2018年11月05日

独居老人の生活1346(引き揚げ者たち#5:家族揃って)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1346                                  (引き揚げ者たち#5:家族揃って)


  愛は家庭に住まうものなんですよ。

  子どもを愛し、 家庭を愛していれば、

  何も持っていなくても幸せになれるのですよ。

                                  マザー・テレサ (カトリック修道女)


今年の9月下旬、 チェンマイから日本に引っ越した家族がいる。

友人の平さん(67、仮名)、 タイ人の奥さん(42)、 その間に生まれた小学3年の娘さん(8歳)の3人である。

但しチェンマイの全てを引き払ったわけではない。
ムーバーンにある自宅や車などはそのまま残して....

pict-1537042211641相楽宅と家族 (1).jpg
         ☝ 平さんのご自宅(チェンマイ市内)


引っ越す前に、 「3年間、自宅を無料で貸しますよ」
こう平さんが希望者を募った。

ジジイが手をあげようかと思ったら条件があって、
「独り暮らしの老人はダメ、 孤独死されたら大変だから」

で、ジジイは諦めた次第。  結局、 誰も借り手がなく、 奥さんの
親戚に住んで貰うことになった。

置いて行く車(ホンダ)は、 友人のNさん(73)が3千バーツ/月で
レンタルすることになる。

保険料は平さん負担、 平さんがレンタル料から支払う。

バイクは借り手がないので、 チェンマイに置いたまま。
ジジイのバイクが故障した際、 「使っていいよ」 と言ってくれた。

pict-DSCN4486.jpg
         ☝ 平さんの送別会(居酒屋ガガガで)


平さんは奥さんの郷里コンケーンで結婚(2人とも初婚)、 5年間当地で暮らす。

そのあとチェンマイに引っ越し → 家屋を購入 → 5年間の生活後 → 日本移住となる。

               * *

ではなぜ日本への引っ越し決めたのか?
これには深い深〜い事情など何もない...とジジイは感じる。

1つは娘の教育費用がバカにならないこと。
娘さんはクリスチャンの私立学校に通学、 学校の保険料など含め学費は約10万バーツ/年。

引っ越し理由の2つめ、 チェンマイでは奥さんの就職先がない。
奥さんは大卒だが、 就職を希望しても年齢で蹴られてしまう。

奥さんは働いて稼ぎたいと言う(亭主の年金だけではちょっと..と
いうことか?)

ならば日本に行こう、 公立小学校なら学費なし、 人手不足の日本、 就職口には困らない。

とにかく3〜4年日本で暮らしてみよう、 馴染めなかったらまたチェンマイに戻ればいい、 そんな考えからの転居のようだ。

ということで9月29日、 親子3人はチェンマイ空港を飛び立った。

    pict-1537042211641相楽宅と家族 (2).jpg
        ☝ 奥さんとお嬢ちゃん。

                * *

平さんの居住地は東京のベッドタウンとして開発が進むxx市。
人口約8万人、 近辺には工場も多くある。

平さんの友人夫婦(奥さんがタイ人)が既に住んでおり、 タイ人など外国人が多く住む街。

市内にはタイ人向けの食品店があるほど(驚くほど高い由)。


成田到着後、 1週間ほど平さんの実家で過ごす。
その間、 平さんはアパート探しに励む。

で、 決めたのがxx市内にあるこんな間取りの部屋。

    pict-1540465700102相楽牛久アパート (1).jpg


部屋代は3万円/月 + 電気・水道代。
礼金・敷金なし、 駐車場付き、 小学校まで700mの距離。

東京から50kmも離れるとアパート代も安くなる。


さあ、いざ入居。
この時チェンマイでの仲間3名が手伝いに来てくれる。

シーズンステイなど、 チェンマイでの付き合いが助けになった。

そして役所への転入届け、 娘さんの転校、 銀行口座開設、
インターネット(申し込んでから1週間もかかった由)、
健康保険・介護保険、 教育委員会からのご説明等々。

奥さんの車の運転免許証はタイ発行 → 日本に切り替え。

都市ガスもガス会社の立ち合いで使用開始に...
電気・水道もそれぞれ連絡せねばならず何かと大変。

役所から予防接種をやれとの勧告あり。
家財道具はリサイクルショップで購入(約12万円)。

車も購入、 スズキの中古で8年落ち(走行9万q)。
カーナビ付きで45万円の支払い。

今後バイクも購入するという。

    pict-1541370007035車.jpg
        ☝ 購入した中古の軽自動車。


苦労したのは合鍵作り。
アパートには元キーがなく、 鍵を取り替えた(1万円)。

車のキーはメーカーに依頼して、 13,000円の支払い。

いやはや老骨にムチ打っての労力、 加えてカネも要る。
これから奥さんが働いて稼ぐ分が既に吹っ飛んでいるかも。

              * *

娘さんの転校初日、 クラスメイトからの質問攻めで泣いたそうな。
子供のこと、 物珍しさ、 好奇心から色々訊いたのだ。

日本語がよく分からない娘さんだ、 パニックになるのも当然。

娘さんは7人での集団登校にも慣れた。
最初は全員緊張した面持ちで歩いていたそうな。

学校にはインターナショナルルームがあり、 娘さんはそこで日本語を学習中。  授業は英語でやるというから、 まさに国際的。

娘さんがチェンマイで通学したのはクリスチャン学校、 なので英語ならOK。


さて平さん夫婦は揃ってハローワークへ....
60歳以上の求人は、 ガードマン、 建設現場、 介護士、 掃除婦。

67歳の平さんにはキツイお仕事ばかり。
給食センターの職がないものか、 これから探す。

タイ人の奥さんは11月2日、 面接のあと即OK。
会社の労務係が、 「ご主人も働いてみませんか?」 と勧誘。

67歳の爺さんの手でも借りたい状況、 猫の手よりはマシだが...
平さんは娘さんの世話があり、 丁寧に断ったという。

奥さんの時給は830円x5時間/日 = 4,150円/日の収入。

月収(22日出勤として)で、 4,150x22=約91,300円/月。
これは1万円=2900Bとして27,000バーツ/月になる。

91,300円x12か月 = 1,100,000円/年(同上為替レートで
322,000バーツ)、 ここから税金などが差し引かれよう。

タイ人の奥さんは毎日納豆を食べるほどの和食好き。
日本生活をたっぷりエンジョイしそうな感じ。

   アパートの部屋。
pict-1540465700102相楽牛久アパート (2).jpg



pict-1540465700102相楽牛久アパート (3).jpg    


今、チェンマイでブラブラしているご老人でも、 日本に帰って1日5時間働けば110万円/年稼げる。

若い女に貢ぐより日本で労働を....
ジジイは真っ平御免、 寒い日本、 働く前に肺炎で死んじまうよ。

こんな人手不足解消のための ”移民自由化法案”、 まさしく窮余の策か。
ジジイは心配、 50年後、ドイツのようにならなければいいが...


ということで、 チェンマイを引き揚げた平さん一家の日本暮らし、 ようやくスターラインを飛び出した。

このままずっと日本での生活が続くのか、

それとも3,4年後にはチェンマイに戻ってくるか。






賭けるとすれば皆さま、 どっちに入れますか?


平さん一家に幸多かれと祈る。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:03| Comment(8) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も冬の寒さと花粉症を思えば再び日本に住むなんてまっぴらごめんです。
Posted by at 2018年11月05日 16:53
お名前未記入殿:
コメントありがとうございます。
ジジイも同じで、毎年4月下旬に一時帰国するのは花粉症を避けるため、そしてチェンマイからの避寒、この2つがあります。
日本の夏もキツく、ここ6、7年、日本の夏と冬を過ごしたことがありません。
チェンマイ暮らしの目的は、避暑と避寒でしたが、徐々に皆様に染まりまして、若い子に目が行くようになりました。
Posted by 独居老人 at 2018年11月05日 18:59
仕事を、お金だけでで換算すると、より働かないでお金を稼ぐことが有利になる。
人生の目的を、成長することと考えるならば、年取っても、失敗しても、周りから馬鹿にされても、活動を続ける方が、幸福に近づけるとおもう。

所得や生活レベルの水準=幸福水準ではない。
引退された方を見ていると、何か日々の活動を持っている方の方が、幸福感と充実を感じる。

以前は、引退して隠居する夢を見ていたが、今は一生現役で活動したいと、おもう。
Posted by ONE at 2018年11月05日 20:59
娘さんの教育を考えたら日本、ご夫婦の生活を考えたらチェンマイでしょうね。
もし私だったら娘が高校を卒業するまでは一家3人日本で暮らし、その後チェンマイに戻る。その際、もし娘が日本の大学に通いたいと言えば娘は日本に置いていきますね。
Posted by モ〜ちゃん! at 2018年11月06日 01:37
one殿:
コメントありがとうございます。
現役のまま働くことができる人は幸せだと思います。
その仕事で自分が満足できるなら、続ける人がいて当然かも。
あにはからんや60過ぎて肩を叩かれる人もいるでしょう。
そのような人がチェンマイに来て、のんびり余生を楽しむことも幸せだと思います。
チェンマイでボランティア活動をする人もいます。
どこに居ても生きがいを持つ人は幸せ、その生きがいは人それぞれで異なると思います。
Posted by 独居老人 at 2018年11月06日 06:32
モ〜ちゃん!殿:
そうですね、娘さんが物心ついたら日本でずっと暮らしたい..と望むかもしれません。
タイ人の奥さんには母親が健在、どういうお考えかジジイには分かりません。
でも奥さんと娘さんにとっては初めての日本生活、日本を肌で知るチャンスです、楽しんで戴きたいですね。
平さん一家とは逆の例もあるんですよ。
タイ人奥さんと娘さん2人の4人で、日本 → チェンマイに移住しました。
娘2人はそれぞれ中学、高校に転入し現在は大学に行ってます。 タイ語を覚えるのに大変だったと聞きました。
それでもタイ人同様に受験して合格、大学卒業後の進路をどうするか、ご両親は心配されてるかも...
子供ってたくましいなあ、ジジイはそう感嘆しております。 コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年11月06日 06:49
家族、特に子供のためと収入源、日本への引越は仕方ないのでしょうね。昨日のテレビで都心から30〜60kmは「トカイナカ」と言うそうで物価が安く生活がしやすく年金生活者には向いているそうです。通勤する必要がない年金生活者、都心まで1時間位で行けるので不便ではないそうです。タイから移り住んでも都心まで短時間で行けるしタイ人が多く住んでいる絶好の場所、居住環境が良いと思います。アパート代も安いですね。チェンマイのちょっとした所に住むのと同じ値段、都心の何分の一ですからね。また、アラ古希でも働いている人も多くなっているそうで、これから職を探せると思います。私が恥ずかしくなります。高い賃貸料、無職で毎日ぶらぶら、でも年二回チェンマイに行き地元の人たちと交流します。1週間前のブログにタイの人たちは借金をしている人が多いとありましたが、知人が友人からお金を借りているとよく聞きました。また、ある人は両親が家を建てその借金を働いて返していると言っており、その人たちを少しでも助けてあげたい気持ちでチェンマイに行きます。
Posted by カップ at 2018年11月06日 13:30
カップさん:
コメントありがとうございます。
タイ人の奥さんは職住接近、車で通勤するそうです。
外国人が多く住んでる街だそうですが、差別とか嫌がらせはないとか。
これからの厳寒の冬、タイ人にとってはキツいかもしれませんね。
タイ人には貯金の概念がない、こう思いたくなるほど借金しますね。
物を買うなら半分でも貯金すればいいと思うのですが、これも国民性でしょうか。
チェンマイでたっぷりお金を落としてくださいませ。
Posted by 独居老人 at 2018年11月06日 16:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: