2018年05月16日

独居老人の生活1190(静かに眠ろうよ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1190(静かに眠ろうよ)


  おいでよ ぼくの党に  ぼくを支持する人

  みんなの絶望の日を  静かに過そうよ

                             玉木雄一郎 (国民民主党共同代表)

https://www.youtube.com/watch?v=LD__jKAqmN8


天皇が秋の収穫に感謝して、 各都道府県で採れた穀物を神に
備える儀式が新嘗祭(にいなめさい)。

毎年11月23日(勤労感謝の日)に天皇が行う大切な祭儀である。

新嘗祭に向けて全国の都道府県で、 指定された水田で収穫された新米が、 「献上米」 として天皇に納められる。


このような儀式は日本だけかと思ったら、 王様がおられるタイにもあった。

それが 「The Royal ploughing Ceremony」 である。
「国王がすきで耕す儀式」 とでも訳すのか。

この儀式が一昨日(5月14日)、 米作シーズンの始まりを記念し、
サナム ルアンで催された。

今日はちょっとその模様をどうぞ。

pict-Royal Ploughing Ceremon.jpg



pict-Royal Ploughing Ceremon2.jpg



pict-Royal Ploughing Ceremon3.jpg



pict-Royal Ploughing Ceremon4.jpg
                     (source: Bangkok Post)


                  * *


本ブログ#993(2017年10月4日)、 「総選挙・こんな人が立候補」 でポスター写真を載せた。

pict-小池百合子.jpg




加えてこんな小池百合子都知事の写真も掲載。

pict-DSCN2088気泡の党.jpg


10月22日の選挙日、 希望の党は残念な結果に終わる。
そして今や 「気泡の党」 に.....

ジジイの予測は当たったのだ。
下品なブログだが、 未来を見る目があるってこと(自慢です)。

まあ、 こんな予測は誰もがしただろうが....


で、希望の党を飛び出し、 新たに作ったのが国民民主党。
今年5月14日、 東京で結党後初めての街頭演説会を開く。

玉木雄一郎共同代表は訴える。

「リベラルから穏健保守まで幅広い考えを持つ人を包込む政党だ。
 アベノミクスに代わる経済政策を打ち出していきたい」

だが世論調査で得られた国民民主党の支持率は1%。
ゼロでなくて良かったと喜ぶ玉木雄一郎先生(49歳)。

pict-国民民主党の玉木雄一郎共同代表.jpg
        ☝ 
玉木先生は人相が良くない。
泣き顔で暗い感じ、 弱弱しく見える。

               
5月14日の衆院予算委員会では、 安倍首相に対し
「中村時広愛媛県知事(58歳)を国会招致しろ」 と迫っていた。

アベノミクス以上の経済政策は何もなし、 相変わらずの ”加計”。

               * *

日本獣医師会は、 獣医学部新設には絶対反対の立場。
獣医師が増えると自分たちの商売に影響が出るからだ。

そして文部科学省と組んだ岩盤規制で新規参入を阻んできた。
その規制が破られて誕生したのが 「加計学園」。

理事長の加計氏が首相のお友達、 そこを突っつき復讐するのが
前川喜平前文科省事務次官。

それに乗って玉木先生は加計問題を追及する。
しかしちょっと待てよ。

この問題はいわゆる権力闘争なのだ。

A.「愛媛県+今治市+加計学園+内閣府」
           対
B.「日本獣医師会+文部科学省」。

で、 Bに加担するのが野党で、 国会は法廷さながら。

                * *

玉木先生の父は獣医師で、 香川県獣医師会の副会長等を歴任、 弟も獣医師だ。
先生は獣医師会から100万円の政治献金を受けている。

玉木先生は日本獣医師会第72回通常総会(2015年)に参加してこう挨拶した。

「医療の分野はそもそも特区として、 地域の例外を作り、 進めるべき話ではないと思います。
もし、おかしな方向に向かいそうになった際は、 しっかりと止めることも我々の責任と思っております 」

ジジイは思う。
玉木先生こそ証人喚問されてしかるべき人。
カネを貰って獣医師会のために働いたのだから。

この玉木先生が一昨日の審議でこう述べた。
「優秀な秘書官をはじめとした官僚が、 悪知恵を巡らせている」

オイオイ、 それはないだろう。

悪知恵を出して獣医学部新設を阻もうとしたのは優秀な玉木先生ほか国会議員じゃないの?

                 * *

玉木先生に加えて証人喚問して欲しい議員が2人いる。
一人が北村直人衆議院議員(70歳)。

北村議員は獣医師で、 自民党 → 新生党 → 新進党 → 自民に復帰した渡り鳥。

現在 「日本獣医師政治連盟」 の委員長でもあり、 獣医師会の総会にも参加している。

北村先生も当然、 獣医学部新設阻止を画策して汗をかく。
当時の石破茂地方創生担当大臣に何度か面会し、 阻止を働きかけた。

そして2015年6月、 獣医学部新設に関する厳しい 「石破4条件」 を閣議決定。

獣医師会の目論見は奏功。
まさに新設 x 阻止、 両者譲らぬ攻防だった。


ジジイが言いたいのは、 前述のAもBも同類だろってこと。
「東〜新設、 西〜阻止」、 で、結局軍配は新設に上がった。

柳瀬秘書官を参考人招致したのであれば、 玉木、 北村、 石破議員らにも参考人招致して訊いたらいい。

首相に面会を報告したか?
獣医師会から献金はあったのか?

なぜ新設阻止を画策したのか?
誰の意向を受けて阻止に動いたのか?

阻止に向け画策した側は正義で、 忖度または首相の意向を受けて新設に動いた側が悪漢なのか?

悪漢にしたいなら、 収賄の証拠を突きつけろ。
加計理事長が首相の友人で何が悪い!

尚、ジジイは、 獣医学部新設は自由であっていいと思っている。
変な岩盤規制で、 阻む方がおかしい。


いつまで続くか法廷ショー、 立法府の国会だぜ。
他にやること、あるだろうよ。


玉木雄一郎先生の 「国民民主党」、 これでは未来に希望なし、









「国民眠主党」  静かにお眠りください。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:45| Comment(2) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
独居さん

お疲れさまです。
ひたすら偏見をベースに権力批判やヘイト発言をしてる恥ずかしいアジア在住のお年寄りの方も多々いる中、独居さんの話しは客観的で見応え有ります。
本筋で野党や石破が安倍首相と戦えないのは、安倍政権が外交でも経済面でも成果を上げているが故の事なのだと思います。しかも三世と言うことも有り、金の心配が無いだけに安倍首相は基本的にクリーンですからね。
反日の朝日毎日に対し、中道の読売や右寄りの産経の様な新聞社が居ることは国民にとって救いですね。
Posted by 51歳の読者 at 2018年05月20日 10:25
51歳の読者殿:
お褒めの言葉、ありがとうございます。
ジジイは保守、なので政治的(思想)にはどうしても自民、かっての民社党、今の維新の会寄りになりますね。
例えば朝日1紙だけを読んでますと、左に偏ってしまいます、だから産経などとの併読がいいですね。
最近はSNSが影響力を持ってますから、これはいい傾向だと思います。
Posted by 独居老人 at 2018年05月20日 14:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: