年12月30日 19:27
nanashi殿:
コメントありがとうございます。
記載しましたように、32,000バーツは入院だけのカバーです。
通院も加えれば42,000B以上になるでしょう。
友人は60代前半、だからまだ安いんだと思います。
69歳までが加入条件ですから、この友人も70歳からが不安、と言ってました。
Posted by at 2018年12月30日 19:32
ACEさん:
いろいろ情報ありがとうございます。
ジジイの友人は74歳頃に保険契約(現在も継続)してますから、加入できる保険はあることはあるんですね。
但し友人の保険は5年適用で85万円、1年なら17万円の勘定です。
おそらく1年モノはもっと高くなっているでしょう。
月2万円近い負担はキツいですね。
Posted by 独居老人 at 2018年12月30日 19:40
独居老人さん今晩は、ACEです。

この件についてはかなり深刻な事案だと思っていましたので、早速取り上げていただいてありがとうございます。

さてここ4〜5年のタイのビザの流れを見るとビザ発給に対して毎年厳しくなっています。

日本人はビザなしで30日以内の滞在が出来ていました。しかし1回について30日未満の滞在でも何度も繰り返すと次回からビザを取らなければ入国させないとスタンプを押し始めました。

又陸路で何度もビザランを繰り返す方には、1年に2回までと制限した上2週間しか滞在を認めないとしたこともありました(現在は中止)。

90日レポートの厳格化や賃貸であれば家主が確かに住んでいるとのタイ政府に対する報告の義務付けがありました。

更に不法滞在の外国人に対する検挙の強化と90日以上不法滞在した場合は1年間入国禁止の厳罰化がありました。従来ならオーバースティ1日について500Bの罰金で済んだのですが、、、、。

こう言った流れは一貫していますから、いよいよリタイアビザにも選別化が始まったと考えるのが安全側だと思います。

かく言う私もタイにノービザで入国する際に次回からビザを取って来いとパスポートに書かれたのて備えの無かった私は大変困惑した事があります。

タイに住んでいないのにタイに居住するビザを取らざるを得なかった訳で、メチャクチャな言いがかりも同然ですが、泣く子と政府には勝てません。

政府はヤクザ以上の権限を持っていますから言い出したら決して変更しません。

情報を収集しながら最悪の事態に備える事が必要のような気がします。

Posted by ACE at 2018年12月30日 22:10
タイ国内保険会社の医療保険、独居老人さんの年間保険料はTHB81,000〜THB94,000。
75歳を超えると、もっと高くなります。

私の場合は、在タイ年間日数が30日〜60日なのでビザを捨てます。
タイで大病を患うと、医療保険が有っても保険の範囲内で収まらない上に、助かる命も助からなくなりますww

Posted by korat at 2018年12月31日 00:29
koratさん
>>私の場合は、在タイ年間日数が30日〜60日なのでビザを捨てます。

タイに来る回数が5回以下で年間90日未満であればビザが不要ではないかと言われていますが、ビザを取られたのは回数が6回以上だったのですか?

私の場合は年7回、滞在が100日を越えていたので言われました。
Posted by ACE at 2018年12月31日 08:02
厚生年金の配偶者手当が日本国内居住に限る(以前ACEさんが言っていた日本在住外国人だけ対象ではなさそうです)とか、この保険の話しといい、腹立たしい限りです。日本政府は海外在住日本人家族の切り捨て、タイ政府はお荷物外国老人の排除と、どちらも老人の人権をないがしろにする思いやりのかけらもない非情さ、国連の人権委員会は嘘つき国家など相手にしないで、こういう件にこそ動いてもらいたいものです。タイは老人を大切にする教育をする国だったはずが、なぜこういう動きになってしまうのか、嫌な世の中になってきました。
Posted by コンジョン at 2018年12月31日 09:46
Posted by ACE at 2018年12月31日 08:02
>私の場合は年7回、滞在が100日を越えていたので言われました。


誰かに指図されたからビザを取得したのでは無い。
思い付くまま気の向くまま、自由に出入りし自由に滞在したかったからビザ取得!

バンコクを皮切りにタイに関わって30年。
リタイアメントビザも11年が過ぎ、近年タイに魅力を感じなく無くなって来たので家を処分し、ビザを捨てる予定。

ただ、バンコク銀行の定期預金金利には少しだけ魅力を感じてるから、元気な内は維持し続けるつもりw
Posted by korat at 2018年12月31日 11:13
ACEさん:
ビザを捨てられるだけの状況にあればよいのですが、ジジイは財力なく無理ですね。
ある友人が言ってました。
「タイのイミグレには ”O-H”ビザというのはない、あるのはNon-Immigrant Oだけ。
しかし日本のタイ大使館(領事館)のロングステイビザ発給には”O-H”ビザがある。
なので保険義務の対象は日本など外国で取得するビザではないか」
となると、タイで取得のリタイアメントビザは除かれる(O-Hじゃないから)...こんな喜ばしい話を聞かせてくれました。
この友人は英文のビザ要件などもしっかり読んでチェックする人物。
とはいってもジジイには信じられませんね。
そうあって欲しいけど....
コメントありがとうございました。


Posted by 独居老人 at 2018年12月31日 12:22
korat殿:
ジジイは来年74歳、 これから先、年10万バーツも掛かるようでは...現レートで34万円、キツいです。
ジジイは大病のときは日本に戻って治療することに決めてます。
しかしガンならともかく脳梗塞などで突然倒れたらどうにもなりません。
自宅でそのまま孤独死となればいいけど...
運悪く病院に搬送されたら困りますね。
コメントありがとうございました。

Posted by 独居老人 at 2018年12月31日 12:32
コンジョン殿:
厚生年金の件、ジジイは日本人の配偶者は対象外だと思ってますけどね。
ま、政府が決めること、詳しいことは分かりませんが...
我々はタイに住んでも働かない、お金を落とすだけ、タイ人にもタイ経済にも相当貢献してるはず。
でも外国人がタイ社会に迷惑をかけるようになれば、当然何らかの対策をとります。
迷惑をかけてるようには思えないんですが。
乏しい年金や年金無しで暮らす外国人もおりますからね。 コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年12月31日 12:45
koratさん
>>思い付くまま気の向くまま、自由に出入りし自由に滞在したかったからビザ取得!

そういう理由でビザを取っていた訳ですか。
回答ありがとうございました。
Posted by ACE at 2018年12月31日 15:20
独居老人さん今日は、ACEです。

>>ビザを捨てられるだけの状況にあればよいのですが

これはkoratさんの書き込みですので念の為。

健康保険の加入はビザ申請時に言われると思いますが、言われたらとりあえずビザランしてマルチの観光ビザを取りそれから対策を考えるしか無さそうですね。

Posted by ACE at 2018年12月31日 15:39
ACEさん:
今年もよろしくお願いします。
まあ、まだあの修正が決定したわけでもなく、
詳細はこれから関係機関で決められてまいります。
そのあと内閣に送られて正式決定となります。
嫌な方向に動いている訳ですが、どうなりますことやら。
外国人で反対運動やロビー活動をする団体、人々がいるんでしょうかね。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年01月01日 11:54
独居老人さん今日は、ACEです。

>>今年もよろしくお願いします。

新年あけましておめでとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。

タダ酒で新年を迎えられたようで幸先が良いですね。NAMIKIにもなかなかの美女たちがいるようですから、次回はしっかりドーピングしてお楽しみの時間(ショートやロングのお値段)や総費用(ドリンク代やペイバー料金も含めて)をお知らせください。

娘を見てムラムラする内はまだ精神状態が健全ですから結構な事です(笑)。

日本は寒くて私も9日からバンコクに行きますが、私をダーリンと言う娘との再会が楽しみです。
Posted by ACE at 2019年01月01日 12:54
ACEさん:
NAMIKIの料金は、最近行ってないんで詳しくは分かりません。 そのうちに....
ボラれることがないので安心です。
素敵な女性を見るとまだ心が蠢きます、ハイ、健全な精神と健康な身体を保っている証明です。
ちっとも枯れない、死ぬまで枯れませんね。
娘と ”新年バンコク愛欲の日々” をお楽しみください。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2019年01月01日 20:22
これが本決まりになりタイ人女性と結婚して子供もいる金欠外人爺さんなんかどうなるのでしょうかね? 保険料が払えないと夫婦、家族の仲を割いて国籍の国へ強制送還するのでしょうか?
Posted by at 2019年01月01日 23:04
お名前未記入殿:
コメントありがとうございます。
あくまで新聞の報道、それも公衆健康省に関連する会議で承認されただけです。
詳細は今後決めていき、最終的には内閣で正式決定の運びです。
たった1つの会議で政策が決まるなら、政治家など要らないとジジイは思うのですが...
でもここはタイ、ジジイの考えが通用しますでしょうか。
外国人をパートナーにするタイ人女性数100人が集結し、プラカード掲げて反対デモを敢行。
関係省庁、イミグレなどに押しかければ、メディアが報道、影響を与えると思うのですが、問題はそんな人たちがいるか..ですね。
Posted by 独居老人 at 2019年01月02日 11:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: