2018年04月18日

独居老人の生活1166(ソンクランで交通事故)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1166
                         (ソンクランで交通事故)


    人生は 危険に満ちた冒険か無の二択

                                          ヘレン・ケラー


16日(月)で終わった今年のソンクラン、 チェンマイの街も静かになった。

狂騒水かけを恐れ、 4,5日家に籠城をしていた人もいたろう。
    
   (チェンマイ市内)
pict-1523967105087.jpg



観光客の乱痴気騒ぎも酷いが、 もっと怖いのは子供、 容赦なくぶっかける。(チェンマイ)

pict-1523967163852.jpg



pict-1523967132970.jpg
          ☝ これじゃあバイクでは走れない。




祭りとなれば浮かれるのは人間誰しも。
その結果が交通統計となって現れる。

まずタイ全土、 2013のチェックポイントで捕まった交通違反ドライバーは、 6日間合計で176,415人(29,400人/日)。

1番多いのが約50,000人のヘルメット着用なし。
次いで約46,000人が運転免許証の不携帯。


pict-Songkran road deaths .jpg


                  * *


では、 4月11日〜16日(6日間)の交通事故統計を見てみよう。

・交通事故発生件数:3,418件(前年比1%増)

・死亡者:378人(同8%増)
・病院に搬送された負傷者:3,575人(同2.6%増)

1日あたり約660人の死傷者が出たことになる。


事故死の発生原因は、
・スピード違反:28.5%、   ・飲酒運転:27.3%。

死亡した人の82%がバイクの運転。
てことは1日平均310人のバイク運転者が死んだことになる。

死亡者が1番多かった県はナコンラチャシーマで、 19人。
負傷者が1番多かった県が我がチェンマイで、 136人となった。


交通事故死がゼロだった県が6県ある。
ヤラー、 ラノーン、 ノーンカイ、 サトゥーンなど。


では事故現場を確認、 全てソンクラン期間中に発生。

pict-Songkran death .jpg




pict-Songkran.jpg




pict-Songkran2.jpg




   バスも例外ではない、
pict-Songkran3.jpg


                 * *


飲酒運転の車両を一時的に押収:13,964台(6日間で)
内訳は、 バイクが10,139台、  車が3,825台。

押収車両は警察署、 役所、 軍のキャンプに留め置かれた由。


6日間で法的措置(主に罰金)の対象者は、 計234,645人。
バイク運転:147,971人、 車の運転:86,674人。

1日あたり約4万人が処罰されたことになる。


ではここで、 バイクの死亡事故をビデオで検証(41秒)
            ☟
https://www.youtube.com/watch?time_continue=5&v=lezF5e0Ua80



タイは普段から交通事故が多い国で、 WHO(世界保健機構)統計ではリビアに次いでワースト2位。

ワールド・アトラスの調査では、 タイがワースト1位という結果。
となればソンクラン6日間では断トツ1位になっているはず。


そんな危険な6日間を、 72歳のジジイはバイクに乗っていた。

水浴びを凌ぎながら.......



日頃の行いがいいからだと思う。












無事でよかったです。


チェンマイって ホントいいですね!

  (source:Bangkok Post)





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:34| Comment(4) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
独居殿
やっとソンクランが終わりましたね。年に一回のタイ正月のお祭りで家族総出であれだけよろこんでるので良いんじゃないでしょうか。タイ友人達が私に来年はおれ達と一緒に水掛けしょうよ楽しいからと言ってくれたので来年は水掛る方にまわります。でも来年のソンクランまで生きてるかな?
Posted by GF at 2018年04月18日 12:22
GFさん:
コメントありがとうございます。
水掛けを楽しむ=水浴びを楽しむ..にことになりますね。
それなりの準備をして、水の掛け合いをやってください。
ジジイは昨年まで、毎年ターペ通りに出てパレードの女性らに水をかけたりしてました。
通りにいるだけで、100%水をかけられてびしょ濡れ、帰宅後ベランダに衣服を干しておりました。
今年は日本からの友人来チェンがなく、自宅でゆっくり。
バイクで出かけたのは午前中が多く、ランチも人出のない通りを走りました。
年に1度のお祭り、どうぞお楽しみくださいませ。 
もう残すところの人生は少なくなってますからね、元気なうちにですよ!
Posted by 独居老人 at 2018年04月18日 17:55
バイク事故、違反が多いのですね。バイクは車より安くて便利ですから。日本ではバイクを時々見かける程度です。チェンマイでは知人の殆どがバイクに乗ってます。私もバイクに乗る練習をしていれば良かったと思っています。車も多くなってきており道路が良いせいかスピードを出しますね。お祭期間中は特に事故を減らすため取締箇所が多いのでしょうけど、事故、違反は減っていないですね。正月ですからお酒を飲む人が多いのですね。事故には気をつけてください。貰い事故もありますから。バイクで事故った知人が何人かいます。一人は片手、片足がやや不自由です。でも、マッサージ店で働いています。
なお、新明天庵だよりも見ていまして、3月の腹痛、下痢の症状が似ています。1日で治りましたが。長くタイに住んでいてもやはり日本人なのですね。私と同じ物を食べた知人は元気でいました。
Posted by カップ at 2018年04月18日 23:10
カップさん:
バイク、若者の飛ばしっぷりはサーカスのよう。
スピードを出して車をうねりながら抜いて行きます。 車のドライバーは怖いでしょうね。
ジジイも数人、バイク事故の負傷者を知ってます。 
みんな年寄りなのに1人も死にませんでした。
でも後遺症が出たりと、やはり事故は御免ですね。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年04月19日 12:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: