2017年05月04日

独居老人の生活857(#2 独居老人・食卓日記)



   ”チェンマイ独居老人の生活” は低俗娯楽ブログです。
    紳士・淑女、 18歳未満の方はご遠慮ください。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐857
                      (#2独居老人・食卓日記)


    人は3つの名前を持つ。
    両親が生まれた時につけてくれた名前、

    友達が親愛の情を込めて呼ぶ名前、 そして、
    自分の生涯が終わるまでに獲得する名前である。

                                            ユダヤの格言


昨日に引き続き、 ジジイの食卓を覗いてやってください。


5月1日: 「日本海庄屋」

pict-DSCN0180.jpg


場所はJR池袋駅・東口、 LABI池袋店の7階にある。
  (Street Viewはココをクリック)

高校時代の同級生2人と一緒にランチ。
  店内。
pict-DSCN0179.jpg



Eくんの注文は海鮮丼:1,000円。
他にビール中瓶:594円x7本。   焼酎:486円x4杯。

pict-DSCN0176.jpg




ジジイとKくんは刺身定食:1,280円。
ジジイは前日(30日)も真鶴で魚三昧、 飽きずに又もお魚で。

 (価格の全てに8%の消費税がプラスされます)
pict-DSCN0178.jpg




2人とも公務員の生涯で引退、 約55年の長い付き合いだ。

     pict-DSCN0177.jpg
         ☝ 左がEくん、 右がKくん。


Kくんには兄2人がいたが、 共に60代で鬼籍に入った。
60代前半の頃、 Kくんの心配ぶりは尋常でなかった。

  「俺も70を越えられないかも......」

そんな心配は杞憂に終わる。  我々は今71歳。

一方、Eくんの家系は短命、 両親・兄弟で80を越えた者なし。
 「俺はもうすぐあの世だよ」 と達観したように言う。

でもこればっかりは分からない、 その順番は。
3人のうちで、 ジジイが最後になるとは思っているが......


                * *


5月2日: 「庄や」

ランチをご一緒したのは 「パタヤ視察団」 のメンバー。
この日はパタヤならぬJR国分寺駅に正午集合。

pict-DSCN0183.jpg
                  ☝ 
    左が西団長(76)、 奥さんの手前、顔を隠します。
    右がド助平の日野さん(68歳)



 向かった先は駅の目の前にあるビル。
pict-DSCN0191.jpg




 このビルの2階に 「庄や」 がある。
pict-DSCN0184.jpg




  席は個室の感じだがドアとかの仕切りはない。
pict-DSCN0189.jpg




ランチメニューを見て感激。  2品チョイスして900円だ。
             ☟
pict-DSCN0185.jpg




 ジジイと日野さんは刺身とモツ煮込みを選択。
pict-DSCN0186.jpg




 西団長はアジフライ・コロッケと煮込み。
pict-DSCN0187.jpg


ビール大瓶:594円x6本。
ウーロンハイ中:432円x3、  紀州梅:118円x1。

他にツマミで、 塩辛、 しらすおろし等オーダー。
 (価格は消費税除く)
勘定は総計7,928円(2,643円/人)と東京にしては安い。

               * *


 西団長とは8ヶ月ぶりの再会。
pict-DSCN0190.jpg



昨年の8月末でチェンマイを引き払い、 西団長は日本へ.....
現在は自宅でテレビを見ながら酒をチビチビ、 模範的老人の健全なる日々。

ここで懐かしい 「パタヤ視察団」 団歌を思い出しました。
                 ☟
https://www.youtube.com/watch?v=mJJut1ooYSI



  パタヤの夜。
pict-DSCN7973.jpg
                  ☝
 今や西さんにはこんなパタヤは夢の夢、 遥か遠くの世界に....



プリプリオッパイを触りまくったあの柔らかな掌(手のひら)は、
今や動脈硬化でガチガチ。

若いオンナの柔肌に触れないでいると、 老人の身体は忽ちしぼり滓(かす)になる.....西さんの8ヶ月間の変貌がこれを証明。


    pict-1472464756784.jpg
          ☝ 男の常道... ”乳帰る” 



片やド助平の日野さんは、 チェンマイに恋人がいるにも拘わらずこんな良からぬことを・・・・
pict-1439647205368.jpg
          ☝ パタヤの一夜妻と一緒に......


パタヤ視察団は、 パタヤの怪しげな文化も研究テーマの1つ。

1ヶ月半の東京滞在を終え、 日野さんは1週間後チェンマイへ。
そこには7年越しの恋人(27)が待っている。
                   ☟
pict-DSCN9737.jpg


チェンマイに着いたその夜、 早速熱い夜になるんだとか。

彼女との将来を真剣に考え、 浮ついた心から脱却した..と思えた日野さんだが......

酔いが回り、 いつの間にかパタヤ視察団を再結成。
今夏、 西さんを団長に4度目のパタヤ訪問が決定した。











スケベは死ななきゃなおらない。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:13| Comment(0) | 食卓シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: