2017年12月03日

独居老人の生活1048 (一線を越えたら・・・)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1048(一線を越えたら・・)


  性欲がなくなったとき、 青春は終わりを告げる。

  最大の特権は、 年をとっても性欲を保つことである。

                                          チェンマイ独居老人


歌手・はしだのりひこが鬼籍に.......

昨日(12月2日)、 パーキンソン病のため死去(72歳没)。
ジジイも今72歳、 同世代だけに身につまされる。

1968年に大ヒットしたフォーク・クルセダーズの 「帰って来たヨッパライ」 は衝撃的だった。


pict-はしだのりひこ5.jpg
                 ☝
    左からはしだのりひこ、 北山修、 加藤和彦。



ではジジイの好きな彼らの曲、 「イムジン河」 をどうぞ!
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=1-eJDL3zLCQ

               * *

はしだのりひこの面白い点は、 バンドを作っては解散の繰り返し。

・ドゥーディ・ランブラーズ
・ザ・フォーク・クルセダーズ(1968年解散)

・はしだのりひことシューベルツ(1968年〜1970年)
・はしだのりひことマーガレッツ

・はしだのりひことクライマックス
・はしだのりひことエンドレス


最後はソロ活動に入り、 最期はソロのままあの世に行った。

でも、はしだのりひこのそっくりさんがまだ健在だ。


                    ☟


pict-はしだのりひこ4.jpg
             ☝ 右は歌手のイルカ。



2017年4月、「きたやまおさむ〜と京都フォークの世界」 にゲスト出演。 車椅子で約10年ぶりに表舞台に姿を現した。

10年ほど前から 「筋肉が縮む病気」 を患っていたと公表。
このライブ後に京都の病院に入院、 これが公の最後の場となる。


ヒット曲は数多く、 ジジイの青春時代そのものであった。

   「風」
pict-pict-はしだのりひこ2.jpg




  「さすらい人の子守唄」
pict-pict-はしだのりひこ3.jpg


  

   「花嫁」
pict-pict-花嫁.jpg

                * *


勘定すると、 はしだのりひこは62歳から闘病生活。
フォーククルセダーズの加藤和彦は62歳で自殺した。

栄光の音楽人生、 人気スターだったけに、 彼らの晩年には寂しいものがある。


ジジイは60歳から第2の青春を謳歌し始めている。
しがないサラリーマンだったが、 この12年は至福の時代だ。

乏しい年金だが、 チェンマイでなら快楽も味わえる。
やはり健康第一、 今後も弛むことなく下半身強化に励みたい。

                * *


ジジイが23歳の頃、 病院の栄養士さん(当時22)と付き合った
ことがある。

病院に電話して食事に誘ったら、

「患者さんとはお付き合いできません」 のつれない返事。

「俺はもう患者じゃないよ、 治ったから....」

で、 1年ほど付き合ったか。


彼女はジジイのアパアートに1泊したことがあった。
その時が初めてのキス、 下着(パンティ)を下げにかかったら、

 「酔ってる時はイヤ....」 


ジジイはその後、 ”一線を越える” 気は失せてしまった。
当時は素人娘と肉体関係になると → 責任をとる → 結婚へ。

ジジイには彼女と結婚する意思はなかった。
まあ可愛い娘ではあったが、 如何せんリビドーが起きてこない。

結局、 清い関係で付き合いは終了(本当です)。

その頃である。
その彼女とよく通ったカフェで流れていた曲。

ジジイはビールを飲みながら何度も聴いた。
この歌を耳にすると当時を思い出す。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=ugtGClQLUdQ



はしだのりひこは昨日あの世に......

   pict-はしだのりひこ6.jpg



 ジジイの青春は遥か彼方に......
pict-DSCN0524.jpg
                  ☝ 
   独居老人、 21歳のとき....童貞はなくしてました。



元気なら彼女は現在71歳、  今、会えばお互い.....










 老醜.....目も当てられない。


チェンマイって ホントいいですね!

posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:27| Comment(10) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ムード歌謡の東京ロマンチカボーカル三条正人、ロス・プリモスの森聖二も亡くなりました。この時代のボーカルはほとんどいなくなりました。ユーチューブで楽しんでます。
Posted by kan at 2017年12月03日 15:25
同世代、同じお歳ですよね。しみじみと振り返っている中、最後に若い時の写真、色男ですね。今も色男ですが。現在、東京から北へ約400Kmのところへ行ったり来たりしてます。葬式あり法事ありです。寒いです。暑いチェンマイが羨ましいです。健康第一、下半身強化のためにも独居老人さんをチェンマイに行き見習いたいです。
Posted by カップ at 2017年12月03日 16:14
イケメンですな。現在もイケイケですが、なにかさすらい刑事みたい、巨悪は、許さない。巨乳は、許すみたいな。僕は、花嫁でしたね。水戸に高圧ガスの試験で、帰りののバスが混んでいて、女子高生に取り囲まれ、どこから、何処へと純朴な質問、お互い田舎ぺ〜丸出しの会話でしたね。その時流行っていました。試験は、ダメで途中から知り合った人とパチンコへ、後日、パチンコの事がばれて会社の金を使っているんだと。
Posted by 茨城県 at 2017年12月03日 20:08
Kanさん:
マヒナのボーカル松平がまだ元気、三原はとっくにあの世ですが.....
ダニー飯田とパラキンではまだ生きてる人がいますかね?  全員お亡くなりに.....?
ホント、次は順番としてジジイが冥土一歩手前ですわ。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2017年12月03日 20:52
カップさん:
コメントありがとうございます。
老人が寝たきりになるのは足腰(がやられて)から。
なので年寄りは、”転ぶな風邪ひくな”と言われます。
下半身の強化は健康維持のため、ナニも股間の強化に限りませんので....なーんて言っちゃって。
寒い日本です、早くチェンマイにお越しください、そして下半身の強化をなさってくださいませ。
Posted by 独居老人 at 2017年12月03日 20:59
茨城県殿:
試験に落ちればガックリ、気分転換にパチンコでもしたくなりますよ。
トルコに行かなかっただけでもご立派、ジジイなら.....
歌はその時代時代を思い起こさせてくれますね。
ジジイが思い出すのはほとんど女性ですけどね...
みんな今頃、どうしてるかな?  →婆さんになってます。
コメントありがとうございました。。
Posted by 独居老人 at 2017年12月03日 21:04
独居殿
お若い頃の写真イケメンですねーぇ。この頃はおねえちゃん達をブイブイ言わせてたんでしょうねーぇ?
年齢の近い芸能人が亡くなられると俺もそろそろかな?なんて思いながらタイで遊び回ってますが、まだ生きてるって事は幸せな事ですよね。
Posted by GF at 2017年12月04日 02:21
GFさん:
そうなんです、ひどい病もなく元気に暮らせる、時にはネーちゃんを求めたり.....
こんな恵まれた余生はありません。
若い恋人に貢ぎ続けるGFさんのご友人は、この世の春、老春を謳歌されており、最高にお幸せだと羨ましく思います。
ジジイも毎日会いたい、毎晩抱きたい....このような魅力ある女性と巡り合えるなら、100歳まで生きたいです。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2017年12月04日 12:37
はしだのりひこは、同志社大学の神学部でしたね。北山修が京都府立医科大学だったか。加藤和彦は龍谷大学ですね。

あの連中、本当に偶然に集まったのでしょうか。京都の地域的ななにかが吸い寄せたのかなと想像します。


岡林信康も同志社大学神学部とか、偶然なんでしょうかねえ。

Posted by サイダー at 2018年12月13日 22:35
サイダー殿:
あの頃の日本のフォークソングブーム、懐かしいですね。
関西から結構ヒットが出ました。
あのねのねはフォークでしょうか。
高石ともや(受験生ブルース)、高田渡(自転車に乗って)、マイク真木(バラが咲いた)、ブロードサイドフォー(若者たち、星に祈りを)、リガニーズ(海は恋してる)など、当時付き合っていた女の子を思い出します。
歌ってそんな魅力がありますね、昔が蘇る。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2018年12月15日 12:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: