2018年10月22日

独居老人の生活1330(#12とんでる女の今昔物語:家庭には向かない女)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1330
        (#12とんでる女の今昔物語:家庭には向かない女)


 私たちは一度愛を捕らえたと思うと、
 謙虚さを忘れてしまいます。

 この愛を得たのは当然の運命だったかのように思い上がり、
 愛を独占しようとします。 

 苦しみはその日からはじまる。
                                   瀬戸内寂聴 (作家)


田村俊子は1884年(明治17年)生まれの小説家である。  

東京浅草区育ち、 米穀商の娘が日本女子大学校国文科中退して作家を志す。
で、 弟子入りしたのが文豪・幸田露伴

その後露伴から離れ、 岡本綺堂らの文士劇に参加したことをきっかけに女優になる。
でもこの顔で女優はキツい....女中役ならできたかも。
               ☟

     pict-田村俊子2.jpg


俊子が25歳の時、 幸田露伴門下の兄弟子で10歳年上の田村
松魚
と結婚。

松魚は29歳の明治36年(1903年)から6年間米国に留学。
帰国後に俊子と結ばれたわけだ。

俊子は歯並びが悪く鼻も低い。 これではいい役が貰えない。
ならばと隆鼻術を受けるが明治時代の事、手術は上手くいかず。

鼻の中に入れた固形物が影響してカギ鼻になってしまった。
これでは松魚も熱が冷める。

おまけに俊子は贅沢三昧の生活。
金遣いの荒い妻にげんなりの松魚は、 「お前も小説を書け」 と
勧める。

そこで書いた 「あきらめ」 が、1911年大阪朝日新聞懸賞小説で
1位で当選。  千円の賞金が転がり込んで文壇デビュー。

カネが潤沢にあれば夫婦仲も何とかまとまる。
松魚はヒモ亭主のような感じ、俊子にどんどん書かかせて稼いで貰う。

しかし稼いでも稼いでも俊子の財布は笊(ざる)、 あれば贅沢、浪費の日々。

俊子の代表作は 『木乃伊(みいら)の口紅』、 『炮烙の刑』 他。
官能的な退廃美の世界を描き、人気作家として一世を風靡した。

pict-田村俊子3.jpg


      興味があればお読みください。 
   pict-木乃伊の口紅.jpg

         『木乃伊の口紅』
              ☟
http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=5006

                 * *

そうこうするうち、 夫の友人で2歳年下の朝日新聞記者・鈴木悦と恋仲になる。

鈴木にも妻がいたからW不倫、 山尾志桜里同様スケベ女は今も昔も変わらない。

大正7(1918)年 32歳で松魚を捨て、 鈴木のあとを追ってバンクーバー(カナダ)へ移住。
鈴木悦とともに現地の邦字紙大陸日報の編集に参画する。

だが鈴木も俊子の浪費癖にはお手上げだった。
鈴木悦は昭和8年、 帰国中に盲腸炎をこじらせて死去(享年48)。

で、俊子は3年後の昭和11年、 18年ぶりに帰国した。

するとまた俊子の淫乱の血が騒いだ。
俊子の母親は家付き娘、 養子の夫には目もくれず、 若い役者を
囲うほど。

このような家庭環境が、 俊子を自由奔放な娘に仕立てたか。
俊子は佐多稲子の夫である文芸評論家・窪川鶴次郎と男女の関係に...

1938年(昭和13年)、この情事が発覚、 田村俊子はこの時54歳、 窪川は19歳年下の35歳。

よくぞ35の男が50半ばのオバさんを抱いたものと感心。
純情男が俊子の誘惑に陥落したか → 窪川夫婦に亀裂 → 結局離婚。

     pict-田村俊子.jpg
           ☝ 田村俊子。


俊子の荒れた生活を心配した中央公論の嶋中雄作社長が、 俊子を特派員の名目で上海へ派遣。

次々と男に飛び、 中国へも飛ぶ。 
まさに ”とんでる女” の面目躍如。

田村俊子を主人公に書かれた本がそのものズバリ 「田村俊子」
著者は瀬戸内寂聴。
     pict-小説.jpg

                * *

鋭い文学的感覚、 放埒で浪費癖、 奔放で情熱的、 愛した男は必ず捕らえる。

上海でそんな田村俊子を見た久保田万太郎が述懐する。

「パンツをはき、 毛皮の外套の肩をいからして、 南京路の人込みの中を男のように歩く格好は、 とても60を越した人とは思えなかった」

1945年4月、 上海北四川路の路上で脳溢血をおこして急逝
(享年62)。

チャイニーズドレスに身を包んだ田村俊子は、 白粉いっぱいの
厚化粧だったという。

                * *

田村俊子は浪費家、 湯水のように使いまくったが全て己の作品で稼いだカネ。
他人からとやかく言われる筋合いは全くない。

ところが現代には、 掛け替えのない〇〇を売り、 血と汗の結晶である〇〇を浪費し、 己は裕福になった女がいる。

そんな狡猾な裏切り行為でのし上がった女といえば....









  ”とんでる女” 、 この続きはまた明日。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:54| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今晩は独居老人さん、ACEです。


瀬戸内寂聴が尼さんになる前は、瀬戸内晴美と言って男遍歴で有名な方でした。

半世紀位前に瀬戸内晴美の小説を読みましたが、今でも記憶に残っている文章が「男と女はSEXしなければ春の淡雪のようなものだ。」でした。

半世紀前の話ですから多少違うかもしれませんが、意味はプラトニックラブではダメで男なら女を抱けと女が書いている事に衝撃を受けました。

与謝野晶子も「女の柔肌を知らずして道を説くな。」と言った意味の事を書いています。

残念ながら進学した高校が男子校だったので、永らく素人の柔肌を抱くことは叶わず、筆おろしはプロを相手のさみしい青春でした(笑)。
Posted by ACE at 2018年10月22日 22:44
ACEさん:
コメントありがとうございます。
「男と女はSEXしなければ春の淡雪のようなものだ。」 いい言葉ですね。 その通り!
SEXなしの男女なら、ただの道行く男性女性。 何もありません、恋のドラマも生まれません。
プラトニックラブは抱けない男の言い訳、ジジイはいい女に出会うと、 今でもリビドーが起こります。
但しムスコがダメで、おとなしくなってますけど。
ジジイの筆おろしは、愛してやまない女子大生でした。 
彼女の姿、彼女の匂いだけで勃起したんですよ。 ああ、懐かしい!
Posted by 独居老人 at 2018年10月23日 11:35
今晩は独居老人さん、ACEです。

>>ジジイの筆おろしは、愛してやまない女子大生でした。彼女の姿、彼女の匂いだけで勃起したんですよ。 ああ、懐かしい!

何やらうらやまし気な初体験のようですが、過ぎ去り青春の思い出でしたら次回詳しくお願いします。
Posted by ACE at 2018年10月23日 22:06
ACEさん:
ハイ、良き青春の思い出...2年ほど付き合いました。
1つ年下の彼女でしたので、ジジイより大人の考え方を持ってました。 生活面、将来のことなど...
ジジイの住まいが東京、 彼女は短大卒業後郷里に戻り就職。
それからがギクシャクして、別れにつながっていきました。
別れてから15年後に再会し、1年ほど交際が復活しましたね。 良家に嫁いでいたので安心しました。
でもお互い家庭持ち、やっぱり会うのはやめましょう...ということで、ハイ。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年10月24日 11:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: