2017年01月20日

独居老人の生活765(性的陶酔の悲劇)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐765(性的陶酔の悲劇)


    性的陶酔を悲劇のテーマにするのは、
    専門的見地からいって反対である。

    経験によれば、 あれは喜劇の世界のものである。

                               バーナード・ショー (アイルランドの劇作家)


ジジイは若い頃、 ソープランドに結構行ったものだ。
しかし40代半ばまで、 その頃でソープも最後になった。

その最後、 思い出のソープランドと言っていいか。
場所は東京・渋谷の繁華街、 その店に行くのは2度目であった。

会社の後輩が夕食後、 「行きましょうよ」 と誘う。
彼とは過去2回、 一緒にソープに行っている。


後輩の奥さんは評判の美人、 社内結婚で子供もいる。
酒、 オンナ、 賭け事、 煙草をやらず、 某国立大学哲学科を出た超真面目人間なのだ。

そんな後輩でもたまにはソープに行き、 性的陶酔に浸りたい気持ち...これは理解できる。

しかしジジイは言った。
「家に帰って美人の奥さんとヤリなよ、 タダなんだから」

その時彼の漏らした言葉を今でも覚えている。


「女房は女じゃありません、 もう ”おかあさん” なんです」


               * *


普通のサラリーマンが、 息抜きにソープランドへ行くなら問題は
起きない。  女房に内緒にしておけばそれで済む話。

しかし男が現職国会議員、 しかも元大臣となると厄介だ。
週刊誌がスクープしてスキャンダルに......悲劇の始まりか?


今回のその矢面に立つのは、 新藤義孝元総務大臣(58)。

    pict-Shindo_Yoshitaka.jpg


明治大学文学部を卒業。  川口市役所勤務後、 1991年川口市議会議員に転身、 政界の道を駆け上がる。

2006年、 48歳で一回り年下の女性と再婚、 子供が2人いる。


新藤議員は2012年、 米国の地方新聞に韓国の慰安婦に関する意見広告を掲載、 次のように主張。

「女性が意思に反して日本軍に売春を強要されていたとする歴史的文書は発見されていない」

「慰安婦は 『性的奴隷』 ではない。 彼女らは当時世界中のどこにでもある公娼制度の下で働いていた」

中々骨っぽい主張をなさる国会議員のようだ。

加えて 「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」 に参加、 毎年同神社に詣でている。

それもそのはず、 彼の母方の祖父は硫黄島で玉砕した栗林忠道陸軍大将。
クリント・イーストウッド監督の映画、 「硫黄島からの手紙」 の主人公である。

pict-BvFC8i3CEAANdl3.jpg
             ☝ 栗林忠道を演ずる渡辺 謙


ではここで新藤議員と朝日新聞記者との、 靖国参拝をめぐる論戦をご覧なってください。
                 ☟
https://www.youtube.com/watch?v=7WnUj3lpX-Y


                * *


そんな新藤議員が、 新年早々吉原のソープランドに”詣でる”。
2017年1月10日、 店の待合室にいる議員が激写された。


pict-DSCN9305.jpg
         ☝ 写真は 「週刊新潮」 今週号より。


新藤議員は店の常連らしく予約して入店、 馴染みのサービス嬢を待っている。

吉原には自分で車を運転して行く.... 一般人と変わらない。
なんと好感のもてる国会議員ではないか。

店の料金は、 入浴料3万円 + サービス料5万円 = 計8万円の超高級店とか。

ジジイが行った吉原の店の中で、 最高料金は計4万円だった。
今から35年ほど前の話だが、 当時としては高級店。

お客を連れて行く(接待)わけで、 いい店であることが必須条件。
高級店が置くのは、 テクニック抜群の美女だけだ。


新藤議員は一人で行って自腹、 ジジイから言わせればどうって
ことないソープ訪問だ。

80代の爺さんも行くソープ、 美女に体を洗ってもらうだけで満足して帰る客もいる。 
58歳の議員はどうだったか、 それは分からない。


ジジイに分かることが1つ。

議員にとっての奥さんは女でなく、 もう ”おかあさん” だと思う。


人間だもの、 性的陶酔も したいわな。











ジジイも負けずに行こう.....チェンマイ 「喜劇の世界」 へ。


チェンマイって ホントいいですね!

 (後記)
新藤義孝議員は脇が甘いというかそれ以上に股間が甘い。
過去にも女性スキャンダルで週刊誌を賑わせた。

彼は誘った女性を全裸にしてカメラに収める趣味があるようで、
ヘンな性癖が暴露されたりする。

この程度の話だから収束したのかもしれない。
ジジイはイギリスの 「プロヒューモ事件」 を思い出してしまう。

1962年、 当時のプロヒューモ陸相が、 ソ連側のスパイと親交があった売春婦キーラーに国家機密を漏らしたと疑われた事件。

これが政権の崩壊につながり、 「20世紀最大の英政界スキャンダル」 といわれている。

新藤くん、 議員を取るか女を取るか、 どっちかにせい!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:12| Comment(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: