2018年11月18日

独居老人の生活1357(死んで遺族年金もらえるの?)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1357
                     (死んで遺族年金もらえるの?)


  自殺する力を持てるものは幸福なり

                        アルフレッド・テニスン (19世紀、イギリスの詩人)


@ ターペ門広場で見た光景。

今朝のターペ門広場....ロイカトンの飾り付けが準備中。
水曜日(21日)の開催まであと僅か。

pict-DSCN4894ターペ門の飾り (3).jpg



pict-DSCN4894ターペ門の飾り (4).jpg



これはロイカトンとは関係なし。
2018年11月11日にちなんで置かれたもの。

pict-DSCN4894ターペ門の飾り (2).jpg



   pict-DSCN4894ターペ門の飾り (1).jpg


兵士の像と11月11日には何の関係があるの?

ハイ、 第一次世界大戦が終わった日なんです。
この戦争は、 1914年7月28日から1918年11月11日にかけて繰り広げられた。

今年は終戦100年目、 仏独は平和式典を開催。
11月10日、 場所はフランス北部 「コンピエーニュの森」。

   pict-10日、仏北部で、記念碑に献花するマクロン仏大統領とメルケル独首相.jpg
               ☝
 記念碑に献花するマクロン仏大統領とメルケル独首相


森は100年前に連合国軍とドイツ軍が休戦協定に調印した地。
かつて対立し、 戦後の欧州をけん引した二大国があらためて和解を強調した。

それに比べて韓国のしつっこく嫌らしいこと。
第二次世界大戦で、 日本とは戦ったこともないのに.....

慰安婦だぁ、 徴用工だぁ...と捏造までしてカネ寄こせとたかる。 
ホント卑しいわ。


  兵士の像の土台には祈りを込めて・・
pict-DSCN4894ターペ門の飾り (5).jpg
                   ☝
100年前には世界各国の兵士一千万人が第一次世界で命を捧げたことを忘れてはならない。
2度とこのような戦争を起こさないでおこう。

端折っていえばこんなことが書いてある。
でも....世界には戦争が好きな国や人が結構いるからねぇ。

                 * *


A 11月11日のニュースにこんな記事があった。

既に読まれた方が多いと思う。  (少しだけ我慢を...)

 <配偶者年金の受給は 「国内居住」 要件…政府検討>

『政府は、外国人労働者の受け入れ拡大に備え、 厚生年金の加入者が扶養する配偶者について、 年金の受給資格を得るには国内の居住を要件とする方向で検討に入った。

2019年度中にも、国民年金法を改正する方針だ。

会社員として働く場合、 同時に健康保険と厚生年金に加入する仕組みのため、 政府は医療と年金の支給要件をそろえるべきだと判断。

日本の年金制度では、 厚生年金に加入する会社員らが扶養する配偶者は、 国民年金の「第3号被保険者」と呼ばれ、 保険料を支払う必要はなく、 年金を受け取ることができる。

現在は、 配偶者に居住地要件がないため、 外国人労働者の配偶者が海外に住んでいても、 将来的に日本の年金を受け取ることができる。

pict-配偶者年金支給.jpg

政府は医療について、 健康保険が適用される扶養家族を原則国内に居住する人に限る方針を固めており、 年金も同様に、国内に住む配偶者を対象とする必要があると判断した』

                  * *

健康保険については、 海外に居住する扶養家族が来日し、 堂々と最新高額治療を受けている。

これまで外国人に甘い汁を吸われっ放しの状態。
これでは社会医療費の赤字が膨らむのは当然。

てなことで海外に住む配偶者への年金支給に関しても、 同様に
疑問視されていた。

「外国人への差別だ!」  こんな批判が韓国人や中国人から出そうだが......

特に韓国は ”たかり” の社会、 「日本は悪いことをしたのだからカネ寄こせ」 は前述の通り。

外国人でも日本で暮らせば、 日本人と同等の権利を求め始める。

将来年金はおろか、 在日のように 「選挙権寄こせ、 公務員に採用しろ」 にまで発展するかも.....


尚、 日本の公的年金制度では、 一定条件を満たす人は厚生年金に加入することになる。

その条件とは、
 (A)正社員として企業に雇われている人。

 (B)短時間労働者でも、(1)労働時間が週20時間以上、
    (2)賃金が月88,000円以上..など。

ちなみに11月5日の本ブログ(#1346引き揚げ者たち)でお伝えした平さんのタイ人奥さまは、 既に日本で働き始めている。

830円/時間 x 5時間/日の労働条件だ。
おそらく週4日の勤務(週20時間以下)だと思う。

830円 x5h x 4日/週 x 4週 = 66,400円/月 となり、 上記(B)の条件以下である。

従ってタイ人奥さまは、 健保・年金に加入していないのでは...
企業はそれを目論んで採用しているはず。

                  * *

前書きが長くなったが、 皆さまの1番の心配は、 「タイ人ヨメは遺族年金が貰えるのか?」

本ブログでもお二人からコメントを頂戴した。
ジジイの考えは楽観的で、 受給できる...というもの。

友人Xさんは電話をかけてきて、

「遺族年金が貰えないと妻が知ったら俺は家から追い出されるよ。
  俺に対する期待はそれしかないんだから......」

とまあ、 情けないことを言っていた(がこれはあり得る話)。


ジジイは2つの点で楽観視している。

外国人を対象にしていると思うが、 そこはまだ明確ではない。
しかし改正は2019年度(目標)。

たとえ日本人が含まれるとしても、 適用されるのは法律改正 → 施行後からであり、 対象となるのは2019年以降の年金受給者。

既に年金を受給している皆さまは対象外だと思う。
加えて現在、 遺族年金を受給している外国居住の遺族もいよう。

国はこの方々への支給を打ち切るのだろうか。

現在、 年金を貰っている皆さまは、 遺族年金もその条件として含まれている。
そうでしょ?  今日死亡すればご遺族には年金が支給されるのだから。

                 * *

ではもし、 タイ居住の奥さま(タイ人)に遺族年金が出ないとなると、 どういった事象(影響)が起きるか?

仮に2019年改正案成立、 2020年4月1日施行開始としよう。
ジジイは次の2点を想定する。

1.駆け込み自殺が続出する。

2020年3月末までに死ねば、 遺族年金の受給OK。
4月1日以降に死ねば受給なし。

こうなると老い先短い爺さんだ、 愛する妻や子供に遺族年金を....
と考えて、 3月には自らが首を吊るだろう。

ジジイの友人だけでも多くの爺さんが自殺するかも....
名前を挙げれば、
チェンマイ市内の愛妻家で超子煩悩の Iさん、 Sさん、 Hさん。
加えてメーテンの両Nさんはそれぞれ子供2人を持つ爺さん。

皆さん年老いて出来た子供だから可愛いくて.....加えて奥さんは若いタイ人美女ばかり。

他に、 今年若い美女と結婚したNさんにはさしたる財産なし。
となれば、 爺さんは死んで花実を咲かせよう。

このような駆け込み自殺候補者は、 チェンマイだけでも他に大勢いらっしゃる。

自殺の前には遺書を書こう。
「日本政府は俺を死に追いやった、 国会に化けて出てやる!」


では、 俺は自殺などしないという爺さんは.....
ジジイに電話してきたXさんは、 家から追ん出されると心配。

Xさんといい、 日本人というのは得てして考えが甘い。
ジジイが想定する2点目こうだ。

2.駆け込み殺人が続出する。

亭主の魅力は遺族年金だけ、 となると奥さんは策略をめぐらす。
どっちみち亭主が生きていても残り3〜4年、 だったら今....

「あなた、 ごめんネ」 と言いながら、 寝ている亭主の顔に枕を押し付ける。

このケースも結構ありそうだ、 イニシャルで名前を挙げれば......

? ? ?
そんな爺さんは、 ジジイの友人には見当たりませんでした。

前述のXさんは、 家から追ん出されるなら幸せ、 殺されないだけマシじゃないか。

てなわけで、 2020年3月は駆け込み死亡者続出で、 チェンマイ総領事館はてんてこ舞いの状態になろう。


日本でも大スキャンダル、 人権の朝日新聞が黙っちゃいない。







「安倍内閣は人殺し政権、 元気な老人を死に追いやる!」


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:46| Comment(18) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本人配偶者の遺族年金はたとえ配偶者が日本人でなくても支給されますから問題無しです。ただ配偶者の方が確か30歳以下だと一時金支給でおしまいです。若ければ働いて自立しなさい、という趣旨でしょう。ですからお陀仏するにしろ若い配偶者の方は一定年齢以上になる必要があります。年金狙いでぐさりとしたらアテが外れてしまいますね。それから子供は18歳になったら支給停止です。

外国人配偶者の方は日本人みたいに長生きできるんですかね?案外、50歳位でお陀仏のケースもあり得るのでは。そうすると日本人の爺さんがお陀仏の後、意外に早くあの世で合体出来るのではと予想しています(笑い🤣)。
Posted by かっちゃん at 2018年11月18日 13:34
私の美人タイ嫁は専業主婦として17年余り日本で暮らしました。今から10年ほど前に家族でチェンマイに引っ越して着ました。その時、年金事務所に相談しました。当時は25年以上保険金を掛けていないと受給資格が無かったにもかかわらず、女性相談員は「大丈夫です。もらえますよ」。ところが一年後、一次帰国した際に再確認すると別の男性相談員が「その人はアルバイトで、もう辞めてます」。「じゃあ、どう始末を付けてくれるのですか」と、私。本来なら一年前に解約して一時金を貰っておかなくてはなりませんが、既に時効です」。そんな訳ですから・・・思い出してもハラワタが煮えくり返ります!
ところが、法律がかわって10年掛けていればOK!! 喜んだのも束の間!!! 凶報が舞い込んで来たのか?
独居老人さん、なんとかしてください。 合掌

Posted by Albatross@fairway at 2018年11月18日 16:21
想定の2点が実行されればチェンマイの日本人老人が捌けて、チェンマイ在住者の平均年齢が若くなりいいんじゃないですか。領事館の忙しいのは一時的、老人がいなくなれば余分な仕事がなくなるのではないでしょうか。私も高齢者ですけど日本に住んでいて日本人妻で安心だと思っています。
Posted by カップ at 2018年11月18日 16:40
今晩は独居老人さん、ACEです。

今回の改定は日本に働いている外国人を対象にしたものですから、夫が日本人であれば妻は国籍にかかわらず第3号被保険者のままだと思います。

国民健康保険で今検討されているのは、保険証に顔写真が無い為外国人達が使いまわしをしているのを防げないので、顔写真付きのIDを同時に見せる事を義務付けるというのがあります。

我々の血税で築いた制度ですから、外国人達に悪用されたくないですね。



Posted by ACE at 2018年11月18日 17:41
かっちゃん殿:
そうですか、駆け込み自殺はしなくていいですか(笑)
ご心配の皆さんがかなりいらっしゃって、今回テーマとして取り上げました。
タイ人奥さま、遺族年金は受給OK、爺さんは安心してあの世に行けますね。
タイ人女性の平均寿命は70歳を超えているはず、結構長生きなんですよ。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年11月18日 20:10
Albatross殿:
「大丈夫です。もらえますよ」と言った女性相談員は先読みしていたのかも...
でもいい加減ですね、「どうしてくれるんだ!」と言いたくなりますよ。
10年掛けていればOKですから、それに相当する遺族年金は支給されると思います。
もしダメと分かったら永田町へ抗議に行きましょう。
そして国会議事堂前で、体にガソリンをかけて、傷心いや間違い、焼身自殺して抗議なさってくださいませ。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年11月18日 20:17
カップさん:
コメントありがとうございます。
そんな冷たいこと、おっしゃって...
タイ人妻を持つ爺さんは真剣です。 でも支給されますから駆け込み自殺はないでしょう。
タイ人と結婚している爺さんはみな真面目な方々ばかり、浮気など聞いたことがありません。
皆さん、家族愛が強いです、 イイネ!
Posted by 独居老人 at 2018年11月18日 20:23
ACEさん:
コメントありがとうございます。
ご指摘の国民健康保険の悪用、頭に来ますね。
日本は性善説をとりますから、顔写真付きの保険証はありません。
今後は、写真付きでID確認をするなど、対策が必要だと思います。
お人好しの国、日本、いい加減に目を覚まして欲しいです。
Posted by 独居老人 at 2018年11月18日 20:29
忘れていたことをもう1つ。
被保険者が確か60才以下ならお相手の国民年金の支給開始年齢になるまで妻加算があります。確か年40万支給です。この手当は専業主婦に対するものです。小生が60才過ぎて再婚した時に妻加算が使えなくてガッカリしました。で再婚を維持するメリットが全くなかったので結婚生活解消の一因になりましたっけ。ともあれ日本の年金制度は複雑なので帰国された際に年金相談センターに行って相談されることをオススメします。今は民営化されて親切に対応してくれます。
Posted by かっちゃん at 2018年11月18日 20:50
初めまして、チェンマイ在住と言う視点だけで申し上げれば当方の方が年数だけは長いのですが、人生の積み上げた経験では到底及びません。

配偶者がタイ人かどうかは別として、日本人から外国人への遺産相続は相手が日本に住民票を長期に置いていないと、特に不動産に関してはほぼ不可能であると当方の弁護士が申しておりました。

ですので、生前に現金化してキャッシュで渡してしまうのが一番簡単な方法のようです。
Posted by チェンマイ地球儀 at 2018年11月18日 22:24
上記コメント者にもある通り、年金事務所の対応なんて法律を盾にして冷たいものですよ。冷たいコメントをする人もいるなか、ACEさんのコメントは安心感を与えてくれますね。それでも、日本人年金受給者と生活をともにしている外国居住の配偶者は対象外との記述を確認できるまでは不安ですね。私の妻にこの件を話したところ、12月から配偶者年金がないものとして生活してみよう、その分は子供の育英資金に回して、足りないときはそこから引き出せば良いと提案され、頭が下がりましたよ。私は子ども手当ももらえない娘を第一に考えているので、最悪のケース、家族と離れて日本へ出稼ぎに行くことまで考えております。
Posted by コンジョン at 2018年11月19日 12:00
かっちゃん殿:
専門的なコメント、ありがとうございます。
「妻加算が使えなくてガッカリ...」は、当てが外れたってこと。
ジジイも結婚(1回だけです)する時、彼女は多額の預貯金をしているものと期待しておりました。
意外に少なくてがっかり、それでも貯金ゼロのジジイよりは遥かにマシ、儲かったような気になったのを覚えてます。
Posted by 独居老人 at 2018年11月19日 13:02
チェンマイ地球儀殿:
「日本人から外国人への遺産相続は、相手が日本に住民票を長期に置いていないと、特に不動産に関してはほぼ不可能」。
これに関心のあるチェンマイ在住の爺さんはいらっしゃるはずです。
タイ人女性に日本の財産まで求められると、子供たちと揉める...
これを嫌って結婚しない爺さんがおります。 
その分、おっしゃるように、生きてるうちにチェンマイで財産を貢いで、否、贈っている人もいらっしゃいますね。
情報、ありがとうございました。
Posted by at 2018年11月19日 13:10
コンジョン殿:
年金を納め、現在受給されているコンジョン殿は、何処にお住まいになろうが自由です。
夫である日本人とナニ人であれ妻は同居して当たり前、打ち切られることはあり得なと思います。
不安を感じるのは当然のこと、改正案が成立したら、年金機構に確認されては如何でしょうか。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年11月19日 13:23
タイ人で地方出身者には生月日不明者が多いことはご存知でしょうか?私の妻は生月日不明のため30歳を超えているのに年金機構ではまだ29歳にされています。したがって今私が死んでも遺族年金はもらえないことになります。タイの事情を年金機構には説明しましたが、門前払いでした。なぜ生月日不明が起きるのか?妻の両親が文盲であったことや届け出する役場が遠方にあり、泊りがけで行かなければならなかったことなどがあったようです。こういった場合、届け出があった翌年の1月1日を仮の誕生日にして、カウントするのがタイ役場のやり方ですが、年金機構は翌年の12月31日にしてしまいました。なにがあっても今年中に死ぬわけには行きません。
Posted by コンジョン at 2018年11月21日 10:34
コンジョン殿:
日本の年金機構もしたたかですね。
今年もあと40日、 何とか生き抜いてくださいませ。
コンジョン殿の家族思いが文面からひしひしと伝わってまいります。
奥さまは幸せですね、このような優しい夫に巡り合えて....
カネだけの幸せではねぇ、家族を愛する強い気持ちがあればこそ、そこに本物の幸せがあると思います。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年11月21日 13:11
コンジョンさん:
独居老人さん :
私、只今年金受給申請手続中です。年金機構に手紙を送っても梨の礫。日本の友人に愚痴のメールを書いたら、「俺が代りに行ってやるよ」と言って、申請関連の書類をもらいに行ってくれました。申請も代行して貰う為、申請書類、委任状は戸籍謄本用、年金機構用とEMSで送ってもらいました。
必要書類は私の在留証明書以外はオーダーメイド。タイ嫁に関する各種証明書は当地の役所へ事前に連絡してOKをもらってから出頭。発行されたタイ語の証明書を翻訳事務所で日本語に。
それを友人にEMSで返送。市役所で戸籍謄本を取ってから、全部の書類を持って年金事務所へ行ってもらいました。
幸いにも揃えた書類に不備は無く受理して貰いましたが、国民年金、厚生年金に跨っているのが原因か、審査が長引いております。
更に、企業年金連合会へも申請しております。
 
タイ人の生月日。義母(美人嫁の母・故人)が孫の顔を見に日本に来た時、パスポートを覗いたら月日がーーとなってたので驚いた記憶あります。
Posted by Albatross@fairway at 2018年11月21日 16:11
Albatross@fairway殿:
コメントありがとうございます。
年金欲しけりゃ事務所まで来いってことなんでしょうか。
いい友人がいらっしゃって...Albatross殿のお人柄でしょう。
申請してあれば、そのうち支給がありますよ。
お役所仕事、のんびりやってんでしょう。
タイに暮らしていると、年金の手続きも面倒なんですね。
遺族年金申請はもっと面倒かもしれません。しっかり準備しておいてくださいませ。美人ヨメ様のためにネ!
Posted by 独居老人 at 2018年11月21日 19:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: