2017年04月18日

独居老人の生活844(タイで貢ぐ邦人婆さん)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐844(タイで貢ぐ邦人婆さん)


    色気たっぷりの年取った女性:

    賢い男がからかい、 牧師が説教をもちだし、

    皮肉屋が不機嫌を向け、 罪人が悪行の言い訳にし、

    若い男がふんだんに貢がせる対象。

                              ヘレン・ローランド (米国の作家) のパロディ


 「週刊Friday」 今週号の記事で、 下の女が出ていた。
つなぎ融資の女王は熊本県のド派手婆さん(62歳)だ。

pict-DSCN0039.jpg





自宅もド派手、 この豪華な部屋で出資を持ちかけらる。

    pict-DSCN0037.jpg


62歳が醸し出す優雅な色気、 姫御殿と呼ぶこんな豪華な邸宅。
男はこれにすっかり騙された。

その婆さんが大金を手にして逃亡した先が我がタイランド。
幸せは続かない.....悪(ワル)は逃げられない。

で、 こんな逮捕記事となって、 我々の目を楽しませる。


「出資法違反:7億円集金か、 62歳女逮捕へ 熊本県警」

投資話を持ちかけて違法に資金集めをしたとして、 熊本県警は19日にも同県出身の山辺節子容疑者(62)を出資法違反容疑で逮捕する。

山辺は、 10年ほど前まで熊本市内でスナックを経営。
1人7、8千円かかる高級スナックだったそうな。

語りかける声に色気があって、 男性関係は派手。
1度結婚したが不倫して離婚、 その後の男関係は見境なし。


そんな山辺が1月20日、 60日間の観光ビザでタイに入国。
その後、今月19日まで30日間のビザ延長が認められていた。

山辺婆さん(62)はタイで何をやってたか。
31歳のタイ人男性に貢いでいたのだ。

山辺節子とタイ人の男性は、 7ヶ月前にパタヤで出会う。
そして婆さんは、 騙し取った金でこのタイ人の男性に豪邸を建ててやる。

おまけに牛も買ってやり、 毎月2万バーツほどのお手当を渡す。

山辺婆さんは、 その前はフィリピンでも恋人を作る。
同じように多額の金を貢ぎ、 家族の生活費まで渡していたとか。


よく聞く話だが、 日本人爺さん → タイ人の若い女がほとんど。
1つ残念なことは、 山辺婆さんは詐取したカネを使ったこと。


国際指名手配がかかればタイ警察は動く。

pict-yamabe-300x209.jpg
           ☝ 左が山辺、 右がタイ警察。


ついにタイ東部で、 婆さんは華麗なるスケベ人生の幕を閉じた。

下はタイ警察に身柄を拘束された時の模様です。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=MZuIbSso1oA


貢ぐなら、 このジジイにくれたら良かったのに......
ジジイは2万バーツ/月のお手当など要らぬ。

カネの出処などジジイは訊かぬ。
お金持ちの初老の女性がジジイの恋人になったのだ。

で、一括で2億円くれたら、 チェンマイのジジイ宅に住まわせてやる。  夜のお相手も、 1回くらいは頑張ったろう。


で、 そのあとはこっそり1人で........











2億円持って海外旅行いたします。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:38| Comment(1) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
独居殿
貴方はこの色ボケババアの次に悪です(大笑)
このババアはタイ警察に捕まった時は若作りしてましたが、所詮ババアはババアです。31才のヒモ男には年齢を大分若く言ってた様ですが、ヒモ男がババアの運転免許証を盗み見て本当の年齢を知ったみたいです。それでもこんだけの大邸宅やら色んな物を買い与えて毎月2万バーツ上げたらタイ人男は我慢して嫌々ながらでもチョメチョメしますよ。でもヒモから捨てられるのも時間の問題だったらカモですね。日本人ジイさんの逆バージョンですかね。
Posted by GF at 2017年04月19日 00:31
ボストンバッグに大金を入れて税関検査を通ってよくばれなかったと?私は帯封の現金を持ち込む時いつも心臓がバクバクです。
Posted by kan at 2017年04月19日 10:18
GFさん:
婆さんの男に対する年齢詐称、これ面白いですね。
62歳と知った時、ギャハー....でもカネの為、我慢して突く突く奉仕してたんでしょう。
あんなに派手なことをせず、タイの不法滞在でひっそり暮らせば逮捕されなかったかも。
でもそんなことはできない女だから、詐欺やったんでしょう。
バカとスケベは女も同じ....これを証明してくれましたね。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2017年04月19日 11:57
Kanさん:
コメントありがとうございます。
そうですよね、大金をどうやってタイに運んだか?
ジジイはカネを入れた袋を腰に巻いて入国してます。
でも金額が少ないので、ドキドキなどしませんね。
ボストンバッグなど手荷物に入れると、東京バナナの20箱+書籍20冊と同じ感じでしょうか。
Kanさんの「帯封の現金を持ち込み」って、1億円くらいあるのでは?
だから心臓バクバクになるんだと思います。
Posted by 独居老人 at 2017年04月19日 12:07
笑笑笑!

じいさんもばあさんも、日本人はタイの若者にお財布扱いされているんですかね?
中には、ちゃ〜んと愛情で結ばれているカップルも存在することを望みます^^

独居老人さん、私は全部ワリカンでいいから対等の友達になってくださ〜い!(笑)
Posted by 青 at 2017年04月20日 12:47
青さま:
是非お友だちにならせてください。
但し介護要の方はご辞退申し上げます。
年齢差が極端に離れている(30〜40歳差)カップルは、若い方が100%お財布狙いですね。
若い人がなんで爺さん婆さんを選びますか。
でも年の差カップルが一緒に暮らしている間に、いつしか愛情が湧いてくる...これはあっても不思議じゃないと思います。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2017年04月20日 15:53
ありがとうございます〜^^v

老々介護はこれから日本も増えるでしょうね・・・うちの両親もそれに近いものがありますが。
オランダでしたっけ、尊厳死が認められている国?本人がそれを望む場合は、まだ物事の判断ができるうちにliving willを書く必要があるんでしょうが。日本はまだどちらも認められてはい
ないんですね。

ところで!Facebookされてますか?
まだお会いしたことがないので、つながるのは野は無理ですか??

以前教えて頂いた、チェンマイ情報誌のチャオはFacebookページでチェックしました^^

まぁ、なにしろ仁川空港経由でのチェンマイ旅行、朝鮮半島情勢次第でどうなるか、まだわかりませんが(笑)
Posted by 青 at 2017年04月22日 09:54
青さま:
尊厳死はあってもいいですよね。
病気で辛い思いをしてまで生き長らえたくないですから。
最初は70歳以上から安楽死OK....日本も条件付きで認めればいいと思いますが。
オランダ、ベルギーに米国では一部の州でOKのようです。

ジジイはFacebookはやっておりません。 本ブログだけですね。
心行くまでチェンマイをお楽しみください!
Posted by 独居老人 at 2017年04月22日 10:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: