2018年04月02日

独居老人の生活1152(生きるために食べよ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1152(生きるために食べよ)


   食欲は食べているうちに出てくるものだ。
                                           ラブレー (フラスンの作家)


   性欲はヤッてるうちに増してくるものだ。
                                           独居老人 (チェンマイの暇人)


@ コンサートのご案内。

4月7日(土) 19:00開演
場所: KAD THEATER(セントラル・カドスワンケーオ5階)
  (地図はココをクリック)

問い合わせ先:089-891-5156
入場無料(お問い合わせの上お出かけください)

pict-29425008_1769452063112644_8606194251158932949_n.jpg
      ☝ 演奏者は全て日本人。



バンコク公演もあり。
4月9日(月) 19:00開演。

場所:バンコク・フェローシップチャーチ。
スクンヴィット77、 Onnut24
入場無料、 問い合わせ先:089-891-5156

                 * *


A 朝の托鉢。

昨日(4月1日)の朝7時頃、 チャンプアク門の壁の前に立ち並ぶ僧侶13人がいた。

たった1人の女性がひざまずいて祈る。
次の写真は読経が終わって歩き出したところ。
                ☟
pict-P_20180401_070335.jpg





僧侶たちは通りに沿って横に並び、 一斉に内堀り道路を渡る。

pict-P_20180401_070404.jpg




   そしてまた托鉢に回る。
pict-P_20180401_070421.jpg


大人の僧侶に引率される子坊主たち。
こうやって托鉢修行を覚えていくのだろうか。


                 * *


B ホテルの日曜・祭日ランチバフェ。

先日行ってきたのが 「Sripanna Hotel」 のバフェ。
  (地図はココをクリック)

pict-Screenshot_20180402-044043.jpg




ホテルに到着したのが12時10分頃。
係員に案内されてテーブルにつく。

pict-P_20180325_121605.jpg
       ☝ 混み合わず、 ゆっくり食事ができる。
   



いっぱい食べなきゃ損ってことで、 腹を空かせてやって来た。
先ず向かったのが刺身。

左からカニカマ、 出し巻き卵、 サーモン、 マグロ。
                   ☟
pict-P_20180325_124439.jpg


ジジイの好物はマグロ刺身、 頼むとその場で切ってくれる。
冷蔵ケースに置いてあり、 これなら生ものでも安心だ。

何皿でもお替り自由。
これをツマミにしてビール、 昼からイイネェー。




こちらは寿司。 ちょっとイマイチ、 ジジイには手が出ない。
                   ☟
pict-P_20180325_124428.jpg





 それよりBBQの方がいい。
pict-P_20180325_124449.jpg




  こうやってパスタも付けて・・・
pict-P_20180325_121542.jpg




  ここは炒め物、 ちょっと摘まんで・・・
pict-P_20180325_124416.jpg




   こっちは麺類。
pict-P_20180325_124457.jpg




  サラダもたくさん、 野菜不足を補う。
pict-P_20180325_124411.jpg




   取ってきました。
pict-P_20180325_124855.jpg
     ☝ 左上に見えるのはソムタム(パパイヤサラダ)。



1時間以上かけてのんびり食べる。
バフェのフロアーもゆったりした雰囲気.......イイネ!


ランチバフェの料金は 250バーツ。
Beer Chang大瓶が170バーツ。

但しこのサービスは日曜・祭日のみ。
平日は200B。  しかし刺身もBBQもなし。


日曜日のバフェ代250バーツと言ったって約850円。
まあ、マグロだけでもたっぷり食えば元は取れる、 納得。


食べるために生きるな。  生きるために食べよ。  
これはイギリスのことわざ。


長生きするために、 ここぞと腹いっぱい 食べましょー!










ジジイはあとで  下痢......


食べ過ぎには注意しましょー、 歳ですから。
ついでにヤリ過ぎにもご注意を!


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:51| Comment(8) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
独居殿
バフェは混まないってのが良いですね。一般的に安い料金のバフェは混みますし高い料金のバフェは客が少ない様に感じます。250バーツでここは良いですね。近い内に行って見たいと思います。独居さんカップルにばったり会いそうですね。いつも貴重な情報に感謝です。
Posted by GF at 2018年04月02日 13:31
GFさん:
コメントありがとうございます。
生魚を寿司屋のように冷蔵ケースに置き、客の注文で取り出し、切って刺身にする...このようなバフェはありがたいです。 生ものですからね。
ビール代が170Bと高いですが、次回は焼酎とマナオを持参し、水割りでこっそり飲みたいと思ってます。
料金が高いと中国人の団体さんが来ないようで、これだけでもありがたいです。
ジジイらしきカップルがいましたら、是非声をおかけください。
爺さんと一緒だと思いますが....(笑)
Posted by 独居老人 at 2018年04月02日 19:19
独居老人さん今晩は、ACEです。

>>性欲はヤッてるうちに増してくるものだ。

見栄を張っていませんか?

私はやっている内に性欲はだんだん減退してきますが、、、、、、。

私の上に乗ったら、私をダーリンと言う娘は気持ち良いと腰を振り続け、降車拒否をして決して降りようとしませんが、私は正直げんなりです。

女の性欲には、男は到底及ばないと思い知らされましたよ。

バンコク滞在も今日で14日で、後2日で帰国します。
                                           
Posted by ACE at 2018年04月03日 00:39
ACEさん:
コメントありがとうございます。
まず性欲と精力は意味が異なります。
性欲はSexへの欲望、精力はSex能力、なので性欲はあっても能力減退(EDへ...)はよくあることです。
で、性欲はSex能力を駆使してますと、益々ヤリたいとその欲望が高まるんです。
ACEさんが「げんなり」とおっしゃるのは、相手が同じだからでは?
また別の美女(例えば女子大生)に挑めば、性欲(ヤリたい、抱きたいという欲望)は増すと思います。
日頃からヤッてないと、「俺はもうダメ」と諦めが先にくるんですね。
ドンドンSexし、色々相手(職業、年齢、人種、容貌などで異なる女性)を変えるようナンパなさってくださいませ。
え、それだけの精力がない?  ならバイアをたくさんのんでください! (自己責任で...)
Posted by 独居老人 at 2018年04月03日 06:47
バフェでマグロがあって250Bはいいネ!

刺身はこの4種だけでしたか?それでもお得なことは間違いありませんが。

個人的にはこれにタコかイカでもあれば最高なんですが…

次にチェンマイに行くときに寄ってみます。
Posted by トンスルは朝鮮が誇る高級清酒 at 2018年04月03日 13:49
トンスルは朝鮮が誇る高級清酒殿:
刺身はサーモンとマグロの2種類だけですね。チェンマイで、マグロが冷蔵ケースに入ったバフェは初めて見ました。
マグロのバフェそのものが珍しいのでは?
449バーツの「大和」のバフェでも、マグロとタコはなかったですね。
タイのことですからマグロもそのうち消えるかもしれません。 お早めにどうぞ!
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年04月03日 19:14
ユーオディオ・アンサンブルのコンサート、新明天庵でも紹介されていますが、過去、演奏は心地よく聴くことができたのですが、演奏の合間ごとのイエス礼賛は押しつけがましいくらいで、敬虔な?仏教徒の私には不愉快さしか残らず、いい加減にしろ!という感じでした。せめてイエスの名を出さない心温まる話しにして欲しいと思うのは私だけでしょうか?
Posted by コンジョン at 2018年04月06日 09:48
コンジョン殿:
情報ありがとうございます。
布教活動ですから仕方ないところはあるんでしょうがね。 なんせタダですから。
ジジイもうんざりするでしょうね。 まだ聴きに行ったことがありません。
ジジイは無宗教、但し神社仏閣、教会には普通に参ります。
しかし釈迦の説法やイエスのお言葉は苦手でして.....
これまで宗教色の強い女性とは、1度も付き合ったことがありません。 どうしてかなあ?
Posted by 独居老人 at 2018年04月06日 13:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: