2016年04月13日

独居老人の生活522(ホント怖いです)


    ”チェンマイ独居老人の生活” は低劣娯楽ブログです。
    紳士・淑女、 18歳未満の方はご遠慮ください。

                   * *


昨日掲載のレストラン 「Ohkajhu Farm」 について、 道案内に
間違いがありました。
訂正は今日の本文最後に記載、 ご確認戴ければ幸いです。


                    * *


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐522(ホント怖いです)


  中国は軍部の傲慢な姿勢によって、 あちこちで衝突。
  そして経済面の傲慢な姿勢によってバブル経済に突入。

  歴史は繰り返す。
  戦場の悲劇として、 市場の喜劇として・・・・・。



車両の走行は、 ご存知のようにタイは日本と同じで左側。

他にアジアでは、 インド、 パキスタン、 マレーシア、 ブルネイ、
シンガポールなど、 英国の影響を受けた国に左側通行が多い。

加えて英国と関係が薄かったインドネシアも左である。

因みにミャンマーは、 1970年まで旧宗主国・イギリスと同様左側通行であった。
しかしこの年に右側通行に変更、 理由は英国式を嫌ったのか? 
判然としない。


世界を見ると、 米国をはじめ右側通行が多い。

400px-Countries_driving_on_the_left_or_right_svg.png
                ☝
     は、 車両の左側通行を行っている地域
     は、 車両の右側通行を行っている地域
                            (wikipediaより)

              * *

ではチェンマイでは?

「バカ言うな、 左側に決まってるだろうよ!」

そうおっしゃるのは当然至極。

しかし現実として、 今日も車両が右側を走る道路があるのだ。
それも毎日チェンマイ市街で・・・・・・。


ではその証拠写真をご覧あれ。

  ほうら、 右を走る車。
          ☟

pict-DSCN6408.jpg




  すれ違いです。
pict-DSCN6405.jpg



pict-DSCN6409.jpg





では反対方面から見てみましょう。

pict-DSCN6410.jpg




  右側通行でしょ?
pict-DSCN6412.jpg


この道路は何処かというと、 ココをクリック。


深夜〜早朝に、 これを知らずに左を走る車に遭遇する。
やはり危険、 事故が起きたこともある。

なんでこんな面倒なことをやるのか?
ターペ通りとチャンモイ通りの一方通行の関係であろう。

               * *

チェンマイ市内は一方通行が多く、 ツーリストが初めて走れば
戸惑うこと必至。

独居老人、 若い中国人の二人乗りバイクに出合うと緊張する。

”天下御免の向こう傷” で傍若無人に走られると、 我々は事故に
巻き込まれる。

タイ国内ばかりでなく、 中国人の暴走は止(とど)まる所を知ら
ない。  最近では南シナ海まで行ってやり放題。



チェンマイの人々もアジアの国々も、

ジジイも日本政府も、 みーんな











怖がってんですよ、 中国人の皆さまを・・・・・・・・ 


チェンマイって ホントいいですね!

 (追記: 間違いの訂正)

レストラン 「Ohkajhu Farm」 の道案内。

  誤:
チェンマイ市街からR1001でメージョー大学方面に向かい、
第2環状線(121号)交差点を左折、 6,7分走ると道路右側に
見えてくる。
          ☟
             
  正: (青字箇所を訂正)

チェンマイ市街からR1001でメージョー大学方面に向かい、 121
号の交差点を折、 1.5kmほど走ると道路側に見えてくる。

尚、121号線はチェンマイ外郭環状線 「Ringroad3」 だとか。  従ってジジイが書いた 「第2環状線」 は誤り(この箇所削除)。
  
お2人の読者からご指摘いただきました。 感謝!
皆さまを混乱させて申し訳ありません。

特に昨日の、 朝〜正午までの間に読まれた皆さまへ。        
地図はココをクリック、 お確かめください。     以上



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 07:01| Comment(0) | チェンマイ改造計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: