2018年05月18日

独居老人の生活1192(マルクスとエンゲルス)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1192
                          (マルクスとエンゲルス)


    これまでのすべての社会の歴史は、
    
    階級闘争の歴史である
                                   カール・マルクス


 @ 火を噴くバス.....ローマでテロか!
                           (Newsweek誌より)
pict-DSCN3780ロンドンのバス火災.jpg


写真の路線バス火災は5月8日、 ローマ市内で発生。
テロなんかじゃありません。

原因は車両の老朽化によるもの。
このあとすぐに、 今年に入って10件目のバス火災が発生。

てことは、 1ヵ月に2台の路線バスが火を噴いている勘定だ。
財政難により車両交換、 整備に問題山積、 この有様だという。

古いのはローマの街だけで十分....市民が憤懣の声。
こうなったらバスを観光地ローマの名物にしたらいい。

火を噴く路線バス、 ジェットコースターよりスリリング!

                    * *


A ここは日本、 テロか?
                            (週刊Fridayより)
pict-DSCN3785.jpg


5月2日未明、 埼玉県越谷市と隣接する吉川市で4件の火災が
発生。 3軒が全焼し、 2名死亡。


吉川市と越谷市で燃え上がる炎。
連続放火はテロに等しい。  犯人不明。
pict-DSCN3789.jpg


                 * *


B 映画鑑賞。

昨日、 神田・神保町にある岩波ホールへ行く。
目的は映画、 「マルクス エンゲルス」 を観るため。

pict-P_20180510_112417.jpg
                 ☝
入場料:一般1,800円、 シニア1,500円、 6月15日まで。
上映 :11:00/13:30/16:00/19:00(土日のみ18:30)


映画の舞台は1840年代のヨーロッパ。

産業革命による社会的ひずみが格差を生み、 貧困の嵐が吹き荒れて、 人々は不当な労働を強いられていた。

マルクスは、 搾取と不平等に対抗すべく政治批判を展開。
パリでエンゲルスと出会い、 彼らは 「共産党宣言」 の執筆に取り組んでいく。


今も日本で読むことができる。
        ☟
pict-共産党宣言.jpg


カール・マルクス (1818年〜1883年)は故郷ドイツを追われて放浪の身に.....パリ、 ブリュッセル、 ロンドンを転々、 極貧生活を送る。

マルクスを金銭面で支えたのがエンゲルス(1820年〜1895年)。
生涯の盟友であり、 マルクスの死後、 「資本論」 を編纂し、 マルクスの 「遺産」 を世に送り出す。

単なる編集者ではなく、 「資本論」 に対する剽窃、 中傷、 誤解に対しては論陣を張った。

pict-マルクスとフリードリヒ・エンゲルス.jpg
          ☝ マルクス(左)とエンゲルス。



「資本論」 は大著、 全巻読了した人はご立派。
         ☟
pict-資本論 .jpg


ジジイが若い頃の大学経済学部では、 マル経(マルクス経済学)か、 近経(近代経済学=ケインズ経済学) のどちらかを学んでいたものだ。

今はどうなんだろう?

                  * *

映画では若いマルクスとエンゲルスが描かれる。
マルクスは既婚者、 彼の偉業は夫人の理解、 献身的支えがあってこそか。

マルクスと妻イェニーのSEXシーンが何とも言えない味わい。

2人は1836年に婚約(マルクス18歳、 イェニー22歳)。
イェニーの親は保守派の貴族、 それでも2人の結婚を許した。

で、1843年結婚、 マルクス25、 イェニー29歳の時。
夫婦は6人の子供を授かるが、 極貧生活で環境悪く3人が夭折。

イェニーは1881年、 肝癌のため死去(享年67)
マルクスは1883年、 椅子に座ったまま死去(享年64)


ちなみにエンゲルスは1895年死去(享年74)。
エンゲルスは性欲旺盛で、 大変な漁色家。

女工メアリー・バーンズとの関係は生涯続いたが結婚せず。
あちこちに何人もの女を囲い、 一夜限りの肉体関係も多かった。

優雅な独身で女遊び三昧、 これで 「共産党宣言」 か。
しかし映画では、 エンゲルスの助平ぶりは描かれず。

                  * *

ジジイはことしで生誕73年。
生誕は普通、偉人に対して使う言葉、 一般人はただの73歳。

しかしマルクスは今年で生誕200年、 その記念作品とか。
いい映画だと思う、 皆さまもどうぞ!

                  * *


C この日のランチ。

岩波ホールに行く前に腹ごしらえ。
場所はJR高田馬場駅前、 ビルの地下1階。
    (地図はココをクリック)

  ランチ定食メニュー(650〜750円)
pict-P_20180516_103527.jpg




   店内、 居酒屋そのもの。
pict-P_20180516_102126.jpg




  ジジイはカウンターで食う。
pict-P_20180516_102121.jpg



 鮭塩焼き+とろろの定食:750円、 ビール(中瓶):520円。
                  ☟
pict-P_20180516_102111.jpg


店内を見渡せば、 ビールを飲んでいた客はジジイ1人だった。

サラリーマンなど、 若い現役の人が多いからか。


そう、 真っ昼間からビールが飲めるのも、








 年金受給のお陰です。


チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:39| Comment(12) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日は独居老人さん、ACEです。

下記に誤字がありましたので書きます。

鮭塩焼き+「とろろ定職」:750円

「とろろ定食」が正しいです。

マルクス・エンゲルスですが、こんな映画があるのは知りませんでした。

岩波ホールも名前は知っていましたが、どこにあるかも知りませんでした。

もう何十年もシネコンのお手軽映画ばかりで、単館上映の映画は見ていません。

中学生の頃家に会った「マルクスレーニン主義の基礎」なんて本を読んだのですが、中学生の頭ではまったく理解できませんでした(笑)。

叔父がNTTに勤めていて、組合の役員をやっていたせいでたまたま叔父が泊まった時に忘れて行ったものです。

その叔父も会社にからめとられ、組合役員を懐柔する為カラ出張して金を貰った事があるとゲロした事があります(笑)。

私も支店レベルの調査部長や教宣部長をした事がありますが、まじめにやり過ぎて副書記長になり、ゆくゆくは委員長になって欲しいと委員長に口説かれた事があります。

しかし平の執行委員でも半専従並みの忙しさですから、組合4役になったら好きな海外旅行にも行けなくなりますのでお断りしました。

ところで社会主義の現状を見ると皆失敗国家に見えます。

理論と現実の乖離を考えると、マルクスがいなければ1億人位死なないで済んだのではと思います。

スターリンの大虐殺や毛沢東の大躍進や文化大革命の犠牲者の事ですが、、、、、。
Posted by ACE at 2018年05月18日 17:49
映画情報有益でした。上京するので見に行きたいと考えています。ところでエンゲルスの方がお盛んだと書いてありましたが、マルクスの実子や隠し子隠し子をよく面倒見たと聞いています。マルクスのほうも資本論を書きながらの隠し子作りだったので相当なものだったんでしょうね。キリストを含め教祖の原罪はあるでしょうけれど実際に命令したレーニン、スターリン、毛沢東、金日成などの罪状は計り知れないです。孫の太った豚君は朝鮮人民に嬲り殺されるのが時代の進歩だと思っています。
Posted by かっちゃん at 2018年05月18日 19:47
ACEさん:
ホントだ、とろろ定職って書いてますね。 分かんなかったですね。
ありがとうございます。
世界中で、現在マルクスを熱烈信奉しているのは中国共産党政権だけかも....
共産主義国家、社会主義国家、おっしゃる通りどれだけの殺人をやってきたか。 
すぐに戦争をおっ始じめる、嫌ですね。
コメントありがとうございました。


Posted by 独居老人 at 2018年05月18日 21:16
かっちゃん殿:
共産主義者は際立って女好きですもんね。
ま、主義主張に関係なく、男はみんな助平ですけど。
学校じゃ女性関係なぞ教えませんからね、
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年05月18日 22:24
岩波ホールでの映画鑑賞、難しい映画ばかりの気がして見たことはありません。地下ではお店は変わったでしょうが、食事等したことがあります。ところでランチ、チェンマイと比べてどうですか。味、値段は。そしてランチでのビール美味しかったですか。サラリーマンはたぶん飲まないですよね。昔現職中は顔に出ない程度に飲んだ事がありますが、今は世間の目が厳しいと思います。自由の身なればこそ堂々とランチビールが飲める、嬉しいことです。
Posted by カップ at 2018年05月19日 00:00
カップさん:
岩波ホールの映画、決して難しくないですよ。
マルクスの次に上映予定の「ゲッベルスと私」も、ナチスの隠された裏側が見られるのでは?
ジジイはこの映画も観たいのですが、チェンマイに戻っておりダメ、残念です。
ジジイは現役の頃からランチでビールを軽く飲んでました。
勿論出張先ですけどね。 それでも会社近くのレストランで、ランチにコップ1杯程度の缶ビールを付けた定食がありまして、必ず飲んでましたね。
オフィス街はランチを安く提供、650円(約190バーツ)で食えるわけで、美味しいし、値打ちあると思います。
チェンマイはもっと安いですが、ここは東京ですからね。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年05月19日 04:31
過去十年ほどでアメリカ国立公文書などから歴史資料が色々飛び出しています。

日本共産党も戦前と戦後では看板以外は別物と考えて良いでしょう。占領期にハーバード大学卒の秀才学者ハーバート・ノーマンがマッカーサーの顧問として日本共産党の人事から組織、構成、方針論まで仕切っていました。占領軍諜報第二部のウィロビーが有名ですがその部下にエリオットソープ准将というのを対諜報特殊部隊として動かしておりましてその学者ノーマンの方針論で動いていました。ノーマンはばりばりのコミンテルン系確信犯的共産主義者でアメリカ共産党との疎通もある。FBIに発覚して最終的には自殺に追い込まれます。しかし日本共産党がGHQの人工左翼装置であることは今に至るも変わりはありません。

具体的には延安で毛沢東と合流していた五重スパイ野坂参三を護送したのもそのGHQ特殊任務部隊です。日本ではノーマンが志賀義雄と徳田球一に日本共産党を作らせて周りの茶坊主もしっかり占領軍の人選で固めたものです。ほとんど戦前に党活動離れた凶状持ち、ひどいのは翼賛会で軍需工場経営していた者までGHQは裏取りした上で徳田球一と志賀義雄につけていた。

そこへ諜報第二部が手下と公然と呼んでいたけしてアメリカに弓が引けない事情を握られた野坂参三を落下傘降下させたのです。野坂参三は絶対にアメリカを裏切らない弱みを握られていました。これで出来上がった日本共産党は、あの岸信介が独白録の中で「岸特務機関」と侮蔑的に呼ぶような組織になってしまったのは不可避です。いまにいたる反米愛国は馬子にも衣装というやつ、マルクス主義など縁もゆかりも無い彼らの著作物の印税稼ぎのシロに過ぎないのです。刺身のツマかパセリのようなものです。少し詳しくお調べになられるのならばとりあえず立花隆の文藝春秋社版がその経緯の極上澄みを記しています。
Posted by サイダー at 2018年05月19日 20:19
独居先輩

色々書かれてますが、ここで1番言いたかったことは、性欲が長寿の秘訣と言うことと理解しました(笑)
Posted by 51歳の読者 at 2018年05月20日 10:32
サイダーさん:
コメントありがとうございます。
GHQは日本を骨抜きにするために共産党を利用しましたね。
宮本顕治は戦前、リンチで小畑達夫を殺害、1945年に無期懲役が確定 → 純粋な政治犯にだけ適用されるはずの復権(釈放)が殺人犯の宮本にも認められたのはGHQのお陰。
徳田球一、 野坂参三はGHQとは蜜月関係、宮本を含め3人は国会議員になりました。
日本共産党はGHQ様様でしょうね。
彼らは「共産党宣言」や「資本論」を読破していたんでしょうかね(笑)
Posted by 独居老人 at 2018年05月20日 14:37
51歳の読者殿:
エンゲルスが74歳まで生きた....あの時代を勘案すれば相当な長寿ですよ。
父親が金持ちだったから、いいものを食べてたのかな?
女好きはそれだけエネルギッシュ、ボケずに長生きできるんでしょうね。
51歳の読者殿も、これからも女性を追いかけ回してくださいませ.....健康のために。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年05月20日 14:46
宮本顕治や袴田里見は、GHQ側も当初出獄させることをあまり熱心に検討していたフシがありませんね。彼らが獄中で色々画策したようです。しかし共産党内部にはしっかり徳田球一や志賀義雄に諜報第二部CIC厳選の茶坊主と呼称されていた取り巻きがあてがわれていたので連中出獄しても大部屋住まいの不遇な時代が続いたようです。
野坂参三と宮本顕治は、やはり岸信介の関与を感じさせます。あの郷党ら特有の融合に向かう誘導があったと思わずにいられません。徳田球一のヘゲモニーについて、戦後的なバイアスがかかり始めたのでしょう。彼らが共産党宣言や、資本論に言及する時は最晩年の上級幹部の資産形成にかかわる破格の待遇の原資として印税収入を設定したからにほかなりません。共産主義思想とは何の関係もないと言ってもよいでしょう。
いまその宮本顕治が引いたレールで不破哲三が誰も読まないような膨大な著作を党公認で党員におしつけ全国党員の党費をまきあげているわけです。下部組織の党員は、基本在日朝鮮人共産党員で仕切られています。他の左翼セクトも似たりよったり。これすべてCICエリオットソープ准将らの基本設計どうりです。
Posted by サイダー at 2018年05月20日 18:48
サイダーさん:
党員や会員に著書を買わせて印税収入を得る、そしていい暮らし。
どこかの学会や何とかの科学の教祖さまに共産党は似てるんですね。
足の骨を折ったばかりの志位委員長には、何か著書があるのかな。
欧米では力のない共産党、日本ではよく頑張ってますよ。
社民の方がダメになっちゃいましたね。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年05月21日 17:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: