2016年07月25日

独居老人の生活605(写真展・戦後日本の変容)


    ”チェンマイ独居老人の生活” は低俗娯楽ブログです。
     紳士・淑女、 18歳未満の方はご遠慮ください。
   (今回は一般的内容で、 どちら様にもお読み戴けます)



チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐605(写真展・戦後の日本)


       回復を通じての成長は終わった。  

       もはや戦後ではない。

      今後の成長は近代化によって支えられる。


                                    昭和31(1956)年の経済白書


あれっと思った。
こんな所にニワトリがいる。  何処から来たのだろうか。

     pict-DSCN7549.jpg



ここは和食店 「ぼたん」、 ジジイが行ったのはランチの時。

     pict-DSCN7550.jpg


ジジイはBeer Changに好物のチキンロース焼きを注文。

そのチキンロース焼きがテーブルに運ばれて来る。

ジジイはさっき見たニワトリを探した。

料理され、 この皿の上に乗っかっているんじゃないかと......



ニワトリは、 まだ後ろのテーブルの下を歩いていた。
忠告してやりたい。

 「食われちまうよ、 早く帰んないさい!」 って。


                * *


今、 写真展 「戦後日本の変容」 が開催されている。
7月8日〜8月28日 (月曜・祝日休み)  入場無料。
場所はチェンマイ大学アートセンター (ココをクリック)。


ジジイは先日この写真展を観てまいりました。

今日は印象に残った写真の数々を取り上げます。
写真家名は省略、 写真の配置はランダム(年度順無視)。

では、 本ブログにて戦後の日本、 その香りをどうぞ!


@ 会場入り口。 写真展は建物の2階で開催。

pict-DSCN7607.jpg




A 砂川騒動 (1955年撮影)
  在日米軍立川飛行場(立川基地)の拡張反対の住民運動。

pict-DSCN7611砂川騒動1955土門拳.jpg
     ☝ 現在は国営昭和記念公園として都民の憩いの場。




B 東京・銀座の若者 (1960)

pict-DSCN7614銀座1960.jpg




C   同上 (1962)

pict-DSCN7616.jpg
    ☝ このあとみゆき族が現れ、 「平凡パンチ」 が人気。





D 日本橋三越でのファッションショー (1956)

pict-DSCN7619日本橋三越ファッションショー1956.jpg
    ☝ 三越も今は 「三越伊勢丹」、 時代とともに変遷。





E 東京・サラリーマンの出勤風景。
  これは今も昔も同じ、 変わりませんね。
  でも服装・髪型が違ってきてるかな。

pict-DSCN7613.jpg





F 川に映る広島・原爆ドーム。
   年年歳歳 ドームは永遠不滅です。

pict-DSCN7618.jpg





G 長崎県軍艦島 (1954〜1957)
   今じゃ世界遺産ですわ。

      pict-DSCN7625.jpg



H   同上

pict-DSCN7623長崎・軍艦島1954~1957.jpg





I 青森県谷内(やち)温泉の混浴 (1957)
  セクハラもへったくれもありません、
  ラッシュアワー通勤レベルの混浴です。

pict-DSCN7621青森の混浴温泉1957.jpg





J 秋田県大曲の女性 (1953)
  まさに秋田美人、 美しい! と思わず見とれます。

pict-DSCN7631秋田県大曲1953.jpg





K 東京・上野公園の花見 (1954)
 今も昔も変わらない光景でしょうか。 最近茣蓙を敷かないね。

pict-DSCN7627上野の花見1954.jpg





L 東京・下町の洪水 (1959)
  スカートをまくり上げた女の子が可愛いです。

pict-DSCN7629東京下町の洪水1959.jpg





M 東京・品川駅、 解放された兵士たち (1946)
  嬉しかったでしょうね、 生きていて........

pict-DSCN7635品川駅・解放された兵士1946.jpg





N 東京・大森、ゴミ捨て場にできたバー (1950)
  こんなバーでもあるだけマシの時代だったのかな。

pict-DSCN7638.jpg





O 皇居前広場の人 (1963)、 二重橋でしょうね。

pict-DSCN7642皇居前広場1963.jpg





P  皇居前で米国水兵と日本人女性 (1954)
   この頃アメリカ人はみーんな大金持ちだと思ってました。

pict-DSCN7648皇居前広場1954.jpg
       ☝ 有吉佐和子著の小説、 「非色」 を思い出す。
         「悪女について」 に次ぐ大好きな有吉作品です。




Q会場内にあるパネル。 来場者はこの前で記念撮影OK。
  戦後1945〜1964年の大変貌、と書いてある。

pict-DSCN7644.jpg





R 銀座でMPが手信号 (1946)
   この頃は進駐軍の鶴の一声で........

pict-DSCN7646銀座・MPの手信号1946.jpg





S 東京・本郷森川町(1953)
   森川町、 この漢字でいいんでしょうかね。

pict-DSCN7650本郷森川町1953.jpg





㉑ 東京で紙芝居を見る子供たち(1953)
  ジジイもこのような目で見てたんだろう、 懐かしい!

pict-DSCN7654東京・紙芝居を観る子供たち1953.jpg

拍子木とかラッパを鳴らして子供を集めてた。
ここ頃あって、 今は殆ど見かけなくなった商売はたくさん。

下駄屋、 駄菓子屋、 タバコ屋、 金魚売り、 焼きイモ屋、
屋台のチャルメラ屋、 畳屋は少ない、 産婆はまだいるのかな、

個人商店の魚屋・八百屋(今はスーパーか)、 銭湯は変身、
富山の薬売りは?  ゴム紐などの押し売りはいないでしょ? 





㉒ 新宿の歌声喫茶 (1957)
 ジジイも行きましたよ。 だけど演歌、猥歌は歌った記憶なし。

pict-DSCN7656新宿・歌声喫茶店1957.jpg





㉓ 東京・浅草の赤線地域 (1954)
 タバコを吹かしながら客を待つ娼婦かな、  イイネ!

pict-DSCN7652浅草赤線街1954.jpg
     ☝ 赤線も消えた、 でも形態を変えて今も.......





㉔ 会場1階にはこんな石がドンと1つだけ (これは現在)

pict-DSCN7659.jpg



pict-DSCN7658.jpg
       ☝ 京都・龍安寺の石庭が思い浮かぶ。
         でも砂利がない、 それに石が1個だけ。




これが龍安寺の石庭。
pict-Ryoan-ji_3.jpg





最後に日本の典型的美男子、 彼の15歳ころの写真です。
  (1960年ころ撮影)

               ☟

pict-DSCN7060.jpg
      ☝ まだあどけなさが残る中学生の独居老人です。


お恥ずかしいが、 これも戦後の日本。
バナナがこれほど美味いものとは・・・・そんな時代でした。

昭和20年生まれ、 現在71歳のジジイの写真を載せれば、 これぞ戦後日本の大変貌がくっきり。

お見苦しいので割愛します。



会場にはまだたくさんの写真が展示されてます。
是非皆さまも足をお運びください。  いいですよ。


懐旧の念に浸る、 当時が蘇る、 あの時ボクは若かった、

それが今じゃこんなに老いぼれて・・・・・・
そんな思いがいたします。


でもね、 今日も元気に














  おネーちゃんと................(現在のチェンマイ)

pict-pict-043-d0322-thumbnail2-thumbnail2.jpg



  チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 07:30| Comment(4) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
J秋田美人
♪ヤートセー コラ ♪秋田音頭です ♪ハイ キタカサッサー コイサッサ コイナー
♪秋田の女ご なんして綺麗だと 聞くだけ野暮だんす ♪小野小町の生まれ在所 おめはん 知らぬのげ

偶々、昨晩YouTubeで藤あや子さんの「秋田民謡メドレー」を視聴してました。
彼女も秋田美人です。美人はイイネ!
Posted by 信天翁 at 2016年07月25日 16:44
信天翁さん:
コメントありがとうございます。
秋田美人って本当だった、写真を見てジジイは納得いたしました。 写真の女性は美しい上に知的な感じがしますね。 藤あや子は男を狂わす秋田美人って感じ。
ところで信天翁さんの奥さまはナニ美人でいらっしゃるんですか?
Posted by 独居老人 at 2016年07月25日 20:44
独居老人様、よくぞ聞いて下さいました!
結婚当時はルークトゥンの歌姫、プンプアン・ドゥアンチャン似。ショートカットのヘアースタイルが… 
ご存知ない方の為、日本の女優ならば「若村麻由美」さん似です。今やハリウッドで活躍する渡辺謙とテレビの時代劇で共演、きっぷのよい辰巳芸者『蔦吉』を演じた方です。仮に、日本髪にしたらの話ですよ…
それから、光陰矢の如し… あっという間の30年… 現在、「京塚昌子」さん体型の肝っ玉美人です。
Posted by 信天翁 at 2016年07月26日 00:51
信天翁さん:
若村麻由美って、デブの坊主と結婚した女優さんだったような・・・。
元美女の奥さまと熱々チェンマイ暮らし、羨ましいです。
30年も経てば誰だって変貌しますよね。
でも夫婦互いに老けるわけで、「共に老醜曝すまで」、仲睦ましくお暮しください。コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2016年07月26日 01:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: