2016年06月16日

独居老人の生活575(わが昔の上司)


    ”チェンマイ独居老人の生活” は低俗娯楽ブログです。
     紳士・淑女、 18歳未満の方はご遠慮ください。
   (今回は一般的内容です、 どちら様にもお読み戴けます)


pict-DSCN7285.jpg
         ☝ ワット・チェルディアン(場所はココをクリック)



pict-DSCN7293.jpg
      ☝ ワット・チャイモンコン(場所はココをクリック)



チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐575(わが昔の上司)


      私は対象を見たままにではなく、
      私が思うように描くのだ。
                                       パブロ・ピカソ


昨日(15日)、 舛添東京都知事が辞任。
これで退職金2,200万円を受け取ることができる。

知事は、 7月から自分の給与の50%ならぬ全額をカットする条例案を議会に提出していた。

仮にこれが可決、成立し、 7月以降に辞職していたら、 退職金は
ゼロになったそうな。

しかし舛添知事は、 辞表提出とともに同条例案を撤回。
そこはしっかりと....さすがだと思う。

                * *


昨日はジジイの元上司お2人とランチの飲み会。
場所は新宿・歌舞伎町の店名 「トラノコ」。

     pict-DSCN7302.jpg

右側のスキンヘッド・Tさんは昭和6年生まれの84歳。
ジジイの30歳前後の時の課長で、 4年ほど仕えた。

しかし課長として異動はあったが、 11年間同じ部門で働いた。
Tさんとは私的な海外旅行を度々ご一緒している。

韓国、  中国(2回)、  ソ連、  台湾、  マレーシア(2回)、
インドネシア、  エジプトだ。

ツアー参加の場合もあるし、 2人だけの個人旅行もある。
Tさんは夜の盛り場・オンナには関心なく、 歴史・文化を学ぶ実に真面目な旅を堪能、 写真好き。

ジジイは、 歴史・文化はチョットだけ、 夜遊びの方が好き。
それでも嫌な顔をなさらずに付き合ってくださった。

               *

左側のYさん(75歳)には約7年間お世話になる。
ジジイの40代、 海外部門とアメリカ勤務でYさんの麾下に....

ジジイのサラリーマン人生で一番長く仕えた上役である。
チェンマイには2度、遊びに来てくださった。

いずれも2週間の滞在、 その間メーサイ、 ゴールデントライアングル、 スコータイなどを旅行。

ジジイが一緒の場合、 宿泊はいつも350〜450バーツ/泊の安ホテル。  申し訳ないが貧乏なジジイに合わせて戴く。

長く運転手付き社用車に乗っていたYさんは裕福。
チェンマイへの往復飛行機はビジネスクラスを使うほどだ。

そんなYさんの趣味の1つが絵を描くこと。
チェンマイ滞在中も暇を見つけては写生に出かける。

絵は全てその場で完成させるのが基本。
写生中は見物するタイ人で引きも切らずであったという。

TさんとYさんの共通点は、 引退後は対等な付き合い、 上役風を吹かさない....にある。


Yさんのスケッチを見て、 チェンマイに思いを馳せる。
               ☟
   (興味のない方はスルーしてください)

pict-DSCN7288.jpg


pict-DSCN7290.jpg


pict-DSCN7296.jpg


pict-DSCN7297.jpg



これはチェンマイ・プラザホテルの部屋から眺める。
pict-DSCN7298.jpg


                * *


サラリーマンは上司次第、 しかしその上司は選べない。
そこに運・不運があり、 人生の明暗が分かれることに・・・

この日お2人とご一緒(3人同席は初めて)して想起する。

ジジイはつくづくラッキーであったと....


この日の勘定は、 感謝の気持ちでジジイの奢り。










と思ったが...........割り勘で店を後にした。


こりゃだめだ。

チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 08:14| Comment(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: