2018年12月20日

独居老人の生活1386(外交官のお仕事)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1386(外交官のお仕事)


  外交官はよい天気のときにしか役に立たない。

  雨が降れば一滴でしおれる。
                                  ド・ゴール  (フランス大統領)


「週刊新潮」 に ”大使の食卓” という連載がある。
今週号には在日本タイ王国大使がご登場。

待ってましたということで、 ちょっとご覧なってください。
                 ☟
pict-DSCN4952タイ駐日大使 (1).jpg
                 ☝
   バンサーン プンナーク大使(59)とユバディー夫人。


  下は現在の大使公邸。 
  ゴシックスタイルの瀟洒な洋館だ。
pict-pict-DSCN4954.jpg
                   ☝
大使公邸は清朝最後の皇帝の弟、 愛新党羅溥傑と後に妻となる嵯峨 浩(ひろ)がお見合いした家。


ユバディー夫人は母国でレシピ本を刊行するほどの料理の達人。

「タイ料理の特徴は、 1つのお皿に塩味、 酸味、 甘味、 辛味など色々な味が入っているところでしょうか」

大使も語る。
「ソムタムはタイ東北部の料理といわれますが、 実は定かではありません。

150年前からあります。 グリーンカレーとセットにして、 ラーマ5世の時代からあったメニューだそうです」

美食家で、 宮廷料理の原型を作ったといわれるラーマ5世は、 お忍びで街中に出かけ、 人々の食生活を興味深く調べたという。

    pict-King Chulalongkorn the Great (Rama V).jpg
          ☝ ラーマ5世。


ジジイは何度もソムタムを食べているが、 あれは宮廷料理だったのか。 道理でジジイの口に合うはずだ。

ではタイ大使が紹介するタイの宮廷料理4品。

pict-DSCN4952タイ駐日大使 (2).jpg


@ ココナッツミルクで炊いたジャスミンライス 「カーオマン」 はバンダンリーフも味付けに一役買っている。

ライスの上に添えてあるのは甘辛味の豚の干し肉。


A チキンカレー。
1kのココナッツミルク、 パームシュガー、 赤パプリカ、 ハープ、
ナムプラーを入れると味はさらにまろやかに....


B ソムタム。
タマリンドの果実のジュース、 ナムプラー、 パームシュガーで
ソースを作り、 パパイヤに絡める。

トッピングには干し海老の粉、 干し唐辛子、 ライム。


C バナナの葉を帽子にして、 ライスを被せて登場させる洒落た演出。

皆さまもタイの宮廷料理にトライなさってみては如何でしょうか。
(source : 週刊新潮)

                 * *

一方、 在タイ日本大使公邸は?
ちなみに現在の大使は佐渡島志郎氏、 2015年4月に着任。
                 ☟
pict-在タイ日本国大使公邸.jpg
              ☝ 新年懇親会にて。


料理の方は大使公邸専属の料理人がいるはず。
タイ大使公邸では毎年、新年懇親会が開かれている。

専属料理人も腕を振るうのであろう。
日本大使公邸はパーティーができるほど広いのだ。

1996年12月、 ペルーの日本大使館がテロに襲われ、 4ヵ月以上も人質になった事件は記憶に新しい。

この時は恒例の天皇誕生日祝賀レセプションが行われていた。
参列者が600人もいたというから驚き、 それくらいに大使公邸というのは広いらしい。

タイ大使公邸も色んなレセプションに利用される。

例えば2018年1月27日、 「クルンシィ・アユタヤ 『絆』 駅伝2018」 の前夜祭(レセプション)が大使公邸で開かれた。


2017年2017年1月25日には、 「Jリーグ アジアチャレンジ in タイ インターリーグカップ」 のパーティーが開催。
                  ☟
pict-在タイ日本大使公邸でレセプションパーティーアジアチャレンジ.jpg
         ☝ 日・タイ修好130周年の記念大会。


このパーティーには、 大会に参加している鹿島アントラーズ、 横浜F・マリノス、 バンコク・ユナイテッド、 スパンブリーFCの監督、選手をはじめ、 日・タイの多くのサッカー関係者が参加。

                 * *

2015年5月は、 山形県東根市からの訪問団を迎える。
「果樹王国ひがしね さくらんぼ試食会&プレゼンテーション」

出席者42名で、 バイヤー、 日本食レストラン関係者、 現地メディア、 県人会、 旅行代理店など。

東根市長や佐渡島志郎大使が挨拶。

                * *

2014年10月には佐賀県からやって来た。
この年2月に上映され大ヒットしたタイ映画 「Timeline」 の影響で、 佐賀県にタイ人観光客が急増。

ならばとタイ人観光客の誘致やトップブランドの一つである 「佐賀牛」 の輸出拡大等を目論んだわけだ。

佐賀県知事をはじめとする訪問団が大使公邸でプロモーション、 メディア・旅行事業者向けの観光説明会を実施した。

この時の大使は佐藤重和氏、 勿論 訪問団を歓迎し挨拶もした。


ちなみにタイにおける佐賀牛の取扱指定店は2018年1月現在で7店。
指定店になるには、「佐賀牛のメニュー化」 と 「定期的な購買」 が条件になるという。

バンコクの鉄板焼きレストラン 「紅花」 が指定店の1つ。
チェンマイの和食店 「五郎」 には佐賀牛のメニューがあるが、 指定店かな?


とまあタイ大使もパーティーだけやっていれば気楽なお仕事だが、 さてどうだろう。

ところで在チェンマイ日本総領事公邸ってあるの?  
専属料理人はいる?

おそらく広い公邸がないから、 日本総領事館主催の新年賀詞交換会はホテル開催になるのだろう。


それにしても在日本タイ王国大使ご夫妻、 何と上品で教養がありそうな風貌か。






若いオンナ大好きのジジイとは月とスッポン。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:10| Comment(14) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先の記事のご意見、、、

なるほど、

この程度なら
「赤信号、韓国人も白人もやってるから一緒に便乗で見逃してもらえる」

と言いたげな論旨ですね。

硬派な独居さんだと思っていただけに失望しました。

Posted by チェンマイ地球儀 at 2018年12月20日 13:51
チェンマイ地球儀こいつかなり執念深いな。ひょっとしたら在日じゃないの?
朝鮮人の執念深さは、半端じゃないですからね。
独居さんのブログは嫌韓のブログじゃないのに、韓国について書いてあるのが余程気になるみたいだし。
金持ちアピールも日本人の感覚からずれてるし、
嫌なら見なきゃ良いのに、気持ち悪い奴だな。
コメントを承認制にして変なのはカットしたほうが良いですよ。
Posted by 旭日旗 at 2018年12月20日 19:13
どうやら正論がお気に召さない方がいらっしゃるようで、それも書き込みの度に名前を変えるような。

当方、ようやくリタイアビザが取得できる様になった若造です。
チェンマイには18年いますので日本人老人社会のほとんどの出来事と経緯は傍観して来て知っています。

妬み、ひがみ、嫉妬、作り話の噂。

そういったチェンマイを騒がせる老人もみんな死んで行きます、なので真剣にお付き合いする必要はありません。
何しろ他人が死んでも自分の事で精一杯の人がほとんどですから。

お金のある方は日本に帰国して病院なり、幸福な方は家族の元へ。

まぁ20年後は私もチェンマイの老害の1人になっているかも知れませんね。


Posted by チェンマイ地球儀 at 2018年12月20日 20:19
>>硬派な独居さんだと思っていただけに失望しました。

失望しなくてもいいから、ほかのスレに行けよぼくちゃん。

チェンマイ地球儀には柔らかくほかのスレに行けと諭したのだけど、粘着が酷いね。

私もこの粘着ぶりから朝鮮人だと思う。

以後こいつからの書き込みは受信拒否にした方が良いね。
Posted by 不良老人 at 2018年12月20日 20:21
不良老人さん、その他の名前使い分けの皆さん。

我が家の家紋は、皆さんのパスポートにある内閣府の桐の御紋で慶應年間からの墓所もあります。

大臣表彰と叙勲も受けております、二度と侮辱する発言はなさらないよう。

Posted by チェンマイ地球儀 at 2018年12月20日 20:48
チェンマイ総領事公邸は、ハンドンの団地内にあると思われます。バイクで散策していたら案内板
がありました。前の青木総領事は、領事館の車で
来て、家族亭でランチを食べていたのを2度見かけました。ざるそばセットだと記憶しています。
単身赴任だったのか?
Posted by 茨城のおっさん at 2018年12月20日 21:50
チェンマイ地球儀殿:
なんか失望させちゃって申し訳ありません。
ジジイは元々軟派でいい加減ですよ。
ただ悪いマナーで、周りの人に迷惑をかけないよう注意しております。
赤信号ではなく、中韓の乗客ばかりではないですよ..と人種差別の観点で言いたかっただけです。
その飛行機に乗ったら、約7時間、水も食い物も機内では持ち込んだ物を絶対口にしてはいけない、機内で購入せねばならない...そういう条件で搭乗したわけですから守らなければならない。
であれば、客室乗務員は持ち込んで食べてる人を注意、止めさせると思います。
見て見ぬふりをしてます=黙認です。
ジジイはパン、サンドイッチ、おにぎり、水、ツマミくらいなら許して貰っていると解釈しております。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年12月21日 00:17
旭日旗殿:
コメントありがとうございます。
本ブログでは、コメントの着信拒否をやったことはありません。
コメントをカットすることも原則やっておりません。 そのままですね。
長い長い(引用コピーなどの)コメントですと、ほかの方のコメントの邪魔をすることになりますので、カットするかもしれません。
コメントは匿名とはいえ、皆様の責任です、自由にお書きになってくださいませ。
Posted by 独居老人 at 2018年12月21日 00:29
茨城のおっさん殿:
ジジイも青木総領事がランチを食べてるところに遭遇したことがあります。
「寿司一番」、 1人でカウンターに座っておられました。
総領事ともなると羽目を外すわけにもいかず、大変だと思いますね。
ジジイは気楽な隠居爺でよかったです。 コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年12月21日 00:34
独居様

今回、少々賑やかになり過ぎた感のあるコメント欄の一件、どの様に幕引きをなさられるのか、失礼ながら楽しみに拝察しておりました。
うまく軟着陸させる手腕はさすがです。

チェンマイにいらっしゃって「のぼる」のお店をご贔屓になさって下さった記事、ありがたく拝見しておりました。

みつるさん、奥様のワリサラーさん、「のぼる」が最初にワットプラシン近くにお店を出した時からのお付き合いで、主催のツーリングにも誘って頂き楽しい日々を過ごさせて頂きました。

奥様によると、私は、お酒の持ち込みをせず、お釣りを受け取らずに置いて帰る初めての日本人だったそうです。
三軒茶屋でもそう言われました、と言っても独居さんがいらっしゃるずっと前の話ですね。

Posted by チェンマイ地球儀 at 2018年12月21日 07:42
独居老人殿

在日タイ王国大使公邸は大崎にあり、昔、一度だけ仕事の関係で訪問したことがあります。
その時の大使は、Mr.Virasakdi Futrakulでした。
大使公邸は「濱口邸」を買い取って使われているとのことでした。ゴシックスタイルの素晴らしい建物で、さらに調度品・装飾品類も美しく荘厳なものでした。
大使と会食したのですが、まったく辛くないグリーンカレーなどが出てきて、辛いタイ料理が苦手な人にも配慮していることが感じられました。しかし大使は粉末唐辛子(プリックポン)を真っ赤になるまで振りかけて食べていらっしゃいました。
私がタイに興味を持つようになったきっかけであり、それからタイに何度も訪れるようになりました。
こんなことを書いていると、またチェンマイに行きたくなってきました。2019年のフラワーフェスティバルの期間はいつなんでしょう?
Posted by やまちゃん at 2018年12月21日 10:53
チェンマイ地球殿:
「のぼる」のご贔屓さんでしたか。
ジジイは酒類の持ち込みは1度もしなかったですが、釣銭は全て受け取りました。
焼きそばにショウガが付いてなかったので、ジジイがショウガを持参、他に練り辛子も持って行ったことがあります。より旨くなりましたね。
本ブログは「のぼる」に投稿したのが切っ掛け。
オヤジに、「少しは他の店を研究したらどうよ」 と言って、ジジイがメールでチェンマイのいい店を紹介したんです。
それをオヤジが勝手に彼のブログに載せたのが始まりでした。
今思うと、自分が1400回近くもブログを書いているとは想像もできませんでした。
面白いもんですね。 コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年12月21日 12:43
やまちゃん殿:
コメントありがとうございます。
タイ大使と食事なさるとは...すごいですね。
ジジイも大崎のタイ大使館に行ったことはありますが、勿論ビザ取得のため。
どこに大使公邸があったのやら、ジジイには記憶にありません。
ジジイは辛い料理が好きなので、辛くないカレーだと物足りないと思います。
「大使は粉末唐辛子(プリックポン)を真っ赤になるまで振りかけて...」 微笑ましいですね。
大使は辛くしないと旨くならないんでしょう。
来客をもてなすお気遣い、いいですね!
Posted by 独居老人 at 2018年12月21日 12:52
やまちゃん殿:
書き忘れました。
来年のフラワーフェスティバルの期間ですが、ジジイもまだはっきり分かりません。
ただ例年2月の初旬にありますので、2019年も2月1〜3日(金〜日)あたりではないかと思うのですが...
分かり次第本ブログにてお伝えいたします。

Posted by 独居老人 at 2018年12月21日 13:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: