2018年03月29日

独居老人の生活1148(マトモか狂ってるか・・チェンマイ田舎暮らし)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1148
             (マトモか狂ってるか、 チェンマイ田舎暮らし)


   何事も修行と思ひする人は

   身の苦しみは消え果つるなり

                               至道無難 (江戸時代の臨済宗の僧侶)


ジジイのようなCity Boyには理解し難いことが世の中には存在する。

そんな思いを抱いたのはメーテンに住む友人を訪ねたことから。
メーテンはチェンマイから車で約50分、 R107号を北上する。
  (地図はココをクリック)


先日、 今チェンマイ滞在中のSさん(67歳)とともに白いソンテウに乗車、 メーテンに向かった。

そのソンテウはR107の通り、 チャングプアク・バスターミナル付近から出ている。 乗車賃は終点のメーテンまで25B。

ほぼ10分置きに発車している。

1時間に1本ほど、 メーテンの先にある 「メガットワンダム湖」 行きがあるので要注意。

                 * *

午前10時半頃に乗った白いソンテウは、 スーパーハイウエイの交差点を過ぎるとスイスイ走る。

乗客は地元の人ばかり、 人と大きな荷物で車内はいっぱい。

pict-P_20180324_104654.jpg




   前夜の遊び疲れか、 ウトウトするSさん。
pict-P_20180324_104638.jpg



メーテンに到着、 コンビニ 「7-11」 の前で待っていてくれた西村さんと久々のご対面。

その足でメーテンにあるレストランへ......
街中を抜け、 パーイに向かう街道を走る。

こんな山ん中にレストランなんてあるの?
と思っていたらこんな看板が......

pict-P_20180324_140402.jpg




  この看板を目印に脇道を上る。
pict-P_20180324_140318.jpg




突き当たって到着。  この看板の下方がレストラン。
   (地図はココをクリック)

pict-P_20180324_113125.jpg




  ド田舎にこのようなお洒落な店があるなんて!
pict-P_20180324_113257.jpg





   夜はライブ演奏が入るとか。pict-P_20180324_113245.jpg





   我々3人はこのテーブルで・・・
pict-P_20180324_115919.jpg
           ☝ 左が西村さん(70)。





注文は、 貝や海老などの海鮮をメインに3皿。
料金は100Bくらいから。  

pict-P_20180324_115853.jpg




これは魚料理、 200Bだったかな?
Beer Chang大瓶が75B。  この日は5本空ける。

pict-P_20180324_120218.jpg




眼下に見えるはこんな自然。
ジジイは今回の訪問でメーテンを見直した。

  ド田舎にも素敵なレストランがあったのだ。
pict-P_20180324_115927.jpg


                 * *


ランチの後は西村さん宅に寄らせて戴く。
どこをどう走ったか、 ゲートを開けて敷地内に...犬が吠える。

pict-P_20180324_142045.jpg




こんな大邸宅だからか、 番犬代わりに2匹の犬を飼っている。

pict-P_20180324_141915西村宅.jpg
          ☝ 運動会ができる広大な敷地。




裏手が玄関、 写真では見えないが横にある階段から入る。
                 ☟
pict-P_20180324_142114.jpg




   玄関から中に入ってパチリ。
pict-P_20180324_142249.jpg





リビングがここかな?
建屋(建坪)が182坪(600u)、 6部屋にLDK。

pict-P_20180324_142319.jpg




  6部屋すべてがトイレ付きで、 ホテルみたい。
pict-P_20180324_142904.jpg




 仏壇か、 準僧侶の西村さんはここで読経するのかな?
pict-P_20180324_142455.jpg


西村さんは既にチーク材の棺桶を準備されている。
勿論ご自分用で、 パイ(地名)に預けてある由。

大きいだけに預かる方も大変、 「早く使ってくれ」 と催促されているそうな。



そうこうしてるうちに奥さんがとお子さん2人が現れる。
「あ〜ら、 いらっしゃいませ」 と笑顔で言うわけでもなし。

チラっと我々を見て、 無言のままスっと姿を消した奥さん。
亭主のやることには我関せず...といったところ。

  余程お幸せなんだろう、 凄く太ってしまわれた。
pict-P_20180324_142604.jpg
           ☝ 西村さんの奥さま(34歳)



西村さんと奥さんは年齢差36。
両親への最初の挨拶の時は、 夜に出向いたとか。

リス族の部落へ向かう山道は暗闇もいいとこ。

その頃は言葉もろくに通じず、 どこに連れて行かれるのか不安でいっぱいだったという。

奥さんはリス族の娘、 結婚して建てたのがこの家だ。
驚きは、 この豪邸の建設資金は奥さんの父親が出したこと。

要は西村さん、 家付き土地付きの娘を娶ったわけである。

チェンマイで暮らす多くの邦人の中で、 タイ人(山岳民族)が建ててくれた家に住んでいるのは西村さんだけかも。

但し、 タダほど高いものはない。

奥さんは家事をやらないので、 掃除、 洗濯、 炊事、 庭掃除など全て西村さんがやらなきゃならない。

奥さんにしてみれば、 生活能力(年金)のある種馬+下男をタダで雇っているようなもの。

これなら爺さんでも我慢しょうかー....となる。



コーヒー豆をSさんに渡して語り合う。
下男にもこの位の自由はあるようだ。

pict-P_20180324_143134.jpg


                * *


ジジイには不思議に思えてならぬ。
西村さんにとってメーテンは全く知らない町であったろう。

それがこんなド田舎に日本人がやって来て、 こんな豪邸で下僕のようにして暮らす。 身体を動かすので健康には良いかも....

でも毎日何が楽しいのか、 ジジイなら間違いなく発狂する。


西村さんがSさんにアドバイス。

「チェンマイ生活の真髄に迫るなら、 田舎で暮らすことです」

Sさんが後でジジイに囁いた、 「絶対に迫りたくないですね」



こんな田舎で暮らす爺さんは、 人生を諦観し、 世捨て人として
余生を送ることに悦びを見出すのだろう。

そう、 余生 = 瞑想 + 修行なのだ。


念のために記しておくが、 ジジイがお会いした限り、

西村さんは......











 気は狂っていなかった....正常です。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:41| Comment(18) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無駄に広くて勿体なくも見えますが、600uって凄すぎますね。
Posted by 50歳の読者 at 2018年03月29日 12:40
豪邸の建設資金、お金のあるお父さんなのですね。日本人といれば生活資金が入ってくる。考えていますね。リス族、カレン族等山岳民族の若い男はあまり生活資金がないのでしょう。リス族、カレン族の男性知人はマッサージで働きその日暮らしです。彼らに比べると日本人の高齢者でも一定の多額の収入は魅力的なのでしょうか。瞑想+修行、俗世間のことを何も気にせず、ストレスもなく、余生これから長いと思います。いつまでも90歳超えまで元気でいることを願っています。
Posted by カップ at 2018年03月29日 13:57
こういう生活をされている方を見ると、いつも疑問に感じる事があります。
この年金の事です。
この方が存命中なら問題ないのですが、この奥さんは遺族年金の事はご存知なんでしょうか?
日本人の老人は遺族年金の話しをして、女性を繋ぎ止める事をしますから、多分ご存知だと思うのですが。
タイ🇹🇭嫁を持っている方は、大抵嫁に話しているし、その事実を知って結婚するタイ嫁もいます。
そこで疑問がわきます。
もし日本人がなくなったら一体誰が遺族年金の手続きをするのでしょうか?タイ人ではまず無理ですよね。
とても煩雑で難しい作業ですからね。
皆さんはどうやって遺族年金を渡せるようにしているのでしょうか。
私の周辺にも「まだ考え中です」と言う日本人夫ばかりです。
Posted by aki at 2018年03月29日 16:12
遺族年金の手続きは「Chao」に載っている日本人通訳のいるチェンマイ旧市街の法律事務所でできます。しかしその手数料は込み込みTHB120,000ということでした。
Posted by at 2018年03月29日 22:08
このレストランの看板の道路を道なりに走ると
左側ラムヤイ畑に吹き抜けの喫茶店(Wandee)があります。ここでアイスコーヒーを飲み
ハンモックで揺られて好きな音楽を聴いている時が至福の時間です。
私の妻の姉夫婦が管理してます。

遺族年金に関しては

無料情報誌ちゃーおの広告に出てる法律事務所(日本人通訳います、)に
夫婦で相談に行くか
定住者集いの会に入会して
遺族年金会グループに参加して勉強する。
Posted by kan at 2018年03月29日 22:11
早速のご返信ありがとうございます。
ただ、このchaoの弁護士事務所に実際に依頼され確実に、奥様が遺族年金を受け取る事が出来ているのでしょうか?実績の確認は誰かされているのでしょう?

確かに確実に遺族年金が受け取れるなら12万バーツは安いと思います。しかし、この弁護士が日本語が駄目な弁護士なら日本の年金事務所に通訳を同行させるか、日本人の代理人を使うしかありません。そうしたら、交通費や代理人費用はかなりの金額になるでしょうね。
12万バーツ➕実費でしょうね。

この件で返信をして頂いた方は、遺族年金の当事者の方では無いですよね。法律事務所の紹介や勉強会の紹介は当事者意識から遠いですもんね。
日本にも、海外に住む老人のための遺族年金の代行をする人達がネットで見つけられますが、とても信用できるものではありません。

タイ在住に限らず海外で若い嫁をもらった者の悩みの種ですね。
Posted by aki at 2018年03月29日 23:48
50歳の読者殿:
そうですよね、何を考えてあんな広い家を建てたのか、凡人には想像もつきません。
近い将来亭主(西村さん)が死んだあと、モーテルに改装して奥さんが経営なさる予定かもしれませんね(笑)
(これはジジイの当てずっぽうです)
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年03月30日 11:58
カップさん:
コメントありがとうございます。
健康を考えたら、あのような田舎暮らしがベストかもしれませんね。
ジジイなど街中に住んでいるとすぐ誘惑に負けてしまう。
フラフラーとお店に入ってしまったりで....
ジジイより西村さんの方が長生きされると思いますよ。
Posted by 独居老人 at 2018年03月30日 12:02
追記です。
遺族年金に関して!
日本人夫が亡くなって、タイ人妻では申請不可能だと思います。

 詳細は省きますが!
ちゃおの法律事務所は行きました。

私は遺族年金会グループに参加してます。
(日本の社会保険労務士と契約してます。)
タイ人妻だけの年金説明懇親会もありました、
それぞれ遺族年金申請時実費はかかります。

大変面倒ですが行動を起こさないと先に進みません
Posted by kan at 2018年03月30日 12:07
akiさん:
コメントありがとうございます。
やさしいですね、家族のことを考えて遺族年金のご心配をなさるって(当たり前か)。
西村さんはおそらく準備万端だと思いますよ。
死後、すぐ奥さんが申請できるよう書類作成がお済みでは....
とにかく書類を作成し、あとは申請(手続き)だけの状態にしておくことが肝要かと思います。
では誰が手続きするのか、チェンマイのある日本人会では支援体制を整えている所もあるように聞いてます。
日本の社会保険労務士とも提携してるのでは?
タイ人の奥さんではチンプンカンプンでしょうからね。
日本にakiさんのご兄弟などがいらっしゃれば、頼んでおくことも可能でしょう。
やはり信頼できる日本人(タイにも日本にも)がいるか、いなければタイの弁護士を頼ることになるんでしょうか。
Posted by 独居老人 at 2018年03月30日 12:24
お名前未記入どの:
ジジイに代わってアドバイス、ありがとうございます。
12万B+実費ですか、初めて知りました。
この弁護士事務所には既に実績があるんでしょうね。
実際に使った人の意見を聞いてみたいです。
Posted by 独居老人 at 2018年03月30日 12:28
Kanさん:
メーテンにお詳しいんですね。
このレストランに行かれたことがありますか?
街道沿いですから、パイへの行き帰りでカフェやレストラン利用があるんでしょう。
遺族年金へのアドバイスを含め、色々ありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年03月30日 12:34
独居老人さん今日は、ACEです。

豪邸をリス族の父親が建てたという事ですが、小数民族は貧乏と相場が決まっているはずですが、本当に推定1000万円以上はかかっている豪邸の費用を出せるものでしょうか?

西村さんが照れ隠しでうそを言っているような気がします。

本当にリス族パパが出したのならなぜそのような大金を持っていたのが不思議です。

まさか麻薬で儲けたなんてことではないでしょうね(笑)。
Posted by ACE at 2018年03月30日 17:50
ACEさん:
コメントありがとうございます。
一番最後の何で儲けたか...その通りでしょうか(笑)
照れ隠しで嘘は言っておられませんよ。
でもあれだけ広い屋敷内をご自分が掃除する(庭掃除含む)わけですから....まあ健康的、長生きなさるでしょう(笑)
Posted by 独居老人 at 2018年03月30日 19:01
独居先輩

こんにちは。
印象だけで言うのもアレなので言いませんでしたが、私もACEさんの仰るように西村さんが建てたものでは無いかと思っています。
金持ちのタイ人が建てたなら、もっと物が有っても良いと思いますし。西村さんが一時的に大金を使って建てたけど、ランニングコストはかけてないので物が増えないのでは無いでしょうか。
私も西村さんの立場なら、例え独居先輩が信用できる人だとしても、自分に金が有るという噂が悪い日本人に流れるのを恐れて、奥さんが買ったことにすると思います。
タイ人の奥さんに対しては、もう全てのお金は家に使ったから日本にこれ以上の蓄えは無いと言い切り、月々の生活は年金の範囲で収めて、遺族年金の話しもしないと思います。
Posted by 50歳の読者 at 2018年03月31日 17:41
50歳の読者殿:
奥さんの父親が建設資金を出したこと...間違いないと思います。
金持ちのタイ人と言っても山岳民族です、危ない仕事で儲けたお金では.....
遺族年金は、奥さんもさることながら、子供の将来を心配して考える日本人が多いでしょうね。
日本人と結婚したタイ女性には、奥さん同士の横のつながりがありますので、遺族年金のことを知っている奥さんは多いんですよ。
まあ他人の家庭のことなので、この辺りでご勘弁を...コメントありがとうございました。

Posted by 独居老人 at 2018年03月31日 21:05
広大すぎる敷地とリビングの写真に驚きました。
でも、ご夫婦は家で物欲を満足させてしまったのか、仏間以外は全体的にガラーンとした雰囲気です(壁に絵を飾るとか、装飾品を置くとか しないのですね)。
日本でどのような暮らしをされていた方か存じませんが、ボランティアは別としてド田舎 僻地での生活を求める方の多くに楽な人生経験が無いのは、テレビ番組でも定番なので…。
自分が見聞した中では、昔 活動家(学生運動や政治)で行き詰まり、新生活のため前身を隠し僻地を選んだ人がいました。

ド田舎でこんなに開口部が多い豪邸だと、防犯対策も柵や犬だけでは不十分。
訪問者には言わないでしょうが、奥様経由で護身用の銃器もコッソリ持っておられるんでしょうね。仏間の象牙に仕込んであるとか?
Posted by MARINO at 2018年04月02日 10:45
MARINOさん:
コメントありがとうございます。
西村さんは、結構いい思いをしてチェンマイに住み着かれたようです。
タイの女にもカネを貢いできたのでは....
まあ、前身を隠したいのなら、本ブログでの写真掲載を断るでしょうね。
西村さんは、写真OK, 何を書いてもOKという方です。
「ド田舎 僻地での生活・・」、僻地と書くとメーテン暮らしの方に怒られるかも。
メーテンには現在、8人の日本人が所帯を構えてます。
皆、タイ人女性に引っ張り込まれた方々ばかり。
女性の力は凄い、男を自分の里に連れて来ちゃうわけですから。
ジジイは、どんなに若くて美人でも、田舎暮らしは御免ですけどね(笑)
Posted by 独居老人 at 2018年04月02日 12:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: