2017年05月05日

独居老人の生活858(これってあるかな?)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐858(これってあり?)


       子供と馬鹿は、 生活を陽気にする。

                                        ヨーロッパのことわざ


今日は5月5日、 日本では端午の節句で 「こどもの日」。
国民の祝日の一つで、 1948年に制定された。

ジジイは、 子供の頃に鯉のぼりを立てて貰ったことはなく、 ジジイの息子に立ててやったこともない。

pict-Koinobori-pr-420w-2.jpg


現在、 日本の14歳以下の子供の数は1,571万人(外国人含む)で、 36年連続の減少。 (総務省推計今年4月1日時点)

総人口に占める子供の割合は12.4%で、 43年連続の低下。
これは主要国31ヶ国のうち、ドイツの13.2%を下回り最低という。

タイ在住の同胞ご老人には、もっと子作りに励んで戴きたいもの。

                 * *

タイには子供の日があるんだろうか?

調べたらちゃんとある..... 1月の第2土曜日。
どのようにお祝いしているのか。 (分かりません)

世界で見ると、 6月1日を子どもの日にしている国が多い。

これは1925年、 ジュネーブの子供の福祉世界会議で、 6月1日が国際子供の日と制定されたことによる。

休校とか、 催事をしたり子供に贈り物をする地域もある由。

ちなみに、 子供の日を特に制定していない国もある。
アメリカ、  イギリス、  フランス。

                 * *

成人の日はどうなのか?
タイで成人式っていうの、 聞いたことがないが.......

他国にもあることはあるが、 儀式をやって祝い、 酒を飲んだりするのは日本の風物のようだ。

バンジージャンプ(バヌアツ)とか、 ライオンと戦う(マサイ族)など、 試練を経て大人になる国・地域ならあるらしい。

                  * *


チェンマイにはこんな店は絶対にない。



               ☟




  呉服店及びその貸衣装。
pict-DSC_0075.jpg



pict-DSC_0076.jpg



日本の呉服店、 今ではめっきり少なくなって....
写真の店は新宿サンロード地下街で結構長く営業している。

しかしジジイは最近、 和服姿の女性を見たことがない。
冠婚葬祭や卒業式シーズンとはすっかりご無沙汰だからか。

               * *

日本の女性も着慣れないせいか、 着物姿にイマイチの感がある。
思い出すのが今から47、8年前、 ジジイは付き合っていた女の子とデート。

彼女が出席したパーティー後にホテルオークラで待ち合わせ。
そこの最上階にあるスターラウンジで飲んだ記憶がある。

その彼女、 和服姿で現れたのだが....何とガニ股歩き、 全く様になっていなかった。  大人になって初めて着たという。

チェンマイ大学などの日本祭で見かけるのが着物姿のタイ人。
当たり前だがなんかピシッと来ない....ガニ股か着付けのせいか。

そんなタイ人女学生を見るとホテルオークラの彼女を思い出す。
お恥ずかしい.......そのガニ股の女がジジイの妻になった。


                  * *


これならチェンマイにもありそうだが.........

  質屋。
pict-DSCN0174.jpg
     ☝ JR高田馬場駅近くの老舗の質屋。




広告を出して、 質屋はまだまだ頑張っている。

pict-DSCN0182.jpg
             ☝
 0178、 電話番号に合わせた店名には恐れ入りました。



ジジイも若い頃は質屋のお世話になった。

ジジイがその時学んだことは、 アクセサリーといってもカフスボタンやネックレスなどだが、 全く質草にはならないこと。

ジジイが4,5日東京のアパートを留守にした時だ。 
部屋を貸してくれという友人に、 ジジイの部屋を使わせた。

ドアの鍵はダイヤル式、 友人にナンバーを教えておけばいい。
で、 数日後ジジイが帰って来た時、 友人は既に去っていた。

見慣れた自分の部屋を見て ???
テレビがない、 驚いて友人に電話。

 「カネに困って質屋に持ってった」  と友人。

その当時、 ブラウン管のテレビは十分質草になったのだ。

ところでチェンマイの質屋、 見たことないが何処にある?


                * *


これは日本では見られない、 チェンマイならではだ。

それはパンティッププラザ隣の露店フードコートで出くわした。

pict-DSCN9434.jpg



毎晩バンドが出演、 ライブを聴かせる。
この日はジジイが初めて見るバンド....珍しい。

ジジイばかりじゃない、 多くの客を魅了する。

pict-DSC_0074.jpg




               ☟




pict-DSC_0066.jpg
       ☝ 子供のバンド、 曲目はポップス、英語で歌う。




ギター演奏のテクニックは子供とは思えない。
少女ならもっと絵になるかも。
           ☟
pict-DSC_0072.jpg




ドラムスのこの坊や、 お見事なバチさばき。

pict-DSC_0070.jpg



日本にも子供のバンドは数多くある。
しかし客の前で、 夜の8時、9時過ぎの演奏(営業)は滅多にない。

これは日本の労働基準法で何かと規制があるから。

タイではどうなのか、 子供の深夜労働がOKとは思えないが....



     ”世界で最もすばらしいことは、

      自立の方法を知ることである”
                             モンテーニュ









 タイ人女性はこれをよく知っている。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 08:58| Comment(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: