2017年09月14日

独居老人の生活974 (初めて女性読者とランチを楽しむ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活974(女性読者とランチ)


    夫が妻にとって大事なのは、

    ただ夫が留守のときだけである。

                                ドストエフスキー (ロシアの作家)


本ブログにコメントを戴くとやはり嬉しい。
ニックネームなので、 ジジイには性別・年齢は分からない。

初期の頃、 読者の方は全部爺さんばかりだと思っていた。
それが女性や若い方もいらっしゃることを知り、 喜びが増した。


今年の5月だったか、 女性読者の方が日本からチェンマイに見えられたが、 あいにくジジイは日本に一時帰国中。

で、友人の爺さんが代わってランチをご一緒したのだが....
チェンマイをご案内したかったジジイは残念な思い。

                 * *

昨日(13日)のランチでその時の鬱憤を晴らす。
初の女性読者とのご対面だ。

場所は和食店 「奈奈奈」 の隣にある 「雲南飯店」。
                        (ココをクリック)

約束時間の12時半、 ジジイと友人はレストランに到着。
しかし15分経っても彼女は現れない....のんびり待つ。

すると 「やはりこっちだったんですか?」
彼女たちはすぐ近くの別のレストランで待っていたのだ。

                * *

ということで、 4人で楽しいランチが始まる。
お見えになったのは、 何度もコメントを戴いている女性読者とそのご亭主。

チェンマイには5日ほど前に到着された由。
早速ご連絡戴き、 ブロガーとして嬉しい限り。

お二人は生粋の中国人ご夫婦である。
ご亭主は彼女と結婚するまでは中国で僧侶だったとか。

恋に落ちた僧侶が血迷い、 女の後を追って仏門を去る、 または女によって強引に還俗させられたか、 そのどちらかであろう。

得度して修行に励む僧であっても、 女の色香にはお手上げ。
何処(いずこ)も同じ、 女の力は強い.....コレ万国共通。

彼女も中国で仏教に関心を抱き、 ご亭主同様ベジタリアンになった由。  勿論酒・タバコもやらず。


日本人2人がオーダーしたのは写真手前の方。
海老チャーハンや餃子。

 中国人夫婦は野菜オンリー。
pict-DSCN1905雪.jpg




この 「雲南飯店」 はムスリムの経営なのか、 酒は出さない。
ビールの持ち込みも厳禁。

なのでムスリムや白人の客が多い店。
pict-DSCN1908雪.jpg



ジジイは自宅を出る直前に缶ビール(小)を飲む。
加えて空のペットボトルに焼酎を入れて持参。

店内ではこっそり焼酎の水割りで料理を平らげる。
その甲斐あって美味しランチを味わった。


では、 大学で日本語専攻、 日本で10年暮らしたという女性読者
を写真でどうぞ!

                  ☟


pict-DSCN1906.jpg
                 ☝ 
右が元僧侶のご亭主、 ベジタリアンの割には身体がデカイ。
ご夫婦でこれからタイ語を習うんだとか。


ご亭主は日本語、 英語、 タイ語がダメ。
時々妻の通訳で話を聞くが、 ご自分からは喋らない。

で、 奥さんが我々と会話中は、 ひたすらスマホでエロビデオ(嘘)を見て時間を潰す。 

pict-DSCN1907.jpg



ご夫婦はライスも注文、 そのご飯を食べる時、 手にした茶碗を
口に持っていき、 箸で掻き込むようにして食べる。

これは我々日本人と同じ。
タイ人はじめ韓国人、 白人などは、 テーブルに置いたままライスを取って食べる。

中国人と日本人、 こんなんで似てるところがあるんだなあ、
ジジイは食べるお二人が見て、 何か新発見でもしたような.....

ちなみにランチの勘定だが、 4人で合計約700バーツ。
夫婦は一単位とみて3等分の割り勘、 234B/人の支払い。

                 * *

お恥ずかしいが、 この女性読者のようなタイプがジジイの好み。
流暢な日本語をそつがなく話す彼女はとてもチャーミング。

加えて頭脳明晰、 喋っていればすぐ分かる。

ジジイはご亭主同様、 たちまち彼女に魅了された。


だからか、 身体のデカイ無口なご亭主.....留守居はしない。











 妻の用心棒を立派に果たす。


チェンマイって ホントいいですね!

 (後記)
本ブログ掲載(写真含む)を快諾された中国人ご夫婦に感謝!
加えてお土産に中国のお茶を頂戴した由(同席の友人が預かる)

チェンマイを心ゆくまでお楽しみください。
ありがとうございました。

(注) このあと本日2度目のアップあり。
    イミグレに関心ある方はそちらもどうぞ!


posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:38| Comment(6) | 交遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チェンマイではお世話になりました。ホテルに何度も来ていただき申し訳ございません。連絡手段が無かった事をお詫びします。昨夜無事、日本に着きました。チェンマイでは、散歩、昼寝、マッサージそして?をして過ごしました。?を除きハードで無かったので今回は日本に帰っても余り疲れは感じません。チェンマイではやることがなく次回は行くのを止めようと思ったのですが、日本語の出来るタイ人と過ごすことが何となく面白く、両替もややレートが良い時にしてしまい、機会があればまた何も目的なく行こうと思っています。その際は宜しくお願い致します。
Posted by カップ at 2017年09月14日 13:50
カップさん:
コメントありがとうございます。
ジジイが当初チェンマイに来ていたころ、目的は避暑・避寒で読書でした。
滞在が長期化して、当地での友人が増え、チェンマイでワイワイやっているのも楽しくなりました。
今後何度かチェンマイにお見えになるのでしたら、700B程度の携帯を購入されたら如何でしょうか。
パソコンなし、携帯なしでは、漂流 → 孤島で避難生活するような感じですね。
チェンマイ再訪、心待ちにしております。
Posted by 独居老人 at 2017年09月14日 18:35
タイの携帯を以前は持っていたのですが、半年に1回のチェンマイ、その為その都度、手続きで携帯番号が変わり面倒なので知人のタイ人にやってしまいました。それで連絡方法は料金は高いですが日本の携帯だけにしました。今はスマホをタイ人のほとんどが持っていますが、私だけガラケー携帯です。恥ずかしいです。遅れています。今スマホに変えるか検討中です。チェンマイでの3週間、ただブラブラしていたのですが、あっという間に過ぎた感じです。
Posted by カップ at 2017年09月15日 09:59
カップさん:
ジジイの友人で、年1回チェンマイに来る爺さんがおります。
1ヵ月滞在ですが、スマホを購入し、当地に着いたら少しだけお金を入れて、また携帯として使用してますね。
Lineを使えば通話無料、日本からでも通話やメールがタダでできます。
お奨めなんですが......
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2017年09月15日 11:36
独居老人さん、こんにちは
私は中国に住んでいた時に、茶碗に口を付けて食べてたら、汚いよと指摘を受けました。確かに中国の食器は食べかすが残って居ることも有り、納得したものです。
従って、読者の中国人の方は日本生活を経験してるので、筆者様に合わせたのではないでしょうか。
Posted by 50歳の読者 at 2017年09月15日 13:01
50歳の読者殿:
コメントありがとうございます。
1度も日本に行ったことのないご亭主も同じように、茶碗に口を付けて食べてました。
「中国の人はそのようにしてたべるんですか?」 と訊いたら、「私たちも友だちもみなこうですよ」と言ってましたが.....
ジジイは茶碗を口には付けないですね、手で持つだけ。 
数十年、お茶漬けや生卵ぶっ掛けご飯は食べてませんので。
中国人読者は、ほほ完璧な日本語、仕草も日本人の感じでしたね。 
10年暮らせばそうなるのかな。
Posted by 独居老人 at 2017年09月15日 14:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: