2018年12月04日

独居老人の生活1372(金持ちと貧乏人:料理自慢編)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1372
                     (金持ちと貧乏人:料理自慢編)


  料理は、 材料や調理技術も大切だけど、

  心を込めて作らなきゃ、

  絶対においしい料理なんかできないです。

                                   村上信夫 (フランス料理のシェフ)


ジジイの友人には裕福な爺さんもいる。
その守倉さん(76歳、 仮名)は日本に自宅を持ち、 且つチェンマイにも家(奥さん名義)を所有。

現在30幾つ年下のタイ人奥さんとチェンマイで暮らしている。
勿論自家用車も所有、 奥さんの運転手としても走り回る。

奥さんが和食店 「愛 巴」 のバフェ(700バーツ/人=約2,400円)を食べたいと言えば、 「ハイ」 と即答で連れて行く。

pict-DSCN4940.jpg
                   ☝
   北タイ情報誌 「Chao」 掲載の 「愛 巴」 の広告。
   並みは499Bだが、 赤矢印の箇所にはこう書かれている。
               ☟
「鍋、 刺身サラダ、 高級握りなどのブッフェは699バーツ」
金持ちの守倉さんご夫婦は勿論、 699Bの方を注文する。

金持ちの日本人を見つけたタイ人女性は幸せだ。
これが同じ日本人でも貧乏人の亭主なら、 カオマンガイ(40B)になるのだから。

お金持ちにはグルメが多いようで、 守倉さんはいつも旨いものを食べていらっしゃる。

だからか料理が好きで、 自らが腕を振るうことも度々。
男性機能の衰えを料理でカバー、 日々奥さんにサービスする。

ところがその奥さんが実家に帰ってこの日は守倉さんお1人。
ならば自分でツマミを作り、 旨い酒で至福の時を過ごそうと....

うるさい女房が留守、 この時の一人酒はまた格別であろう。
どんな美女でも毎日一緒では鬱陶しいだけだ(と思う)。

で、守倉さんはこんな写真を送信してくださった。
                  ☟
pict-pict-P_20181202_183502料理 (5).jpg

その説明文には、

A) 炒めたウインナーにタコ足の刻みを入れケチャップをかける。
B) 炒めた竹輪の穴に胡瓜を挿入し、 輪切りにしてほおばる

C) 湯がいたオクラを1口で食い込めるように切り、 鰹節をかけ、
   醤油をさす。
D) 胡瓜をカニカマで挟み込み、 爪楊枝を突っ込む

これらを肴にして、 ちびちび舐めるようにして飲む酒はいいもんですよ。
(注) 下線部はジジイが守倉さんの説明文を弄(いじ)って、
    表現を書き換えております。


随分と手間暇かけて(肴を)作るものとジジイは驚いた。

こんなモノ、 ジジイならウインナー、 カニカマ、 胡瓜、 竹輪、 オクラをそのまま手を加えないで食べるだろう。

守倉さんはこれに反論して言う。
「肴は見た目、 おかずは味、 手間をかけた分だけ美味しくなる」

その通りだと思う。 だから通は食器にもうるさい。
犬・猫が餌を食うのとは違うのだ。

 「食器は料理の着物である」  
  北大路魯山人(芸術家)


それにしても守倉さんのLine(説明文)を変えて読むと、 食欲というより性欲をそそられてしまう。

”挟み込み”、 ”突っ込む”、 ”穴にxxxを挿入”、 ”ほおばる”、
”食い込む”、 ”xxxをさす”、 ”ちびちび舐める” 等々。

何かいやらしいことをしてる感じ。

                 * *

一方、 貧乏人の料理は至ってシンプル。

18,500バーツの中古バイクに乗る貧乏人はこの独居老人。
ジジイのある日の夕飯レシピをご覧なってください。

まずこの食材を洗ってから刻む。
名称が分からない、 市場で試しに買ってきた。
                  ☟
pict-P_20181202_183502料理 (1).jpg
   ☝ 初めて食べたが、 それほど旨いもんじゃなかった。



   次はオクラを薄く刻む。
pict-P_20181202_183502料理 (3).jpg



下は2点とも和食惣菜店 「大阪のおかん」 で購入。
                  (地図はココ
左は鯖を焼いたもの:35バーツ、 右は菜の花のゴマ和え:25B。
尚、 菜の花は量が多過ぎて半分使用、 残りは翌日に食う。
                  ☟
pict-P_20181202_183502料理 (4).jpg


食通のジジイは、 買ってきた惣菜をそのままでは食べない。

鯖の上部にあるのはショウガ。
菜の花には先ほどのオクラなどを添え、 細ネギも加える。

しかしこれだけでは物足りない。
で、 前日の残りの豚の耳(左)と大根(細切り)も.....
                   ☟
pict-P_20181202_183502料理 (2).jpg
      ☝ アルコールはビ−ルとタイの焼酎(130B/瓶)
        清酒なし、 貧乏人には高すぎて....

豚の耳は市場の惣菜店で購入30バーツ、 半分食べたので15Bの勘定になる。

貧乏人でも栄養価満点で豪華ディナーを味わうことができる。

また料理が何であれ、 食えば本能は充たされる。

旨そうに食うのが作法、 その技術を芸術にまで高める、 これがジジイの料理の基本だ。


お分かりのように、 ジジイの料理にはいやらしい事が1つもない。

”挟み込み”、 ”突っ込む”、 ”穴に挿入”、 ”ちびちび舐める” など一切なし。


「飽きるところから新しい料理は生まれる」 
    北大路魯山人

「飽きるところから新しい女ができる」     独居老人







舐めて穴に挿入......アノの時にしたいもの。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:50| Comment(12) | 食卓シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 華麗なる日々の独居 樣

 タイ焼酎130バーツ良いですね。当地Big Cでは145バーツ、コンビニ版Mini Big Cでは151バーツです。しかもBig Cでは欠品、Miniでは1本しか置いてないのに直ぐに補充されます。良いなあ。
 清酒『清州城信長鬼殺し』は日本では3リットル紙パック入りで1200円程度です。これをタイで大枚を叩いて飲む気にはなりません。様々な果物が豊富なタイで、焼酎を生ジュースで割って飲むのが、お湯やソーダ割ではなく、タイを楽しむ道ではないでしょうか。
 お使いのプラスチックの食器は軽くて丈夫ですが、・・・。お使いの包丁は片刃の柳刃の様ですね。オネエチャンが振り回すようになりと超危険です。やはりここは、ご自宅には入れないことが賢明ですね。

 
Posted by タイ文字は文字化け? at 2018年12月04日 15:04
お金持ちの人にはなんでもないことかもしれませんが、先日家族でたまには少し高級な店でという妻につきあってシーフード・バーベキュー499バーツという店に行きました。精算時、妻がたいしてうまくもないうえに量も少なかった、サービスらしいこともなかったのに、税金とサービス料を取られた、とぶつぶつ文句を言っていました。タイでは1人300バーツ以上の場合、飲食税がかかり、ついでにサービス料まで上乗せする店があります。そういう店に行くことがない家族はあとで後悔する事例となりました。1食700バーツの店なんて我が妻は絶対に行きません。貧乏亭主にとってはありがたいことです。
Posted by コンジョン at 2018年12月04日 15:08
独居老人さん今日は、ACEです。

チェンマイより日本の方が安くつくのかもしれませんね。

近所のくら寿司という回転ずしに妻と時々行きます。2貫で税込み108円を二人で10皿ぐらい毎回食べます。

ビールは中瓶で540円で私が1本飲みます。

仕上げは半うどんで140円の税込みで妻と半分こにします。

〆て1760円≒510Bですから安いものです。昔と違って食べ放題では元が取れませんからこれで十分です。

外食は材料を買って加工して調理して後片付けがすべていらないので妻は機嫌が良いです。

我が家は家計と私の小遣いは別会計になっていて、私が誘った場合は私の小遣いで払いますから、家計費が浮くので更に機嫌が良いです(笑)。
Posted by ACE at 2018年12月04日 18:52
独居老人さんは家では質素に、外では女の子と一緒の時は大盤振る舞いではないのですか。大金持ちとは言いませんが、横に女の子の影が見えるような気がします。
Posted by カップ at 2018年12月04日 23:48
本日の記事の本文より〜〜

> それにしても守倉さんのLine(説明文)を変えて読むと、 食欲というより性欲をそそられてしまう。

”挟み込み”、 ”突っ込む”、 ”穴にxxxを挿入”、 ”ほおばる”、
”食い込む”、 ”xxxをさす”、 ”ちびちび舐める” 等々。


そそられてしまいました .......成人指定等が、されてなかったので、うっかり読んでしまいました。

38年間で約100回の訪タイ、延べ300人を超える タイ娘達との熱い戦いが......Alz heimer で、半分 空洞化した頭の中をまるで走馬灯の絵のように........Alz でも昔の事は思い出せるんですね。

気が付くとPCの画面はタイ航空HPの予約画面。
1/22発TYO-BKK-CNX-BKK-TYO 2/20 帰国の周遊チケットが ¥65,000 ......これなら国民年金でもお釣りが来るわい....で購入ボタンをクリックする直前で我に返った。

今朝、便所で読んだ三日前の 毎日朝刊の中畑流万能川柳欄の一句を思い出してしまった。

熊本 ピロリ金太 さんの投稿句です。

「アホなこと 考えてたら もう古希か」



食欲だけでタイに行って(居て)もねぇ〜.......それに......

インターネットで色々知ってしまった孫達に、タイに行くなんて恥ずかしくて言えません。







Posted by Alz Heimer at 2018年12月05日 04:30
【初めて食べたが、それほど旨いもんじゃなかった】 名前も知らないモノをどうして買ったの? 独居さん
「パック・グラチャーイ」と言って、ショウガの仲間だそうです。写真はその根茎です。食べ方/使い方は適当なサイズに切って、スープや煮汁の風味付けにしたり、他の具材と煮たり炒めたりするそうです。
Posted by チェンマイの美人オカンの亭主 at 2018年12月05日 13:04
タイ文字は文字化け?殿:
Beerや焼酎などは、自宅からは少し遠いのですが地元の酒屋で買っております。
理由は安いから。 あの焼酎130バーツは他と比べると安いんですね。
おねえちゃんに包丁を振り回されたようなことは過去に1度もありません。 
今後もないと思います。 タイ人女性と喧嘩するネタもないですから。
(さほど親しくならないということです)
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年12月05日 13:10
コンジョン殿:
コメントありがとうございます。
高い店の客は外国人か金持ちのタイ人だけでしょう。
699バーツのバフェでは、年寄りは食べきれませんね。 499Bも同様で、バフェは若者向きでしょう。
理解ある奥さまで良かったですね。 夫にはさほどカネがないとご存知なんでしょう。
でも誕生日など、年に1回くらいの贅沢なら、喜ばれるかもしれませんよ。
Posted by at 2018年12月05日 13:16
ACEさん:
バンコクでは若い美女、日本では奥様にサービス、タイ日平等(?)でお金を使い女性を喜ばせる、これぞ日本ジェントルマンだと思います。
え、タイの方がいっぱいカネ使ってる?
それは年齢で、若い順にカネを出すことになってるようです。
でも奥さま孝行、 イイネ!  コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年12月05日 13:21
カップさん:
コメントありがとうございます。
女の子を食事に誘う時は、かなりいい店には行きます。
しかし499バーツとか699バーツとなると話は別。 奢ってもせいぜい200Bくらいですね。
女性はビールを飲まないので、大概150B以下で済みます。
残念ながら、ジジイの自宅で女性と2人だけで食べたことは、これまで1度もありません。
今後もあり得ないでしょうね。
Posted by 独居老人 at 2018年12月05日 13:27
Alz Heimer殿:
ジジイも、「アホなこと 書いてたら もう73か」 で....
ホント思います、イイ歳してよくもくだらない事を書いてるなあって...
「延べ300人を超える タイ娘達との熱い戦い」とは凄いです。 タイ政府は表彰すべきだと思います。
ジジイの孫で年長は高校3年の男子、ジジイが長年チェンマイに行ったっきり、どう思ってるんでしょうね。
その孫と娘とがチェンマイ来訪、ジジイの部屋を見物に来て、娘が室内を見渡して一言。
「これじゃあ女は来ない!」 なんかバカにされたような...  
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年12月05日 13:39
チェンマイの美人オカンの亭主殿:
コメントありがとうございます。
市場で他の客がその「パック・グラチャーイ」を買っていたので...
店のおばさんに、このままで食えるか? と訊いたのですが、「#$%*#*@・・」でよく理解できず。
生で食べたら、ショウガのにがい味がしました。 ショウガの方が旨いですね。
「美人オカンのご亭主」 羨ましいです。 
どうしたら見つけて、且つ口説くことができるんでしょうか?
Posted by 独居老人 at 2018年12月05日 13:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: