2018年10月24日

独居老人の生活1332(金持ちと貧乏人:お洒落編)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1332
                      (金持ちと貧乏人:お洒落編)


  金がないから何も出来ないという人間は、

  金があっても何も出来ない人間である。

                              小林一三 (阪急・宝塚歌劇団の創業者)


チェンマイではたくさんの日本人が生活している。
大邸宅で暮らす人もいれば、 3千バーツ/月のアパートで暮らす
人も。

今日は、 そんな彼らが好みそうなお店をご案内します。

先ずは富裕層に属する日本人がお洒落のために行く店。
Thann」 というブランドをご存知?

アメリカ、 シンガポール、 香港、 中国、 韓国など12か国に、 美とアロマセラピー製品の直販店を出している。

加えてギフトにぴったりのアイディア商品を提供。
皆様の奥さま/恋人に贈れば、 爺さんの好感度アップ間違いなし。

実際にどんなものか、 ホームページ(日本語)をどうぞ。
             ☟
https://www.thann-natural.co.jp/


この 「Thann」 のアウトレットが今年10月、 チェンマイにオープンした。 (地図はココをクリック)

場所はPhra Poklao Road、 ワット・チェディルアンの真向い。
営業は年中無休、 午前10時〜午後10時まで。

                  * *

それでは新規開店のチェンマイ 「Thann」 を覗いてみよう。
店の広さは285u(約86坪)。

  通りから見た店舗。
pict-P_20181010_143150Thann (1).jpg



  入り口で早くも雰囲気を・・
pict-P_20181010_143150Thann (3).jpg


  入るとお茶を出してくれる(無料)
  1階が自社ブランド品の売り場。
pict-P_20181010_143150Thann (2).jpg



  棚には買いたくなるような品が並ぶ。
pict-P_20181010_143150Thann (7).jpg



  女性用の衣類も・・
pict-Thann-Chiang-Mai-05.jpg



  なんか芸術作品展といった感じ。
pict-P_20181010_143150Thann (6).jpg


棚に香水のお試し品があったので匂いをチェックした。
ジジイが手にシュッとかけたら店員がそれを見て..

「お客様、 それはお部屋に散らす香水です。
 お身体用はこちらにあります」  と日本語で.....

ああ恥ずかしい、 ちなみに香水類の値段は1,500Bくらいから。
貧乏人には手が出ないが、 女性を口説くために奮発したいもの。



     あなたの大切な彼女に贈りましょー!
  pict-pict-Opening of Thann.jpg



    愛する奥さまにプレゼント!
  pict-pict-Opening of Thann2.jpg



2階は絵画などアートやジュエリー(宝石やアクセサリー)のギャラリーになっている。

  絵画は売りもの?
pict-Thann-Chiang-Mai-07.jpg

店員さんに日本語堪能な女性がいる。
若くて美しい、 お話しするだけでも価値がある。

                 * *

「Thann」 の南隣にあるのが 「Chala Number 6 Hotel」。

pict-P_20181010_142844Chala (1).jpg



pict-P_20181010_142844Chala (2).jpg


宿泊代はagodaで見たら8200バーツ/泊〜。
ホテル内にはアロマセラピーのSpaがある。

お金持ちの皆さま、 奥さま/恋人を連れてってあげましょー!

ここのロビーにはこんな置物が・・・

    pict-P_20181010_142705Challa (2).jpg



  嬉しいなあ、 日本の磁器が置いてある。
pict-P_20181010_142705Challa (3).jpg



これも・・昭和天皇の在位:1926~1989と書いてある。
               ☟
   pict-P_20181010_142705Challa (4).jpg


旧市街(堀の内)の便利な所に五つ星クラスのホテル。
プールで泳ぎ、 Aromatherapy Spaで身体をほぐす。

チェンマイで、 素敵な女性とこんなお洒落な雰囲気を味わってみたいもの。  貧乏な皆さまはビデオでどうぞ!  (2分)
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=KB2aJxEh0hI  

                 * *

では貧乏人はどんな店に行くんだろう。
物価が比較的安いというチェンマイでも、 貧乏人は衣類1つを買うにもカネがない。

それでもお洒落して、金持ちのカッコいい爺さんに見られたい。

となると足が向くのは、 「ロイヤルペニンシュラホテル」 の北隣に並ぶ数店の古着屋・中古品店。  (地図はココをクリック)

では一番北寄りにある 「TORO」 店から覗いてみよう。
                    ☟
pict-1539426137979古着屋 (6).jpg



  店内はとても広い。
pict-1539426137979古着屋 (9).jpg



     こちらのズボン(パンツ)は10バーツ。
   pict-1539426137979古着屋 (7).jpg



  シャツも10バーツからある。
pict-1539426137979古着屋 (8).jpg



  こちらは少々お高く、 カラーシャツ:100B、 ジーンズ:60B。
pict-1539426137979古着屋 (10).jpg



 この店は 「TORO」 の南隣。 こんな店が4軒ほど並ぶ。
pict-1539426137979古着屋 (11).jpg



  婦人用シャツが10バーツから。
pict-1539426137979古着屋 (12).jpg



  スニーカーから革靴まで・・
pict-1539426137979古着屋 (15).jpg



     食器類から何でも中古品。
   pict-1539426137979古着屋 (2).jpg



  サンダルは35バーツ。
pict-1539426137979古着屋 (3).jpg



     カメラも・・
   pict-1539426137979古着屋 (4).jpg



     これは中古の健康器具。
   pict-1539426137979古着屋 (5).jpg



友人Hさんは貧乏人、 100B/泊のホステルにも喜んで泊まる。
この爺さんが掘り出し物を見つけ、 即購入。
                  ☟
    pict-1539426137979古着屋 (1).jpg
       ☝ 「Marks & Spencer」 の短パンだ。


「マークス & スペンサー」 は、プライベートブランドの衣料品・靴・ギフト商品・家庭用雑貨・食品などを販売する英国の小売事業者。

pict-pict-Marks & Spence.jpg


貧乏人のHさんは大喜び、 これをはいて英国紳士に早変わり。
                ☟
     pict-Marks & Spence2.jpg
                ☝
ちなみにHさんの身長は約180p、 感じがこのモデルにそっくり。


帽子を被り(ハゲ隠し)、 サングラスとマスク(老醜の顔隠し)をすれば、 チェンマイ娘にモテモテだろう。

このように貧乏人でも、 やり方次第でお洒落ができるのだ。 

但し、







カネがないHさん → オンナには見向きもされません。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:10| Comment(6) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「店に入るとお茶を出してくれる」 ツアーで旅行に参加するとよくあるパターンです。
東南アジアの暑い気候だと、クーラーの訊いた涼しい店内でショーケースの前の椅子を勧められて冷たいお茶を出されると、買う気が無くても何か買わなきゃ失礼かなと、気の弱い小生は思ってしまいます。
古い話ですが、バンコクのお土産店ではタイシルク、ルビー、サファイア・・・など高価な品はお断りし、暁の寺の尖塔から飛び降りたつもりで、木彫りのゾウ、古典舞踊の人形を買いましたね。

Thann  チェンマイ暮らしの爺さんの中に釣った魚に高価なエサをやる好々爺がいるんでしょうかねぇ。
Posted by 信天翁 at 2018年10月24日 16:49
信天翁さん:
コメントありがとうございます。
Thannの店に入って品物をチラチラ見ていたら、突然お茶が出されました。
驚いてつい「どうもありがとう」と日本語で言ってしまいました。
さすがに古着屋では何にも出ないというか、愛想なしでした。
ジジイは「釣った魚にこそ高価なエサをやる」べきだと思ってます。 それが変わらぬ愛の表明になります。
信天翁さんも是非、奥さまへの高価な贈り物をなさってくださいませ。 日頃の感謝の気持ちを込めて....
奥さまのサービスが違ってくると思います(保証はできませんが...)
Posted by 独居老人 at 2018年10月24日 20:14
こんにちは

BKK TGラウンジでシャワーを使うと、
THANNのシャンプー、液体石鹸が置いてあります
確かに、天然素材っぽく イイ香り♪
でも、お値段が高いとは、思いませんでした

最近は、お金持ちでの人と、そうでない人の区別が付きにくいです

高級車に乗って、派手な格好していても、借金漬けだったり、
UNIQLOの服着て、古い国産車乗っている方が、不動産や預金をたくさんお持ちだったり、
見た目で区別付きにくいです


Posted by スタアラ at 2018年10月25日 00:06
おはようございます。
TORO以前はよく買いに行ってました。
じっくり探すと有名ブランド品の掘り出し物がありました。
現在タンスがいっぱいで今は行きません
Posted by kan at 2018年10月25日 11:33
スタアラ様:
コメントありがとうございます。
ジジイなどユニクロの服だって高いと思ってるくらいです。 勿論、車なし。
あるのは18,500バーツで買った中古のバイク、もうガタがきてますね。
「Thann」の品は使ったことがありません。
BKK、 TGであれラウンジに入ったことは1度もありません。
生まれ変わったら大金持ちで生まれたいですね。
Posted by 独居老人 at 2018年10月25日 13:29
Kanさん:
TOROほかあれだけ中古品屋が並んでいても商売になるんですね、驚きです。
品格のある人が着れば、古着でもお洒落に見えると思います。
奥さまには新品のブランド品を買ってあげてくださいませ。 貴金属のアクセサリーも付けてですよ。
コメントありがとうございました。。
Posted by 独居老人 at 2018年10月25日 13:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: