2017年08月20日

独居老人の生活951 (隣席の爺さん)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活951(隣席の爺さん)


  君の隣人を知れ、 そして彼に関するすべてを知れ

                         サミュエル・ジョンソン (18世紀・イングランドの文学者)


先日夜、 ある食事会がチェンマイで催され、 ジジイも参加した。
20数名が集合、 到着すれば自由に空いている席に座る。

ジジイの左側隣席の爺さんは、 顔は見たことがあるが話したことは1度もない方。

狭いチェンマイ、 顔だけは知っている...そんな人が多いのだ。


pict-DSC_0012.jpg


ビールが入れば、 つい顔なじみの人と喋ってしまう。
なんせ周りは友人ばかり、 どうしてもそうなる。

結局、 左側隣席の人とは喋ることなくお開きとなった。 
というか酩酊し、 椅子でぐっすり眠っていたら終わっていた。

酒酔い運転を避けるため、 この日ジジイはツクツク利用。
外は生憎の雨、「自宅まで車で送ってくれる人を探すか....」

そんな時である、 ジジイの名前を呼んで、
「独居さん、 私の車に乗ってください、 送ります」 の声。

何とさっきの隣席の爺さんである。
勿論、 親切に甘えて彼のピックアップトラックに乗り込む。


車内は二人だけ、 当然ジジイも話しかける。

「XXXにお住まいなんでしょ?  遠回りさせてスミマセンね」
 (別の人から彼のアパートをチラっと聞いていた)

「いえ、 独居さんと同じアパートですよ」

「えぇー?」


車はジジイが住むアパートに到着、 2人してエレベーターに乗る。
降りた階もジジイと同じ、 「ありがとうございました」

廊下を挟んで左右にお別れ。
隣席の爺さんは、 ジジイの部屋の真向いに住んでいた。


ああ〜そういえば6月頃か、 家族連れが向かいの部屋に入居
した。
訊いたら子供の学校のため、 奥さん(タイ人)共々郊外から引っ越して来た由。

以前、 ジジイが朝早くゴミ出しのため廊下に出た時、
「おはようございます」  とタイ人女性の挨拶。

ジジイは慌てて  「失礼しました」。
ジジイは T-シャツにトランクス1枚の姿だったのだ。


灯台下暗しとはこのことか。

でも向かいの爺さんは、 ジジイの寂しい独居を知ってるはず。

そう、 それを吹聴して戴きたいものだ。


ジジイの質素ではあるが









清く正しく美しい生活を.......


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:12| Comment(0) | 交遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: