2018年10月03日

独居老人の生活1313(引き揚げ者たち-4:海)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活(引き揚げ者たち4:海)


   海に抱かれて 男ならば 
   たとえ破れても もえる夢を 持とう

   海に抱かれて 男ならば 
   たとえ独りでも 星をよみながら 

   波の上を 行こう
                           岩谷時子 (海・その愛)


Tさん(65)と出会ったのは7年くらい前、 場所は和食店 「のぼる」 だった。
pict-のぼる.jpg
       ☝ 日本人爺さんの溜まり場だった 「のぼる」。


ジジイがランチで 「のぼる」 に行けば、 大概彼と出くわす。
独身、 タイで結婚できればと、 その頃は嫁探しもやっていた。

「のぼる」 の店内で ”釣書” を見せて貰ったことがある。
収入はありのまま、 低額の年金が書かれていた。

「嘘でもいいから、 もう少し多めに書いたらどう、
 預貯金はちゃんとあるんでしょうよ」 とジジイ。

Tさんの友人が ”釣書” を配ったお陰で候補者が1人現れた。
相手は40半ば、 彼は即決で断る。

当時Tさんはまだ58歳、 もっと若い女性を望んでいたようだ。
そのうち Tさんは、 「のぼる」 の店員・N嬢に恋心が......
                   ☟
pict-1501551110678ニーと轟.jpg
                  ☝
       しかし2人の間にメロドラマは起きなかった。


数年経ち、 「のぼる」 は店主が鬼籍に入り閉店。
現在は別人が経営、 タイ飯屋になっている。 (地図はココ
              ☟
pict-P_20180930_13122元のぼる1.jpg
     ☝ 1食35バーツで食べられる。

                  * *

Tさんはその後チェンマイを離れ、 サラピーとランプーンの境にある一軒家に引っ越す。

彼が好む広々とした庭、 広がる田園風景。
家はキッチン付き、 料理が趣味のTさんには最高の環境。

pict-轟自宅2.jpg


家賃は5千バーツ/月、 そこでTさんは孤独を楽しむ日々。
当然 恋人なし、 たまに馴染みのカラオケ嬢を呼んで発散。

我々友人も招待され、 自慢の料理を振る舞ってくれた。

    pict-P_20171011_111407轟宅串焼き.jpg
      ☝ 左端がTさん、 右端がよも助さん。

                 * *

チェンマイに住んで7年経過、 Tさんは何を思ってか、 突然日本に帰ることに.....
そして9月26日、 チェンマイを引き揚げ、 帰国の途についた。

引き揚げる前の8月下旬、 ジジイは友人と一緒にTさん宅訪問。
この思い出の庭で別れの盃を交わそうと.......
                  ☟
轟自宅.jpg
       ☝ 引っ越した頃、 T さんとランチした庭。



行って見て驚いた、 テーブルは草に覆われて形を見せず。
                ☟
pict-DSCN4341轟宅引き揚げ前 (1).jpg



  玄関に通じるコンクリも草が邪魔する。
pict-DSCN4341轟宅引き揚げ前 (2).jpg
      ☝ 1ヵ月後にはおさらば、 庭の手入れ無用。
        これまではTさんが丹念に庭掃除。



  家の中は整理が済んでガラン。
pict-DSCN4341轟宅引き揚げ前 (5).jpg
      ☝ 所有の車もバイクも早々に売って処分。



  ツマミとビールで乾杯。
pict-DSCN4341轟宅引き揚げ前 (4).jpg
       ☝ もう本格的な料理はできない状態。



で、 ランプーンの名所、 ワット・ハリプンチャイを見物。
                  ☟
pict-P_20180822_133605ハリプンチャイ (2).jpg
       ☝ 何を思う、 これから日本で羽ばたくTさん。

この後、 近くにある川沿いのレストランでランチ。
Tさんが初めて来たというちょっとお洒落なレストランだった。

                 * *

帰国を4日後に控えた9月22日、 Tさんとの最後の食事。
安いガイヤーン(鶏焼き)店でランチ。  (地図はココ

pict-DSCN4565轟ガイヤーン (1).jpg
                  ☝
   この店はビールなし、 期せずして各人2本ずつ持ち込む。


勿論、女性に縁のないTさんに恋人が現れるはずもない。

爺さん3人が昔話に花を咲かせることもなく、 いつものように淡々と飲んで食う。

エロ話も色っぽい話もなし。
あ、 思い出した、 一言だけジジイがTさんに訊いた。

「カラオケの〇〇ちゃんと最後の記念 H はしないの?」

「もう興味ないですよ、 全てに未練はありません」

pict-1537525925210.jpg
         ☝ Tさん、 ジジイ、 Sさん。


この日がTさんとは最後。
ではTさんは何処へ向かおうとしているのか?
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=NBHarWRG6RI


彼は独身の息子さんの近所にアパートを借りる予定。
そしてそこを拠点に、 日本の各地を1人で旅行したいと言う。

で、 これからTさんが住む所は瀬戸内海の島。
本四連絡橋が通り、 交通の便がいい街。
                  ☟
pict-Screenshot_20180727-151959轟の日本.jpg

65歳のTさんの余生は長い。
これからずっと、 この海辺の街で暮らすのか?


ところが今年、 チェンマイを卒業したのはTさんだけではない。

ジジイ・Tさんと一緒にランパーン列車の旅をしたUさん(70歳)も
チェンマイにはもう来ない。

Uさんは仲間数人とヨットを購入しており、 海でセーリングを楽しむという。

pict-瓜生さんランパーン.jpg
      ☝ 2017年4月7日、 ランパーンのホテルにて。
        右がUさん。



加えてこの方もチェンマイを卒業。

                ☟

    pict-pict-よも助.jpg
      ☝ よも助さんは沖縄で日本の冬を過す。


Tさん、 Uさん、 よも助さんの3人に共通するものは、

@ チェンマイで恋人できず    A 年金受給額が少ない  
B 独身   C 酒好き

彼らはチェンマイから海に親しむ生活へ.....男のロマンなのか?

3人にはそんな雰囲気はちっとも感じられないが、 それでも孤高の爺さんたちは行く。


ジジイは、 みんなにまたチェンマイに戻って来て欲しい。

特に9月に引き揚げたTさんには、 大変お世話になっている。
    Tさんお手製の燻製ポーク ☟
pict-P_20180913_184407ポーク燻製 (2).jpg


   pict-P_20180913_184407ポーク燻製 (1).jpg

                  ☝
Tさん最後の手作り燻製ポーク、 先月ジジイが一人で夕食。
何度も頂戴したこのポークはジジイの舌を虜にした。


戻って来いよ、 燻製ポーク!   もう一度食べたい。






Tさんの余生に 幸多かれと祈る。


チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:55| Comment(16) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
独居老人殿
 ご無沙汰して居ります。
何時も楽しく拝見して居ります、1000回以来のコメに成ります。Tさんにはイミグレで声かけし、よもさんにはマラソンでお世話に成りました。Tさん、よもさんに幸有れと祈ります。
Posted by 見知らぬオッサン at 2018年10月03日 12:35
あの人も、この人も、もういない〜
独居老人さんのブログに度々登場なされておりましたが、このところ御三方ともご無沙汰でしたので、気になっておりました。・・・そんな理由があったんですね。

小生も中学時代から「若大将シリーズ」は大好きで、ほとんど映画館で見てます。
加山雄三と言えば夏はヨット、冬はスキーでしたね。最近ではヨットを焼失。ずーっと昔はスキー場で事故。
借金騒動もありました。それでもなおスターとして輝きを失わず、より男として安定感が増しています。
80歳とは、とても思えない逞しさが感じられます。
御三方も、独居老人さんも、♪夕陽色褪せても〜♪ジジイの心は変わらない〜♪何時迄も〜♪と、口ずさんで長生きして下さい
Posted by 信天翁 at 2018年10月03日 14:44
今日は独居老人さん、ACEです。

女性の機嫌を取るより酒を飲んでいたほうが良いと、中年になって女性にもてなくなってきた頃日本で思ったことがあります。

ところがタイに21年前に偶然遊びに来たとき、初めてドムアン駅で会った先達に無料で親切に夜のバンコクの観光案内をしてもらった事があります。

今思えば純真無垢な私を悪の道に引きずり込み仲間にするつもりだったようです。

その目論見は当り以来バンコ通いが続きますが、アラ古希になっても若い女性にもてるのは楽しいですね。

少しの金と気を使えばタイの娘は喜んで相手してくれます。ちょっとしたコツがあるのですが、営業経験のない方には難しいのでしょうか?

要はホストになったつもりでよいショを連発することです。

可愛いねとか、君はこの店のNo1だとか、君に会えて嬉しいとか、機関銃のようにほめまくればいいのです。

昨日のH付きのマッサージ(美少女とは違う店)では娘が喜んで2回戦チップ無しでOKでした。

時間一杯まで私に抱きついていましたから楽しいです(笑)。
Posted by ACE at 2018年10月03日 15:08
[チェンマイ卒業者の特徴]
@ チェンマイで恋人できず
A 年金受給額が少ない  
B 独身
C 酒好き
私も略該当しますが、未だチェンマイに"しがみついて"います。

春の帰国の人間ドックの再検査要項目を、秋の帰国で診てもらい、
その処置が終わり次第(今月末頃)再訪泰予定です。

日本に居ても、チェンマイでも一日中部屋に隠ってPCで遊んでいます。
何処でも変わらない生活ですが、寒さ暑さの酷い日本は避けたいと思っています。
病院で同年代の老人を見ていると、
早くチェンマイへ帰りたい気分に増々成りました。

何れ撤退の時は来ると思っています。
健康寿命がある内(この5年以内)に整理する必要を理解していますが、
面倒に成り、成り行き任せ状態です。


[C 酒好き]
独居老人様の飲酒記事羨ましく読んでいます。

ビアチャン大瓶3本100バーツ?が懐かしいです。

アルコール依存症に成り糖尿病の症状も出、13年前から断酒しました。
薬物依存症は、その薬物を絶つ以外、対処法は無いです。

酒煙草等嗜好品の無い生活は味気ないものです。
糖尿病との絡みも有りますが、先の見えてきた歳に成ったので、
解禁も考えている今日この頃です。
Posted by neko at 2018年10月03日 19:45
独居さん「海、その愛」加山雄三、久しぶりこの楽曲をYouTubeで聴き、懐かしくまた楽しい時間を過ごしました。ご紹介有り難うございました。

団塊の世代?の友人達もチェンマイを引き上げて行った方々、今、引き上げの覚悟、準備をされてる方々、本当に多いです。皆さん異口同音に元気な内にですね。
でも人生色々で引き上げたくてもできない方々、身内が誰も日本国に居ない、もし居ても縁を切った、切られで帰れない方々も私の友人で数人居られます。チェンマイだけでなくタイ国内だったら多数?居られるんじゃないかと思います。
今日の独居さんのブログを読ませて貰って、健康で日本国に帰れる(引き上げる)だけでも幸せだよ。と思っておられる方々も少なくはないと思っています。

Posted by GF at 2018年10月03日 20:10
人生いろいろですが、所詮タイ滞在は腰掛けw

生まれ故郷の河に遡れれば、鮭も本望でしょう。

遡れる内が華ですよww

Posted by korat at 2018年10月04日 03:13
いつも楽しくブログをみてます。
過去ログで初期の頃の抱腹の記事を再読したいですが、可能でしょうか?
よろしくお願いします🤲
Posted by チェンマイのナイト at 2018年10月04日 06:28
見知らぬオッサン殿:
ホント寂しいですね。 チェンマイが恋しくなって、戻って来てくれることを願うだけです。
でも、その前にジジイの方が....歳ですのでね。 コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年10月04日 13:09
信天翁さん:
コメントありがとうございます。
加山雄三の元気さは目標になります。 頭髪も黒々、いいですね。
Tさんは借家、あとの2人はシーズンステイ、恋人もなく身軽です。
そうなると人間、新たなチャレンジをしたくなるのかもしれません。
環境を変える → 心も一新、そこにはまた出会いがある、元気のもとになるでしょう。
Posted by 独居老人 at 2018年10月04日 13:15
ACEさん:
「純真無垢な私を悪の道に引きずり込み・・」 これはいくら何でも...嘘はダメです。
「ホストになったつもりでよいショを連発」 は同感、言うのはタダ、恥ずにヨイショです。
ジジイもときたま実践してますよ、効果的に言うように...
我々は女性を褒めるのが苦手のようで、テレくさいのかな。
心になくても「君のこと、好きだよ」と言っていいと思ってます。
もうお歳です、ほどほどにお励みを...(笑) コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年10月04日 13:23
nekoさん:
コメントありがとうございます。
よくぞ断酒できましたね。 他人事じゃないので、身を入れて拝読しました。
ジジイは午前中は飲みません。 飲むのは食事の時だけ、それもビールが主です。
nekoさんはオンナもダメなんでしょうか。 1つくらい楽しみがなければ味気ないですが....
チェンマイで発散なさってくださいませ。 お待ちしております。
Posted by 独居老人 at 2018年10月04日 13:30
GFさん:
おっしゃる通りで、引き揚げる方々はみな 「元気なうちに...」、 このシリーズで既に登場の爺さんも同じでした。
彼はチェンマイにたっぷり未練はありましたが帰国を決断、立派だと思いました。
ジジイにもいつかそうなる日がくるんでしょうね。 寂しいな。 コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年10月04日 13:36
korat殿:
コメントありがとうございます。
日本に帰れる所がある人は幸せ、無い人だってチェンマイにたくさんいらっしゃいます。
でもそういう人たちは、タイ人と所帯を持ち、家族で幸せに暮らしておられる方が多いように思います。
タイに骨を埋めるか、日本に帰って...元気に帰国できる爺さんは幸せなんでしょうね。
Posted by 独居老人 at 2018年10月04日 13:44
チェンマイのナイト殿:
再読とは光栄です。 勿論できますよ。
ブログの右端に「過去ログ」がありますので、そこから昔のモノを引っ張り出してください。
本ブログは2014年7月がスタートです。
開始してからずっと”3日連続1日休み”の掲載ペースでした。
しかしブログだから毎日(に近い)アップがいいかな..と考え、このところ休載は月3日程度になってます。
この短所は、じっくり考える時間がなくなること。 Good ideaが浮かびにくいですね。
また元に戻そうか..とも考えております。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年10月04日 13:56
なんと…TロキさんもY助さんも、既にチェンマイを去ってしまったのですね。
のぼるは遠くなりにけり。
女性の縁はともかく、同胞・タイ人・ファランとの幅広い交友やスポーツ活動にも熱心だとお見受けしたのに。彼らに繋ぎ止められる事すら無かった?
ご両人とも、静かに過ごしたいタイプの私としては傍観するだけの個性派でしたが、純粋なのは伝わってきて。
交友したチェンマイのメンバーが上を行く曲者・ツワモノ揃い(独居老人様が含まれるかどうかはともかく)で、夢破れイヤになったという事でしょうか?
理解者であった のぼる主人が健在だったら…留まったのでは。残念です。

ウチと隣家の境いにブロックを積むのと土を削る工事は、2度の大型台風を挟んで完成。工事の邪魔になり造園屋に預けた庭の木と石を復元すれば終了ですが、この季節は造園屋の繁忙期、順番待ちで目処が立ってません。
終わり次第、ロイカトーンまでにはチェンマイ入りしたいものですが。
Posted by MARINO at 2018年10月10日 07:47
MARINOさん:
コメントありがとうございます。
夢破れてというよりチェンマイに飽きたのかも... で、新天地を求めて・・
お2人はまたチェンマイに戻って来るような気がしますが、さてどうでしょうか。
「のぼる」では多くの人と知り合いになりました。
ジジイは95%、ランチで通ってましたが...
本ブログ誕生も「のぼる」 のお陰。 こんな長続きするとはねぇ。
店主には、「ジジイが独居老人とは絶対に内緒だぞ」だったはずでしたが。
その時知っていたのは、Tさんとジジイの親友とオヤジ(店主)の3人だけ。
でもオヤジは先ずチェンマイのブロガーに洩らし、その後はもうダメでしたね。
「内緒にしておいて...」と頼んでも無駄、人の口には戸を立てられない、実感いたしました。
で、社会問題など真面目なネタを多く取り入れるようにした次第。 
下ネタばかりですとね、顔が結構割れてますから...ちょっと恥ずかしいです(笑)


Posted by 独居老人 at 2018年10月10日 19:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: