2018年08月01日

独居老人の生活1256(平和の鳩にフンガイ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1256(平和の鳩にフンガイ)


  我が民族はもはや侮辱される民族ではなくなった。

  我々はすでに立ち上がったのだ。
                                        毛沢東


@ ミャンマーにはノービザで行ける。

昨日(7月31日)、 嬉しいニュースが飛び込んできた。

ミャンマーの国営英字紙、 グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが報じたもの。

現在、 ミャンマーに入るにはビザが必要。
しかしこれがノービザ(査証免除)での入国がOKになるのだ。

対象は日本と韓国の観光客。
ビザ免除開始は2018年10月から。 来年9月まで1年間適用。

ちなみに中国人観光客に対しては、 到着ビザ(到着時に現地の空港でビザを取得する)を適用するそうな。

狙いは外国人観光客の誘致不振の改善。
ミャンマーにもっと来て頂戴ってことだ。

ヤンゴン、 マンダレー、 ネピドーの各国際空港のほか、 国際港や国境検問所などからも出入国が可能だという。

メーサイ → タチレク入国には現在500バーツ払っている。
これも無料になるんだろうか? (ならないと思うが....)


最近は、 一時急騰したホテル代も下がってきているとか。
ビザ取得費用も不要に.....これならジジイも行きたくなる。

ヤンゴンのクラブ 「JJ」 は撤退、 だが 「Emperor」 は営業。
ミャンマーの女性とまたお話してみたいなあ。

                 * *

A 読売新聞・東南アジア国際版。

先日、 和食店 「サクラ」 に行ったら、 女将がジジイに言う。

「8月から、 店の読売新聞はなくなるよ」

pict-DSCN4220.jpg

タイ人の女将は、 「読売がチェンマイでの販売をやめるから」 
と言うが、 にわかに信じがたい話。

女将の日本語はたどたどしい。
おそらく購読料が高いので、 店ではもう買わないって事だろう。

 (追記:2018年8月1日午後5時25分)
読者のBangkhenさんより下記の通りご指摘いただきました。

『読売新聞東南アジア国際版は今年8月31日をもって休止に...』

この撤退の件は、 既に読売より告知されておりました。


ところで、 サクラの隣に立派なホテルが完成。
前は汚いタウンハウスだったが.....

そこに住んでいたタイ日夫婦がオンナの斡旋をやっていた。 
ジジイの友人は女子大生を紹介して貰ったというが、 本物の大学生だったかどうか。


十年一昔、 タイ日夫婦が夜逃げした跡地はホテルになった。
   (地図はココをクリック)
pict-DSCN4221.jpg
           ☝ 左がホテル、 右がサクラ。

                * *


B チェンマイで抹茶を堪能。

抹茶をウリにするティーハウスが話題になっている。
店名 「真心茶屋」、 チェンマイプラザホテルの斜め前にある。
  (地図はココ
pict-DSCN4244.jpg



  嬉しい!  日本語の看板。
pict-DSCN4245.jpg
       ☝ 営業:9:30〜17:30、 定休:月曜日。



  先に注文して席につく。
pict-DSCN4234.jpg



  ジジイの注文は抹茶アイス:89バーツ。
  これが最安値で、 あとは119B〜300B代まで。
pict-DSCN4242.jpg



  庭に入っちゃって・・情緒がなくなるよ。
pict-DSCN4237.jpg



pict-DSCN4238.jpg



日本庭園を眺めながらの抹茶って イイネ!
                
                ☟

pict-pict-DSCN4233.jpg


真心茶屋のホームページです。
          ☟
https://www.magokoro-tea.com/

                * *


C この看板が目に入らぬか!

pict-DSCN4246.jpg


最上段に中国語が出ている。
下段の英文を読むと、 ”動物に餌を与えるな”。


こんな看板が虚しく見える。

pict-DSCN4232.jpg



ここはチェンマイの観光スポット 「ターペ門」。
大勢の観光客が鳩に餌をやっている。  (地図はココ

pict-DSCN4224.jpg



周辺から鳩の糞による苦情が出ており、 当局では餌を与えぬよう呼び掛けているが.....

鳩の糞は、 カビによって引き起こされるクリプトコックス症(感染症)の原因になり怖いのだ。

  看板は違うが書いてある内容は同じ。
pict-DSCN4249.jpg



これは中国人に対し注意を促している。
餌を与えいてるのは、ほとんどが中国人観光客だからだ。

pict-DSCN4226.jpg



pict-DSCN4229.jpg


”餌を与えるな” の看板は、 ターペ門広場に3ヵ所置いてある。
そんな物、 中国人にはどこ吹く風、 彼らは平気で餌をばら撒く。

看板での注意喚起だけでは甘っちょろい対策だと思う。
係員を3人ほど待機させ、 餌を与えた奴をば鞭でしばいてやれ!

えっ、 それでも中国人には甘い?  

だったら広場に10匹ほど...... 








 ワニを放ってやれ!


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:53| Comment(6) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
訪チェン、約3週間後です。読売新聞、チェンマイに行った時に宿泊しませんがメーピンホテルで時々見ています。朝何もする事がない時に行きます。購読料高いのですかね。プラザホテル近くの日本風茶屋、話題性があるようですが、日本人は入りますかね。石庭を見てのんびり出来るようですが。今回の宿泊先もこのお店近くの前回と同じ所です。よろしくお願いいたします。
Posted by カップ at 2018年08月01日 14:47
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/021/076/42/N000/000/011/153086385771260054179.jpg

いつも拝読をいたしております。
ありがとうございます。

上記ご参考まで。
Posted by Bangkhen at 2018年08月01日 15:37
鳩のフンのカビは怖い、昔知り合いでこのカビが脳に入り・・・
このカビの怖さを知らない馬鹿の中国人


 https://www.hatotaisaku.jp/guide/2127/
Posted by kan at 2018年08月01日 17:52
カップさん:
読売東南アジア国際版の撤退は事実でした。
本文も追記してございます。
抹茶は高くてネェ、コーヒーを飲もうと思って入ったのですが.....ブログのネタにはなりました。
8月、お待ちしております。 コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年08月01日 19:19
Bangkhen殿:
ご指摘いただきありがとうございました。
早速本文に追記いたしました。 今後ともよろしくお願いします。
Posted by 独居老人 at 2018年08月01日 19:21
Kanさん:
鳩の糞による感染症があるんですね、初めて知りました。
中国人観光客も気を付けた方がいいと思うけど...
ターペ門を通る我々にも影響が出ますよね。
あれだけ多くの鳩だと....何とか対策を講じて欲しいものです。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年08月01日 19:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: