2018年08月15日

独居老人の生活1269(こんなニホンに誰がした?)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1269
                       (こんなニホンに誰がした?)


  憲法の平和的陶酔を悲劇のテーマにするのは、

  専門的見地からいって反対である。

  経験によれば、 あれは喜劇の世界のものである。

                                   バーナード・ショー名言のパロディ


今日8月15日は 「終戦記念日」。

1945年(昭和20年)8月15日、 昭和天皇によって降伏を宣言した日である。

その前日(8月14日)、 日本政府はポツダム宣言の受諾を連合国各国に通告。
そして翌15日、 玉音放送により日本の降伏が国民に伝えられた。

チェンマイでは今日、 戦没者慰霊祭が開催される。
場所はムーンサーン寺院とバンガート中高校の2ヵ所。

                * *

日本はこの日を境に大きな変化を遂げて行く。
占領軍(GHQ)の日本解体 → 日本人洗脳の歴史がスタート。

pict-マッカサー.jpg
           ☝ マッカーサーと昭和天皇。


1946年1月にはGHQによる公職追放が発令された。
日本の指導的立場にいた20万人が一挙にいなくなる。

議員、 公務員、 政界、 財界、 言論界の幹部が追放され、 そのあとには ”おかしな” 人物がのさばってくる。

特に大学をはじめとする教育機関やメディアには極端な左翼分子が入り込み、 組織は急激に左傾化。

現在のNHKや朝日新聞などを見れば十分頷ける。
同じ敗戦国・ドイツのメディアは占領軍によって解体され、 新たな組織として再スタート。

ところがNHKや朝日・毎日・読売は解体されずに残った。

しかし労働組合が結成され、 朝日/毎日では経営陣、 編集幹部が総退陣。

旭日旗の朝日の社旗は残ったが、 GHQ洗脳を受けた結果、 ”日本は悪い国” が戦後から現在まで続く。

戦前にはあれだけ戦争を煽り、 ”鬼畜米英” を叫んでいたメディアだが不問に....

その代わりメディアはGHQによって利用される、 つまりGHQプロパガンダのお先棒を担いだのだ。

                 * *

日本が呼んでいた 「大東亜戦争」 は 「太平洋戦争」 に変更。

そしてGHQの命令により、 各新聞社は米国の意向に沿った
「太平洋戦争史」 の連載を開始する。

その記事は、 当然ながらアメリカの都合のいい事ばかり。
原爆投下を含め、 アメリカの戦争犯罪、 軍事行動、 占領政策など全てを正当化。

米国による歴史観で日本を洗脳 → 大成功を収めたといえよう。
ジジイはその洗脳効果の1つを広島で見た。
                   ☟

pict-原爆死没者慰霊碑).jpg
      ☝ 原爆死没者慰霊碑(昭和27年8月設立)


平和公園の慰霊碑に刻まれている文面は、

「安らかに眠って下さい  過ちは繰返しませぬから」

原爆を落としたのは誰、 過ちはアメリカじゃないの?


そしてGHQが1週間もかけずに作った日本国憲法。
1度の改正もなく現在まで、 神のお告げの如く信奉する日本人。

他国を信用してどうなるの?  バカだよ。
               ☟
「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
 われらの安全と生存を保持しようと決意した」

憲法9条:
「国権の発動たる戦争と、 武力による威嚇又は武力の行使は、
 国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

 第二項 前項の目的を達するため、 陸海空軍その他の戦力は、
 これを保持しない。 国の交戦権は、これを認めない」


戦争をしないと謳う国は幾つかある(平和を愛する)。
しかし軍隊(軍事戦力)を持たないという国は、 日本の他にパナマとコスタリカ。

交戦権を認めない(憲法)とする国は、 世界でも日本だけだろう。

                * *

憲法学の西修駒大名誉教授はこう述べている。

日本憲法の特異性は、 平和を訴えるだけで、 その平和を担保する明文の条項が全くないこと。
 
国防条項:自国の平和を維持するために如何なる防衛体制を
        とるのか。

国家緊急事態:万が一平和と秩序を侵された場合、 どのように
          してそれらを回復するのか。

世界の憲法では ”常識” となっている条項が存在しない。

まさに 「日本の常識は世界の非常識」 ここにあり。

                  * *

お隣韓国では8月14日が 「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」、
15日は 「光復節(独立記念日)」 で盛り上がる。

8月15日に韓国が独立したなどと、 誰が言うのか?
韓国のお家芸、 テメー勝手に歴史を捏造してるだけ。 

韓国の本来の独立記念日は、 下関条約の締結日だ。
長く中国の属国に甘んじてきた朝鮮。

しかし日清戦争後、 日本は清王朝に朝鮮の独立を承認させた。
この1895年5月8日が、 朝鮮民族の解放・独立を意味する。


戦後の朝鮮は、 米ソによる分割占領が固定化され、 アメリカの軍政下にあった。
しかし1948年、38度線以南でアメリカによる軍政が終了。

朝鮮は制憲議会を成立させ、 1948年8月13日、 李承晩大統領は大韓民国の独立を宣言。

ここに韓国は初めて主権国家となる。
ちなみに38度線以北、 北朝鮮の建国宣言は同年9月9日。


そういうことで韓国の独立記念日は、 5月8日か8月13日にするのが正しい。

ところがこすっ辛い朝鮮人、 敢えて日本の敗戦にあわせ、 8月15日を独立記念日に設定。

あたかも日本から独立したかのように......
こうして反日反日に明け暮れて、 民族意識を高揚させていく。

日本を何でも悪く利用、 日本を犯罪国家にすることが生きがい。
こうして民族団結に邁進する.....これが朝鮮人だ。

中韓は、 今も世界で日本に対する情報戦を繰り広げている。

歴史を捏造して反日を繰り返す中韓。
それでも ”平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼する” 日本。


GHQの日本洗脳は、 今も日本人にしっかりと根付いている。
世界の国々はみんな善い国、 日本は悪い国。


こんな日本に誰がした!








 日本、 馬鹿だね。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:50| Comment(8) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小生は昭和22年早生まれで団塊の世代ファーストランナーです。小生が小学校入学したての確か社会科の授業で先生が戦争に負けた喜びを教えてもらいました。子供心に何で戦争に負けてうれしいのかな?と疑問に思ったことを今でも鮮明に覚えています。今にして思えばこれがGHQの洗脳教育だったんですね❗歴史の記憶としてとどめておきたいと思っています。
Posted by かっちゃん at 2018年08月15日 13:12
「こんな日本に誰がした」完全且つ不可逆的に激しく同意します。日本の歪んだ「平和憲法」「平和主義」を金科玉条の如く妄信する人たちに是非読んでほしいものです。
(同じチェンマイ在住者として他の記事もいつも楽しく読ませて頂いてます。)
Posted by 赤貧老人 at 2018年08月15日 15:03
かっちゃん殿:
戦後30年、40年経って、「戦争に負けてよかった」 というならまだ理解できますね。
戦後の日本は自由を得て、急激な経済発展を遂げ、先進国の仲間入りを果たしたのですから。
かっちゃん殿の小学校入学なら、まだ昭和20年代では?  先生が「戦争が終わってよかった」と言うならその通りかもしれません。
GHQ洗脳の1つに労働組合を強めたこの。
日教組の強力な存在は、 日本の教育に弊害をもたらせていると思います。
日本を骨抜きにする...GHQ洗脳の功績は、教育と言論、即ち日教組と朝日新聞のバカさ加減に現れてますね。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年08月15日 18:57
赤貧老人殿:
コメントありがとうございます。
ジジイは若いころ、当時の社会党で書記長や委員長を歴任した石橋政嗣の「非武装中立論」を読んだことがあります。
こんなアホな論理がまかり通った時代があったのです。
石橋政嗣さんは現在93歳、まだご健在です。
石橋さんの生きている間に、憲法改正をしてあげて欲しいものです。
Posted by 独居老人 at 2018年08月15日 19:05
私は基本的に白人は嫌いです。もちろん良い人はいるし、友人もいます。大東亜戦争で罪もない一般の日本人(無理やり軍人にさせられて戦場で尊い命を失った人も含めて)を300万人も殺しておきながら、平和憲法などと左翼が言っている白人のための憲法を押しつけ、反省の一言もなく、日本が悪かったのだから、などと白人至上主義を正当化する、隣国にも同じ思想を示す奴らもいるのは不愉快極まりないことです。東南アジアや北欧、中欧の親日国の人たちのように変わって欲しいものです。
Posted by コンジョン at 2018年08月16日 09:25
コンジョン殿:
勝てば官軍、東京裁判とはいうものの、裁判には程遠い単なる申し渡しの場でした。
米軍がどんだけ一般市民が住む町に焼夷爆弾を落としたか。
昔から彼らは白人至上主義、彼らのやることが正義としてきましたから。
敗戦後の日本が、米国の植民地にされなかっただけでもラッキーと思いますね。
でも朝日らメディアや労組、左派政党の脳みそは、今もGHQ洗脳の影響が残り、 中国の思想植民地になりつつあるのでは....
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年08月16日 13:00
すみません。また赤貧老人です。「洗脳」と「憲法改正」で一言経験を。昭和28年生まれですが、大昔、中学生の時、ホームルームで担任が憲法9条を大声で読ませ「さあ、自衛隊は憲法に照らしてどうでしょう?」とミエミエの「誘導討議(?)」をさせ、クラス中が「違憲だ」という雰囲気になったので、私が「違憲か合憲かという議論は学者にやらせておけばよい。我々若い世代は自衛隊が必要か不要か、を議論すべきで、憲法はそれに合わせて変えればいいだけ」と言ったところ「自衛隊必要論」が大勢になり終了しました。それから卒業まで担任始め日教組教員たちにイジメられました。因みに中学はH2Oで有名な大分でした。(^o^;;)
一刻も早い憲法改正を望んでいます。
Posted by 赤貧老人 at 2018年08月16日 13:55
赤貧老人殿:
大分県ではかって、社民党の国会議員(地方区)が当選したと記憶してます。
珍しい選挙結果でしたが、立候補者が有名人だったような.....
とにかく日教組が北海道、山梨に匹敵するほど強い県ですよね。
最近でも憲法9条を子供に読ませる学校があるんでしょうか。
GHQは共産党員を開放し、日教組をもバックアップしました。
日本を二度と立ち直れなくするための1つの方策、この洗脳が連綿と今日まで続いていると思います。
朝鮮戦争勃発、ソ連との冷戦...米国は日本を共産主義の防波堤にしようと方針転換しましたが、左傾化し、自虐史観に染まった日教組や学者・進歩的文化人、 言論界・朝日新聞などは現在まで変わることなく、洗脳された脳足りんぶりを発揮してます。
日教組の教師にいじめられた...これは勲章ものですよ。 コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年08月16日 19:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: