2017年08月10日

独居老人の生活942 (貧乏オッサン、 チェンマイの恋:後編)


今日は前回(#941)の続きです。
まだお読みでない方は前編から先にそうぞ!



チェンマイ独居老人の華麗なる生活942
               (貧乏オッサン、 チェンマイの恋:後編)


    カネがなくてもくよくよするな。
    他人に一時預けていると思え。

    いずれ自分のところに回ってくる。
    女もそうだ。

                                      高田純次 (タレント)


女性を口説くには2人だけの時間を作ることが必要だ。
そこでTさんは、 思い切ってMiちゃんをデートに誘う。

お土産のネックレス効果か彼女の返事はOK。

その頃、 「セントラル・フェスティバル」 がオープンしていた。
で、 そこへMiちゃんと一緒に行くことに......

待ち合わせ場所は 「のぼる」 の向かいにあるマッサージ店の前。
Miちゃんは、 時々ここで雑用もする。

Tさんは約束時間前に到着、 しかしMiちゃんは一向に現れない。
おかしいと思い、 マッサージ店の女性に訊く。

「Miはいませんか?」

「彼女は田舎の実家に帰りました」

呆然と立ち尽くすTさん。

              * *


Tさんは当時を思い出し、 ジジイにボヤく。

ネックレス貰ってあんなに喜んでいたのに.......
突発の用事でも出たんでしょうね。


「一体、 幾らくらいのネックレス、 贈りました?」

「300バーツだったかな」

「ハアー?  桁違うんじゃない、2桁くらい」 とジジイ。

「そんな〜、 まだヤレるかどうかも分からないのに、
 3万バーツですよ、 そんな高価なモノ、 贈れませんよ」

「そりゃそうだね。
 それに、 絶世の美女ってほどでもないし.....」

「俺がMiは綺麗だって言うと、 周りの人からバカにされました。
 でも俺は本当に美人だと思ってますよ、 彼女は真面目だし...」


pict-20150311_191358 (1).jpg
          ☝ TさんをメロメロにしたMiちゃん。


世の中、 蓼食う虫も好き好き。    (人それぞれに好みあり)

尚、 Miちゃんは今もTさんの名前を知らず、 洒落の ”アナタ” って呼ぶんだとか。

                * *


そうこうする内、 1昨年の乾期だったか 「のぼる」 が閉店した。 
みんなの溜まり場が消滅、 Miちゃんの姿も見られなくなる。

TさんはとうとうMiちゃんとはデート出来ずじまい。
2人だけの機会が訪れることはなかった。

「のぼる」 の近くに住んでいたTさんは、 チェンマイを離れることにする。
もうMiちゃんのことは忘れたい、 そんな思い。

引っ越し先はランプーン、 サラピーとの境だ。

手に手を取って恋の逃避行なら聞いたことがあるが......
閑静な田舎の1軒家で、 失意のうちに寂しく余生を送る。

pict-轟自宅2.jpg
             ☝ Tさんが借りた家。




pict-轟自宅で.jpg
       ☝ Tさん(63歳)、 微笑の中にも寂しさが....



ところが1人でポツンと暮らせば、 まさに 「恋の季節」。
♬ 忘れられないの あの人が好きよ ♪

ピンキーとキラーズ、 お暇でしたらどうぞ!
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=KB_O_GrVVIM


「のぼる」 の季節は去っても、 Miちゃんへの想いは募るばかり。

MiちゃんにLineを送ると可愛い花マークが返ってくる。
面白い動画を送れば555(笑い)の返信。

                * *

1ヵ月前、 当時の 「のぼる」 の客が集合、 夕食を共にした。

pict-ムーカタ轟.jpg
           ☝ ムーカタ店で、 右端がTさん。


TさんはここにMiちゃんを誘う。

「友だちと一緒に行くわ」 の嬉しい返事。

これも結局すっぽかし。

「行けなくてごめんネ」 のLineが入る。

                * *
 
Tさんはそれでも諦めない。
風俗店に行けば、 MIちゃんの姿態を思い浮かべて若いオンナを抱く、 「Mi−!」

(注) Miちゃんはもう40歳のはずだけど......
    抱かれたピチピチギャルはお気の毒。


Tさんにとってのチェンマイは、 Miちゃんがすべて。
しかしオッサンのラブストリーは失恋逃避行。


聞けば聞くほど涙ぐましいTさんのひたむきな愛。

「Mi−!」   Tさんは1人、ベッドの上で涙ぐむ。










pict-pict-DSCN1507.jpg

                   ☝
https://www.youtube.com/watch?v=bI3G0YJueno



チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 08:44| Comment(14) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私から見ればTさんは私よりも男前だし、やさしそうに見えるので、Miさん以外のタイ女性にはもてそうに見えます。Miさんはきっと別に男がいるからTさんをないがしろにするのでは?。それとタイ女性はアクセサリー類の価格を意外にわかっているので、表向きは喜んでいるように見せただけだと思います。Miさんのことはきっぱりとあきらめて、Tさんになびいてくれるような女性を探す方が賢明です。
Posted by ナムトック at 2017年08月10日 11:30
いろいろな人達と交流があり、面白く楽しく可笑しく、チェンマイにいて飽きませんね。女の子は結構田舎に帰るようですね。マッサージ店ですけど1週間位後に再度行ったら田舎に帰ったゴーホームと何回か言われた事がありました。私は6ヶ月に1回チェンマイ訪問、尚更変化が著しいです。あと2週間でチェンマイです。
Posted by カップ at 2017年08月10日 11:54
ナムトックさん:
Tさんはまだ60ちょっと、見場も若いしモテるはず。
しかしタイトルにあるように財力にやや問題あり。
タイ人女性は金持ちの太っ腹を求めますので...家、車、貴金属のプレゼント!
Miちゃんには以前にタイ人の彼氏がいるようなことを耳にしたことがありますが、さて現在はどうでしょうか。
40にもなれば、安定した日本人(Tさん)に傾いても...と思いますがね。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2017年08月10日 13:31
カップさん:
マッサージ店でもカラオケ店でも、女の子はすぐ辞めてしまうことが多いですね。
イイ子がいたら速攻が不可欠。
初対面で「オレと一緒に暮らさないか」と言って同居を開始した日本人もおります。
10年たっても別れてませんね。

チェンマイでジジイがお待ちしております。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2017年08月10日 13:38
独居老人さん今日は、ACEです。

昔行きつけのセブンの店員の娘さんと仲良くなったことがあります。

以前書いた美少女ではなく、もう5年位前の当時26歳の娘さんです。

私が店に行くと他の客の買った商品のレジを打ちながら私を見て微笑みます。

電話番号と名前を教えて貰ったのですが、店内で彼女のお腹を触るとやや太めなので食欲が減退し、電話しませんでした。

私は細めが好きなもので、、、、、。

次回にあったら「なんで電話してこない」と怒られました(笑)。


ところで今回の作戦は最初から彼女にその気がないように思えますから、金のネックレスを送っても、即換金されていたような気がします。

10Bのアイスキャンデーの連続プレゼントでなびかなければ、最初から相手にされていないのですから次のターゲットを探した方が早いのではないでしょうか。
Posted by ACE at 2017年08月10日 15:07
Tさんもそうですが、タイ女性に対して何か勘違いをしている老人が多いように感じます。
タイは今や日本の生活水準の三分の一ぐらいまで上がっています。
日本でもし老人が若い女性と結婚したいと思うならどの位の資産や収入が必要でしょうか?
その三分の一と言えば、結構な額でしょう。
まして300バーツのコピー品とは。女性にしてみれば、馬鹿にするな!ですよね。本音は。
それを口にしないMieちゃんは偉い、というか最初から相手にしていないんですよね。
私の住む田舎町ですら、一世帯あたりの車の保有比率も非常に高くなっています。
確かに借金も多くなっているようですが、それでも車はタイ人にとってはステータスシンボルを通り越して、生活必需品。
そんな車すら持っていない日本人には、そもそも最初から本気になるはずがありません。
結婚を考えるタイ人も馬鹿じゃありませんから、この人は日本にいずれ帰る人、家や車を買えない人、本当は優しくない人、浮気する人等をしっかり見ていますよね。
現地妻や援助交際嬢は別ですが。

ましてファランじゃなくて日本人ですよ。老人のファランなら多少のお金でもなびく女性も多いようですが、背も小さく、短足で、猫背で、目が小さく、垢抜けない陰気な日本人にタイ人が憧れを持つ訳がありません。
悲しいかな日本人(^_^)
まあ、好き勝手書きましたが、Tさんに一言。

タイ人女性との結婚は本当に大変です。本当に!(≧∇≦)


Posted by aki at 2017年08月10日 21:00
こんにちは、日本は連日猛暑続きです。
私は、2014年末に チェンマイに ひと月いて帰国後、私事やらイスラム国のテロがあるかも…と怯えてやらで、しばらくの間 国外に出ませんでした。
2015年10月に ようやくチェンマイ入りしたら、のぼる主人は店に出なくなっており、(記事の中の名だと)Miさんが1人で切り盛りを してましたっけ。
手帳を見ると4回(週イチ)行ってますが、主人の出ない店に人っ気なし。最後の回の夜、「様子見に行こうか」となった常連さん4人と偶然 会ってます。Tさんはおられなかったですね。
2016年1月に行った時には、もう別の店になってました。路上でのぼる主人と偶然 会い雑談したのはこの時で、まさか最後の会話になろうとは。
この間、店の常連さんに何があったかは、自分なりに その後も色々と聞きましたが、独居老人様のフィルターを通して その一端が また伺え、良かったです。
Posted by MARINO at 2017年08月11日 10:27
ACEさん:
的を射たアドバイス、早速Tさんに伝えます。
でもTさんの変わらぬ熱情は、他の女性では代替えできないかも......一途ですからね。
Tさんは、まだ脈があると思ってるんですよ(笑)
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2017年08月11日 11:14
akiさん:
「タイ人女性との結婚は本当に大変です。本当に!」
間違いなくTさんに伝言いたします。
経験者のアドバイスは貴重で、しかも実感がこもってます。
Tさんは、「Miはそんなんじゃない、とても真面目でやさしい女、一緒くたにしてくれるな」、と言うかもしれませんが......
男は、ましてや爺さんは、惚れこんだら一直線ですからね。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2017年08月11日 11:21
MARINOさん:
コメントありがとうございます。
MARINOさんのコメントによれば、のぼるの閉店は2016年1月以前ということになります。
となるとジジイの記憶が違っていたのかも.....
訂正いたします。
ジジイもTさんも、のぼる親父が仕事にやる気をなくし、店に出なくなる頃から足が遠のきました。
やはりあの店は、親父が居てこその店だったんですね。 
今では良きチェンマイの思い出になりました。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2017年08月11日 11:32
こんにちは
初めてコメントします。というか,このブログを数日前,初めて知りました。今,ミャンマーのピンウールウィンにいます。今回の旅では,このあと,チェンマイを訪ねるつもりで,情報を検索していて,このブログにたどり着きました。
読書量の多さ,飾り気のないお人柄がにじみ出ている内容で,テーマも人間としてあたりまえことをあたりまえに書かれていて,大いに引き込まれました。30話から読み始め,やっと2014年のブログを読了。わずか3年で900話を超える多産ぶりに改めて敬服。この調子だと,チェンマイ訪問までに全ブログの読破は無理っぽいです。ピンウールウィンには,休養と本を読むだけの目的で滞在してますが,今日はまだ本も開けてません。いや,ほんとに面白いブログですね。
Posted by しいちゃん at 2017年08月11日 17:23
しいちゃん殿:
ジジイにとって格別に嬉しいコメント、ありがとうございます。
褒められるとそりゃあ天にも昇る気持ち、益々やる気が出てまいります。
最初から30話までは、比較的上品に書いておりまして、必ずチェンマイのレストランをご案内しております。
お時間がございましたら、そちらの品の良いブログにも目をお通しくださいませ。
ありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2017年08月11日 20:57
独居老人様
何時も何時も楽しくブログを拝見させて頂いて居ります。Miちゃんの事でしたらパタヤ副団長Sさんがご存じだと思います。メールで確認して下さい!Tさんごめんなさいです。
Posted by 見知らぬオッサン at 2017年08月12日 00:11
見知らぬオッサン殿:
コメントありがとうございます。
TさんはもうMiのことは諦めるそうです。
ナムトックさんのコメントで、
「Tさんは私よりも男前だし、やさしそうに見えるので、Miさん以外のタイ女性にはもてそうに見えます」。
Tさんは、これを読んで自信がついたと言ってます。 他を探すようですね。
Posted by 独居老人 at 2017年08月12日 11:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: