2018年01月20日

独居老人の生活1091 (在チェンマイ日本総領事館賀詞交換会2018年)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活
           (2018年チェンマイ日本総領事館賀詞交換会)


   外交官とは、 気づかれずに相手の喉を

   かき切ることができる人だ。

                                トリギヴ・りー (スウェーデンの外交官)


昨日(1月19日)、 「Hotel Holiday Inn」 にて開催されたのが
日本総領事館主催による新年パーティー。

昨年はタイ国王逝去のために自粛、 2年ぶりの再開となる。

タダ酒タダ飯が大好きな独居老人、 一週間分の食い溜めを目標に参加した。

夜6時10分、 ホテルに到着。
空港同様の厳重なセキュリティーチェックを受けて会場内に入る。


ウエルカムボードの前で記念撮影する友人夫婦。
                ☟
pict-DSCN3233.jpg
        ☝ 日本人とタイ人(奥さま)ご夫婦。
           実に仲睦ましい。



既にたくさんの人がグラスを傾けて談笑していた。

pict-DSCN3244.jpg




食事はパーティー開始の6時半から。

しかしワインなどの飲み物とオードブルは、 ホテル・サービス係が歓迎の微笑みで配って歩く。

  可愛いねえ。
pict-DSCN3265.jpg




  お綺麗です。
pict-DSCN3267.jpg




  笑顔が素敵。
pict-DSCN3266.jpg


ジジイは早速ホワイトワインで喉を潤す。
ジーンとくる冷たいワイン、 タダ酒の旨さを腹で感じた。

                 * *

ではどんなモノが用意されていたか、 写真でどうぞ。
先ずはドリンクカウンター。

 ビール、 ワイン、 清酒....焼酎はなかったようだ。
pict-DSCN3249.jpg




  刺身などおせち料理が並ぶ。
pict-DSCN3250.jpg




  こちらはタイ料理。
pict-DSCN3262.jpg




  オードブル。
pict-DSCN3251.jpg




  デザート。
pict-DSCN3253.jpg



さあ6時半、 ここは日本、 わたしの国だ。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=N19MX151kDU


  ということで君が代斉唱から。
pict-DSCN3247.jpg




  川田一徳総領事のご挨拶。
pict-DSCN3248.jpg




さあ食い物にありつける。
ジジイはやはり和食....マグロ、 イカ、 タコ、 稲荷など。

pict-DSCN3255.jpg




やはり和食が人気。
じっと並んで待つのが得意.....これ旧ソ連人と日本人。
pict-DSCN3261.jpg




 皆さんもタダ酒、 タダ飯で・・・
pict-DSCN3258.jpg




日本人に嫁いだタイ人の奥さま方...ご亭主が羨ましい。
                 ☟
pict-DSCN3257.jpg
                ☝

やはり中年の奥さまばかり。
70代の爺さんと20代の若妻カップルを見たかったが.....




 皆さん和気藹々、 お喋りしながら・・・
pict-P_20180119_194911.jpg




 目を引くのが日本人女性、 皆さんお洒落ですなあ。
pict-P_20180119_195315.jpg
    ☝ 和服は女性を綺麗にみせる....嬉しいことです。



pict-P_20180119_194922.jpg



こうしてパーティーは滞りなく、 賑やかに過ぎていく。

pict-DSCN3269.jpg




粗相があったら大変、 川田総領事は目立たぬようにそっと来客を見守る。

pict-P_20180119_191103川田.jpg




 毒見もなさる総領事(右)
pict-DSCN3259.jpg



ということで、ゲリラの襲撃もなく食中毒もなく、 2018年
チェンマイ日本総領事館主催の賀詞交換会は無事盛大に終了。


総領事館の皆さま、 ありがとうございました。










 納めた税金、 少し戻って来た感じ。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:52| Comment(11) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
総領事館主催・新年パーティー、初めて拝見致しました。
チェンマイ或は北タイに幾つかある日本人会のメンバーに招待状が送られてくるのだとか…、出欠連絡や当日の衣紋に気を付けてなくてはならないとか…、体験者の話を聞かせてもらった事があります。
私は無所属ですの気楽なもんです。しかし、独居老人さんの最後の一言に、納め過ぎた税金の返金手続きを怠った様な気がし始めました。
Posted by 独居老人ブログの隠れファン at 2018年01月20日 15:09
独居老人ブログの隠れファン殿:
コメントありがとうございます。
平日の6時半開始なので、企業の赴任者が何人参加したか、少なかったかも....
こういった賀詞交換会は各国の大使館・領事館で開いているようですね。
狭いチェンマイですが、ジジイの知らない人が大勢おりましたね。
顔だけ知っていても、話はしたことがない...こういった方々もかなりいました。
領事館の方々は一人も知らず、口をきいたこともありません。
正直申し上げて、タダ酒を飲みに行ったってことです。 刺身も美味しかったです。
生まれも育ちも現状も貧しい層に入るジジイにとって、ありがたいパーティーでした。
Posted by 独居老人 at 2018年01月20日 17:56
賀詞交歓会セキュリティチェックが厳しいようで一般人は入れないと思うのですが、どのような身分、立場で入ったのですか。例えば、華麗なる独居老人会代表、チェンマイ女性を愛する会代表、カラオケ並木お客さま代表、キムチを食べない会代表、日タイ修好150周年まで元気にいる会代表等々です。
Posted by カップ at 2018年01月20日 22:54
Posted by 縺ェ繧薙□縺九↑�ス at 2018年01月21日 12:07
気づかれずに相手の喉を…、ですか。
今の外交官の仕事は、気付かれないように在留邦人を監視しつつ、現地人職員には波風たたないよう腹を見せながら監視される事ですかね?ww
ちょびっと税金の取り戻しおめでとうございます(^ω^)
Posted by なんだかな〜 at 2018年01月21日 12:16
カップさん:
コメントありがとうございます。
賀詞交換会には、現地企業の赴任者や日本人会の役員及び会員など、チェンマイに貢献(?)している人たちが招待されるようです。
その基準は分かりません。
ジジイは人気ブロガー独居老人ということで招待されました(嘘です)。
Posted by 独居老人 at 2018年01月21日 12:33
なんだかな〜殿:
総領事はほぼ2年で交代、自分の任期中には問題が起こって欲しくない、恙なく次に異動したい...これを願って勤務されてるのでは....
賀詞交換会は、ジジイにとっては貧者救済のありがたいディナーでした。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年01月21日 12:40
私は独居さんと違い、チェンマイに住むその他大勢の鼻も引っかけてもらえない日本人だからか、メール・アドレスは登録していても全くこういう情報は領事館から来ません。現況届のため在留証明をもらいに行ったときも、ケンもほろろの扱いを受け、気分を悪くして帰るだけでしたね。
Posted by コンジョン at 2018年01月21日 12:57
コンジョン殿:
コメントありがとうございます。
領事館では企業や日本人会などの団体を対象にしているようですね。
個人的には、著名人は別として招待なさらないのでは....
ジジイはこれまで3回ほど領事館に出向きましたが、嫌な思いをしたことは1度もありません。
担当者は丁寧な応対、ジジイの目的は予定通り完了しました。 人によるのかもしれませんね。
Posted by 独居老人 at 2018年01月21日 19:09
窓口のタイ人女性の応対には何も問題ありませんが、込み入った話しになったときに出て来る日本人職員は人を見下した対応をする奴がいます。窓口でそういう職員にかみついている爺さんを何回か見たし、私も2回体験しています。日本人会に入っていないからといって、税金をたくさん納めて来た老人たちを差別する姿勢はよくないと思いますね。
Posted by コンジョン at 2018年01月22日 07:48
コンジョン殿:
ジジイは1度も日本人職員と会ったことも話したこともありません。 顔見知りの職員もいません。
全て窓口のタイ人女性の応対でした。 だからでしょう、不快な思いをしたことなし。
ジジイも日本人職員と相まみえることになれば、かみつくことになるかもしれませんね。
日本人会の会員でも非会員でも、職員の応対は同じで、差別はないと思います。
日本人職員は顔見知りでない限り、その人物が会員かどうかは分かりませんから。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年01月22日 12:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: