2017年03月04日

独居老人の生活806(本ブログの原点逝く)


本日2回目のアップです。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐806(本ブログの原点逝く)


   一度生を受け、 滅せぬもののあるべきか。

                                         平 敦盛 (曲舞)


今日(3月4日)、 ランチの時友人から電話が入る。
訃報であった。

本ブログのスタートは、 ジジイがブログ 「チェンマイ発信・飲んベい親父の子育て物語」 に投稿したのがきっかけ。

その飲んベい親父さんが3月3日に亡くなられた由。
確か61、2歳だったか、 早すぎる。

#30作までは、 全て飲んベい親父のブログに掲載されたもの。
第1回目は2014年の3月下旬だったと思う。

ジジイの下ネタ話のため投稿は30作で終了したが、 その2ヶ月ほど後にジジイ自身の本ブログを立ち上げた。


その時も、 親父さんはご自身のブログで紹介してくださった。
              ☟ 
「淋しい日本人独居老人」ブログ新規開設!  2014年08月07日


淋しい日本人独居老人の食卓シリーズは30作目で終了になりました。
だが今回、 独居老人さんよりお便りが届きました。

ななななんとご自身でブログを開設したとのこと。
とりあえず「独居老人ファン」の方にお知らせいたします。

下記が新規開設されたブログです。

チェンマイ独居老人の華麗なる生活。
(今は懐かしい本ブログの挨拶文がこれ)
               ☟

『独居老人の食卓シリーズ、 30回目アップ後お休みしておりましたが、 装いも新たに再スタート致しました。

チェンマイ一人暮らしの爺さんの寂しくも華麗なる生活。

書くテーマは食事、健康、死、老春、思い出、金と女など、 読者の対象は高齢者です。

ブログの内容は下品、 毒盛り、 低劣であり、 上品な紳士淑女向きではありません。

尚、この「独居老人の食卓」シリーズは、 初回から30作目までは
次のブログに投稿、掲載されていたモノです。

 「チェンマイ発信・飲んべえ親父の子育て物語」

上記ブログは子育て物語に加え、 親父さん経営の和食屋に来店するお客さんとの交流をほのぼのと描いた人気ブログ。

それにも拘らず、 私の下劣なる投稿を30作もアップしてくださった 「子育て飲んべえ親父」 さん、 その勇気と寛容性に感謝するばかりです。

今後とも 「独居老人シリーズ」、 ご愛読戴ければ幸いです。 

                          チェンマイ独居老人』

                * *

ご自身のブログには、 写真は1度も掲載されなかったオヤジさん。

もうお許しくださるだろう。


pict-のぼる店主の杉山満氏.jpg
                  ☝ 
       経営なさっていた和食店 「のぼる」 にて。
       在りし日の飲んベい親父と独居老人。


昨年(2016年)10月14日昼過ぎ、 友人宅のランチパーティにひょっこり現れ、 そこでお会いしたのが最後になった。


家庭を大切になさっていたオヤジさん、





 ご冥福をお祈りします。


チェンマイって  今日はホント悲しいです!

 (追記) 
思い出の 「子育て飲んべえ親父」 ブログ(2014年4月5日掲載)

淋しい独居老人現る

昨日の午後、ついに現れましたよ。

「淋しい独居老人」 さんが。


お父ちゃんはお礼を言いました 

「美味しいお店の情報をありがとう」 ってね。

ついでに写真をアップしたいので撮らせて・・・ともね。


そしたら本人 「恥かしいから、秘密にしておいて」  って。

そんなわけで 「独居老人」 さんは、謎の人・・・となりました。

果たして、誰なんでしょうかね、独居老人とは?


昨日、お母ちゃんのお店でいつものように、いつもの料理を
2品とチャンビールを1本、お召し上がりになりましたよ。

ソンクラン中はどうするの? って聞いたら

水を掛け捲って遊びまわるようです。
大好きなんだって、ソンクランが。

ケガをしないように楽しんでくださいな独居老人さん

もう歳? なんだからね!



今日はここまで・・・・・。



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 19:27| Comment(19) | 食卓シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「のぼる」のご主人の訃報、
驚きました。

10年程前共通の知人が交通事故で亡くなった時、
お寺のでのお通夜でお会いしました。

当時亡くなった方と同年代と聞き、
お若いと思っていました。
未だ亡くなるには早すぎると思います。
残念です。

謹んでご冥福を申し上げます。
Posted by neko at 2017年03月04日 23:01
nekoさん:
コメントありがとうございます。
昨年10月、お会いした時異常にスマート、「ダイエットしたの?」と訊いたくらいです。
息子さんとご一緒で、好きなビールも飲まず、10分程で帰って行かれました。
せっかく年金を貰えるようになったのに....
ジジイだって明日のことは分かりません。
元気なうちに、飲んで遊びたいと思ってます。
Posted by 独居老人 at 2017年03月04日 23:24
そうですか?飲んべえオヤジさんが、亡くなられましたか?ご冥福をお祈りします。
私も負けず劣らず飲兵衛です。毎日ビール二本、ウィスキーソーダ割り二杯、ワイン2杯が日課です。
そのお酒代がプラユット軍事政権で今回異常な値上げになるんですか?
どうしましょう?
生きがいなのに(^_^)
Posted by aki at 2017年03月04日 23:45
先ほどのakiは私です。
酔ってました(^_^)
申し訳ございません。
これからはakiでお願いします。
Posted by reo at 2017年03月04日 23:48
akiさん:
reoさんと同じ方だと今、分かりました。
コメントから想像したakiさんの印象はかなり真面目なご老人。
それがパタヤに行かれる、のん兵衛、このジジイとさほど変わりませんね。
でも故のん兵衛親父さん同様、子育てに頑張っておられるます。
赤ちゃんのためにも節酒で長生き、そう願っております。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2017年03月05日 05:17
帰国し、久しぶりにブログを覗かせてもらったら。
のぼる ご主人の訃報には、驚きました。
今回滞在中も、息子さんへの土産を渡しに奥様の店にチラッと顔出して帰ったのですが、体調が悪かったとは思ってもいませんでした。
最近はスリムになられたと人づてに聞きましたが、日課にしていたウォーキングによるダイエット成功ではなかったんですね。
私が最後にお会いしたのは、日記を調べると2016年の1月。バッタリ会い某不動産屋の前で座って雑談した時でした。そのときの体型は、昔のままだったですよ。
急な痩せ方、ひょっとして千代の富士か平尾誠二と一緒の病かな?

ちゃーお連載も、未完となってしまうのか…。
タイ女性と結ばれチェンマイで店まで経営し、海千山千の諸氏を相手にされていたくらいだから、当然 個性派でクセのある方だったけれど。
そんな氏でもお手上げな、トンデモロングステイヤーが増えたことを、店に出なくなる前には嘆いておられたですね。
溜まり場となれるような新しい店をやって欲しいという私の夢も、叶わなくなってしまいました。
日本の実家の事も色々あると思いますが、深くは知りません。
可愛がっておられたチェンマイの息子さんの明るい将来と、ご主人の御冥福を祈ります。
Posted by MARINO at 2017年03月05日 10:08
ご友人様のご冥福をお祈りいたします。

独居老人さん、
やっぱり人間、生きて動ける間に思ったことをしたり、会いたい人に会うべきですね。
私、なんだか独居老人さんとお会いして、いろんな話を聞いてみたいです。旅行したところの話、昭和の話とか。
それが、長い人生の、例えばたった2時間のことでも、そう思うのは何かの縁なのかなぁ・・・
Posted by 青 at 2017年03月05日 11:17
日本で楽しく拝見しています。突然の訃報残念です。最近ブログが更新されてなく、どうしたのかと思っていました。独居老人さんのブログを知ったのも飲んべえさんのブログからでした。チェンマイに遊びに行ったとき二度ほどお店でサバ塩焼きでビールを飲んだことを懐かしく思いだします。もうすぐ定年ですが、人生はいつ終わるかわからないので、定年になったら、すぐチェンマイに行きたいと思います。
Posted by えむえむ石 at 2017年03月05日 13:12
そうですか。 飲んべぇ親父さんがお亡くなりになられたのですか。まだまだお若いのにね。以前、数回“のぼる”へ食事に行ったことがあります。いつもビールを飲んでおられて、飲め・飲めとグラスを渡されたことが思い出されます。
とても子煩悩な方で、息子さんをもう少し見守ってあげたかったでしょうに・・・合掌。

ところで、独居ジジ様のブログは、やはり昔、飲んべぇ親父さんのブログに書かれていたことがあったのですね。 記事の最後に、お決まりの チェンマイって ホントいいですね! と書かれていたのを憶えています。
Posted by toshi at 2017年03月05日 13:21
MARINOさん...が最後に会われたのが 2016年の1月、ジジイが10月中旬、親父さんは約10ヶ月の間で体重激減、やはりご病気だったんですね。
爺さんのたまり場として、楽しい「のぼる」でした。
色んな人にも出会ってます。そんな気やすいレストランがチェンマイにあればいいですよね。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2017年03月05日 20:09
青さん:コメントありがとうございます。
のん兵衛親父さんは、「年金がもらえるようになったら、店を畳んで遊びたいなあ」って....
60になるのを楽しみになさってました。
人生、思うようにはまいりませんね。
ジジイはいつでも飲みながら語りたいです。
是非チェンマイにいらしてください。
ジジイは5月は不在、残念だけどまだまだ長生きする予定、あくまで予定ですけどね。
Posted by 独居老人 at 2017年03月05日 20:16
えむえむ石さん:
のん兵衛親父のブログから本ブログを知る、と言うことは最初の頃からお読み戴いてるんですね。
投稿という制限がとれて、31作目からは下品度がアップしちゃいました。
あの時親父さんからメールが届き、「これからは好きなように書いてくださいね」の励ましの文でした。
先のことは分からない、定年後はチェンマイへ...お待ちしております。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2017年03月05日 20:24
toshiさん:
夜の「のぼる」では、親父さんはいつも飲んでましたよね。
ランチの時はやや制限されていたみたい、でも時にはビール、飲んでました。
鉄板の前で、「暑い、暑い・・・」と言いながら焼いてました。
子煩悩でしたから、悔しかったでしょうね。
共に70を超えてます、残り少ない余生になるかも....元気なうちに楽しみましょうよ!
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2017年03月05日 20:31
 訃報は、本物だったのですね。ショックです。
飲んべい親父さんは私と同い年なので、昨年の春に60歳になったばかり。昨年のうちにチェンマイへ
せんべいでも持って行きたかったな。
Posted by aki(本物) at 2017年03月06日 00:09
aki(本物)さん:
コメントありがとうございます。
同い年となれば、さぞかし身につまされる話でしょう。
子育てを楽しみにして、「Chao」にはそのエピソードを寄稿されてました。
孫同然のお子さんがいる爺さんには、特に元気に長生きして戴きたいと願うばかりです。
ご自愛ください。

Posted by 独居老人 at 2017年03月06日 06:15
結婚以来飲み歩くことがない私にとって、CHAOでしか知ることのない飲んべぇ親父さんでしたが、子煩悩で写真からも好々爺という感じを受けました。残された家族のことを思うと悲痛な思いです。ご冥福をお祈りします。私も孫のような子供がいるし、あわやあの世行きを体験しただけに健康であるありがたみを実感しています。それにしても飲んべぇ親父さんがもてあましたロングステーヤーってどんな人たちなのか気になります。タイ人よりはるかに金持ちなのに、タイ人よりも貧乏くさい服を着て、毎日遊びまわっている、しかしタイに金は落とそうとしないドケチな知人がいますが、独居さんを見習ってもらいたいものです。
Posted by Taki at 2017年03月07日 08:35
Takiさん:
コメントありがとうございます。
飲んべぇ親父が怒ったことがありました。
常連でない客4人がテーブルで、大きな声で卑猥な話。
「タイ人でも日本語が分かる人が大勢いるんだ、みっともない!」
我々も気をつけなきゃって思いました。
Takiさんには小さなお子さんがいらっしゃる、やはり長生きして戴きたいですね。
Posted by 独居老人 at 2017年03月07日 11:00
昨日の新明天庵のブログに10日葬儀と記載されてますね!チェンライの奥さんの実家で行われようですね!

 http://chaocnx.seesaa.net/article/447679601.html
Posted by kan at 2017年03月08日 10:32
Kanさん:
コメントありがとうございます。
ジジイも新明天庵氏のブログを読みました。
病院での遺体解剖、現地役所や日本領事館への届け出、親戚への連絡、遺族はたいへんですよね。
80半ばの母親やら兄がチェンマイにお見えになる由。
ジジイは厄介かけずに死にたいですが、死者にはできない後始末が必要。
遺産をたくさん残していけばいいかな?
Kanさんもたんと残してくださいませ。


Posted by 独居老人 at 2017年03月08日 12:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: