2016年10月29日

独居老人の生活687(#21用語解説事典)


本日は独居老人の 「用語解説辞典」 第21弾です。

      ジジイが独自で考え解説したもの、 
      著名人の名言をパロディ化したもの、
      名言をそのまま取り入れたもの(発した人の名は省略あり)など、

      独居老人が独断と偏見で、種々織り交ぜ編纂しております。



チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐687(用語解説事典‐21)


      人間同士の付き合いは、 たとえ、

      どんなに遠慮のない仲であっても、

      常に一種の演技である。

                                  河盛好蔵 (評論家、 フランス文学者)


好悪:

好悪は相手に譲ってあげなさい。
すると、 相手はあなたに利益を譲ってくれるから。

                        リットン卿 (イギリスの作家・政治家)


狡猾:

事がうまく運ばないのに笑っている人間は、
誰のせいにすればいいのかを既に思いついている人間である。



後顧の憂い‐@:

立ち去ったあとの心配、 残された者への気づかい。

後顧の憂いがあって...と言いながら、 地位にしがみつくトップ、
社長、 政治家がなんと多いことか。



後顧の憂い‐A:

若い女房に渡すために、 遺族年金手続きを準備する爺さん。
後顧の憂いなくというより、 女房からせっつかれてやる人もいる。



交際:  人と付き合うこと。

まじわり.......男女なら H することをいう。
男女でHなしの場合、 インポと不感症女の交際。

国と国が付き合えば外交。
日本の場合は援助交際を得意とする。  

オッサンが若い女にカネを渡して付き合うことも援助交際。
但しこの場合、 情交が伴う。

生活力のあるオバはんが、 若い男をカネとイロ気で釣ることを
「逆・援助交際」 という。


例えば三原じゅん子(52歳)参議員議員の場合、 「逆・援助交際」 が発展 → 結婚。  お相手は彼女の公設秘書(28歳)。
              ☟
9dc71b4c-b6c1-44bb-8763-e9fc8f0c4eba.jpg




この時はまだ恋人の公設秘書。
彼氏とマツダドームでDeNAを応援するじゅん子議員。
               ☟
pict-DSCN8400.jpg
     ☝ クライマックスシリーズ、 広島対横浜戦。

因みに、三原じゅん子の選挙区は神奈川県(全国区から鞍替え)。



めでたく3度目の結婚、 母と息子のような熱々夫婦誕生。
二人とも独身、 いいじゃないの、 愛に年齢関係なし。

pict-DSCN8392.jpg
     ☝ 白黒2枚は 「週刊文春」 今週号から転載。



歳の差24。
20年後のこの亭主、 72歳の妻じゅん子を抱けるかな?

昔はもっとお綺麗でした三原じゅん子議員.......お幸せに!



bb0caa46-7f2a-47e0-8514-ffef076ab379.jpg
         ☝ 蓮舫先生より遥かに美しい。




でもねご亭主、 三原じゅん子も20年後はこんな感じかもよ。

               ☟



               ☟





pict-1448425068835.jpg




公衆便所ー@:

公園や運動場などに設置されているトイレ。
昔は汚くて、 男女兼用も多かった。



公衆便所‐A:

相手選ばず、すぐにヤラせてくれる女の俗称。




口吻(こうふん)を洩らす:

言葉の端々に、 腹の中に隠した本音が現れること。
口吻とは口先、 ものの言い方。



興奮で洩らす:

興奮のあまり挿入前に射精してしまうこと。




心ー@:

人間の体に宿り、 意志や感情など精神活動のもと。



心ーA:

人が 「真心」 と呼ぶものは、 ヴェストの四つ目のボタンより
ずっと下にある。

                ゲオルク・リヒテンベルク (ドイツの作家)


心ーB:

なぞかけ問答で芸人が使う。

朝刊とかけて坊主と解く。  その心は、

けさ(今朝・袈裟)きて きょう(今日・経)読む。



ジジイの余生とかけてコムロイと解く。  その心は、

 pict-1448466678146.jpg

ふわりふわり 舞い上がり、 炎が消えて...ハイお仕舞い。




こころ:

夏目漱石の長編小説。

pict-200px-Natsume_Soseki_photo.jpg
     ☝ 1912年9月13日(明治天皇の大喪の礼の日)


大正3年(1914年)、 「朝日新聞」で約4ヶ月連載された。
漱石が乃木希典の殉死に影響を受け執筆した作品といわれる。




言葉 → 行動:

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

                             マザー・テレサ



この道一筋:

この道一筋といっても、 別に非難するにも、 賞賛するにも当たらない。
というのは、 趣味や感覚が、 一向に変わりも増えもせず、 持続しているにすぎないのだ。


この道一筋、 法の抜け穴をさがして金儲けする男がいる。

この道一筋、 女子アナ・オタクのキモイ男がいる。

この道一筋、 誰も知らない穴場を探す釣り気ちがいがいる。

この道一筋、 馬券は大アナ狙いのギャンブル好きがいる。

この道一筋、 若い女のアナ狙い.....の爺さんがタイにいる。

この世の中、 この道一筋アナが好き...という男が実に多い。




媚‐@:

へつらうこと。 

2009年12月、 小沢一郎幹事長など国会議員団が中国を訪問。
民主党議員143名と一般参加者など計483名。

1人ずつ胡錦濤主席の前に列をなし、 次々と写真撮影、 握手して歓喜する議員たち。
媚びまくった民主党(現民進党)がこの典型的例。

まさに修学旅行並み、 宗主国に恭順する近隣国の 「朝貢の図」。
ジジイはこの時ほど、 国会議員の軽佻浮薄を感じたことはない。

へつらうことを英語でバターアップ(butter up)というが、 この
民主党の場合はバカーアップ。


民主党を去った小沢一郎先生の、 間に合わせ新党がこれ。
 
                ☟


pict-1-236.jpg




媚び‐A

女のなまめくこと。
女が色っぽい態度をとる、 これが 「媚を売る」。

ジジイは売られた喧嘩には逃げ出すが、 売られた媚にはすぐ飛び付く。



媚‐B:

女にとっては、 情熱よりも、 媚を抑える方が難しい。

                            ロシュフコー


狐媚(こび):

狐が人を惑わすように、 巧みに媚びて人を惑わすこと。

「狐媚をもって天下を取る」 とは、

  ”子供手当を出します”、    
  ”弱者にやさしい社会を......” などと、

甘いことを言って政権交代を果たしたどこかの党をいう。
衆愚政治の典型。




交遊:

人間同士の付き合いは、 たとえ、 どんなに遠慮のない仲であっても、 常に1種の演技である。

我々が、 時に烈しく孤独を求めるのは、 この演技から免れたいからである。
                               河盛好蔵


多くの人と交遊、 または親友と長時間を過ごした後では、 しみじみと全身に” 人疲れ” を感じる。

ある女性を口説くべく付き合っていると、 己の演技に疲れてくる、
そして面倒くさくなってくる。

こうなると、 その女を口説くのは容易ではない。

所詮は人生のすべてが演技である。
その舞台を去る時は即ち、 寿命の終わる時なのだ。


ブログで演技は要らない。 好きに書くだけだ。
独居老人、 孤独の時の中で、 無邪気にキーを叩いている。

するといつの間にか、 下劣な話、 人の悪口・皮肉で溢れる。



で、 マトモな話の時は演技して書いております。











 すけべを忘れて........


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 08:34| Comment(0) | 用語解説辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: